2015/08/07 20:47
00本日の走行ルート
本日の走行ルート

※GARMINのスイッチを押し忘れたので、スタートが碓氷峠より下になってます。実走距離は+15~20kmくらいだと思います。

「今日は楽なルートを走る!」:厳しい上りがないことを条件に走りました。
新幹線を下車した軽井沢が一番高いのだから、どう考えても楽なはずでしたが…
唯一の妙義山さえ避けて走ったわけですからね。

01始発駅
始発駅
せっかく買ったので携帯シューズを履き、ロードシューズは輪行袋に収めました。
DNSにならないように昨日のうちに切符を購入したので、無事に始発列車に乗ることができました。
いつものことながら始発列車は結構混んでいます。次発の方が空いているということは、始発をもっと早くすればそれを利用したい人もいるのでしょうかね。僕も輪行の時にはそう願う一人ですけどね。

02朝ご飯
駅弁朝ごはん
ぎりぎりに起きたので当然朝ごはんを自宅で食べるなどあり得ません。駅弁ですが、すごい栄養価というかバランスです。夜だってこんなに多種類の食材を一度に食べることはありません。

「はくたか」は結構混んでいて、上野から隣におじさんが座りました。朝っぱらからおじさんじゃないとちょっとよかったけど…
そんなことより危なく乗り過ごすところでした。知らないうちに新幹線で寝込んでました。はっと目が覚めたら、列車は大きい駅を出るところでした。
"もしかして軽井沢!"…ではありませんでした。ホッ、高崎でした。
03はくたか
北陸新幹線・はくたか
無事に軽井沢で下車できました。「はくたか」を見送ります。北陸新幹線のカラーリングはなかなかいいと思います。

04軽井沢駅
軽井沢駅
いつものショットです。でも今日は浅間山と反対側に進むことになりますが、その前に…

05雲場池
雲場池 1
まずは早朝の雲場池です。
ここは小さい池ながら、とても清々しい空気が満ちています。

06雲場池
雲場池 2
紅葉スポットとしても有名ですが、その季節には来たことがありません。
他の季節に訪れてもこの透明感がたまらなく好きです。

07早朝のカフェ
旧軽井沢のカフェ
先があるので早々に雲場池を後に旧軽井沢を流します。
早朝からこんな素敵なカフェが開いているなら、駅弁など食べるのではなかった。

08軽井沢駅至近の池
軽井沢駅前通りの池
駅前の道を碓氷峠方面に向かいます。左手にこんな池があります。箱根と並ぶ首都圏からほど近い避暑地の軽井沢ですが、清潔度では明らかに箱根を凌駕しています。

09碓氷峠
碓氷峠
軽井沢駅と碓氷峠はほぼ同じくらいの標高で、距離もありません。
横川から上って来ればそれなりに楽しめるヒルクライムですが、この季節は辞退したいですね。

10碓氷峠DH
碓氷峠DH
直江津まで走った時、真夜中に登った時のことを思い出しながら気持ちよく下りました。

11アプトの道
アプトの道 1
途中にアプトの道が現れます。廃線の後を利用した遊歩道なのですが、数年前に自転車通行禁止を知らずにこの遊歩道を自転車で走ってしまいました。
どなたからも咎められませんでしたが、知らぬこととは言えとんでもないことをしました。

12アプトの道
アプトの道 2
中山道を走っていると「アプトの道」が所々で顔を出します。

13アプトの道
アプトの道 3

14アプトの道
アプトの道 4

15アプトの道 メガネ橋
アプトの道 5:めがね橋
そして有名な「めがね橋」です。きっちりと構造計算された現代の橋と違って過剰に頑丈そうなところがいいですね。

16アプトの道 メガネ橋
アプトの道 6:めがね橋
橋脚の下部のボリュームはすさまじく、その力強さは見る人を魅了します。しかもそのバランスが実に美しいのです。

17アプトの道
アプトの道 7
こんなところを自転車で走ったのだからとんでもないですね。しかも遊歩道で散策を楽しむ人は少なからずいました。

18碓氷湖
碓氷湖
ダウンヒルの中ほどに碓氷湖が現れます。人造の堰止湖でしょうね。周囲1kmもない小さな湖です。

19坂本ダム
坂本ダム
湖が水を吐き出す坂本ダムです。発電している様子はないのですが…

20坂本宿
坂本宿
下り切ったところが坂本宿です。中山道の昔の宿場の面影を残すものはほとんどありません。

21坂本宿
坂本宿のカフェ
このカフェは数年前に来た時にも営業していましたが、旅の途中で興味本位に立ち寄る人がいるのでしょう。前回店の前を通った時は、ロードが2台止められていましたっけ。

一旦下り切ったこのあたりから気温が猛烈に高くなったようで、横浜の都市部と何ら変わりません。

22碓氷峠鉄道文化村
碓氷峠鉄道文化村 1
撮り鉄でも乗り鉄でも何でもないのですが、かつて「峠の釜めし」で繁盛した横川駅に立ち寄ってみました。
現役を退いた古い列車が保存してあるようです。興味がないので入場料を払わずに外から写真を撮りました。

23碓氷峠鉄道文化村
碓氷峠鉄道文化村 2
どことどこを結んでいるのでしょう。気動車に牽かれたおとぎの国ような観光列車が運行されています。

24横川駅
横川駅
一世を風靡した釜めしもこんな小さな小屋で売られているのですね。時代の移り変わりを感じます。新幹線の犠牲です!

25妙義山
遥かに妙義山
最初から妙義山に登るつもりはありませんでしたが、止めてよかったです。
なんでこんなに熱いんでしょう。安中市は盆地でしたっけ?

とちゅうにあるわ、あるわ! 何がって、広い敷地に敷き詰めたソーラーパネル群です。この手のものがあるということは日照の条件がいい、つまり暑いということでしょう。
どう暑いかというと、息を吸い込むと肺が熱くほどに暑い空気です。いや大袈裟ではなく、鼻で息を吸わないと肺が焼けるんじゃないかと思うほどです。
先日伊豆半島を走ってものすごく暑かったですが、その次元を超えています。
深呼吸しないようにのそのそ走りたかったのですが、意外にも小さなアップダウンが繰り返し現れて喘ぎ気味になってしまいます。

26貫前神社
一ノ宮貫前神社 1
そんな暑さの中よせばいいのに、急な坂道と長い階段を上った頂点にある鳥居に惹かれて上って行きました。

27貫前神社
一ノ宮貫前神社 2
さすがに眺めはいいのですが、暑い暑い暑い!!!

28貫前神社
一ノ宮貫前神社 3
一番高いところに鳥居と総門が向かい合っています。

29貫前神社
一ノ宮貫前神社 4
そこから長い長い階段を下り切ったところに楼門・拝殿・本殿があります。
修復が済んであまり年月が経っていないらしく、丹塗りの色も鮮やかです。

30貫前神社
一ノ宮貫前神社 5
大変立派な楼門です。

31a貫前神社
一ノ宮貫前神社 6
拝殿の見事さはさらに素晴らしく、修復されて間がないので往時の姿そのままなのでしょうね。

31貫前神社
一ノ宮貫前神社 7
本殿も絢爛豪華で他にちょっと類がないですね。

32貫前神社
一ノ宮貫前神社 8
彫刻類や天井の画も新たに彩色されたようです。

今回のサイクリングでは最大の見ものでした。思いがけず立派な境内とお社を堪能させていただきました。
興味のある方はhttp://nukisaki.or.jp/index.htmlをご覧ください。
今年の春にktyさんに案内していただいた富士山本宮浅間大社以来のことです。

これだけのものを見てしまうと、世界遺産に指定された「富岡製糸場」への興味も薄らいでしまいます。
理由はそれだけじゃないですね。暑さにすっかり参ってもういいかな…という気分になってました。
33富岡製糸場
富岡製糸場 1

34富岡製糸場
富岡製糸場 2
でもせっかく来たのだからせめて写真だけでも撮って帰ろう…そのつもりでしたが。
バッテリーが切れて
2枚しか撮れませんでした。入場料が惜しかった…


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/916-660afc16

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク