FC2ブログ
2017/09/07 10:36
2017.09.02

今日のカメラとレンズはX-T2 + XF16-55mmF2.8 R LM WR

00夜明けの露天風呂
藤七温泉 1:夜明けの露天風呂
これで入り納めの藤七温泉の露天風呂。
宿泊客はまだお休みのようで、独り占めです。名残を惜しんで湯船でゆっくりと手足を伸ばしました。

ここの温泉はすべて底に簀子が敷いてあり、その間から湯が湧いてきます。お湯の表面にはプクプクと小さな泡が出てきます。まさに何の混じり気もない温泉です。
簀子の間から手を差し込むと泥砂の様な感触でとても熱いのです。

01藤七温泉b
藤七温泉 2:裏手全景
彩雲荘の裏手に回り、旅館全体を瞼に焼き付けました。この建物はいつまでこの状態でこの場所に存在し続けるのでしょう。

02藤七温泉ご来光の湯b
藤七温泉 3:ご来光の湯
今回は雲や霧に阻まれてご来光は拝めませんでしたが、晴れた夜明けならこの方角から眺めることができるのです。

03藤七温泉菅笠b
藤七温泉 4:菅笠
朝ご飯の前にもう一度露天の撮影に降りて行って気づきました。雨や雪の露天ではこれを頭にのせてお湯につかるのです。いいですね。

04藤七温泉を後にb
藤七温泉 5:出発
これで藤七温泉を後にします。老人トリオで輪行サイクリングで訪れるその日まで……名残惜しいです。

05後生掛温泉b
後生掛温泉
急ぐ旅ではないので途中で道をそれて「後生掛温泉」により、写真を1枚撮りました。

06発荷峠b
発荷峠
発荷峠から眼下に十和田湖が…しかし空には雲、十和田湖特有の美しい水の色が見られないのが残念でした。
しかし半袖Tシャツで心地よいほどの気温でした。

07十和田湖b
十和田湖 1
十和田湖に下ると雨はとっくに上がっていたようで、空はやや明るさを取り戻していました。雨に洗われた空気が鼻腔から肺に沁みます。

08十和田湖b
十和田湖 2
晴れていたら遊覧船に乗るつもりでしたが…

09十和田湖b
十和田湖 3
遊覧船の波が寄せてきました。今日が土曜日とは思われない静かな十和田湖です。

10十和田湖湖畔の乙女b
十和田湖 4
湖畔の乙女像の前で写真を撮ってもらいました。
高村光太郎の作。そして精神を病んだ智恵子との愛の暮らし…

11十和田神社b
十和田湖 5:十和田神社
湖畔から少し山寄りにある「十和田神社」。
一歩湖畔を離れると、まるで山の中のような趣です。

12奥入瀬b
奥入瀬 1:銚子大滝
通り道になる「奥入瀬渓流」でクルマを停めました。
僕も同行者も奥入瀬は複数回訪れたことがあるので、散策はほんの少しにとどめました。
数ある滝の中から近くに駐車可能な「銚子大滝」付近を歩きました。

13奥入瀬b
奥入瀬 2:銚子大滝
三脚は携えていませんでしたが(そもそも持っていないw)、岩にもたれかかってスローシャッターで水の流れの撮影を試みました。

14奥入瀬b
奥入瀬 3:寒沢の流れ
こちらは「寒沢の流れ」
銚子大滝近くで奥入瀬渓流へと注ぎます。

15奥入瀬b
奥入瀬 4
外国人のご夫婦がお子さんをベビーカーに乗せている様子があんまりかわいいので、「写真を撮らせてもらえないか」とお父さんに聞いたら、一瞬考えてからお許しが出ました。
ブレてる…ww

16a奥入瀬b
奥入瀬 5
何気ない奥入瀬渓流も記念に…

16葛温泉b
蔦温泉 1
本日泊まる「蔦温泉」です。外観も歴史を感じさせる佇まいですが…

17葛温泉b
蔦温泉 2
中の造りは贅を尽くしたもの。華美ではないものの、建築部材や置かれた家具調度の類は"本物"を感じさせます。
チェックインの間、休憩の間、談話室の間など普段は誰も使わない間がいくつもあります。その多くは畳にテーブルと椅子が置かれ、スリッパを脱いで上がる日本ならではの様式。

18葛温泉b
蔦温泉 3
チェックインした時間帯は男性は二つのお風呂に入れました。まずは8時を回ると女性専用になるこちらのお風呂から…
こちらは本棟に続けて小さく建て増しされたお風呂専用の棟にあります。
平面の広さはさほどではありませんが、天井の高さが10m近くあったでしょうか。こちらは梁の無い四角錐のような天井でした。
総檜で見事な風呂場でしたが、湯船は昔のまま。檜風呂はすっかり黒ずんでいました。こちらも風呂の底からお湯が沸いてくる温泉でした。

19葛温泉b
蔦温泉 4
料理も大変おいしくいただきました。器も盛り付けも美しいものでした。

20葛温泉b
蔦温泉 5
特上の部屋があるのはおそらく別棟でしょう。我々でも泊まれる部屋が連なる廊下。塵一つ埃一つさえない完璧に行き届いた様子です。

21葛温泉b
蔦温泉 6
こちらは夕食後に入ったお風呂。壁の檜は張り替えられた様子ですが、湯船は昔のまま。こちらの方は本棟内にある、より古いお風呂の様です。

23葛温泉b
蔦温泉 7
こちらの天井は檜の梁がむき出しになっていて、やはり10mほどもあろうかというものです。

24葛温泉b
蔦温泉 8
古い風呂場の隣にある広くて快適な休憩兼談話の間。こちらは風呂上がりを考慮してか、板張りの床でした。
縁側にはロッキングチェアがずらりと並んでいました。

今日も「通常営業」が一つありましたが、内緒です。ww
※それとは別に、「蔦温泉」が「葛温泉」と誤って表記されていることをご指摘いただき、大慌てで直しましたが…
多分漏れがあると思います。改めてのご指摘、よろしくお願いいたします。(^^;

『3日目』に続く←ここをクリックしてお進みください

Twitter : @pa_hoehoe

2017/09/05 23:22
2017.09.01

今日のカメラとレンズはX-T2 + XF16mm-55mmF2.8 R LM WR
今回は写真を撮りすぎ、選ぶことも補正をかける暇もなく、ほとんど撮って出しノートリミングです。

八幡平を越えて東北一帯を走りたいと思ったのは5~6年前…だと思ったら、すでに10年以上温めていた企画でした。
「コースが厳しすぎるから若くないSさんには無謀な計画だよ」とのご意見に怯んでいましたが…

この7月にこの企画を提案し、十数年来のお付き合いの老人トリオがのってくれました。そして行くばかりになっていましたが、僕の体調不良で延期になってしまいました。
"でも行きたい!、行きたい!なんとしても行きたい!"という表情をありありと顔に浮かべながらながら過ごしていた日々だったのでしょうね、「じゃぁ新幹線とレンタカーで行こうか」と事態が急展開!
別な方からのお誘いでしたが、老人トリオともいつか必ず自転車でリベンジをと誓い合いました…がそれまで元気でいられるか心配…(^^;

01はやぶさ1号
東北新幹線 はやぶさ1号
東京発06:32の「はやぶさ1号」で盛岡に向かいます。
必ず座れるからと、きわめて甘くしかも根拠のない説得をして余裕綽々(のはず)で東京駅へ…
ええ~~~っ!全席指定のはやぶさ1号は満席!でもせっかく始発で自宅のある駅を出てきたので乗り込みました。立ち席券が車内で買えないかもしれないのを承知の上で。
一見空席が目立つものの、このあと上野、大宮、仙台から続々と座席指定券を所持した方たちが…

やがて車掌さんが通りかかったので事情を話すと、立ち席券は車内では買えませんとのこと。
「次の駅で降りなさい!」と言われても困るのでやや狼狽えた様子をしていると、しょうがない老人たちだなぁ…という顔で「今回はいいですが、次からはみどりの窓口でお願いしますね」
我々は立ち席券を買わないまま(無料で!たしか500円程度)デッキにしゃがんで盛岡へ。他の乗客はもちろん立ち席特急券を購入しています。
『これが本日1番目の通常営業』

※実は昨年の北海道輪行旅行でも、季節は違うものの、この列車で新青森まで立ちんぼというか座り込み作戦でした。学習機能が備わってません。(^^;
今回も同行者には申し訳ございませんでした。

02はやぶさ1号駅弁
東北新幹線 はやぶさ1号
大宮を過ぎると仙台まで止まらないので乗降客はありません。乗車前に買い込んだ「駅弁とお茶」を広げて地べたで朝ごはん!
空腹で周囲の冷たい視線に気づかないうちに完食!

盛岡駅到着後すぐに事前にネット予約したレンタカーショップへ。アクアでは狭いので1クラス上のカテゴリーを選択し、車種はお任せでしたがプリウスだとばかり思い込んでいましたが…出てきたのは黒いカローラフィールダー!
ちょっと凹みましたが結果オーライでした。荷物がたくさん詰めて、積み下ろしも楽!
盛岡駅前で荷物を後席の後ろに積み込み運転席へ乗り込みます。運転があまり好きではない僕がドライバー買って出ました。そうするしか選択肢がありません。(´;ω;`)ウゥゥ
気を取り直して一路八幡平へと向かいます。
03八幡平へ
八幡平へ 1
市内を過ぎればもう辺りは絶景に次ぐ絶景です。しかも日ごろの行いは決して裏切られません。こんな快晴でいいのか!(見たか!思い知ったか!…と言ってもやつらには届かないなw)
大好きな朝霧高原を想起させるような牧草地とその向こうの山並み。この場所に限れば朝霧高原の方が格が上です。

04八幡平へコーヒー
八幡平へ 2:コーヒーブレイク
四つ辻に差し掛かると休憩所があり、早くも降車します。日差しが強くて冷たいものが飲みたくて仕方がありません。
人のよさそうなおじさんがサイフォンでホットコーヒーを淹れてくれますが、アイスの珈琲フロートをいただくことに。
アイスもまじめに淹れたのがわかるおいしさ! ホットもちょっと味わいましたが、悪くありません。こんな山奥でいただけるこのギャップがうれしい。

コーヒーショップのおじさんに道を教えてもらって八幡平を目指します。

05八幡平へ岩山
八幡平 3
随所に絶景ポイントがあり自転車だったら降りっぱなし間違いなし。全然先へ進めないでしょうね。学生のころかみさんと東北の旅をしましたが、その記憶は今となっては歴史と言えるほどに昔、何も覚えていません。
この道を自転車で駆け上がるローディーの姿はついぞ見かけませんでしたが、やはり老人には無理なのか…一方バイクは実に気持ちよさそう!

06八幡平へ眼下に沼
八幡平へ 4
クルマを停めて谷底を覗いたら投げ捨てられた自転車が!…なわけはなく、青い空を映した沼が点々と…
この澄んだ空気は高地ならでは!

07八幡平へ立ち枯れ
八幡平へ 5
そろそろ森林限界を超えようという地点。厳しい風雪に耐え切れずに立ち枯れた木々が、穏やかではあるものの荒涼感を演出しています。

八幡平駐車場で簡単な昼食を済ませ、今夜宿泊する「藤七温泉 彩雲荘」へと向かいます。
藤七温泉へと向かう公の標識はなく、「大型バス駐車場」の矢印看板の下に遠慮がちに小さく書かれているのみ。
八幡平の駐車場でぶらぶらしなければ通過するところでした。

08八幡平へ遠景の展望
藤七温泉へ 1
駐車場を左折するとそこは絶景!

09藤七温泉へ
藤七温泉へ 2
道は工事中で片側交互通行。工事中の赤信号で止まると右手にはいかにも温泉地らしく湯気をあげる源泉らしきものがありました。

10藤七温泉彩雲荘
昼間の藤七温泉彩雲荘 1:外観
「藤七温泉 彩雲荘」に到着です。チェックインしてから施設のあちらこちらを歩いて撮影しました。
この温泉は友人のktyさんが青春時代にご家族と訪れて強く印象に残っている場所。その様子をお伝えすると約束していた場所でもあります。

11藤七温泉彩雲荘風呂へ
昼間の藤七温泉彩雲荘 2:風呂場へ
本館と内風呂や露天風呂とをつなぐ外廊下。看板の一番上に「混浴」とあります。決してこれに目がくらんだりしませんでしたよ。
でもコンタクトをしてきてもよかったかな…とww

12藤七温泉彩雲荘露天風呂
昼間の藤七温泉彩雲荘 3:露天風呂
長い廊下を下っていくと周囲が山に囲まれた広大な露天風呂群、群というにふさわしいスケールです。

13藤七温泉彩雲荘露天風呂
昼間の藤七温泉彩雲荘 4:露天風呂
一番上の露天風呂から全景を眺めた様子です。

14藤七温泉彩雲荘露天風呂
昼間の藤七温泉彩雲荘 5:露天風呂
こちらの野性味あふれたおじさんと一番上の露天風呂への道でばったり。相手は頭にタオルを載せて素っ裸、一方僕は服を着て首からカメラ!
変態ではないよ!と訴えたくて「この上の温泉はどうですか?」とお尋ねすると、「熱くて入れない。水で薄めたけど待ってられないw」と。
一枚前の写真がその一番上の露天風呂から撮った全景です。下って、一度口をきいた気やすさでこのおじさんを撮影しました。

ちなみにスマホはともかくレンズ交換式のやや大きいカメラを提げている人は他に一人もいませんでした。
撮影禁止の表示がなかったので敢えて撮らせていただきました。何しろリポーターですから。w

15藤七温泉彩雲荘露天風呂と本館をつなぐ外廊下
昼間の藤七温泉彩雲荘 6:露天風呂と本館をつなぐ外廊下
渡り用の外廊下はこんな感じです。気温が下がってくる季節はどてらでも着ないと風呂には降りていかれないでしょう。
今回も陽が落ちてからはガタガタ震えながら降りていきました。

一旦彩雲荘に荷物を預けて、再び八幡平へと戻って散策です。
歩道が整えられているコースはおよそ3㎞となっていましたが、頂上への往復を含めるとおそらく4㎞は超えていたと思います。
自転車にこそ乗っていないものの、撮影や散歩を続ける日々だったので、多少のアップダウンは苦も無く楽しむことができました。

15八幡平散策
八幡平散策 1
八幡平駐車場と藤七温泉が眼下に広がります。国道から数キロ離れた藤七温泉、ふらりとついでに立ち寄る方はほとんどなく、お話をしてみると40年前から時々訪れる方やリピーターが少なくありませんでした。
それだけに若い人はほとんどいません。

18a八幡平散策沼
八幡平散策 2
せっかくだから八幡平頂上へと向かいました。
途中左手に広がる「蟇沼」。透き通って底が見えるほどの水と空気!

18八幡平散策沼
八幡平散策 3
こんな風に左手に「蟇沼」を見ながらの山頂への散策です。

17八幡平散策頂上
八幡平散策 4
八幡平の山頂には展望台があるものの、景色は特筆するほどのものはありません。記念に標識だけを撮影をして下ります。
途中で追い越してきた老人がうなだれて展望台の階段に座り込んでいました。「大丈夫ですか?」とお声をかけましたが、頷くだけ。平日ということもあって、我々のようなよぼよぼばかりが歩いている不思議な光景でした。ww

16八幡平散策
八幡平散策 5
下って正面には見えてきたのが「八幡沼」、八幡平では最大の沼だと思われます。周囲をぐるりと回ることできます。

20八幡平散策湿原
八幡平散策 6
沼の周囲には広い湿原が広がっています。9月という微妙な季節ではあるものの、湿原の素晴らしさは十二分に楽しむことができました。高山植物が咲き乱れ、緑が若い5月から7月頃はどんなに素敵でしょう。
あと1ヶ月もすれば紅葉シーズン。この辺りは草紅葉(クサモミジ)で息をのむほどの光景が展開されるのでしょう。

21八幡平散策湿原
八幡平散策 7
幼いお孫さんを連れた三世代の親子。おばあちゃんが歩き疲れた孫を時々おんぶしていました。湖を巡る平坦な木道でよかった。

22八幡平散策下山
八幡平散策 8
スタート地点に近づいてきました。たたなづく青い山々が素晴らしい!

23八幡平散策下山藤七温泉を望む
八幡平散策 9
ズームいっぱいに(と言っても16㎜~55㎜ですw)藤七温泉を撮ってみました。山間にひっそりとたたずむ様子が素晴らしい。
惜しむらくは藤七温泉のさらに奥十数キロメートルある松川温泉を目にしないままにしたことです。

24八幡平散策下山
八幡平散策 10
ようやく駐車場に戻り傾いた陽射しを浴びる景色を撮影し、宿へと戻ります。

今回は写真の数が多すぎて手に負えないので、食事や人物はすべて省略しました。

25夜の藤七温泉彩雲荘
夜の藤七温泉彩雲荘
夕食後の彩雲荘です。窓の明かりが輝くのみで、空には台風の影響で雨雲がびっしり。
期待していた満天の星空は拝むことができませんでした。

ここに到着して既に数回温泉につかったのですが(こういうことは例にありません。せいぜい2回です)、リポーターとして写真は必須。言葉は舌足らずで説明になりませんから、夜遅くに、そして夜明けにも温泉と撮影を楽しみました。ww

26夜の藤七温泉彩雲荘内風呂
夜の藤七温泉彩雲荘:内風呂
まずはktyさんに懐かしんでいただけるであろう内風呂の様子です。

夜の露天風呂は7時半から8時半までは女性専用、それ以外は混浴となっています。
27夜の藤七温泉彩雲荘露天風呂
夜の藤七温泉彩雲荘:露天風呂
カメラをもって夜の露天風呂を撮影していると、「もう8時半になったんですか~?」とかな~り遠くから叫ぶ女性の声。
「多分過ぎたと思います…いや戻って調べてきます(^^;」と答えてかなり離れた本館へ。辺りに時計なんかありません。遠い本館のしかも奥にある二階へ上る階段下まで急ぐと時計がありました。
なんと8時15分過ぎ!
まずい!

28夜の藤七温泉彩雲荘露天風呂
夜の藤七温泉彩雲荘:露天風呂
大急ぎで露天に戻って上から「すみませ~ん、まだ15分ありま~す。聞こえましたか~?」と叫ぶと「は~~い!」という返事。
裸になって侵入したらおまわりさんを呼ばれるところでした。
『これが本日2番目の通常営業』…いや、正しくは3番目です。((^^;;

到着後にすぐ撮った露天風呂の写真。肉眼ではよく見えないので問題ないと思って撮影した中に、実は問題写真がありました。
家に帰ってPCにダウンロードしたら女性二人と浸かっているおじさんの太腿の間に○○が写っていました。見たくなかったなどとは言いますまい。w
女性が湯船に沈むのを待ち、それだけを気にして、その横のおじさんのことは念頭にありませんでした。
『これが本日2番目の通常営業』でした。
誠に申し訳ございませんでした。ピンボケではないので削除はしませんが、外部には漏らしませぬ故、ご容赦ください。

こうして第一日目の夜は静かに(でもなくw)更けていきました。

『2日目』に続く←ここをクリックしてお進みください


Twitter : @pa_hoehoe

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク