2017/12/08 23:33
2017.12.06

今日のカメラとレンズはX-T2 + XF16-55mmF2.8 R LM WR & XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR

機材は手持ちの範囲で本気ながら、気持ちが追いつかず…
何事にもいまひとつ手応えが乏しい最近です。
困ったものですが誰のせいでもありません。

01浅草寺手水屋
浅草 1

02浅草寺常香炉
浅草 2

03浅草寺常香炉
浅草 3

04浅草寺常香炉
浅草 4

05浅草寺イチョウの葉
浅草 5

06浅草寺本堂から雷門方面
浅草 6

07浅草合羽橋へ向かう途中
浅草 7

08合羽橋ユニオン
合羽橋 1

09フードサンプル
合羽橋 2:フードサンプル
いずれも "FAKE FOODS" とは思えぬ、超リアルな "FOOD SAMPLE" でした。

10フードサンプル
合羽橋 3:フードサンプル

11フードサンプル
合羽橋 4:フードサンプル

12フードサンプル
合羽橋 5:フードサンプル

13亀の子だわし
合羽橋 6

*******再び浅草に戻って雷門前*******

若くてチャーミングな女性がいたので何枚か撮らせていただきましたが…

14一緒に写真を
雷門前 1
そこへ一人の老人がやってきて、何やら頼んでいる様子です。

15一緒に写真を
雷門前 2
一緒に写真を撮らせてもらいたかったんですね。

16一緒に写真を
雷門前 3
お礼を伝える様子です。

17一緒に写真を
雷門前 4
ご指名を受けた若い女性は、この後仲間の元へ戻って楽しそうに話してました。もちろん内容はわかりませんけど…


Twitter : @pa_hoehoe

2017/11/27 12:10
2017.11.26

今日のカメラはX100F

1泊2日の箱根ランから帰るktyさん、トキちゃん、ビビさんのお出迎えランに出向くことができず、誠に残念なこの日でした。

北鎌倉の石かわ珈琲に寄ってから輪行帰宅するというトキちゃんビビさんと「石かわ珈琲」で待ち合わせて会えることになりました。ラッキーだったのでこちらは乗り鉄でww


******* 北鎌倉 *******

北鎌倉駅に降り立つと周辺の混雑はただ事ではなく、さすがに紅葉の鎌倉でした。この10日ほどが最後の見ごろとなるので人出の多さは毎年こんなものかもしれません。
同じ驚きを毎年繰り返しているのもどうかと思いますが、この日も驚嘆に値する人出でした。

待ち合せまで時間は多少あったのですが、混雑した寺を移動するのも憚られて、明月院のみに限定しました。


円覚寺には入山せず、山門前での撮影にとどめました。
01円覚寺
北鎌倉 1:円覚寺
円覚寺で結婚の記念撮影をする花嫁と花婿。
「まぁかわいい! おめでとうございます」とお声をかける中年のご婦人。
「ありがとうございます」と流暢な日本語で応える花嫁さん。外国人のお顔立ちですが、日本人なのかもしれませんし、在日年数が長いのかもしれません。

02円覚寺
北鎌倉 2:円覚寺
円覚寺山門前の石段は、撮影する人たちと出入りする観光客たちでごった返していました。
午後の日差しを浴びて、まさに今が絶頂です。

03にちりん製パン
北鎌倉 3:にちりん製パン
この人出では食事も思うに任せられそうもないので、県道沿いの小さなパン屋さん「にちりん製パン」で買って歩き食いをすることにしました。
ここも売り切れ寸前でした。最後の1個の「ねこパン」とあと2つ。
麗らかな日差しを浴び、パンをかじりながら明月院に向かいました。


こんな日は石かわ珈琲では列に並んで待つのは必至です。
「明月院でのんびりしているから、トキちゃんたちもゆっくり来るように」とメッセージを入れました。

04明月院
北鎌倉 4:明月院
多くの参拝客でにぎわう明月院でしたが…

05明月院
北鎌倉 5:明月院

06明月院丸窓
北鎌倉 6:明月院
丸窓から奥の庭を覗くのに長蛇の列ができています。撮影するにもこの列の最後尾に着くしかありません。
さすがにそれには嫌気がさして、列の横から辛うじて隙間のような写真を撮りましたが、何だろう…という写りです。

07明月院御朱印の列
北鎌倉 7:明月院
人気は丸窓ばかりではなく、御朱印をいただく人の列も長蛇!
みなさんの辛抱強さにはただただ感心するばかり!

この日はお寺の奥は一切立ち入り禁止となっています。奥のお庭だけでなく一切!
そうしなければこんな長蛇の列をなすはずもなく、お寺のやり方がわからないではない一方でやや興覚めでした。

08明月院地蔵の供物栗
北鎌倉 8:明月院
お地蔵様に秋の実りの「栗」が供えられていました。

09明月院落葉
北鎌倉 9:明月院
よく見れば木々の紅葉は明らかに盛りを過ぎており、足元にはやや鮮やかさを失った様子の落ち葉が散り敷いていました。

くまなく見学しても時間が余ってしまい、明月院を後にして石かわ珈琲の順番待ちの列に並ぶことにしました。

お店まで20mくらいのところでトキちゃんからメッセージ。
「石川珈琲でまったりしましたのでそろそろ帰りますよ?」と
どうせウソだろうと思いつつ、箱根から逗子を回ってここまで走ってきたビビさんをお待たせしては申し訳ないと思い、走っていくと列の途中に並んでニヤニヤしながら「そんなに走れるんだったら箱根までお迎えランにきてくれればよかったのに!」
相変わらずのやつです。w

10石かわ珈琲
北鎌倉 10:石かわ珈琲
待ち時間は思ったよりも短く、いつものカウンター席に案内していただきました。
こうして二人にお目にかかって言葉を交わすのは久しぶりなのに全然そんな気がしません。それはまさにSNS効果です。昨日の夜も一緒にいたような…お互いにそんな気分でした。

初めてのサイクリングでの出会いから今日までを懐かしく語るビビさん。僕もトキちゃんも同様の思いです。
我々の仲を取り持ってくれたktyさんのこと、あさぎりフードパークのランチが美味しいこと、一緒に走った日々のこと…話は尽きませんでした。

がしかし、おしゃべりに熱中しすぎて肝心なお二人の証拠写真を撮りそこないました。
ムムム…

ホリデー快速の座席指定で帰宅するお二人とは4時過ぎにお別れしましたが、石かわ珈琲で思わぬお誘いをいただきました。

" 仲間内では一番の若輩者wのようさんと7時ころアルペン・ジローで食事するけど一緒にどうか " というものでした。

" " 内の文章は僕の言葉であって、ISさんやKさんの台詞ではありません。
"一番の若輩者" www

そのお誘いにはもちろん即乗りです!



******* 横浜 *******

一足先に関内まで乗り鉄し、7時近くまでブラブラと写真を撮りながら夜の街を散歩しました。

11伊勢佐木モール
横浜 1:伊勢佐木町

12伊勢佐木モールテーラー
横浜 2:伊勢佐木町

13伊勢佐木モール祭りの店
横浜 3:伊勢佐木町

14伊勢佐木モール自家焙煎カフェ
横浜 4:伊勢佐木町

15伊勢佐木モール月とオブジェ
横浜 5:伊勢佐木町

16伊勢佐木町
横浜 6:伊勢佐木町


アルペン・ジローに着いたのはISさんと同時、ほどなくようさんも到着。奥様のKさんはクルマを停めて別件を済ませてから来るとのことでした。

17アルペンジロー
横浜 7:アルペン・ジロー
とりあえず飲み物をオーダーして乾杯。久しぶりに再会したようさんから面白おかしい近況を聞きながら笑い転げました。

18アルペンジローご夫妻
横浜 8:アルペン・ジロー
それから間もなく全員そろったのでそれぞれ好みのカリーと二品オーダーしました。
みんなの好みが一致しているのでもめることなく決まりました。w

19aアルペンジローようさん
横浜 9:アルペン・ジロー
そして少し遅れてきたKさんのためにさっきの話のダイジェストを済ませて続き…
ようさんの金沢自転車旅行と香港のホテルでのサバイバル話で盛り上がった晩でした。

19アルペンジロータコ
横浜 10:アルペン・ジロー

20アルペンジロータコとじゅくじゅく
横浜 11:アルペン・ジロー

21アルペンジロー若鶏のカリー
横浜 12:アルペン・ジロー

昼間はトキちゃんビビさんと、夜は石かわ珈琲ご夫妻とようさんと、楽しい一日をありがとうございました。
次回は他府県にいる友だちとも全員で集まりたいですね~


Twitter : @pa_hoehoe




2017/11/21 22:51
2017.11.21

今日のカメラはFUJIFILM X100F

富士フィルムサービスステーションに行くついでに、東京ミッドタウンでX100Fの試し撮りをしてきました。
早々に用件を済ませ、1Fにある富士フイルムフォトサロンで開催されている「アンセル・アダムス写真展」を鑑賞しました。

作家を説明する副題に「二十世紀の巨匠 美と崇高の風景写真家」とありましたから、これはよほど有名な写真家に違いありませんが、存じ上げません。
下手の横好き写真を撮り始めたばかりの初心者であるにしても、無教養にして恥ずかしい。
1902年生誕、1984年死没とのこと。82年の生涯であったようです。

その生涯撮り続けたヨセミテの風景写真が展示されていましたが、もっとも古いものは100年近く前のもの。もちろんすべてモノクロでした。

撮影者の自然に対する畏敬の念、神が宿るかと思われる自然の荘厳さ…それらを放射するような風景写真でした。

その後で試し撮りか!? いつにもまして手元が狂いっぱなしでした。

この日ばかりは下手な鉄砲も湿りがちで、数撃てずにすごすごと退散しました。

00東京ミッドタウン
六本木

01東京ミッドタウン
東京ミッドタウン 1

02東京ミッドタウン
東京ミッドタウン 2

03東京ミッドタウン
東京ミッドタウン 3

04東京ミッドタウン檜町公園
東京ミッドタウン 4

05東京ミッドタウン
東京ミッドタウン 5

06東京ミッドタウン
東京ミッドタウン 6

07東京ミッドタウン
東京ミッドタウン 7

08東京ミッドタウン
東京ミッドタウン 8

09東京ミッドタウン
東京ミッドタウン 9

10東京ミッドタウン
東京ミッドタウン 10

11東京ミッドタウン
東京ミッドタウン 11


Twitter : @pa_hoehoe

2017/10/21 22:41
2017.10.21

今日のカメラとレンズはX-T2 + XF16-55mmF2.8 R LM WR、XF60mmF2.4 R Macro

関東周辺では紅葉の見ごろを迎えたところ。折しも超大型台風が日本列島を窺う動きを見せています。
秋雨前線が刺激されて飽きもせず雨が降り続く毎日です。
直撃を受けたり、大雨や大風で被害が出る地域がないことを祈るばかりです。

個人的に残念なのは、日曜日の富士山一周のイベントも流れ、下手すれば台風の通過後はせっかくの紅葉も傷んでしまう可能性があることです。

家に籠っているといまいちの体調。
単に出かけたいだけなのか、本当に少し不調なのかよくわからない…

途中でカメラ屋に寄る予定をすっ飛ばして、雨が激しくならないうちに北鎌倉へと向かいました。
今日は北鎌倉駅の円覚寺口ではなく、正面から鎌倉へと向かう県道に出ました。
しかし雨が降り続く中、傘を差しながらの撮影はできません。
浄智寺をちらりと覗くにとどめ、横須賀線の線路を渡って明月院へとUターンしました。

明月院の参道を歩く人影はまばら…

00石かわ珈琲
石かわ珈琲 1
雨降りのお昼時と言うこともあり、さすがに到着してしばらくは独り占めの石かわ珈琲でした。
1杯目の珈琲はまだ正式販売前のエチオピアをいただくことにしました。

01石かわ珈琲エチオピアとパウンド
石かわ珈琲 2:エチオピア・ジンマ・ナノ・チャラとパウンド ケーキ
パウンドケーキとともにいただいているとカップルが一組また一組とお店に入ってきました。

これまで味わったエチオピアとは全く異なる香味。珈琲の利き分けは全くできませんが、もしも聞かれたら、知ったかぶって「コスタリカとかコロンビア?」なんて答えたかもしれません。
それほどいつものエチオピアとは異なる印象でした。
区別はできませんが、おいしいものはおいしいです。

02石かわ珈琲シンフォリカルポス
石かわ珈琲 3:シンフォリカルポス
絶対に名前を覚えられないお花、「シンフォリカルポス」が実に愛らしいピンクのグラデーションの実をつけています。
花は7月から9月にかけて、9月から12月にかけては実が楽しめるとネットにあったので、これは実で間違いないのでしょう…ね?

個人的に目下定番になっているケニアをお代わりにいただき、お客さんで席が埋まってきたにもかかわらずお話し相手になっていただきました。

お花の教室に通ったり花屋さんで働いた経験があるという奥様のKさん、切り花の扱いに詳しくいろいろと教えていただきました。
それをちゃんと今後に活かせるか…それはわかりません。ww

今日はブログに載せる写真がないので、帰宅後にレンズをマクロに付け替えてついでの写真を撮ってみました。

03MUGI.jpg
MUGI
もはやおばあさんになってしまった我が家のネコ。
あと半年もしないうちに15歳になります。
月日の経過とともにネコらしいプライドは失っていくばかり(もともとない)。
人間、特に飼い主の僕に甘えることに迷いはありません。

b蔵六
蔵六の灰皿
もう数十年前、吉祥寺の住宅街で隠れるようにひっそりと営む骨董屋で買いました。
京都の金属工芸士 六代目・秦蔵六(はたぞうろく)作です。
もともと大した値打ちはないのですが、箱がないので価値はさらに下がります。

Twitter : @pa_hoehoe

2017/10/14 20:53
2017.10.14

今日のカメラとレンズはX-T2 + XF16-55mmF2.8 R LM WR

ここまで無沙汰したことはこれまでなく、実に久しぶりのヤルクコーヒーでした。
間違いでなければ前回お邪魔したのは6月1日、まだ梅雨に入らぬ時でした。
8月に身体の不調があったことをブログやFBでご存じのようでしたから、無用なご心配をいただかないためにも、もっと早めにご挨拶しておかなければいけませんでした。申し訳ないことでした。

00ヤルクコーヒー
ヤルクコーヒー 1
いつものカウンター席に座れるといいなぁと思いながらお店に着いたのはほぼ正午でした。僕自身食前にコーヒーをいただくことは稀で、やはり食後にゆったりと味わいたいと思っているので、世間もそうではないかとこの時刻に伺いました。

01aヤルクコーヒー
ヤルクコーヒー 2
いちばん好きな席が空いていました。珈琲を淹れてくださる奥様と話をするのは本当に久しぶり。このカウンター席ならではです。
今年の2月から新しく始めたというお稽古を愉しく続けられて、ずいぶんと上達なさった様子です。いつかご披露していただきたいと思っています。
そしてヤルクコーヒーの常連になっている知人や友人の最近の様子も聞かせていただけました。

03ヤルクコーヒーフルーツケーキとコスタリカ
ヤルクコーヒー 3:フルーツケーキとコスタリカ
実は昨日のヤルクコーヒーのFBで早生の紅玉を使った「リンゴのケーキ」を始めたことを知って、かすかに期待してきました…が、今日は仕込んでいる最中でした。
その代わりに新しいメニューのフルーツケーキがいただけました。1杯目の珈琲はマスターにおすすめを聞いて、まだご本人も試していないという「コスタリカ: ロス・クレストネス エル・セロ区画」をいただきました。
「酸味が強くなかったですか?」とマスターから聞かれましたが、特にそうは感じませんでした。コクがしっかりと感じられる飲みごたえのある味わいでした。とてもおいしかったです。

※フルーツケーキの感想を書き忘れました。僕はお酒が飲めないのでその正体はわかりませんが、(多分)お酒が加えてあるからこその深い味と香り、そしてとほど良い甘さ! 大変おいしくいただきました。今後も定番にしてほしいケーキです。

04ヤルクコーヒーチーズトーストとケニア
ヤルクコーヒー 4:チーズトーストとケニア
ややお腹が空いていたこともあり、他のお客さんに出すのを見て思わずオーダーしてしまいました。これすごくおいしいんです。パンにもチーズにもこだわって、何よりも手間をかけて焼いてくれるチーズトースト。小腹が空いたときには本当にお勧めです。
そして珈琲は「ケニア ガクイ ファクトリー」。個人的な好みとしては、この安定したバランスと素晴らしい香味、そして口当たりの良さは一押しです。

マスターにもいろいろな楽しい話題でお話し相手になっていただき、ゆったりとした時間を過ごすことができました。
しかしヤルクコーヒーを辞してこのまま帰宅するのが惜しくなり、同様に久し振りの大宮八幡へと足を向けました。

05大宮八幡手水屋
大宮八幡 1
今日の大宮八幡は七五三の親子連れ、そして中にはおじいちゃんおばあちゃんも加わってのお宮参りの方がたくさんいました。
たくさんの目が見ているのでさすがにレンズは向けにくく、撮影は遠慮しました。

手水舎で手を清め、口を漱ぐご婦人…

06大宮八幡十月桜
大宮八幡 2
十月桜が枝の先にごく遠慮がちに花をつけています。雨に濡れてとても可憐な花びらでした。

07大宮八幡弓道場
大宮八幡 3
いつもの弓道場。どうやら女性が師範を務めている様子でした。お三方とも背筋がピシッと伸びて緊張感に満ちた姿でした。

08大宮八幡神木
大宮八幡 4
雨の大宮八幡。境内はしっとりとした空気に包まれ、いつもより静寂で厳かな感じがします。

09大宮八幡拝殿
大宮八幡 5
社殿に上がり、神職に祝詞を奏上していただいている方たち…七五三のお祝いではない様子です。
孫の初宮詣り以外にはこういう経験はありません。

10大宮八幡BMW Z4
大宮八幡 6
BMW Z4ロードスターを撮影したわけではありません……鳥居や灯籠の映り込みがほとんどなく失敗!


Twitter : @pa_hoehoe

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク