2015/10/21 22:29
2015.10.20

本日のカメラは、Canon G7Xです。

8月15日の猛暑に火曜走行会のホームコースである「風張峠」にN瀬さんとU野さんにお誘いいただいて走ったのはもう2か月も前!
昨日は文字通り彼らの普段のホームコースである秩父方面! おいしいランチと山岳ライドにお誘いいただきました。
このところ火曜走行会は休止状態なので、活動としては彼らのプライベート走行に呼んでいただいた格好です。
ま、もとはと言えば僕が「誘え!」としつこいからです。(笑)

00豚みそ丼と奥武蔵
秩父名物豚みそ丼 & 奥武蔵山岳ライド走行ルート
飯能駅の北口のファミリーマートに9時集合ということになりました。
これまでは彼らが待ち合わせ場所まで延々と走ってきたのですが、これからは待ち合わせ場所も双方にとって平等がいいですね。というわけで、彼らはそこまで45kmほど、僕は55kmほどです。
で、僕はこっそり輪行で待ち合わせ場所へ!w

輪行はお手のものなので、なんの苦にもなりません。そういうことではないか!?

少し早めに着いてかれらの到着を待ちます。全員揃ったところで軽く朝ごはんを食べ、補給食とドリンクを購入して秩父を目指して出発です。

自分で案内しても休憩した場所などに無頓着なので忘れてしまいますが、今回はN瀬さんが一貫して牽いてくださって後をついていっただけなので、1回目の補給のセブンイレブンがどこだったか早くもはっきりしません。w
いつも通りコンビニで記念写真!(だから背景がいつも同じようw)
01コンビニ休憩長瀬
コンビニ休憩:N瀬さん
まずはN瀬さん。最近はコンスタントに走っているので、体も締まり、走りもタフです。ゆっくり走るようにお願いしました。

02コンビニ休憩上野
コンビニ休憩:U野さん
次いでU野さん。あまり走れていないとはいうものの、先週は全自走で山中湖往復の200km以上を走り切った根性の持ち主です。

03コンビニ休憩
コンビニ休憩
僕は遊びながらですがあまり間をおかずに走っています。しかし一所懸命さが足りないのでパフォーマンスはやや下降気味です。w

04名栗村
名栗村のN瀬さん
名栗村でトイレ休憩です。なにもこんなところで撮らなくても…w
N瀬さんを1枚。

05名栗村
名栗村のU野さん
どこかのお店か団体が寄付したバイクラックが備わっています。やはり成木街道を好む自転車乗りは多いのですね。
U野さんもその一人でしょう。

06山伏峠へ

名栗湖~有馬峠への二叉路を右の秩父方面へしばらく進むと、山伏峠への上りが始まります。
距離はおよそ7kmくらいでしょうか。しかし平均斜度が6.5%をやや上回るのは、最後の4kmほどです。

07山伏峠へ
山伏峠へ 1
クルマの通行が少ないので、とても快適で楽しい上りです。

08山伏峠へ
山伏峠へ 2
ここが勾配が一番きつい箇所でしょうか。およそ15%ほどになります。

10山伏峠へ
山伏峠へ 3
そこそこ登ってきたので、見晴らせる山々の景色も見ごたえがあります。

11山伏峠
山伏峠
山伏峠につきました。標高は600mほどしかありませんが、麓からの標高差があるので、まずまずのヒルクライムと言えるでしょう。
何の愛想もない峠ですが、僕らの前のグループが下り始めるのを待って記念写真を撮ります。
N瀬さん!

12山伏峠
山伏峠
U野さん!

13山伏峠
山伏峠
ま、ついでに…

そこからは下る一方です。正丸峠の裾をかすめて、正丸トンネルの秩父側出口でR299と合流します。
相変わらずR299は混雑で愉しくない道ですが、R140を左折して目的の人気店「野さか」に向かいます。

14秩父豚丼
野さか
12時前に着いたのですぐに席につくことができましたが、注文して待つ間に駐車場は一杯に! 順番待ちの客の列もできています。
…ひょっとしたら、とFBのメッセージを探したら、9月に別のグループからお誘いいただいたのに実現しなかったのがこの店だったようです。なるほど、人気店として有名なのですね。

15豚味噌丼
豚みそ丼
これが噂の「豚みそ丼」です。取り立ててどうということのない外見ですが、これが実はかなりおいしいのです。

16豚味噌丼
豚みそ丼
豚肉の質も優れているのでしょうが、味噌味の甘辛さが絶妙でご飯が進みます。

17豚味噌丼
豚みそ丼
N瀬さんの嬉しそうな顔をやや呆れて見つめるU野さん…ではなく、たまたまそんな表情に写りました。w
食べる愉しさは説明の要がなく、そのまま顔に現れますね。

食べ終えてゆっくりしたいところですが、順番待ちの客がぞろりと待っているのでいったん店を出て、外に用意してある順番待ち用の長椅子に座って談笑タイムです。
みんな話し好きなのでうっかりすると予定通りに走れなくなります。そこそこに立ち上がって、次の定峰峠へのヒルクライムに向かいます。

定峰峠への道はさほどきつくない勾配で、流れを右手に見ながら木々に囲まれた気持ちのいい道を進みます。
また春先に走りたいと思いました。

かなり楽しんで定峰峠へ到着です。
すぐ近くにあるトイレに気づくのが遅すぎて…物陰で立ち○○をしました。すみません。
18定峰峠
定峰峠
思い思いにコーヒーやコーラを買って、丸太の椅子に座ってまたまたトーキングタイムです。日が暮れてしまわないか心配になりますが、あまり気にしないお二人です。
そこへ練馬からやってきた僕よりやや若い一人のローディー。「撮りましょうか?」とシャッターを切ってくださいました。

19白石峠へ
白石峠へ
お礼の述べて次の白石峠へ向かいます。その先もアップダウンを繰り返しながら標高をあげていきます。

20白石峠
白石峠
ヒルクライマーの間で有名な白石峠です。
左側から上ってくる道が彼らの好きなルートです。

21大野峠へ
大野峠へ
我々は右手の大野峠に向かいます。

22大野峠

大野峠は通過なので、走りながらパチリ!

23a刈場坂峠
刈場坂峠
ここへ初めて連れてきてくれたのは、僕の自転車の師匠ともいえるMさんでしたが、豪雨の中ここから正丸駅までダウンヒルして、その寒さに唇が土色になったことがありました。

奥武蔵グリーンラインは尾根伝いのアップダウンが続く道なので、「定峰峠」「白石峠」「高篠峠」「大野峠」「刈場坂峠」「檥峠」「飯盛峠」「傘杉峠」「顔振峠」「一本杉峠」と続きます。
文字で書くと凄いことになりそうですが、尾根伝いですから本物の峠越えではありません。しかし路肩に残る砂利や、道路を横切るグレーチングなどやや荒れた路面なのでそれなりにタフです。

23刈場坂峠
刈場坂峠
疲れ知らずのN瀬さん!

24刈場坂峠
刈場坂峠
豚みそ丼の効果でまだまだ元気なU野さん!

25刈場坂峠
刈場坂峠
大好きな奥武蔵グリーンラインが走れて幸せ気分です。

26顔振峠
顔振峠
定峰峠の次に自転車を降りたのが、顔振峠です。この名のいわれはなかなか興味深いので、関心がありましたら下記をクリックしてWikipediaでご覧ください。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A1%94%E6%8C%AF%E5%B3%A0
初めて訪れた時にはこの眺めに感動したものでした。以来たたなづく秩父の山々がいっぺんに好きになりました。

ここからさらに走る走る…アップダウンがなかなかタフですが、一方では中々の快感でもあります。

27鎌北湖
鎌北湖
急坂を下って「鎌北湖」です。まだ紅葉には早いですが、山間にひっそりと青緑色の水をたたえるこの湖の佇まいが好きです。

28鎌北湖
鎌北湖
今日も釣りを楽しむおじさんがいます。釣り人口がかくも多いということは、釣りも愉しいのでしょうね。でもそこまで時間的余裕がありません。

29鎌北湖
鎌北湖
紅葉の頃の夕暮れ時の鎌北湖をもう一度訪れたいと思いました。

U野さんがややハンガーノック気味だと訴えますが、ここからは上りがないので高麗川のコンビニまで一気に下ります。
U野さんだけでなく全員お腹が空いてこのままでは帰宅困難者になりそうです。
30最後の補給
最後の補給
それぞれ別々のパスタを買って、店の裏の空いた駐車場のクルマ止めに腰を下ろして「夕餉」の時間です。
愉しく走った後は、この程度のものでも十分楽しい夕餉になるから不思議です。

今日のロングライドの頑張りを讃えあい、家までの無事を気遣い、次回の紅葉ツアーの約束をして、ここでお別れしました。
お二人はまだここからご自宅まで40km以上あり、一方僕はここから10kmもない「東飯能」から輪行しました。

今日は本当に愉しいサイクリングでした。お互いに「今日は最高のサイクリングでしたね」の一言で家路に向かえるのは幸せなことですね。
次回を楽しみにしています。


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

6 Comments

  • U野 

  • 昨日はお疲れ様でした。
    いい天気で豚丼も美味しく、会話もいっぱいして愉しいサイクリングでしたね。

    奥武蔵GLが少しキツかったですが無事に走り切れ、ハンガーノックの大幅ペースダウンを起こさなくて良かったです。(最近ハンガーノックばっかりなもので・・・)

    これから紅葉も始まり景色も更に良くなります。ますます楽しくなりますね!

    次回も長い1日をお付き合いください!
  • 2015/10/21 23:24 | URL 
  • shimagnolo 

  • U野さん、お疲れさまでした。でも久しぶりに一緒に走れて、とても幸せな一日でした。
    みんな話し好きで、一日ではサイクリングの時間が足りませんね。
    そして豚丼!うまかったですね。平日なのにあれほどたくさんの順番待ちができる理由がわかります。

    いやぁ、それにしてもアップダウンの激しいロングを走るお二人の姿勢に接して元気をもらうと同時に、とてもうれしくなりました。かつて一緒に走ったころのファイティングスピリットが健在なのが最高でした。

    次回は八丁峠や中津渓谷の紅葉ツアーでしょうか。すごく楽しみです。
  • 2015/10/22 00:26 | URL   [ 編集 ]
  • N瀬 

  • お疲れさまでした。
    本当に楽しいロングライドでした。

    次回は中津狭紅葉ライドでしょうか、あのコースも大好きなので、
    是非ご一緒して下さい。

    Uさんもshimaさんとまた一緒に走る事になったからか、かなり走る気
    が出てきているようでこれからが楽しみです。

    紅葉狩りライド楽しみにしています。
  • 2015/10/22 08:07 | URL 
  • shimagnolo 

  • N瀬さん、本当に愉しいライドでした。コースは言うまでもなく、秩父の豚みそ丼はうまかったですね~!
    積もる話も山ほどできたし、最後の最後まで実に愉快なサイクリングでした。
    U野さんがまた走ろうという気になってくれたなら、こんなにうれしいことはありません。僕にできることと言えば一緒に走ることくらいですが、それでよろしければまたお声がけください。

    八丁峠から中津峡に下っていく紅葉サイクリングは素晴らしいですよね。クマが出そうな道なので、ご一緒していただける方がいると助かります。愉しみだなぁ~。
  • 2015/10/22 08:58 | URL   [ 編集 ]
  • kazu 

  • そうです!まさにそのお店でした(^-^)
    奥武蔵は比較的静かなところだと思うので、好きなコースです。
    来月あたりまたご一緒したいですね!
  • 2015/10/23 15:13 | URL 
  • shimagnolo 

  • kazuさん、やっぱり!
    我ながらkazuさんからのFBのメッセージをよく思い出したと感心しています。(^^;
    超人気店と言ってもよく、正午過ぎには順番待ちのお客さんがたくさん!
    実際においしかったです。最近、大食漢を返上しようと、普通盛りにしたのですが、ご飯が進むので大盛りでもいけましたね。
    またよろしくお願いいたしますね。
  • 2015/10/23 23:32 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/962-a0922753

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク