2015/09/16 12:14
2015.09.15

本日のカメラはG7Xです。

本来ならば1泊2日で乗鞍岳を愉しむはずの今日でした。
ところが明けて翌日は天候が荒れ模様で、登山さえ難しいとの気象情報です。

00本日の走行ルート大弛峠
本日の走行ルート
泣く泣く諦めて、猛暑以来何度も延期になっていた「大弛峠」を走ろうということになりました。

今回もKondohさんが我が家まで愛車で(自転車じゃないですよ、クルマです)我が家まで送迎してくださることになりました。←VIP待遇!(^^)
約束通り早朝6時前に拙宅へお迎えに来てくださいました。

01東名から圏央道
東名から圏央道へ
東名青葉インターに乗り、海老名ジャンクションから圏央道経由で中央高速で現地に向かいます。
甚だ申し訳ないのは、厚木にお住いのKondohさんのお宅のすぐそばまで引き返すということです。帰路も同様です。多謝!

僕は自慢じゃないですが、おしゃべりで運転手をサポートするのは得意です。←しゃべりすぎか?
渋滞もなく、談合坂SAで朝ご飯を兼ねて休憩です。
02談合坂SE
談合坂SA
僕は早起きしすぎて自宅でフレンチトーストを焼いて食べたのでカフェラテのみ。石かわ珈琲とヤルクコーヒーと亜煉路館以外では普通の珈琲は飲みません。
近藤さんはさらにドーナツと何かを食べていました。
ここは我慢です。カフェラテだけにしておきました。

道の駅「花かげの郷まきおか」にクルマをデポして、大弛峠に挑むことにします。
いや挑みません。のそのそと登らせていただきます。
03スタート地点
道の駅「花かげの郷まきおか」:Kondohさん
この爽やかで元気にあふれた姿! いつまで続くんだろう…w

04スタート地点
道の駅「花かげの郷まきおか」:僕
僕は今日はCOLNAGO CF4+RACING ZEROクリンチャーです。この自転車、登らないので失敗の選択でした。
しかし図らずもCOLNAGO Brothersとなりました。いや図らなくてもKondohさんも僕もコルナゴ愛用者ですから自然そうなります。

早々にコンビニで補水と補給、エネルギー源を購入します。
僕は豆大福の大きいのを二つ、これが後に人助けとなりました。

05フルーツ畑を進む
どこまでもブドウ畑
よせばいいのに、一部のルートを往復で変えると気を利かせたばかりにちょっと迷い、挙句にそのルートは通行止めであることが判明!
フルーツ畑の中をくねくねと元の道まで戻ります。

08ぶどう
巨峰 or ピオーネ
さすがにぶどうの産地! これは巨峰かピオーネでしょうか。袋の中身が見えません。

05巨峰
巨峰
こちらは巨峰のようですね。

06ぶどう
甲斐路 or not
そしてこちらは「甲斐路」でしょうか。どこか違う気がしますね~。

07ぶどう
甲斐路 or not
やや先がとがった「甲斐路」よりもさらに大粒で、もっと高級そうで、実は真ん丸です。見るからにおいしそう!
「帰りに温泉に寄るついでに買いましょう!」と決めて先を急ぎます。

09上りスタート
杣口浄水場
早くも杣口あたりから急な上りになります。空には雲が出ているものの、雨の心配はありません。

10激しい上りカーブ
県道219号:大弛峠へ 1
のっけからこれかい!w 
道は急な勾配のまま九十九折れを繰り返しながらどんどん標高をあげていきます。"う~ん、これは手強そう…"

11激しい上り
県道219号:大弛峠へ 2
人の辛さにかまわず、こんなのが続いています。
ちょっとくらい休ませろよ!と言いたくなるほど勾配は緩みません。

12激しい上り
県道219号:大弛峠へ 3
視界が開けただけで少し気持ちが楽になります。
乗鞍エコーラインが全然辛くないのは、偏にあの絶景のお蔭だとわかります。

13激しい上り
県道219号:大弛峠へ 4
この先も10%は当たり前で、7%くらいになると平地か?と勘違いします。3~4%まで下がれば下り坂気分です。♪

14琴川ダム
県道219号:大弛峠へ 5(琴川ダム)
苦しみつつも、ようやく琴川ダムまでたどり着きました。やや小ぶりで水たまりのような琴川ダム湖。
「これなら宮ケ瀬ダムや宮ケ瀬湖のほうがずっと立派だね!」と余計な憎まれ口。ここまでず分頑張って上ったのにこれですからね。ダムも湖も…

僕はダムのほとりで、買ってきた大きい豆大福を一つ補給します。そして持参した予備のドリンクを空になったボトルに移します。
これが後にアドバンテージをもたらすことになろうとは、神様だって知りません。

Kondohさんは少しで距離をかせごうと思ったのか、先に上って行きました。

再出発すると、ダムのすぐそばのバス停でひげを生やした若者が、着替えをしています。
「こんにちは~」、とお互いにできるだけ明るい声でご挨拶します。
おそらくここまで下ってきたのでしょう。

15ようやく半分
県道219号:大弛峠へ 6(まだ、半分?) 
しばらく上って行くとこの看板! 
"え~っ、まだ半分しか上ってないの?"
この時GARMINをチェックすれば、心理的にはさらに過酷な現実に直面したはずでした。
実はまだ標高差で1000m近くも登らなければならなかったのです。
知らぬが仏でしたね~。

16琴川
県道219号:大弛峠へ 7(渓流)
琴川ダムの後の坂! 先が見通せる激坂でした。この渓流地点の場所ではありません。
10%は序の口、大関クラスになると13%を越えたりします。しかも大関がたくさんいる秋場所です。
おそらく全コースでそこが一番の難所だっと思います。

なぜか今日の僕は元気です。辛くないとは言わないまでも結構平気です。ま、速度が緩いですからね。
しかし約1名は…(笑)

17見事なブナ
県道219号:大弛峠へ 8(ブナ)
道沿いの森は深く、原生林のようです。このブナなど神が宿るのではないかと思わせる巨木でした。
いちいち感心した振りをして写真を撮り、巧みに脚を休ませます。w

18参ったポーズ
県道219号:大弛峠へ 9(大丈夫かなw)
先で待っているとやってきましたKondohさん!
多少ポーズもありますが…ダメになってます。(笑)

19笑っちゃうくらい参ってる
県道219号:大弛峠へ 10(苦笑い!)
しばらく標高をかせいでから、Kondohさんを待ち、ダメ姿の写真を撮ろうとすると、もう一人後ろから上ってきます。

やがて先ほどのバス停で着替えていた若者がやってきました。
これから上るのだということでした。
どこから来たのかと尋ねたら、足立区から!
それでびっくりしていたら、ここまで自走だと!!!(昨夜は泊まり)
袖すり合うも他生の縁とか言います。この後は一緒にヒルクライムを楽しむことにしました。

僕が先行し、彼らの到着を待って写真を撮ります。
20カラ元気
県道219号:大弛峠へ 11(元気です!フリだけ?)
愉しそうでいいなぁ~。もちろん辛いところをポーズを取ってもらったんですけどね。w

21絶景の予感
県道219号:大弛峠へ 12(絶景の予感)
坂の先にはようやく絶景らしき景色がちらほら見えてきました。
再びそこで二人を待つことにしました。

22Vサイン
県道219号:大弛峠へ 13(余裕ないVサイン)
一人目は件の髭の若者です。
いっぱいのようす。親指で「Good!」のサイン!
でも腕はハンドルに乗ってます。w

ここでは彼の名前をIWTくんとさせてもらいます。

23先に行く岩田君
県道219号:大弛峠へ 14(先に進むIWTくん)
先に行ってもらって、二番手を待つことにしました。

なかなか来ません…

24迎えに…
県道219号:大弛峠へ 15(お迎えに…)
ちょっと心配になるほど来ないので、様子を見に下ることにしました。(実はいやいやながら)w

しばらく下ると自転車を止めて立ちすくんでいるように見えました。
「どうしたの?」と聞いたら、ハンガーノックだって!
「私ももっと早く食べればよかったよ」と嘆いていましたが、元気そうなのでまずはホッとしました。
落車でもしていないかと心配したので、正直下ってきて損したと思いました。w

さらに上ります。坂はまだまだ厳しいままです。
25ガーミン画面
県道219号:大弛峠へ 16(衝撃のGARMINの画面)
"もう残りはいくらもないだろう"とGARMINをチェック…
あれ~~、まだ400m近くも登らなければなりません。

それにしても心拍が…
上がらないなぁ~、しかもすぐに下がる。いいのか悪いのか…。
でもリフレッシュするのが早いのはこのお陰かもしれません。

今日は元気ではありましたが、気合を入れ直し、褌を締め直し、「頑張るぞ~!」と思わず声に出しましたよ。
そこでは一人だったから。

(その2)へ続きます。


Twitter : @pa_hoehoe


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/936-e7f2e734

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク