2015/11/22 18:42
2015.11.21

今日のカメラはCanon G7Xです。

ktyさんから前日に富士山一周サイクリングのお誘いをいただきました。
実はその翌日の今日「箱根・大観山・椿ライン」の紅葉サイクリングを企画して参加を募っていました。
幸か不幸か、旅行だったり、出張だったり、既に予定が入っていたりで、参加者は僕と同様に365連休のKondohさんのみ。
相談の結果、富士山一周サイクリングに参加させていただくことにしました。

※ktyさんが作成した「151121朝霧高原サイクリング」から当日の様子を写した写真がご覧いただけますので、よろしくお願い申し上げます。素敵な写真がたくさん掲載されています。その中に僕の撮ったものも紛れ込んでおります。(^^;

買手屋さんとサイクリング
最高の絶景・富士山を巡るサイクリング
案内してくれるktyさんは、素晴らしいコースで最高の富士山を堪能させてくれます。地元の強みですね。
しかも当日の富士山周辺の天気はここ数日の鬱憤を晴らすがごとく、これ以上ない(あるとすれば、今年の春先にご一緒した時w)、まさに極上のサイクリング日和でした。

ktyさん、Kondohさん、僕の3名は御殿場駅に集合。ktyさんはご自宅から自走、僕たちは御殿場線で…
すでに駅で待っていてくれたktyさんを先頭に「道の駅すばしり」を目指します。

01御殿場からの富士山
御殿場からの富士山
見てください、この富士山です。気持よすぎ!

02動画の撮影準備
SONYアクションカムの準備?
今日のktyさんのTIMEのサドル下にはSONYのアクションカムが取り付けられています。いつもktyさんの写真を楽しみにしていますが、今回は動画も! 
さらに楽しみです。

03須走に向かう
一路須走に向かう
正面に富士山が見えてきました。木陰はややひんやりするものの、透き通った空気と高い空はたまりません。同じ晴れでも都市部とはクオリティーが違いますね。
御殿場から見る富士山、冠雪の白さが眩しい!

04東富士演習場
陸上自衛隊駐屯地前
自衛隊の駐屯地の門の向こうに聳える富士山をまじまじと見るのは初めてかもしれません。左側の宝永山が棚のように張り出し、見慣れない富士山の全景です。

05道の駅すばしり
道の駅すばしり
こちら側から富士山を正面にとらえながら上る経験は何回もありません。
道志みちから山中湖、籠坂峠をダウンヒル…のコースがほとんどでした。
したがってこの富士山はいつも背後でした。
先日風張峠を奥多摩側から久しぶりに登って感じたのと同じ感想を持ちました。同じ道でも同じではない…

06道の駅すばしり
道の駅すばしり
先にクルマ輪行で到着して、すっかり準備を整えたSZWさんご夫妻と記念撮影をします。
SZWさんはktyさんとは旧知の間柄。かつてなるしまのクラブランで、厳しくも愉しい走りの時間を共有した仲です。
当時の仲間は苦楽を共にするなんて言う生易しいものではなく、限界まで頑張った(頑張らせられた?)仲なんですね。今となってはその全てが楽しい思い出となり、時が経っても当時の親密さに一気に還れる様子は傍目にも羨ましいものです。

07a籠坂峠へ
籠坂峠へ
SZWさんの奥様は普段それほど走っていない様子。籠坂峠の上りにやや不安を感じていらっしゃいます。
しかしそこはご夫婦、ご主人がちゃんと奥様を気遣ってエスコートします。

07b籠坂峠へ
籠坂峠へ
みんな脚も心肺もまだフレッシュなので、快調に登ります。
ktyさんは動画撮影のために先頭に出たり下がったりを繰り返します。
合間にはカメラの撮影もこなします。カメラで前方から撮影するためには、ダッシュして間を空けて後続を待たなければなりません。ダッシュ&ストップ、そして追いつくためにまたダッシュ、これは脚も体力も使います。

08籠坂峠へ
籠坂峠へ
ほらね、お互いに思い遣るご夫婦は麗しいですね。こんな時代があったのかなぁ…と遠い目になってしまいます。w

07籠坂峠へ
籠坂峠へ
ktyさんお一人にダッシュ&ストップ&、&ダッシュをお任せしては申し訳ないので、僕も前後でみなさんの姿を撮影させていただきました。

08a籠坂峠tokichann
籠坂峠へ
笑顔が絶えない余裕のSZWさんです。身体もいかにもローディーらしく引き締まっています。これでも太ったとおっしゃってましたが…

08籠坂峠tokichann
籠坂峠へ
Kondohさんもまだまだ元気です。今日は専売特許のハンガーノックは封印しましょうね。

08a籠坂峠へ急勾配を上る
籠坂峠へ
カメラでみんなの撮影を済ませて、後から登ってくるktyさん。
この写真、かっこいいと思います。僕が撮ったんですけどね!w

09籠坂峠
籠坂峠
ようやく峠です。SZWさんは背後の奥様を気遣う様子。
後ろには頑張る様子の奥様です。足つきもなくよく上り切りました!

10籠坂峠
籠坂峠
お疲れ様~!しんどかったですよね。ここからは下りですよ。

11籠坂峠
籠坂峠
Kondohさん、口が開いてやや喘いでいる様子。あなたもよく頑張りました!

12籠坂峠
籠坂峠
余裕しゃくしゃくのktyさん。
僕が初めてご一緒させていただいた頃より走る距離も時間も長くなり(ご家族のご理解のお蔭でw)、身体も引き締まり走りもずっとタフです。

13山中湖
山中湖
下り切って山中湖です。この後も富士山がその姿を隠すことはありませんでしたが、それにも増して雲による演出が素晴らしい一日でした。

14道の駅なるさわ
道の駅なるさわ
道の駅なるさわで1回目の補給休憩です。

道の駅なるさわ
道の駅なるさわ
たい焼きを買って食べました。おいしかった!
ここでは瑞祥とされている彩雲が見られました。
今日の愉しいサイクリングを象徴するかのような雲でした。
絶景はこの後が本番です!

※今回のブログでは、はじめてお目にかかったSZWさんご夫妻の写真を多用することになりました。他の方には申し訳ございません。


Twitter : @pa_hoehoe
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/987-f24d694f

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク