2015/09/01 17:22
もう少しするとアウトドアにまたとなくいい季節がやってきます。
しかしそれを待つのを焦らすかのように、この数日そしてこのあとも良くない天気が続きそうです。

そう言えばこのところブログタイトルを裏切るようなネタばかりです。
「のって"ない"日々」です。

今日も室内に籠るしかない天候なのでいいチャンス!と朝食を済ませてから新しいカメラの勉強(最近遠ざかっている座学)に取りかかることにしました。
本
「もっと知りたい FUJIFILM X-T10 撮影スタイルBOOK」
早速こんな本を買い求め、昨日の夜配達されました。
いざ本を開くと購入した本の活字は思ったより小さく、老眼鏡をかけないと目がチラチラします。しかし本気で老眼鏡をかけたことがないので、正しいメガネを持っていません。
メガネ屋で検眼して目にいいものを誂えないといけないですね。

小一時間ほど「本の説明を読んではカメラで確認する」を繰り返すうちに電池が切れてしまいました。電池を充電する間作業が中断です。

そもそも新しいカメラを急いで買ったのは、秋のサイクリングシーズンに間に合わせるためでした。
この秋も単独で出かける回数が多くなると思いますが、誘い誘われて友だちとご一緒する予定が6つほどあります。すごく楽しみです。♪

カメラが今までのものより嵩張るようになるので、チューブラーのスペアタイヤを携行したくありません。
RACING 1 にセットしたSPECIALIZED TURBO S-WORKS 700×24Cがとてもいいので、現在使っていないRACING ZERO Two-Way Fitにも同じものをセットすることにしました。
2本あるタイヤの在庫が無くなると次は10月末だというので、イトイサイクルに取り置きしてもらってあります。

そのホイールを履いて乗って行って交換していただく予定だったのですが、クルマで持ち込む可能性もあるのでチューブレスタイヤを外しておくことにしました。
racing zero
「Fulcrum RACING ZERO Two-Way Fit」
前輪はなんの苦も無く外すことができました。ただシーラントを注入したので、ホイールもタイヤもシーラントでべたべたの状態です。シーラント剥がしは後にすることにして…

後輪を外しにかかりますが、素手でなんて絶対無理!
IRCのチューブレス専用レバーを使います。
まず2本のレバーで10㎝ほど間を空け、せ~ので同時にリムから外します。ところがこの後がどうにもなりません。
ビードをリムの真ん中の溝に落とし、ビードとリムに余裕を持たせても全然タイヤレバーが差し込めず、ビードに引っかかりません。
パナレーサーのやや鋭利なタイヤレバーでもビードが全く掴めません。もはやビードが傷んでどうせエア漏れするに決まっているので、いっそハサミで切ってやろうかとか、カッターでちょん切ってやろうかと思いました。

最初からやり直して、レバー2本で外してその次…全然外せない。
奮闘しても出るのは汗ばかり!

でもせっかくやりかけたので諦めずに繰り返します。

イライラする気持ちを落ち着けるために休憩を入れます。少し現場を離れてPCでコメントしたりメールを書いたり…

怒りがおさまったのでもう一度やってみます。
・ビードを真ん中の溝にしっかり落とす
・2本のレバーを使って10㎝あまりビードをリムから外す
・その横にレバーを差し込……めない! リムの外に出た部分にレバーを差し込んでリムに沿って外す?そんなの無理!だってレバーが差し込めないんだから。
くっそぉ~!

タイヤをちょん切るのもそれはそれで大変そうなので、マイナスドライバーの大きいのを持ってきて、リムに傷がつくかもしれないリスクを冒して何とか無理やり…汗だらだら

あんまり腹が立ったので、途中経過の写真を撮り忘れました。(怒)

昼ご飯を食べてからシーラントを拭き取る作業にかかりました。
布で拭いたりしても全然取れません。塗り広げるだけになります。(小怒)

風通しをよくして換気扇を回し、ペイントの薄め液で丁寧に拭き取るしかありません。
少し吸い込んだようで気持ちが悪くなりながらも、何とかリムのシーラントを拭き取りました。
ビードが嵌まり込む細い溝にシーラントが入り込んでいるのでとても手間がかかります。
健康にもよくないし、しかも相当腹立たしくも大変な作業です。(大怒)

タイヤはまだ新しいけれども捨てました! タイヤの嵌め外しが楽にならない限り、二度とチューブレスは使うまいと固く心に誓いましたよ。シーラント使っても後が大変だし…

夜の山中で一人パンクに見舞われたら、これと同じような作業で四苦八苦しなければならないのは明らかです。
クワバラクワバラ!!

それにしても、チューブレスを外さずに乗って行ってクリンチャーに交換してもらうなんて横着をしないでよかった。
忙しいのにこんな手間をかけていただくわけにはいきません。


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/927-314114d3

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク