2015/09/16 16:34
2015.09.15

本日のカメラはG7Xです。

00本日の走行ルート大弛峠
本日の走行ルート
林道の初めの緩斜面に騙されてここまで上ってきましたが…
一度あることは二度無いのか?…ありませんでした。

もうず~っと登りばっかりです。しかもきつい勾配です。

26雲の切れ始め
晴れそうな予感!
あれまぁ、先を見ると雲が切れ始めています。♪
最後の最後にご褒美がもらえるかもしれません。みんなそのために頑張ってきました。
少し力が湧いてきます!

27残り3km
あと3km!
あと3kmの道標です。"お~、あと3kmか!"
いやそれはおかしい。3kmと言えば立派なヒルクライムコースじゃないですか。
"あと…しか " なのか "まだ…も" なのか。
13%の後の7%みたいなものです。ただの勘違い! 
"あと…しか "と思うのは道のりの長さに騙されている人です。

28湧き水
猛暑の日のオアシス
夏の盛りに訪れたら砂漠で出会ったオアシスのように感じたかもしれません。いや今年のような猛暑だったらその前にオダブツになっていたかも…

29絶景
本日初めての絶景
このヒルクライムロードの悪いところ、いや気に入らないところは、勾配がきついところや長いところではなく、こんな景色がいつになっても現れないところです。
でも途中にないからこそ、上り切った後の○○なんでしょうね~。♪

30もう一人の出会い
メンバー増加!w
ここから仲間がもう一人増えました。IWTくんとは麓の方で一度で会っていたようです。
富士山麓の忍野村の近くから来たそうなので、忍野村くんとさせてください。

糸が弛んだマリオネットの様になっているKondohさん、起きてくださ~い!w
「もう夢遊病のようだよ」とぼやいていましたが、まだ先は長いですよ!

31もう一人の出会い
ここからは4人!
こんな風に知り合った同士が挨拶だけで終わることなく同志のようになれるのも、超長い激坂の辛さを共有しているせいですね。
若い二人が、誰彼かまわず声をかける僕の悪い癖を迷惑に思ってないといいですが…

さてスタートしようかとふと見ると、IWTくんが道端に座っています。どうしたのと聞いたら、「少し休んでいきます。ハンガーノック気味なんです…」
豆大福を一つ取っておいたのを思いだして彼にあげました。ハンガーノックで残りを上るのは危険すぎます。
持っててよかった!たまには人助け♪

道標はこの後、2km、1.5km、1km、500mと続いて現れます。
32残り
残りは半分に!
「大弛峠まで、あと1.5km」、つまり最初の道標から峠までの半分を上ったことになります。
二人に先行してもらってIWTくんを待とうと思ったのですが、まあ大丈夫でしょう。
彼は今頃豆大福を食い終わってスタートするころだと…。

33忍野村さん
忍野村くん
二人をパスして待ち伏せ、写真を撮りました。
けっこうきているような忍野村くん。頑張って!と声援します。

34無言のKondohさん
ほとんどノックアウトのKondohさん
カメラの方を全然見てくれないKondohさん…
このあと追い抜く時にその理由がわかりました。

35無言のKondohさん
返事してくれない近藤さん
「Kondohさん、あと500mだよ。もう少しだからがんばろ~!上は晴れてるといいね~!」と言ったら…
なんと! 「話しかけないで!」と言われてしまいました。(笑)
あんまり疲れてか、息が苦しくてか、口を利きたくないようでした。
"はいはい、先に行くから頑張ってね!"と無言で呼びかけて先行しました。w

峠の駐車場にはクルマがたくさん止まっています。そう言えば下って来るクルマとすれ違ったり、上って行く車に追い越されたり…

36登峠成功Kondohさん
変身~ん!w
さっきのむっつりさんはどうしちゃったの! 見事な変身ぶりです。w

37登峠成功忍野村さん
お疲れ~!
お疲れ様~!やりましたね。これで胸を張って帰れますね。

38登峠成功僕
やりましたよ~!
一緒に登ってくれる人がいると疲れ方が違います。実は相当元気!

39登峠成功IWTさん
お~、来たか!
大福パワーでたいして遅れずに現れたIWTくん。
彼の笑顔はいいですね~。これを見るだけで元気が出ます。

40a登峠成功IWTさん
嬉しそうだね~!
嬉しい時にこういう顔ができる大人はいいですね。
「やったぜ、やったぜ!」と言ってるようですが、誰に言ってるんでしょう。

お互いの健闘を讃えて労い合いました。大弛峠は全員初めてだったので、感激もひとしおのようです。
IWTくんはいつの間にか僕のこと「おやっさん!」と呼んでいます。聞けば彼のお父さんとの年齢差は誤差程度です。
おじいちゃんとか呼ばれないでよかった!w

二人の若者たちはここから下るというのです。
残念だなぁ~。
手元に自転車用の名刺を持っていたので二人に渡して、「気が向いたら連絡くださいね。気をつけてね~」と名残を惜しみつつ別れました。

Kondohさんと僕は携帯シューズに履き替えて本日一番の目的地に向かいます。

さらに、「激闘の末」wに続く


Twitter : @pa_hoehoe


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/937-91d14baf

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク