2015/08/26 20:20
今日は西永福へ行こうと朝から決めていましたが、天気がいまいちです。
仕方ないので電車で行くことにして身支度を整えました。新しい帽子も買ったので、それを被っていくことにしました。
出かけ間際に窓の外を見ると空がやや明るくなって雨は降っていないようです。

となればやはり自転車で行きたくなります。
万が一のことを考えてカーボンホイールをアルミホイールに替えました。
雨の中をカーボンホイールで走るのは避けたいですからね。
本日の走行ルート
本日の走行ルート
長袖ジャージとレーパンに着替えて外へ出ると、微か~に霧雨のようなものが舞っています。
気にせずR246へ上って瀬田を目指します。瀬田からは環状八号ですから、どちらの道も自転車には誠に不向きというほかありません。

いくらも走らないうちに霧雨がだんだん密度を増してきます。
ハンドル周りはすぐにびしょびしょになってしまいました。

身体もかなり濡れているのでしょうが、サイクリングウエアはよくできていますね。不快感がないので濡れた感覚が乏しいのです。
と言っても実際は雨降り状態に近いわけですから、他には自転車なんか走っているわけがありません。しかも交通量が多くて危険な幹線道路です。
信号や渋滞で止まるとクルマや歩行者からは、同情なのか呆れてなのかよくわからない視線が投げかけられます。
濡れた顔も拭かずにいましたからね、"物好きな奴"的な視線を投げかけるのもわからないではありません。
でもいまさら(って、家に戻る方がよほど近い…)引き返すわけにもいかないので、スリップに気をつけてとにかく行くことにしました。

環状八号線はR246ほど走りにくくはなく、霧雨もやや薄くなってきました。残りは7~8kmですし、途中から水道道路を北進するのであまり神経は使わずに済みます。

無事に到着したのですが、ステップインするときに雨に濡れたクリートが滑って踝をしこたまビンディングにぶつけました。
後で見たら、靴下の上までかなりの血がにじみ出ていました。
踝
帰宅してみたらこの程度でした…

ヤルクコーヒーに到着すると、店にはPCを前にした女性客が一人いるだけです。
「今日は朝から静かですよ」と仰るマスター。
奥様はケーキ作りの真っ最中です。泡立て器でボールをかき混ぜていらっしゃいました。
珈琲とケーキ
ケニア&チーズケーキ
先日のスペイン料理にお誘いいただいたお礼をお伝えしてから、珈琲はケニア、そしてチーズケーキをいただきました。
いろいろなケーキがあり、それぞれおいしくて珈琲との相性も抜群なのですが、チーズケーキはやはり絶品!定番中の定番かもしれません。
と褒めつつも、新しいケーキがあるとその誘惑には勝てません。なんだろ~w

「新しいカメラを買おうと思っています。もう少し上等な画が撮れるやつが欲しくて、詳しい友だちに相談してるんですよ」とマスターに切り出しました。
img_main01.jpg
FUJIFILMミラーレス一眼 X-T10
大きさや重さを考慮すると、サイクリングに持ち出せるコンデジの限界は、現在のPowerShot G7Xだと思うのです。ジャージのポケットに収めるという意味においてです。
プレミアムコンパクトデジカメというジャンル分けが適当かどうかはともかく、実際に使ってみて、性能的にも画質的にも普及機よりはずっと優れていると思っています。
落下させて壊したCyber-shot DSC-RX100も同じコンセプトで決めた機種です。CMOSセンサーはどちらも1インチで同じソニー製のものが装備されているそうです。
撮るものやシチュエーションによっては限界がありますが、総合的にはベストな選択だと思っています。
これらを買うにあたって親身に相談に乗ってくださったのはktyさんでしたが、彼は実際にロードに乗って写真を趣味にしているだけに、経験に基づいた強みがあります。
それから機材フェチなところが…w
xt103.jpeg
FUJIFILMミラーレス一眼 X-T10
先日伊東へ出かけてお目にかかった時にもカメラの基本のキから説明していただきました。
僕の用途や好みを考慮して、イメージセンサーのサイズはフォーサーズかAPS-Cの二者択一だろうということになり、APS-C搭載のカメラの小型化が進んでいるのでその中から選ぶのがいいのではないかということに!
FUJIFILM X-T10が第一候補になりました。

で話を戻して…
ヤルクコーヒーのマスターは何事に関しても「ものに対するこだわり」が半端ではありません。そういうの好きですが(笑)

もちろんカメラも写真もお好きで、僕の用途(腕も)考慮して、彼のお勧めもFUJIFILM X-T10でした。実はご本人もFUJIFILMのコンデジを使っています。機種は忘れました。(^^;
彼の撮る写真はとても見事で、僕のように考えずにシャッターを切るのとは明らかに違います。

そんなカメラの話で盛り上がってるところへ一人の若者がやってきました。
「あっ、プロがきました」とマスター
実際にその青年は写真で飯を食っているプロでした。
カウンター席に並んで座ったので、カメラの話の続きです。

なんと、彼も僕の用途や好みを考えるとFUJIFILM X-T10がお勧めだと言うのです。
カメラに詳しい方が三人ともですからね、これには驚きました。
カメラと言えばNikonかCanon、さもなければSONYだと思っていた僕にはやや意外ではありましたが、さらにRICOHのGRなども面白いというのです。バスさんのカメラが確かそれだったのではないか…
xt10lead2.jpg
FUJIFILMミラーレス一眼 X-T10
若いとはいえプロの彼が、「JPEGで撮って出しなら群を抜いて綺麗だし、RAWで撮ってファイル現像をするなら選択肢は広がりますね…」と、FUJIFILM X-T10を勧める理由もktyさんがおっしゃることとほぼ同じ。
もちろん僕はそこまでする気はないし、何よりもロードとの両立が必須ですから。

三人が三人とも異口同音に仰るのだから、個人の好みや偏頗な見方ではないと思います。
「身近な人がこぞっていうのうだから間違いないんだろうなぁ」と言うと、それを聞いた奥様が「私もX-T10がいいと思いますよ!w」と冗談を言うので、「作ったケーキをもっとおいしそうに撮ってあげます!w」と返しておきました。
ちなみに奥様はカメラのことはわかっていません…多分。そして僕はマスター以上においしそうには撮れません。w

僕の撮影の腕は全くですが…
ktyさんを相談相手選んだ僕の眼力は捨てたものではないということになりますか? 
なりますね。(笑)
近いうちにカメラ屋に行ってじっくり触ってみます。
秋のサイクリングまでには手に入れたいな。


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

2 Comments

  • つしま 

  • ありがとうございます。
    私も、もっと気軽に持ち運べるカメラがほしいと思っていました。いい情報ありがとうございます!
    しかし、雨の日もよく走られますね!
  • 2015/08/26 22:50 | URL   [ 編集 ]
  • shimagnolo 

  • つしまさん
    アマガエルではないので好んで雨の日は走りません。w
    クルマの運転が面倒なので、つい自転車で!となります。
    機材としてのカメラの奥が深いことはわかっていましたが、どうしてもシェアが大きかったり、販売が上手なメーカーのものを信じがちですね。その典型的な例がクルマでしょうか。
    新しいカメラを入手してもインプレは書けませんが、画像をアップいたしますね。
  • 2015/08/27 00:23 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/924-d758f9f6

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク