2018/02/16 15:34
絶好のアウトドア日和なのに、昨日はジム「アトリオドゥーエ」の初日でした。一度も行かずに入会金や月会費を無駄にする訳にはいきません。
「一度も行かずにやめたら、○○さんのいいネタになりますねw」との石かわ珈琲のKさんの言葉にも背中を押されました。

初日だからかみさんと一緒に行くつもりでしたが、「わたしはやることがあって予定より遅い時間になるかもしれないから一人で行ってもいいのよ」と言われて、「いや一緒に!」というのもアレなので一人で行きました。
ウエア、シューズ、水着、タオルetc…をバッグに詰めて。

受付のカウンターで息を切らせていると「初めてで緊張してますか。スタッフが丁寧にご案内しますからw」と優しく応対。
単に坂を上って息が切れていただけなんですけどwww

マシン
ネットから拝借の画像

プール
ネットから拝借の画像

風呂
ネットから拝借の画像

ジムの利用開始前にオリエンテーションを受ける決まりになっています。本来予約制なのですが、15時からの予約がキャンセルになったので即日受けることができました。

「体組成測定」、「様々な質問やアンケートに回答」、「トレーニングマシンの使用方法説明と使い方チェック&アドバイス」などを受けます。いっぺんにこんなにたくさんやっても確実に忘れますね。

この日のトレーニングマシンは下記
・チェストプレス
・ラットプル・プルダウン
・レッグプレス
・トータル・アブドミナル

以上4種類に加えて「エアロバイク」「トレッドミル・ランニング」を週2〜3回のペースで行うのが初心者のおすすめメニューです。
頼まないのに(参考にと言う意味合いでしょうが)プログラムを組んでくれました。するもしないも本人の自由でしょうけど…

体組成測定
もとより小さいのにさらに縮んでいた身長(^^;

筋肉
どこをどうしたいのか、何を目指すのか何も決まっていないのでインストラクターも書きようがなく空欄が目立ちます。しかもインストラクターの字が小さすぎて殆ど読めませんw

初日ながら、初日だからか、わずかなマシントレーニングなのに汗をかいたのでお風呂に入ってから帰宅しました。
炭酸風呂、サウナ、普通の風呂や諸設備が整い、日帰り温泉並みに快適なお風呂でした。
かみさんが殆ど自宅の風呂に入らない理由がわかりました。
我が家の風呂は無用の長物となるのでしょうか。

1ヶ月後に体組成測定の2回目を行い、その後は3ヶ月ごとにするのだそうです。
用意してくれたプログラムを少なくと3回は実行し、結果をチェックしてもらうことになっています。

二日目の今日も行ってきました、ほぼ風呂に入るためだけに。((^^;;



Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト
2018/02/15 21:27
2018.02.14

今日のカメラはFUJI X100F

幕張メッセで開かれている「第13回こだわり食品フェア2018」に今年も出店している朝霧乳業株式会社

自転車友だちであり、同社の経営陣の要でもあるktyさん。忙しいのにこの日の夜を空けて新橋での食事に誘ってくれました。

前日はブースの設営、そしてフェア初日のこの日でした。
わざわざ幕張から新橋まで出てきてくれただけでも大いに感謝です。

この日は仲良しのトキちゃんにも声をかけてくれたのですが、彼は目下激務のさなかで時間がとれず、泣く泣く欠席となりました。トキちゃん&ビビさんにもしばらく会っていないのでとても残念でした。会えれば預かり物を返すいいチャンスでもあったのですが…w

いい機会だからktyさんをご存じの僕の友人知人にもお声がけすることも考えましたが、この日は差し向かいで聞いていただきたいことがあるようなないような、聞かせていただけそうな話がありそうでなさそうで…

結果的に二人だけの飲み会(僕にとっては食べ会)になりました。

年に10回にはなりませんが、何回もお目にかかるktyさんです。しかし自転車を介してのことが殆ど。今回のようにゆっくり会えることはありそうであまりないのです。
あ、雨の清水で拾っていただいた時も自転車は輪行袋に入ったままでした。(^^;


18:30〜19:00に新橋西口SL広場で待ち合わせしたのですが、18:10頃「今、有楽町」とのメッセージがktyさんから。
カフェを出て急いで約束の場所に向かいました。

01新橋駅
01 JR新橋駅西口広場のSL前
フェア会場のブースで親しくなった社長さんからご紹介いただいたというお店「丸富水産」を目指します。iPhoneナビで位置を確認するktyさん。
誰が見ても間違いなく老眼。近くを見るときはいつもこの様子です。


さすがにおじさんサラリーマンたちの街、新橋です。「丸富水産」もお酒で盛り上がるおじさんたちで席が埋まっています。奥まったテーブルに案内していただいたら、ktyさんがフェアで親しくなった方たちのグループとお隣の席になりました。事情がわかっていて案内していただいたのではなく、そこが空いていたという幸運!
本当にお店に来てくれて会えたことを互いに喜ぶ皆さんでした。
やや的外れな立場の僕でしたがで、磊落なおじさんたちとすっかり打ち解けました。下戸にもお酒の席は愉しいですが、飲めたらこの数倍は愉しいのでしょう。しかしそれは叶わぬ夢です。

居合わせた方の中に自社の本拠を静岡に置く方(丸富水産新橋店の他に何店舗も構えている)がいらっしゃって、いろいろなお話が聞けました。
豊穣な駿河湾がもたらす海の恵みが、静岡県の県民性を形成する元になっていることも知りました。お茶や柑橘類や石垣イチゴなど、恵まれているのは海の幸に限りませんが、恵まれすぎているが故に商売に対してはやや鷹揚すぎるところがあるのだそうです。
そして静岡の牛乳は実においしいのだと口々に仰います。とりわけ製造過程で鮮度を最も大事にする朝霧牛乳は、実際に試飲されて別格だと! それを加工した製品は言うまでもありません。僕は決して朝霧乳業の回し者ではありませんが、あさぎりフードパークでいただいた味を思い出しながらちょっと嬉しくて、ニコニコと耳を傾けました。

※ 顔を合わせるなりわ〜っと話が始まったので、関係をちゃんと把握せぬまま…ここに書いた人間関係やお立場が事実と異なっていたら、関係者の皆様にはご容赦ください。

02丸富水産女性
02 新橋・丸富水産:お店の女性スタッフ
その後はktyさんと差し向かいの時間…
のんびりと、ゆっくりと、かつ騒々しく賑々しく過ごしました。

いや結局はゆっくりでものんびりでもなく、改札で見送るまでの4時間はあっという間に飛び去ったのでした。
しかもつい興奮して声が大きくなっても誰からも咎め立てされない中での会話の時間!
実に愉しく、至福の時でした。

03丸富水産買手屋さん
03 新橋・丸富水産
そこでの話は胸にたたんで大事にしたいと思っています。公にできない別の備忘録に秘蔵することにしました。

04丸富水産白ハマグリ
04 新橋・丸富水産:北海道産白ハマグリ
まずは焼きに時間がかかる「白ハマグリ」を焼いてもらいます。
即座にカメラを取り出す我々を見て「私も写真やりたいんですよ」と先ほどの女性スタッフさん。
彼女を何枚も撮らせていただきましたが、非公開で!w

05丸富水産買手屋さん
05 新橋・丸富水産
二人揃って写真を撮ってから箸をつけるという、世間から見れば煩わしい様子です。ww

06本日のなめろう
06 新橋・丸富水産:本日のなめろう
魚が新鮮でなめろうにしてしまうのが惜しまれるほど。いや、だからうまいのか!本当においしい。

07本日のなめろう
07 新橋・丸富水産:本日のなめろう
海苔で巻いてショウガ醤油で! しゃりの代わりになめろうが詰まった手巻き寿司ですね。

08あじフライ
08 新橋・丸富水産:あじフライ
ふかふかサクサクの食感! やはり熱々の揚げ物はおいしい。

10白ハマグリ
09 新橋・丸富水産:北海道産白ハマグリ
食べ頃になった頃合いを見計らってトングで貝の身をひっくり返してくれれば食べ時♪
口に頬張りきれないほどの大きさ! やけどしそうな熱々がたまりません。

11濃厚生ソース
10 新橋・丸富水産:オリジナルソース(非加熱製法)
「あじフライに試してみてください!」とおすすめしてくれたオリジナルソース。熱を加えず素材や調味料をミキサーだかプロセッサーだかで混ぜ合わせたものだとか。野菜や果物のフルーティーな感じが残るまろやかなソースです。

12大関
11 新橋・丸富水産:刺身盛り合わせ・大関
豪勢! 盛られた魚介はこの上なく新鮮! ご飯好きなんだけれど、次々登場するどれもがおいしくて白飯のことを忘れていました。白飯は下戸ならではです。

13鰯の濃厚煮
12 新橋・丸富水産:社長のおごり「鰯の味噌煮」
今日幕張で知り合いになったばかりのktyさんがその晩に新橋のお店に現れてくれて嬉しかったのでしょうね。
甘辛で濃厚な、大きくて立派な鰯の味噌煮!社長のおごりです!
  
見た目は缶詰風でしょ。でも違います。骨まで箸で崩れるほど柔らかいのに身は缶詰のように固まって素っ気なくはありません。うま〜〜い! ここで白いご飯が食べたくなりましたが…

14牡蠣フライ
13 新橋・丸富水産:牡蠣フライ
大粒の熱々サクサクの牡蠣フライ。生牡蠣も鍋もバターでソテーも、どう調理してもしなくても好きな牡蠣ですが、フライが一番好きです。

食べ物に感激した記事ではなく、4時間一時も休まず交わした話、そしていただいた暖かい励ましは心に記録しました。がしかし、やがてホワイトアウト(僕の記憶がすぐに白く飛ぶことw)してしまう恐れがあるので、他の非公開日記に秘蔵しました。


22時頃にはかなり酔っ払ってきたktyさんでした。いつもの語り口からやや脱線して酔っ払いのそれになりました。
しきりに握手を求めてきたり、ちょっと涙もろくなりかけてきたり…思いがけずそれが伝染しそうになりました。

「じゃそろそろ行きますか」の声を潮に席を立ちました。

15烏丸口から
14 JR新橋駅カラス森口改札
ちょっと心配になって「どこまで帰るかわかるよね?」と尋ねると、「横須賀線1本ですよ。千葉ですよ」とちゃんと確かです。総武線に乗り入れているから今は便利なんですね。

JR新橋駅烏森口改札まで一緒に行って後ろ姿を見送りました。
その後、一人で銀座線新橋駅へまっすぐに行かれなかったのは秘密です。酔っ払いのお世話を焼いている場合ではありませんでした。

それにしても愉快な晩でした。
ktyさん、忙しい合間を縫って誘ってくれてありがとうございました。
いろんな話をしました。そしていろんな夢も語りました。実現したいですね。


Twitter : @pa_hoehoe

2018/02/14 12:39
2018.02.13

今日のカメラとレンズはFUJI X-T2 + XF16-55mmF2.8 R LM WR

天気もよく気分も上々、ご無沙汰しているカフェに行こうと家を出たこの日でした。
乗換駅の渋谷でやや気分が重く不調な予感…改札を出ずにそのまま下りの電車で引き返しました。

しばらく乗り鉄すると落ち着いてきたので二子玉川駅で下車。お腹も空いてきたので駅ビルの7Fでランチにしました。

インド料理かイタリアンと決めていたこの日。
スパイシーな香りに誘われてインド料理店へ。

レストランの眼下には246号線と高島屋SC。
僕がまだ高校生だった頃(昭和44年)アメリカの郊外型ドライブインショッピングセンターを真似て、周囲に何もない二子玉川に忽然とオープンしたのがこのSCでした。当時は斬新で世間の脚光を集めました。

家が近かったこともあり、よく足を運びました。
若い女性の人気ショップがテナントとして入っていたこともあり、兄貴の車を借りて、結婚前のかみさんとショッピングやデートの場所としてよく行ったものです。

01インド料理
01 二子玉川:インド料理 MATI
それはともかく、インドカレーが食べたくてやってきたのがインド料理の店「MOTI」:真珠という意味だそうです。

02インド料理
02 二子玉川:インド料理 MATI
レストランは内装も綺麗で広々としていて、一人ご飯でも居心地が悪くないお店です。味は普通においしく、お値段もリーズナブル。ランチタイムサービスならでは。


二子玉川はよく来るのでこれと言った見たいものや珍しいものには出会えませんが、当てもなく散歩するにはいいところです。モダンで綺麗な広いショッピング区画があり、多摩川という自然にも恵まれています。
少し足を伸ばせば「静嘉堂文庫」や「五島美術館」など雰囲気のいい美術館、「等々力渓谷」などの自然も楽しめます。が、今日はそれはやめて…

最近寒がりなので防寒着を探しました。モンベル二子玉川店で機能的で暖かそうなものをバーゲン価格で探しましたがありません。サイズ的にSとXSの中間なので最初から点数も少ないうえ、カラーも揃っていません。何枚か試着しましたが断念しました。

しかしこのまま帰宅するのは残念なので、麗らかな日差しに誘われて多摩川縁を散策しました。

03猫
03 二子玉川:ノラ
まだまだ野良猫が目立ちますが、これらの猫の、先がカットされた右耳は避妊手術を受けている印です。
もう15年も前、多摩川縁でこうした活動をなさっているボランティアの方にお話を聞かせていただいたことがあります。

04猫
04 二子玉川:ノラ
「何見てんだよ!」という表情に見えてしまいます。人の暮らしに身近な猫や犬の表情には、つい吹き出しをつけてしまいます。人間による勝手な心理の代弁だとわかっているのですが…

05ローディー
05 二子玉川:中年ローディー
自転車に乗るチャンスが以前より激減している(勝手に乗らないだけ)最近、以前よりもローディーの存在が気になります。しかし気心の知れた友人たちがそろそろ始動し始めたので、お誘いいただくチャンスが増えてきそうです。

06ライズ
06 二子玉川:ライズ

07ライズ
07 二子玉川:ライズ
こういう幼い子の表情も実にダイレクトで雄弁です。かわいいなぁ! 同様につい勝手に吹き出しをつけてしまいます。


Twitter : @pa_hoehoe

2018/02/11 20:38
2018.02.11

今日のカメラはFUJI X100F

カメラを持って散歩するつもりで鎌倉駅まで乗り鉄しましたが、どうにも珈琲が飲みたくて我慢できず、ほとんど撮影もせずそのまま真っ直ぐに北鎌倉の石かわ珈琲までウォーキングしました。

お店に着くと幸い席はありましたが、「サイクルジャージで来ると思いましたw」と言われてしまいました。今日も二足歩行でした。

注文はケニアのフレンチローストとパウンドケーキーのつもりでしたが……
あれ?メニューの欄外に新しいケーキが追加されています。そういえば先日の石かわ珈琲のFBに紹介されていたのを思い出しました。


それがこれ!

チョコレートサラミ
01 石かわ珈琲:チョコレートサラミ
チョコレートサラミ! たしかに見た目がサラミに似ています。w 
北イタリアの伝統的なお菓子だと教えていただきました。

これをレギュラーメニューにするかどうかは未定だそうですが、これはおいしい!
珈琲との相性も抜群です。フレンチローストだとさらに!

どこがおいしいかというと、濃厚なチョコの中にいろいろな物が詰まっているところ。ドライフルーツ、ナッツ、ビスケット、そしてマシュマロも!

大きな口で一口はNGです。フォークで少しずつ食べるとそのたびに違う味に出会えるからです。濃厚なチョコレートとのハーモニーが最高!🎶

「レギュラーメニューになるようにおいしそうに写真にとってファンを増やします」と宣言した手前何枚も撮りました。がしかしどれも変わり映えせず、というかピントが…orz
写真はともかく、これはおすすめです。

ずいぶん長居して話相手になっていただきましたが、混んできたので他のお客さんを待たせては申し訳ないと思い、お店を後に後にしました。


01梅
02 春近い北鎌倉
北鎌倉駅に向かう途中のお屋敷の庭の梅がほころんでいました。

いったんJR横須賀線の改札を通ったものの、そのまま帰るのが惜しくなってスイカの入場を取り消してもらいました。
梅が印象的な東慶寺を散策することにしました。

01東慶寺
03 東慶寺

02東慶寺
04 東慶寺

03東慶寺
05 東慶寺

05東慶寺
06 東慶寺

07東慶寺
07 東慶寺

08東慶寺
08 東慶寺

東慶寺を後にしようと参道入り口まで降りてくると「東慶寺ギャラリーショップ」の小さな看板が目に留まりました。
「ひなまつり2018」、「春を待つ」と題した展示が行われている様子。
初めて覗いてみました。

お雛様を中心に見事な人形たち、そして切り絵、陶器、竹細工などの手工芸品の数々…そのいずれもが美しく繊細。しかも実に丁寧に作り込まれた趣ある品々でした。

11人形
09 東慶寺ギャラリーショップ

10人形
10 東慶寺ギャラリーショップ

13人形
11 東慶寺ギャラリーショップ

14人形
12 東慶寺ギャラリーショップ

思わず購入したくなるものもありましたが……買えません(^^;


Twitter : @pa_hoehoe
2018/02/08 22:49
2018.02.08

今日のカメラとレンズはFUJI X-T2 + XF90mmF2 R LM WR

最近やや無駄遣いが多いので「今日は自宅でおとなしく…」と思ったのですが、自宅に籠もってうっかりネットで購入して間違えるより、リアル店舗ならサイズも色も確認できて安心です。まだしも無駄遣いにはならないと言い訳しながら新宿に買い物に出かけたこの日でした。

先日購入したiMacはモニタが大きすぎて(27インチ)、ブログやSNSなど文字入力にはむしろ疲れます。しかもデスクトップタイプなので寝ながらとかダイニングに移動してとかは使えません。やはりポータビリティに優れたのが一台ほしい…アウトドアへの持ち出しも含めて。

買い増し機をiPadかMacBookかで悩んでいたとき、「iPadを買うならキーボードが一台余っているので差し上げます」とktyさんからお申し出をいただきました。彼はWindows10デスクトップ機とMacBook Pro、そしてiPadの三台を個人用として使い分けています。スマホもiPhone。キーボード入力はもちろんタッチ入力もめっちゃ速いktyさん。それ以前に入力内容が話す速度で浮かんでくる人。
僕は逆の人。キーボードはもとより、フリップ入力をはじめとするタッチ入力はめちゃめちゃ下手です。で、少し悩んだ末に軽量小型で実に使いやすいキーボードがセットになっているMacBookを選びました。事前に店頭で確かめ、さらに石かわ珈琲のKさんの実物も見せて頂きました。購入したのはそれから程なく…

周囲にはPCに詳しい方が多いのですが、その多くが個人使用ではAppleにしています。かくいう僕も大昔は数台続けてPowerMacの愛用者でした。そんな経緯もあってこれを機会に全てをAppleにしました。

iMacとMacBook間のファイル共有も、iPhoneとMacBookのテザリングも何の手間もなく設定できたのが嬉しくて、「これは持ち出してその成果を確かめるほかない!」と電車内や江ノ島で試してみました。

が問題が…

カメラを持ち、かつMacBookを持ちながらの移動は慎重さを欠く僕には危険がいっぱいです。いつか落下させて壊す危険大です。カメラは首から提げるにしてもMacBookを裸で持ち歩くのは危険すぎます。そうなる前に持ち出し用のジャケットを買うのが賢明と考えました。しかしネットではフィット加減、色、扱い易さがわかりません。
会員になっているビックカメラ新宿店には各種各色揃えてあることを確認して出かけていったのでした。

上記の内容に関する写真はもう少し使い慣れてからブログ記事でアップすることにします。

*******新宿御苑で撮影散策*******

せっかく新宿まで来たので、新宿御苑に行ってみることに…
体力と時間が許せばと、X-T2にXF90mmF2 R LM WRをセットしてバッグに入れてきました。しかし90mmは最近全く使えてないので、換算135mmで何をどう撮ればいいのかさっぱりわかりません。

今回も人が中心になりましたが、一目で誰とわかるアップ写真ばかりでブログに掲載できる物が少ない…。しかし目線を入れたりモザイクをかけるなら、最初から撮影対象として人は選びたくありません。むしろ怪しい感じがしてしまいます。
そう言いつつも、今回も他の物よりはまだしも目立たないと判断した2枚の顔写真をアップしましたが…

人だけを狙い撃ちしているわけではないのですが、結果としてそうなってしまいます。乗り鉄中はマンウォッチング、ファインダーから見るのも人の表情が一番好きです。かといってポートレイト撮影やモデル撮影には興味がなく、普通に市井で暮らす、ごく当たり前で自然な人の表情や仕草に魅せられます。

さりげない横顔や斜め後ろから、あるいは後ろ姿や身体の部分だけで人物撮影ができるようになりたいと思っています。

ファインダーから受け取る情報量が相当に貧しいという事実に今更ながら気づきました。それは余裕のなさでもあるのですが…
フレーミングはもちろん、設定の数値など、ファインダー内の情報にもっとセンシティブにならなければと思いました。

01蕾ほころぶ
01 新宿御苑
低温の日々が続きますが、春に備えて膨らむ蕾。冬来たりなば春遠からじ…

02ベンチのカップル
02 新宿御苑

03老カメラマン
03 新宿御苑
平日はどこへ行ってもおじいさんカメラマンがいっぱいです。この方はまだしもコンパクトな望遠ですが、鳥を狙って大砲のような巨大で高価な望遠レンズが並んでいる光景を目にします。

04陽だまり
04 新宿御苑
心温まる光景でした。

05スマホ撮影体勢
05 新宿御苑

06雪とけのこる
06 新宿御苑
日が当たらないそこかしこには先日の雪が溶け残っています。そこを吹き渡ってくる風はやはり冷たい。

07並木のベンチ老人
07 新宿御苑

08並木のカップル
08 新宿御苑
スニーカーがお揃いの二人。目立たないペアルックの仲良し。w

09並木の女子二人
09 新宿御苑
インスタ映えする写真を撮ろうとしている二人でしょうか。

10並木の女子二人
10 新宿御苑
手に持った慎ましい花束を撮る様子です。

12母子
11 新宿御苑
すごくキュートな女の子!
優しく語りかけるママと幼児の様子に釘付けになりました。何枚も撮りましたが、お顔が大きく写る写真は遠慮しました。

14蘭
12 新宿御苑
御苑の温室に初めて入りました。冬とは思えない百花繚乱(しかも南国の花々)でした。

15蘭
13 新宿御苑

16檸檬
14 新宿御苑
写真ではわかりにくいですが、実に大きくておいしそうな檸檬! レモンじゃなくてやはり檸檬です。

17蔓性の蘭
15 新宿御苑

18青い花
16 新宿御苑

19スケッチする人
17 新宿御苑
熱心に植物のスケッチをする女性。なんだかいい感じ。

00追加の花
18 新宿御苑


20鬼ハス
19 新宿御苑
まだ小さい鬼バスですが、やがては人が乗れるほどに大きくなるのでしょうか。

21エントランス
20 新宿御苑

23桜をかぐ
21 新宿御苑
自撮りをする様子が素敵だったのですが、お顔が正面過ぎました。この横顔でも無許可での掲載は…


Twitter : @pa_hoehoe

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク