2015/08/15 23:54
2015.08.15

N瀬さんとU野さんのお二人にお誘いいただいて風張峠を上りました。
僕があんまりしつこく「誘え!」「誘え!」と言うので "仕方ないなぁ" と諦めてお声がけくださったのでしょう。
実際本当に久し振りだったので昨日の夜はうれしくて何度も目が覚めて、今朝は寝不足でした。w
00本日の走行ルート
本日の走行ルート
睦橋際のマクドナルドに朝9時に待ち合わせですから、7時に家を出れば間に合います。
今朝の横浜北部はこの夏としては気温も比較的穏やかで、帰省のクルマも目立って多くはありません。

少し前に到着しましたが、すでにN瀬さんとU野さんがアイスコーヒーを飲んで待っていてくれました。
例によって僕は朝飯がまだなので、朝マックで腹ごしらえをしました。

あんまり懐かしくて近況を聞いたり当方のことをお伝えしたりで、味もわからず食べた自覚がないままにごちそうさまになりました。

01マック出発
マックをスタート
店を出てN瀬さんを先頭に、U野さん、僕のオーダーで睦橋通りを武蔵五日市に向かいます。
のんびり走りましょうとの最初の約束通り、落ち着いた速度で牽いてくださいます。

話しを先に進める前に、ブログをお読みいただいている方にざっと人間関係を説明しておきたいと思います。
お二人は拙ブログにたびたび登場する火曜走行会の当初からのメンバーで、dorokeさんとは長い付き合いです。
僕は途中から参加させていただいた新参者だったのですが、暖かく迎え入れていただき、すぐに旧知の仲間のように遇してくださいました。
N瀬さんとは風張峠ヒルクライムTTでお互いにいい刺激になりました。
U野さんとは悶絶ライドを含め、共に苦しみたくさん力をいただきました。そして、直江津までの300km以上の超ロングライドにもお付き合いいただきました。

そうしたお二人ですが、1年もご無沙汰していると自転車に対するスタンスもすっかり変わっていました。
今はTTもせず、早出早帰りもせず、輪行も取り入れて見知らぬ土地に非日常を求めるサイクリングにシフトしているようでした。
"あれっ、どこかで見たような、誰かから聞いたようなサイクリングだぞ!" と思ったら、僕のブログも時々参考にしていただいてコースを決めているとのことでした。
誰しもそうかもしれませんが、たかが自転車とはいえ、遊び方や向き合い方は変化していくものなのですね。それでいいのだろうと思いました。

02戸倉のセブン1
戸倉のセブンイレブン
さて、いつも通り戸倉のセブンイレブンで1回目の補給休憩タイムです。
コンビニにはもちろんですが、風張峠から下って来る、あるいはこれからヒルクライムをしようというローディーの数が半端ではありません。
N瀬さん曰く、「こんなにたくさん見たのは初めてですよ!」
確かにこの混雑ぶりはGW以来です。

橘橋も静かに通り過ぎて左折します。これまでならTTスタート地点のここから全員別々に苦しみの旅に出るのですが、今日は入れ込むこともなく、覚悟をすることもなく和気藹々と次の休憩地点を目指します。

のんびりとはいえ、上川乗を過ぎれば風張峠への道は決して優しくありません。
途中10%を超える地点が何度か現れます。
でもタイムを気にしないので追い込まれる辛さはありません。他の方も同様の様子で、よく言えば長閑、悪く言えば緊張感が全くなし!

03数馬の湯
数馬の湯で補給 1
2度めの補給兼休憩ポイントの数馬の湯に到着です。
「今までず~っとここで休憩したいと思ってたんですよね」とU野さん。
それ、すごくよくわかる。ここからの勾配はほとんど緩まず8%~9%が続きますからね。

04数馬の湯
数馬の湯で補給 2
N瀬さんはまだ余裕の表情です。今日は調子がよさそうだから、内心 "TTやってもいいかな" なんて思ってたんじゃないでしょうか。w

05奥多摩周遊道路
奥多摩周遊道路 1
ここからはお二人に先に行っていただいて、所々で立ち止まって写真を撮りました。一人ならいつもこんなものです。

06奥多摩周遊道路2
奥多摩周遊道路 2
写真の腕は一向に上がりませんが、下手の横好きです。それでも懲りずに撮り続ければ、構図なども少しずつは進歩すると信じているのですがね…

07奥多摩周遊道路
奥多摩周遊道路 3
今日はお盆休みでしかもやや遅い時刻に登り始めたので、バカっ速いローディーはおらず、ここまで高度を上げると僕らと同程度の仲間か弟子のようなヘロヘロの方ばかりです。w
前を走る白いジャージの若者はあっちこっちで写真を撮りながらもすぐに追いついてしまい、僕よりも後から都民の森にたどり着きました。この暑さだし、なれないのでずいぶん辛かったでしょう。(でもそうやってだんだん楽に登れるようになるんだよ!と心の中で声援を送りました)

08奥多摩周遊道路
奥多摩周遊道路 4
いつ来ても東京とは思えぬ山の高さであり、谷の深さです。この辺りで標高1000m弱です。

09都民の森
都民の森
都民の森はいつになく大混雑です。それぞれ自販機で清涼飲料水を買ってしばしの休憩です。たっぷり汗をかいたので、一気飲みするほどおいしかったです。

10チューブラーパンク
チューブラー、スローパンク
都民の森から少し上ったところにある浅間尾根駐車場に入っていく先頭のN瀬さん。
どうしたのかと思ったらリアのチューブラータイヤがスローパンクです。
タイヤ交換せずにとりあえずシーラントを入れて無事に修理完了! 幸いにその後エア漏れが発生することはありませんでした。

風張峠は何度通過したか数えきれませんが、この標識の前で撮影するのは今日が初めてです。
11風張峠
風張峠 1
まずはN瀬さん。ここまでず~っと先頭を牽いていただきました。この後も…

12風張峠
風張峠 2
そしてU野さん。膝の故障も癒えて、いつも通りに陽気に楽しむ姿が復活したのが嬉しい。

13風張峠
風張峠 3
そして僕ですが…先頭を牽くのにやぶさかではないのですが、多分誰の役にも立たないし、誰にも喜んでもらえません。
少しずつ速くなったりして迷惑をかけます。なので案内のために先頭を走るときにはみんなにばらばらに走ってもらって、適当なところで待つという形にさせてもらっています。
後ろに従えて皆さんの走りをコントロールする器量はとてもじゃないですがありません。

毎度のことですが、奥多摩周遊道路一の絶景ポイントに立ち寄りました。
14月夜見第一駐車場
月夜見第一駐車場 1
記念写真というか、証拠写真を撮るためにすぎません。

15月夜見第一駐車場
月夜見第一駐車場 2
U野さんの参加証明写真です。

16月夜見第一駐車場
月夜見第一駐車場 3
そしてN瀬さんの愉しそうな笑顔!N瀬さんも自転車が好きなんですね。いつもそういう顔をして走っています。

17月夜見第一駐車場
月夜見第一駐車場 4
上から撮られたからというわけではなく元々か?脚の短さが強調されています。w

18深山橋
深山橋
風張峠を下った後、ここを左に曲がって柳沢峠を目指したことが何度かあります。体調がよい時に、季節がよくなったらまたチャレンジしたいです。

19のんき屋
のんき屋
ようやく本日のお昼ごはんにありつけます。
自転車の鍵掛はお二人に任せて僕は奥多摩湖の写真なんか撮っていました。

食べもの写真は撮り損ねました。
本当に久しぶりだったので、話が尽きることがなく、箸を置く暇もなかったのです…
いや矛盾してますね。話に夢中な時は箸は置くものです。

いやいや、本当に懐かしくて久し振りで話が尽きなくて…愉しい1日でした。
この後もN瀬さんに牽いていただいて青梅街道を下ったのですが…
奥多摩駅を過ぎると間もなく大粒の雨がざんざん降ってきて、あっという間に全身ずぶ濡れになりました。
雨宿りする場所もありませんでしたが、たとえ数十メートル近くにあったとしてもそれだけでずぶ濡れになる程に強い雨でした。

その後トンネルが続くのですが、そこに留まるわけにもいかず、大粒の雨を突いて下りました。ただし慎重に…
ブレーキが利かずに前のU野さんに追突しそうになりましたからね。
N瀬さんもU野さんもブレーキが利かないので参ったと直後のコンビニ休憩の時に仰ってました。
しかし風を切って走ったので、その時までにはほとんど乾ききっていました。

そのまま青梅街道を下り、新奥多摩街道の小出の信号でお二人と別れました。
お二人の帰宅は8時を過ぎそうだということでした。

急いで帰れば僕は7時半には帰宅できそうでしたが、コンビニによってアイスを2つ食べて時間調整をしました。
何の時間調整かというと、多摩サイから夕焼けが見たかったんです。

20小さなお祭り
多摩川べりの小さな夏祭り
綺麗な夕焼けは見られませんでしたが、自治会主催の小さな夏祭りに出会いました。本当に小ぢんまり!

21モノレール
夕暮れの多摩モノレール
モノレールの高架の照明が薄い夕焼けを背景に、多摩川の水にも映り込んでいました。
モノレールの通過を待ちましたが…来ません。

22府中四谷橋
府中四谷橋
府中四谷橋を渡るころにはすっかり日が沈んで、西の空の残照もすっかり消えてしまいました。

N瀬さん、U野さん、しつこい誘いのお願いに応えていただきありがとうございました。
お二人は荒川方面や埼玉方面の峠の方が便利なのに、僕のために風張峠を選んでくださったのだろうと感謝しています。
次回ご一緒させていただくときには、僕がそちらへ出かけて行きますので、懲りずにまたお誘いくださいね。
どうもお疲れさまでした。


Twitter : @pa_hoehoe




スポンサーサイト

4 Comments

  • N瀬 

  • shimaさんお疲れ様でした。久しぶりのライドでしたが最高に楽しい1日でした。脚力も少しずつ戻ってきたので、秋のシーズンに向けて景色の良いところをもっと楽しみたいと思います。
    また、ご一緒して下さい。
  • 2015/08/16 05:31 | URL 
  • shimagnolo 

  • N瀬さん、昨日はありがとうございました。本当に久しぶりでしたが、SNSのお蔭で久しぶり感があまりありませんでしたね。
    元々走れるN瀬さんが調子を戻したら、なかなかついていかれないかもしれません。今程度にしておいてください。w
    自転車で絶景を一緒に楽しめると思うと、今から楽しみで仕方ありません。
    よろしくお願いいたします。
  • 2015/08/16 08:18 | URL 
  • U野 

  • shimagnoloさん、昨日はお疲れ様でした
    そんなに暑すぎず走りやすい1日で、豪雨のおまけもついてとても愉しい内容でした。
    もう1本登り返すのはまだ無理そうですが紅葉シーズンや冬のロングライドが余裕をもってできるように走力を上げていきたいです。
    今後は輪行での遠方コースも是非教えてください。
    次回もよろしくおねがいします。
  • 2015/08/16 11:08 | URL 
  • shimagnolo 

  • U野さん、こんにちは
    昨日は久しぶりで本当に愉しかったです。また誘っていただく約束もできて、これからの季節が本当に楽しみです。
    上りは1本で十分ではないかと…w 
    楽しく愉快に過ごせれば1本も上らなくても…なんて具合に、最近は楽することばかり考えています。輪行サイクリングにお付き合いいただける身近な仲間が増えたことが、何よりも嬉しいです。
    紅葉シーズンと言わず、その前にまた一緒に遊びましょう。
  • 2015/08/16 11:20 | URL 

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/919-e385391b

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク