2017/03/06 15:28
2017.03.05

つくばからサイクリング『その2』のテキストが飛んでやけになっていましたが、今日は自宅で過ごす一日。昨日のブログ記事を書きました。珍しく二日分まとめ書きしました。

平日はいつでも仕事で忙しそうにしているMさん、久しぶりに週末サイクリングでご一緒いたしました。
4日は電車でヤルクコーヒーへ。そしてまた本日5日も。二日続きのお付き合いは泊り以外では初めてのことです。

暇人の僕は現役の方からのお誘いに合わせて週末は原則空けているのですが、この日はもう一つお誘いをいただいていました。次回お目にかかることでお許しいただきました。申し訳ございませんでした。
お誘いを待つときにはどなたからもお声がかからず、重なるときは重なるものです。

01境川CR終点
境川CR終点
境川CRの終着点で朝の9時に待ち合わせです。他の仲間にもお声がけしたのですが、それぞれお付き合いで塞がり、ご一緒できませんでした。
時刻通りに現れたMさん、やや薄着のいで立ちで正解でしたね。今日は春めいて暖かいのに僕は冬のまま…失敗でしたが、季節の変わり目のウエア選択は難しいです。

海沿いの道へと向かい、江ノ電鎌倉高校前のビュースポットで撮影タイムです。
僕はG7X、Mさんはスマホのみ。自転車抜きで、初心者なりに本気の写真撮影もしたいですね。

02鎌倉学園前から江の島
鎌倉高校駅前の相模湾
冬の厳しさが消え、春を告げながらも水はまだぬるみません。この時期の相模湾は実に海の色が美しいですね。

03鎌倉学園前から
鎌倉高校駅前の相模湾
波打ち際で戯れる若者たち。そしてその手前をうつむきながら歩くおじさん一人。

04鎌倉学園前から
鎌倉高校駅前の相模湾
若い彼らでなくとも春の到来が待ち遠しい最近です。桜がほころび、やがて満開を迎えるころにはどこへ出かけようか…そんな期待で胸が膨らむ日々です。

05鎌倉学園前から松本さん
鎌倉高校駅前の相模湾
スマホを江の島に向けるMさんです。最近少し写真に本気になりかけていらっしゃる気配がうかがえますが…

海沿いの道を気持ちよく前を牽いてくださるMさんですが、結構速度を上げています。このままで大丈夫か…やがて力尽きるかもしれませんので、次の休憩ポイントの後はスピードダウンしてもらいました。
06立石公園C59
立石公園
立石公園に到着して、まずは互いの本日のバイクをパチリ。MさんはこのところいつもC59です。

07立石公園C59
立石公園
それに合わせたわけでもありませんが、僕もC59です。Mさんのはホリゾンタル、僕のはスローピング。ホリゾンタルはやはり自転車の原点ですね。かっこいい!

08立石公園松本さん
立石公園
日常の激務から解放されてのこの日のサイクリングが、明日からの活力を養ってくれるといいですが…

09立石公園
立石公園
この辺りでは撮影スポットとしても人気がある立石公園ですが、全景を収めるポイントは別のところにあります。

さて一休みした後はMさんが目をつけていた食堂を目指します。なんでも見かけは、「え~、ここか!」という様な佇まいとのことですが、評判は上々とのことです。楽しみに走りますが…結構遠い!
途中なじみのコンビニで軽く補給し、三浦海岸駅から海沿いへと降りて久里浜・横須賀方面を目指します。

10横須賀走水味美食堂
味美(あじみ)食堂
右手に現れたお店!ここは友だちのFBのエントリで拝見したことがあります。 
店の前には10人ほどの客待ちの列ができています。お店は11:30開店らしいのですが、我々が到着したのは12:00。こりゃ待ちそうだなぁ…
「どうしますか?」とMさん。「待ちましょう、せっかくだから」と僕。一人なら決して待たないと言うとMさんも!
そうでしょうね、気が長そうには見えません。w

何でもあなごがこの店の看板メニューのようです。張り紙の一番上に「あなご定食」、その下に「あなご丼」以下…となっています。
揚げ物が食べたかった僕は、やや迷いながらもあなご定食かあなご丼にほぼ心が決まっていました。そこへクーラーボックスをバイクに積んだ方が店の裏口へと向かいます。と、中からお店の方が出てきて受け取っています。どうやら獲れたての魚を運んできた模様。
ボックスの中身は獲れたてのアジに間違いないと踏みました!ww

ボリュームたっぷりのあなご定食に加えてアジの刺身が食べられるか? 獲らぬ狸の完食にやや不安そうな僕に、「Sさんなら大丈夫。心配なら刺身は一人前を半分ずつにしましょう」とMさん。

運がいい我々、関アジに並ぶほど高評価の三浦のアジがいただけそうです。(^^)

11横須賀走水味美食堂
味美(あじみ)食堂
やがてお店の方が張り紙を出しながら、「今日のアジの残りはあと4人分です。アジフライはご遠慮いただきます。刺身になります」とのこと。どうやらぎりぎりで我々は間に合いそうなタイミングです。(^^)v
張り出した紙はこれでした。ぎりぎりセーフのようです。
選べる刺身も時間の経過とともに二本の線で消されて減っていきます。人気のお店なんだと改めて思います。

12横須賀走水味美食堂
味美(あじみ)食堂
中は肩を寄せ合うように詰め込んでも12人しか入れません。最初カウンター席に通された我々でしたが、直後に一人の方がカウンター席の空きを待っているということでテーブル席へ。

13横須賀走水味美食堂アナゴ定食
味美(あじみ)食堂
こんなに待つことは金輪際ないかもしれません。我々としては空前絶後の待ち時間でした。なんと1時間余りも待ったのです。
初志貫徹で二人とも「あなご定食」です。

14横須賀走水味美食堂アジの刺身
味美(あじみ)食堂
結局アジの刺身はそれぞれ1人前ずつオーダーしましたが、大正解でした。
このうまさは九州大分でいただいた関アジ以来の美味しさでした。このお店だからといって、いつも食べられるという逸品ではありません。
「昨日の分は昨日のうちに終わっちゃったしね。今日も少なかったしね~…」、これは店のおかみさんにアジが食べられるタイミングをお尋ねして確認した時の言葉なので、間違いありません。日頃の行いのいい人だけが味わえるというわけですね。今日の幸運がだれの行いのお陰かは言わぬが花です。最近のサイクリングでの好天続きといい、天はやはり見るところは見ているのです。♪

看板メニューのあなごの天ぷらがまたうまくて、一見した時のボリュームに食べきれるか一末の不安がよぎりましたが、杞憂もいいところ。体の大きいMさんはともかく、小兵の(有体に言えばチビの)僕もぺろりと頂けるサクサクとした軽さです。あなごのほかにかき揚げが1枚付いているのですが、それも含めて難なく!

15横須賀走水味美食堂
味美(あじみ)食堂
1時間余り待ったことなどすっかり忘れて大満足の二人。
再スタートの時にGARMINの調子がよくないと気にするMさんでしたが…Made In USA(正しくは海外のOEM生産)だからとバカにするわけではないけれど、知らぬ間に設定が変わるなど変幻自在で時々腹が立つことがあります。

それはともかく、満腹になって走り出す直後に10%になる激坂が!短かったから無事だったもののもう少し長かったら…リバース間違いなし。w

エネルギーチャージしたからか、北鎌倉までギアを1段あげるMさんでした。

石かわ珈琲では今日も運良く待たずに席につけました。最近どうもいろいろなことが都合のいい方に流れています。なぜだろう?…と考えるまでもありませんね。w

しかも嬉しそうな顔をしたノジさんが出迎えてくれるではないですか。お互いに久しぶりに出会えたことを喜び、話好きなMさんとノジさんのお二人の間に陣取ることになりました。
しかし石かわ珈琲へ来てからいつになくおとなしいMさん。どうしたのかと見れば花粉症で目は赤く、ティッシュボックスを前に鼻をかんでいます。
そういえばここへ来るまで豪快なくしゃみのしっぱなしで、逆噴射で後戻りするのではないかと思われるほどでした。w

石かわ珈琲は僕にとって半ば我が家化しているので、ついつい写真の撮り忘れが多いのです。今日も食べ終わるころに「写真撮ってないでしょ」とMさん。もちろんご本人も撮り忘れています。
ずいぶん長居をしましたが、外でお待ちの方もでてきたので三人そろってお店を出ました。

お見送りしてくださったノジさんとまたの再会を約束してお別れしました。Mさんとは途中まで…

二日続きでお誘いくださったMさん、楽しい一日、いや二日間でした。ありがとうございました。
次回は他の友だちも誘って愉しいサイクリングをしましょうか、それともどこかへ撮影に赴きましょうか。


Twitter : @pa_hoehoe

2017/02/24 22:30
2017.02.24

今日も偶然の出会いが二つ半。やっぱり○○が近いのでしょうか、ktyさん…w

ここ最近は一人で自転車に乗る頻度が漸減状態…こんなことでは走れなくなってしまうとちょっと不安になります。がしかし、外は寒い、いつものぐずぐず、ちょっと疲労感…そんなこんなで出不精になって結局走り出さない日々です。
お誘いいただけば二つ返事でご一緒するのですが、平日は皆さん働いているのでお声がかかることはまずありません。
幸せなことですが、自転車友だちは全員僕よりずっと若く、しかし全員現役。30代そこそこから60代までのお友だちです。

今日は当然お誘いはないので、自分で背中を押して出かけることにしました。電車にするか自転車にするか。自転車に乗る頻度が…と言いながらも迷いました。が、やはり自転車で!
C59_20170224221616b84.jpg
今日は手持ちの中で一番好きな自転車【COLNAGO C59 + Campagnolo SuperRecord EPS + Campagnolo BORA Ultra two】で北鎌倉まで走りました。
珈琲豆も切らしていることだし…。

今日の鎌倉は人通りがいつになく少ないです。さほど冷え込む天気ではないものの、どんよりとした空模様がいかにも二の足を踏ませる午後です。観光客の出足も鈍るわけです。
人通りの少ない横須賀線沿いを走り、明月院の参道へ…こちらもいつになく閑散としています。

石かわ珈琲のドアを開くと先客はいるものの、さすがに店内はのんびりした様子。そのお陰でISさんと奥様のKさんにはたっぷり話し相手になっていただけました。
しばらくすると予想もしない人が登場!
珈琲豆の棚にそっと隠れたりしましたが、ご愛敬。体が大きいので隠れきれません。w

なんと先週の土曜日も石かわ珈琲でご一緒したようさん。平日のこの時間に来るはずのない人なので一同ビックリ!しかもちょうど噂をしていたところでした。
今日は第1回プレミアム・フライデーと言うことで、しかもこの日は午後からお休みを取っていたというようさん。
友だちに出会えるなんて想定外のことだったので嬉しいですね。しかも仲間内では最年少、一番若い独身貴族です。(すでに死語か?!)

先日の伊豆半島の話、トライアスロンの話などあれこれとっちらかった話をしていると…

あれまぁ、次に現れたのはHNDさん。
カメラと写真の大先輩です。お休みではないはずの今日、何か大事なことがあってお休みを取ったとおっしゃったような…。例によって人の話をちゃんと聞いていません。今日はISさんにお貸しするというクラシックなフィルムカメラを見せていただきました。そしてISさんがお父様から譲られた60年も前のフィルムカメラのレンズアダプターを持ってきてくださったのです。
HNDさんが見せてくださったクラシックなフィルムカメラはコシナ製だったと思います。手に取らせていただきましたが、メカニカルシャッターの感触や音色が、いかにも "写真が撮れましたよ!" と言ってるようで愛着がわきそうな一品です。
音色や感触以前に、ものとしての存在感も現在のデジタルカメラにはない風格があります。クラシックなものを求める世界はカメラもロードバイクも同じだと思いました。希少性ゆえの入手困難さでも、高価格という点でも…

※2台のクラシックカメラを写真に撮らせていただけばよかった…とはいうものの、こういう時に限ってカメラは携行せず!orz
※HNDさんから早速カメラの詳しい製品名を教えていただきました。コシナ製フォクトレンダー ベッサR2aとのことです。そしてこのカメラはさほど高価ではないとのことでした。HNDさん、ありがとうございました。

本当はもう一つ偶然の出会いがあるはずでした。石川県珠洲市にある"ギャラリー舟あそび"のオーナーが本日お店にいらっしゃるかもしれないと言うのです。
"舟あそび"はとても素敵な古民家ギャラリーで、女性オーナーの審美眼にかなった展示品の数々を買い求めることができます。実に雰囲気豊かで趣味の良いものばかりです。展示の仕方や品々のレイアウトも素晴らしい。
かねてより石かわ珈琲でお話を伺っていたので、一昨年能登半島をクルマで走った時に立ち寄らせていただきました。
大きな古民家ギャラリーの佇まいに似合う女性オーナーの素敵な雰囲気が強く印象に残っていたので、お目にかかるのが楽しみで仕方がありませんでした。
実はようさんの故郷が石川県金沢市と言うこともあり、彼も"舟あそび"を訪ねたことがあり、互いに顔見知りです。

ところが…予定がタイトで、石かわ珈琲においでになる時間がなく、午後6時過ぎに北鎌倉の駅頭で珈琲豆を受け取ることになってしまったそう。その時までお店で粘るわけにもいかず…と言うよりそういう間柄ではないので遠慮いたしました。今回はお目にかかれず仕舞いになり、本当に残念なことをしました。

いやいや、予期せぬお二人に出会えただけでも十分すぎる幸運な午後というべきでした。
二の足を踏みながらも、それを押して出かけた今日でした。そんな時いつでも思うのは、"今日もやっぱり出かけてよかった!!"


Twitter : @pa_hoehoe




2017/02/20 12:10
2017.02.18

前日のFBのコメントと写真(レモンのケーキの焼き上がり)に刺激されて、また横須賀北鎌倉方面へサイクリングすることになりました。ところが今日は「こんなことって本当にあるんだ!」と言う信じがたい偶然がたくさんあり、思わぬ方たちとの出会いが実現しました。

前週と同じ9:30AMに亜煉路館で待ち合わせです。前回に続いて今日もご一緒のkudouさんですが、ほかにもう一人います…
福島への単身赴任で長らくお目にかかれなかったKDさんでした。ご無沙汰をお詫びしつつ、今日は偶然出会ってご一緒していただけることになりました。

モーニング珈琲をいただきながらしばらくまったりし、お店の外に出てさぁスタートと思ったその時です。顔なじみのIさんが通りかかりました。このコースを走るときにはご一緒する約束のIさんですが、今日は朝からちょっとお買い物の様子です。次回の出会いを期してお別れしました。これが本日2度目の偶然でした。

0aイチゴ
境川のイチゴ
今日も境川のイチゴハウスで朝のフルーツタイムです。実に見事な粒です。しかも味は折り紙付きですから!

0bイチゴ
境川のイチゴ
1パック丸ごと食べたい様子ですが、まさにその通りです。しかしこの後皆さんとランチやお茶をご一緒するので今日もkudouさんと折半で我慢しました。

やっぱり最高だね!なんて言いあっていると後ろから両手を肩にポンと置く人が…

0c陽さん
3番目の偶然:ようさん登場
振り返るとそこにはようさんがニコニコしながら立っているではないですか。ビックリして嬉しくて過剰に反応してしまいました。本日3度目の嬉しい偶然です。
マラソンの練習の途中のようさんですが、「この辺りにいるんじゃないかな…と思って」とわざわざコースを逸れてやってきてくれたのでした。
江の島まで走るというようさんと別れて、我々も先へと急ぎます。いや急ぎません。ゆっくりと…

燃費の悪い我々、イチゴを食べたばかりだというのに少し空腹です。この後を考えてコンビニで補給・補水・トイレ休憩です。
するとKDさんが「走って抜かしていきましたよ」と言うではないですか。もう追いついて抜かして行ったようさんのようでした。我々が遅すぎる?
後を追うようにスタートし、追い抜きざまにようさんんを激励して先へと進みます。
先頭を走っていたkudouさんが少し先の信号で止まって誰かと話しています。誰だろう…と近づいてみれば!

0dMさん
4番目の偶然:Mさんとばったり
Mさんでした。これが本日4度目の偶然です。小径車に乗り、いつもと違う扮装だったのでスルーするところでしたが、「この辺を走ってるんじゃないかと思って」とMさん。この日の翌日撮影にお誘いいただいたのですが、クルマ輪行の約束があったのでお断りしたばかり。こんなところでこんな形で出会えてラッキーでした。

0e陽さん
追いついてきたようさん
そこへ再び追いついてきたようさん。この光景にびっくり!それはそうです。こんな偶然が重なるなんて誰も予想もしないことです。

0fMさん陽さん
偶然№3&4のツーショット
せっかく出会えたお二人、嬉しそうなツーショットを撮らせてもらいました。
互いに撮影に行こうとか、たまには自転車で走ろうと言いながらもなかなか実現しませんでしたからね。みんなにとってなんとも嬉しい偶然の出会いでした。

0gMさん陽さん工藤さん
偶然&偶然の出会い
暇人の僕はたまにそれぞれの方とお目にかかるチャンスがありますが、忙しくしている方たちは互いに顔を見るチャンスもそうありませんからね。みんな嬉しそうな様子です。

ようさんは引き続いて江の島まで走り、遊行寺経由で帰宅するとのことでした。「3時ころに石かわ珈琲に行くからおいでよ!」とお誘いして別れました。
Mさんは、我々が湘南国際村へ上った後、横須賀市の「和か菜 (わかな)」でお昼をいただくというとご一緒してくださることになりました。しばらく小径車で後についてくれましたが、湘南国際村をパスして直接お店で合流することになっていたので、途中からは別々に走ることになりました。

0h湘南国際村
湘南国際村
のんびりと上った湘南国際村です。かつてはTTにチャレンジしたこともあるこの上りですが、今となっては古の夢のごとしです。
マイペースで走ることになれたいま(要するに疲れない最低強度の走りということ)、これではいけないという思いも…ほんのちょっとですが。

0i湘南国際村
湘南国際村
自転車は愉しければそれでいい!と居直りたいところですが…
ついこの間まで、「誰とでもそれなりに走りが楽しめるようにしておきたいですね」と同じサイクリングコンセプトを持つktyさんにわが意を得たばかりでした。やっぱり少し頑張ろうかな。明日はビビさんが一緒に走ってくれるから少し安心だけど、そうでないとまた富士山一周の再現になりそうで怖い。

0jわかな
和か菜 (わかな)
先にお店について席を確保しておいてくれたMさん。久しぶりに差し向かいでお話ができる機会を得ました。
Mさんは「天せいろの大盛り」ですが、蕎麦は普通の更科ではなく、柚子が練りこんであるものです。

0kわかな
和か菜 (わかな)
僕もメニューを見て一通り悩んでみましたが、それは形だけ。結局いつも通りの「天せいろの大盛り」を注文しました。

0lわかな
和か菜 (わかな)
良質のごま油の香りが立つ天ぷらは相変わらずおいしい。蕎麦はもちろんですが、これに惹かれて足を運んだものでした。

0mわかな
和か菜 (わかな)
向かいの席のMさんの柚子が練りこまれたお蕎麦はやや黄色みかかっています。
「色だけだな。それに大盛りって上にちょんと乗ってる分なのかなw」と言ってますが、量の少なさは蕎麦屋の常識、世間の非常識と言うところでしょうか。大盛りでもどうにもならない足りなさです。

この後滑川交差点まで一緒に走ったMさんでしたが、居合のお稽古があるのでそのまま自宅へと向かわれました。
我々はいつもより心なしか人通りの少ない八幡宮の参道を抜けて北鎌倉へと走ります。

0n石かわ珈琲
石かわ珈琲
鎌倉周辺の人通りの少なさから待たずに入れると思った石かわ珈琲ですが、一組のお客さんがお店を出るのを待って席に着くことができました。すると、Kさんが「ASKRさん…」とおっしゃるのでそちらを見ると、カウンター席の端っこでお一人で珈琲とケーキを楽しんでいらっしゃいました。これが本日5度目の偶然の出会いでした。今日は連れがいたのでお話しさせていただくチャンスがありませんでしたが、彼女ともめったに会うことはありません。

0o石かわ珈琲
石かわ珈琲
僕はケニア、kudouさんはめいげつブレンド、KDさんはグアテマラをそれぞれいただきました。

3時ころには本当にようさんが来てくれました。我々の仲間で一番若いようさん、みんなからあれこれといじられていますが、それはみんなに可愛がられている証拠です。僕も調子に乗っていろいろと突っ込んでしまいましたが、それもこれもMさんがこの場にいないからで、彼がいれば僕が散々つっこまれたに違いありません。僕の場合はようさんのように愛されているからというわけではなく、ぼんやりして失敗ばかりしているからツッコミどころが多いというだけの理由です。

0p石かわ珈琲
石かわ珈琲
ケーキは「レモンのケーキ」です。これが丸のまま焼かれたもの2本を写真で見せられたのが運の尽き!北鎌倉まで出かけてきてしまいました。しかしそのお陰でいろいろな出会いに恵まれた今日のサイクリングでした。
偶然とはいえ、皆さん本当にありがとうございました。


Twitter : @pa_hoehoe

2017/02/11 20:25
2017.02.11

kudouさんにお声がけいただいて、鎌倉~横須賀をポタリングしました。ブログを書こうとして…はっと思い出しました。
この方面を走るときには誘ってねと言っていたIさんでした。急にコースが決まったので(いつものことです)、お声がけができませんでした。ごめんなさい。

01保土ヶ谷あたり
保土ヶ谷CCあたり
昨日の雪、我が家周辺ではほとんど跡形もなくなりましたが…
保土ヶ谷CCの裏手の日陰道路はちょっとした雪国風景でした。しかし道路はほぼドライな状態で、凍結などの心配はありませんでした。

02保土ヶ谷あたり
保土ヶ谷CCあたり
枝々の先端まで浅い雪に飾られて、朝日にきらきらと煌めくさまは実に美しい。何度自転車を降りて眺めたかしれません。やはり冬ならではの光景に雪は欠かせません。

03保土ヶ谷あたり
保土ヶ谷CCあたり
がしかし、凍えるような冷たさです。風が吹かないからまだしも、向かい風だったりしたら引き返しかねない低温です。
ほんのわずかな高低差と地理的な状況でこんなにも差があることに驚かされます。我が家から10㎞も離れていません。

04亜煉路館
亜煉路館
雪と戯れていたので(目だけですよ)、約束の時刻に5分近く遅れてしまいました。早めに行くはずの亜煉路館でしたが、先に到着したkudouさんをお待たせしてしまいました。申し訳ございません。

久しぶりなので、お互いの近況報告もかねてモーニング珈琲をいただきながらまったりと過ごす朝の時間。店内は暖房で温まっているので、雪景色で冷え切った体には嬉しい。

相談の結果、ランチはカレーということで、横須賀のインドカレー「ロイヤルパラソル」に決めました。

05激うまイチゴ
激うま巨大イチゴ
いつもkudouさんのFB写真に登場する朝のイチゴ! かねてより食べたいと思っていたのが実現しました。
境川のビニールハウス栽培農家が、週末限定で店頭で販売してくれるそうです。

いかにも巨大なので、大きさ比較のために500円硬貨を並べて撮りました。

06激うまイチゴ
激うま巨大イチゴ
フルーツ好きでは人後に落ちないつもりの僕でしたが、kudouさんには負けます。季節ごとにおいしそうなフルーツ販売所を探しては楽しんでいるkudouさんです。遠近効果を差し引く必要があるでしょうが、それにしてもその大きさは見事の一語!ww

07激うまイチゴ
激うま巨大イチゴ
思わず笑みがこぼれてしまう美しいイチゴです。

08激うまイチゴ
激うま巨大イチゴ
大粒のイチゴは得てして大味なものが多いですが、これは別格です。芯の方まで食感は優しく、その味はとてもデリケート。大味とは無縁です。しかも程よい甘さと香り!

09七里ガ浜
由比ガ浜
由比ガ浜も春が訪れたかのような穏やかな様子です。こういう景色を眺めると本物の春の到来が待ち遠しい。桜の花がほころび、日が延びる季節になったら、ひねもす何をして楽しもうか、どこへ出かけようか、想像するだけで心が浮きたちます。

やや早めに到着したインディアンレストラン。2F席に先客が一組だけ。
お手洗いを借りたりメニューを眺めて悩んでいるうちに周囲の席が埋まってきました。一時味が変わってちょっと残念に思ったこともありましたが、人気が復活したのでしょうか。
10ロイヤルパラソルサラダ
ロイヤルパラソル
ランチメニューから二人とも同じものをチョイスしました。まずはサラダ。

11ロイヤルパラソルラッシー
ロイヤルパラソル
やや早すぎるタイミングでラッシーが登場。できればメインディッシュと同時か後がよかったけれど、何も聞かないので食後だと思い込んでいました。食前には甘すぎる。

12ロイヤルパラソル南インド料理ドーサ(インド風クレープ)
ロイヤルパラソル
ランチセットはドーサのほかに、ライスとスープ(トムヤククン風)と3種類のカレーが小さい金属のボウルに入っています。
個人的にはかなり好きな味でした。インド料理というよりもアジアンエスニックという感じです。ややタイ料理寄りと言うか…
大磯のマッサマン タイキッチンに行きたくなりました。

13ロイヤルパラソルドーサ(インド風クレープ)
ロイヤルパラソル
ランチセットにはナンではなくドーサ(南インドのクレープ風)です。ナンとどう違うのか事前に聞いたけれどもウエイターには日本語が通じず…
難しいことはダメですが、この程度のことなら英語で聞くべきだったかも。

kudouさんも話好き。僕はさらに!という評価が周囲で固まっているようですが…
取り留めなくいろいろなこと、自転車、人生のあれこれ、友だちのこと…話題は尽きませんがそろそろコーヒーが飲みたくなりました。

北鎌倉に向かう海沿いの道を軽快かつ快速で前を牽いてくれるkudouさんです。所々道は渋滞しているものの、煌めく海、風でやや波立つ海面を眺めながら走ると、カメラを持って海辺を歩いて写真を撮りたい衝動に駆られます。
水がぬるむころになると海の色は次第に透明度を失っていきますが、相模湾と言えどもこの季節は実に深く美しい色をしています。
14石かわ珈琲パナマ
石かわ珈琲:パナマ
土曜日の石かわ珈琲だったにも関わらず、タイミングよくカウンター席が空いていて、待たずに入れました。
1時間ほど前までMさんがいらっしゃったとのこと。その時はお店が空いていてゆっくりお話ができたそうです。しばらくお目にかかっていないMさんに会えなかったのは残念でした。

15石かわ珈琲パナマとウイークエンド
石かわ珈琲:レモンのケーキ
散々話をしたのにしゃべり足らず、石かわ珈琲でもコーヒーが冷めてしまうほどに…
ようやく重い腰を持ち上げてレジで精算していると、Kさんが「Tさん…」と言うので、てっきり陽さんだと思ったら、思いがけずTさんご夫妻とお友達の三人連れが僕たちと入れ替わりに席を待っていらっしゃいました。
思いがけない出会いだったので、思わずご夫妻と手を取り合ってしまいました。しかし前回もスレ違い、そして今回も…次回はゆっくりお話しできるのを楽しみにしております。

16石かわ珈琲
石かわ珈琲:マスキングテープ
自家用の珈琲豆をいただいたのですが、豆の袋を閉じるマスキングテープを見せて、「ほら、珈琲とカメラと自転車ですよ!」とKさん。なんだか僕の趣味が印刷されているようでうれしくなりました。


Twitter : @pa_hoehoe

2017/02/05 13:08
2017.02.04

ウイルス感染で寝込んでから10日余り、久しぶりの自転車です。ちゃんと走れるかどうか不安でしたが、そんな中、トキちゃんとビビさんにお誘いいただいて楽しむことができた週末でした。

00青葉台で待ち合わせ
青葉台で待ち合わせ
我が家の近くのコインパーキングで待ち合わせです。遅れては申し訳ないのですぐに出られる準備をしていました。自転車を組み立て、準備ができてから連絡をくれたようで、結局お待たせすることになりました。

安全な道を安全な速度で、いろいろと気配りをしながら前を牽くトキちゃん。もちろん病み上がりの僕を気遣ってのことではありません。ビビさんが安全に無理なく走れるようにとの気遣いです。"その10分の1でいいからこっちに回せよ!"w
いやウソです。僕たち(ktyさん含む)と走るときにはちゃんと合わせてくれています。本気で走られたら二度と付き合えません。

02小雀坂上
小雀坂上
ここは原宿の交差点を越えた小雀のやや長くて勾配のある坂の頂上です。なぜここで止まっているかというと…
後方の信号が赤になるのを待っているのです。そうすれば後から煽るように走ってくるダンプの恐怖に晒されることもありません。たとえ女性や初心者が一緒でも僕にはこういう気配りはできません。
お陰で下りでの危険もなく大船へと向かうことができました。

03大船へ
大船へ
しかし下り坂が過ぎた後も大型トラックなどが並走する道もあり、やや走りにくさはありますが、ビビさんを二人の間に挟んで凌ぎます。

04大船開かずの踏切
大船開かずの踏切
柏尾川沿いの道を左折して開かずの踏切へ。
この踏切は何本もの線路をまたぐので、ダイヤが過密な時刻には通過するのに時間がかかります。しかしここまで来ればスピードを出して脇をすり抜けるクルマたちはいなくなります。

05鶴岡八幡宮大混雑
鶴岡八幡宮周辺は大混雑
鎌倉はいつ来ても混雑ですが、今日も…
それだけ人々の人気を集めているからにほかなりません。立派な社寺や武家の文化がそこここに残る歴史ある観光地であり、そのうえ楽しげなお店も軒を並べていますからね。休日の混雑は仕方ありません。

06a鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮
渋滞で道路を進めないので、自転車を押しながら鶴岡八幡宮の境内を横切って逗子へと向かいます。
この時トキちゃんが「痩せましたね」と。それはそうかもしれません。この10日間ろくに食べていませんでしたからね。ダイエットに励みながらも痩せずに苦悩している方には申し訳ありません。w
でも実際以上に痩せて見えたのはウエアのせいかもしれません。ジャケットもタイトだし、ビブタイツはそれ以上にタイトです。しかしタイツは股下が余り、3~4㎝折り返してます。シューズカバーで隠しているのはここだけの秘密です。w

鎌倉は裏通りを走って目的の逗子の「ゆうき食堂」へとやってきました。
ゆうき食堂は実に久しぶりです。相変わらずワイルドな感じが自転車乗りに相応しい!

06ゆうき食堂ビビさん刺身2点盛り
ゆうき食堂
ビビさんは刺身の二点盛りの定食です。ヒラメとなんだったかな。

トキちゃんがご飯は少なめにと言ってるので、僕も急いで少な目宣言しました。
普通盛りでも大盛り顔負け、大盛りは手に負えないほどの量のようです。

07ゆうき食堂トキちゃん刺身2点盛り
ゆうき食堂
そしてトキちゃんの刺身の二点盛りの定食。ハマチとマグロのたたき? ビビさんにマグロを分けてあげてました。

08ゆうき食堂僕味フライト刺身1点
ゆうき食堂
僕は相変わらずの高カロリー志向。揚げ物大好きです。痩せたことだし許してください。
アジのフライとマグロの刺身の定食。「ゆうき食堂」は以前よりずっと鮮度も高くておいしくなった気がするのは僕だけでしょうか。

09ゆうき食堂
ゆうき食堂
最近のトキちゃん&ビビさんには「ゆうき食堂」がマイブームなのだそうです。僕も誘ってもらって一緒に来てよかった。認識を改めました。

写真はトキちゃんと相撃ち!

10aゆうき食堂
ゆうき食堂
これが相撃ちの結果です。

10ゆうき食堂
ゆうき食堂
さてお腹もいっぱいになったところで次へ…
まだ鎌倉へ移動するには時刻が早いので逗子マリーナへ…

11逗子マリーナ
逗子マリーナ
ここはややハワイアンな雰囲気の場所です。逗子マリーナのマンションは外壁のリフォームをしたばかりのようで真っ白。マリーナに停泊するクルーザーとともに水に映る様子は春と勘違いしそうな光景です。

12逗子マリーナ
逗子マリーナ
今日は冬とは思えぬ暖かさで、いや暖かすぎて雲一つないのに空の青さは抜ける様子ではありません。遠くの富士山が霞んでいます。
先々週(僕が始発から夜まで駿河湾沿いを彷徨していた日)お二人がこの場所を訪れた時は風が吹くいかにも冬らしい寒い日で、富士山がくっきり見えたそうです。スマホの写真を見せてくれました。

13逗子マリーナ
逗子マリーナ
二人並んで記念ショットを撮ろうとしたらこのポーズ!
ダブルウルトラビームにやられました。w

14a逗子マリーナ
逗子マリーナ
ヤシの木のそばにうっすらと浮かぶ昼間の月を眺めていたら…

14逗子マリーナ
逗子マリーナ
これがその目線の先の光景です。

15逗子マリーナ
逗子マリーナ
今日の三人の自転車たちです。それぞれがそれぞれの好みで選んだフレームですが、中でもビビさんのフレームはいかにも女性らしい優しい感じです。足元は僕と同じボーラです。

16a逗子マリーナ
逗子マリーナ
逗子マリーナを後に北鎌倉に向かおうという場面。トキちゃんが振り返りながら並走する様子を撮ってくれました。自転車コントロールが下手な僕にはできない芸当です。

16逗子
逗子の浜辺
途中逗子の砂浜に横道しました。今日は風がないのでウインドサーファーたちは海の上で立ち往生していましたが、前回訪れた時には強風下をびっくりするような速度で眼の前を疾走していたそうです。

17浪花屋の鯛焼き
浪花家
鎌倉で人気の鯛焼き屋「浪花家」です。興津の鯛焼きを食べ損ねたトキちゃんがどうしても食べると言い張るので、みんな仕方なくお付き合いしました。いやウソです。みんな積極的に同行しました。
それにしてもうっとりし過ぎのビビさん!(笑)

18浪花屋の鯛焼き
浪花家
トキちゃん、興津の仇は取れましたか。「丸子の鯛焼きが…」とかまだ言ってましたけど、今日はこれで納得してください。w

19a浪花屋の鯛焼き
浪花家
相変わらずの表情のビビさん。三人とも甘党です。和菓子もケーキも大好き。ただしお酒は飲めません。
三人揃って下戸ってどうなんでしょう。お酒好きの方にご一緒していただくときには申し訳ないですね。
筆頭はMさん、そしてktyさん。w

19石かわ珈琲
石かわ珈琲
日曜日の石かわ珈琲の午後はやはり満席で、少し外で待ちました。しかし一人ではないし気温も高めなのでのんびり話をしながらでした。
3人とも逗子を出るときからコーヒーが飲みたくて…やっとありつけた嬉しさに誰も写真を撮らず、気づけば飲み干し、食べきった後でした。
石かわ珈琲のKさんとビビさん、女性同士で自転車の悩みが交換できたようで何よりでした。

トキちゃん、ビビさん、今日はお誘いいただきありがとうございました。とても楽しかったばかりでなく、12日間のブランクがたった1日で埋まりました。自転車で走る不安がいとも容易に解消し、いつも通りに楽しめたことがうれしいです。
もちろん走りは以前と変わらずですが、今日のペースは復帰第1日としては願ってもないものでした。


Twitter : @pa_hoehoe


プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク