fc2ブログ
2011/08/18 22:48
奥日光でローディーの姿が見られるのは戦場ヶ原まで。
この先、ローディーに追い越されることも、すれ違うことも決してないだろう。

<金精峠>


金精道路1
ここが金精道路のスタート地点だ。
沼田まで63キロとあるが、数キロ上った峠には「沼田まで66キロ」という表示がある。
こういうアバウトな数値管理はよくあることだが、いったいどっちが正しいの?
檜原街道には公私含めてこの手のいい加減な看板や標識があるが、いまだに腹立たしく思うことがある。

金精道路2
アキアカネがたくさん飛んでいて、既に秋の深まりを感じさせる。
いくら一人で寂しいからといったって、アキアカネに慰められてもねぇ…
それとも自力で飛ばずに群馬県まで行こうという魂胆か!

金精道路3
はるか遠くに男体山、そして湯ノ湖。
こうして峠で振り返って眺める景色は、「よくぞ登った!」と褒めてくれているようで、いつも気持ちがいい。

金精道路4
さらに上ると、見事な景色を背景に九十九折れのワインディングロードも美しい。

金精道路5
金精峠! 標高1843mは、日本で国道が通る第三位の標高だ。
一位は渋峠で標高2172m、二位は麦草峠で2127m。
まだ一位だけは越えたことがないが、近いうちにツアーで通過することになっている。
この順位には県道や市道・村道は含まれない。あくまでも国道に限ってのこと。

金精道路6
昨年のツアーが激寒だったのは既に書いたとおりだが、その時このトンネル内で漏水して滴った水が石筍ならぬ氷筍のようになっていた。
峠道のあちらこちらやトンネルの出入り口にはラッセルした雪が解けずに残っているという状態だった。

<丸沼>

丸沼1
前回は寒さに凍えていたので湖水を見る余裕もなく、ここの下りでは手足の指先が千切れそうに冷たかったことしか記憶にない。
あまり情緒のない湖だが、デカイ!

丸沼の休憩ポイントで話しかけてきた中年男性二人が、日光から登ってきたと言うと目を丸くしていた。
彼らは35℃の桐生からきたそうだが、ここはいつも涼しいという(今日は20℃強)。
5月には丸沼はまだ凍っているそうだ。
10月下旬に雪が降り、零下になっても不思議はないというものだ。
前回は事前のリサーチが足りなかったと反省させられた。
といっても、今回も何のリサーチもしてないが…

丸沼2
これは死体の一部ではない! このたびお世話になった脚だ。
このあたりには無料の足湯が点在しており、ちょっと浸からせてもらった。
峠越えで疲れた足には得も言えず気持ちがいい!


<吹き割の滝>

"東洋のナイアガラ"という謳い文句は実にセンスがない。
そんなサブタイトルをつけなくても十分いい流れなのに…

吹き割の滝1
一人であんなというか、こんなというか、ややエキセントリックないでたちでうろうろしているといろいろな人が話しかけてくれる。
金精峠から抜きつ抜かれつだったという家族でドライブの一団ともしばし立ち話。
「抜いたと思ったらいつの間にか前にいたり…。ここも先に着いていたんですねぇ。いい楽しみですねぇ。でも、あまり飛ばさないで気をつけて」とご忠告いただいて別れた。

吹き割の滝2

吹き割の滝3

吹き割の滝4
沼田駅からJR輪行で帰途につく。
一人旅で急ぐわけでもないので、途中で新幹線に乗り換えるでもなく、3時間半ほど電車に揺られた。
昔あれほど好きではなかった電車が今では楽しい。
車内での人物ウオッチングが長い乗車時間も退屈させない。
疲れたけれど、自転車を片付けながら、次に行くところに思いを巡らせてしまう…
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/92-3045aaaa

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

モーツァルトな走りで

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク