2015/08/21 22:25
涙道が詰まって涙が排泄されないのでかかりつけの眼科で施術を受けたのですが、治りません。この症状に悩まされるようになってずいぶん経つのですが、一向に良くなりませんでした。
これは男性よりも女性の方が、大きい人よりも小柄の人の方が罹患率が高いそうです。一番の理由は「老化」なのでしょうね。
妻の場合、薬や眼科医の施術では解決できない重い症状だったので、大学病院での手術を受けることになりました。

そして本日が入院手術の予約日となっていましたので、久しぶりに夫婦で都心に出かけました。港区にある東京慈恵会医科大学附属病院です。
この手術に関しては日本でも屈指の先生が執刀してくださるので、安心してお任せできました。

手術の内容の詳細は書くことができませんが…(知らないからw)
建物をはじめ病院の設備はとても巨大でした。古い建物もあり、建て増しされた新館もあり、付属の大学もあり…
町の一角が病院と大学の施設で占められています。

建物が巨大であるばかりでなく、古い病院病棟と新館は空中廊下で結ばれていたりするので、うっかりすると自分がどこにいるのかわからなくなります。
01慈恵医大
空中渡り廊下

01a慈恵医大
空中渡り廊下からの眺め

大きな病院ではどこもそうですが、各種のレストランをはじめとする食処が病院に入っており、東京慈恵医大にはスターバックスまであるのにはたまげました。

病室番号を忘れたり迷ったりしてナースステーションで尋ねるものかっこ悪いので、部屋の番号をアップにした写真を撮ってから病院内を探索しました。
03慈恵医大
病院内廊下

院内にはそれほど面白いところがないことがわかったので、先に病室に戻って待つことにしました。
静かで何の音も聞こえません。
備品や設備を一通りチェックして手術が終わるのを待ちました。
02慈恵医大
病室 1

02a慈恵医大
病室 2

手術は思ったより時間がかかったのでちょっと心配しましたが、成功率60%の中に入れたようでホッとしました。
妻がホイールチェアーに乗せられて病室に戻ってきました。開腹手術などと違って悲壮感がないのが救いです。
部屋には冷蔵庫が供えられているので飲み物を買って用意し、昼ご飯を食べるのを見届けてから、他にしなければならないこともなさそうなのでいったん外に食事に出かけることにしました。
04aエリアマップ
愛宕グリーンヒルズ・案内ディスプレイ

近くの愛宕グリーンヒルズにあるMORIタワー内の「Bangkok Smile」というタイレストランでランチをしました。
ランチだから値段も安く、ボリュームもそこそこにあります。
この辺りの会社員の方々はいいお昼ごはんが食べられるんだなぁと、ちょっとうらやましくなりました。
タイ風ピリ辛チャーハン
タイ風ピリ辛チャーハン(キーマオ炒飯)
辛いけれど、とてもおいしい。本格的なタイ風焼きめしです。パクチーの風味もばっちり効いています。

トムヤム拉麺
トムヤムラーメン
トムヤムクンは大好きなメニューです。この暑い季節にこの刺激的な辛さがたまりません。

お腹もいっぱいになり、せっかくだから辺りを散策することにしました。
自転車に乗るようになってから都会離れが一層進んでいるので、こんなチャンスでもないとなかなか東京都心の散策もできません。

珍しさにきょろきょろしているうちに、調子に乗りすぎてやや遠くまで歩きすぎました。
"ここから病院に戻るのは嫌だなぁ"……
多分病院に戻ってもすることがないと思われたので、妻に電話をして散歩のついでに帰ってもいいかと聞いて了解をもらいました。
明日の朝クルマで迎えに行くことを約束して、さらにあっちこっちふらふらしながら六本木まで歩いて東京メトロで帰りました。

電車を降りていったん帰宅してからネコを少しかまって遊んでやって、改めて駅前ビルの地下名店街に出かけて晩ご飯と明朝食べるパンを買ってきました
妻は今晩一晩入院で帰宅できませんので、つかの間の独り暮らしです。
いつも自由なのですが、さらに自由な気分ですね~。なんだかうれしい!
何をするわけでもないのに、「妻が留守だと急いで家に帰っちゃう!」と言った友だちの気持ちがわかります。


Twitter : @pa_hoehoe
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/921-853b56a9

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク