2015/08/03 21:14
近くを何度も通ったことがあるのにその存在すら知りませんでした。
時々閲覧させていただいているブログ「風の向くまま」の記事を拝読して強く興味を惹かれ、早速訪ねてみました。

01田谷の洞窟

最寄駅は大船駅でしょうか、田谷町にあります。
真言宗大覚寺派 田谷山 定泉寺(じょうせんじ)の境内奥にある田谷の洞窟です。正式には「田谷山瑜伽洞(たやさんゆがどう)」という名称のようです。
洞内では鎌倉初期から江戸時代に至るまで、真言密教の僧たちの修業が行われていたそうです。
02田谷の洞窟

洞窟は全て公開されているわけではなく、立ち入り禁止の区域が多く、公開されているのは全体の四分の一程度の250mとされています。
それでも十分に長い洞窟です。経路は大変に複雑で、立体的に交差している部分もあるという手の込んだもの。
手掘りで掘り進められたのですから、長い時間が費やされたことは想像に難くありません。
壁や天井には多くの曼荼羅や羅漢がレリーフで彫られています。
03田谷の洞窟

細い蝋燭1本で洞内を歩かなければなりません。なので像が彫られていることがかろうじてわかる程度で、その詳細を観賞することはできません。
洞内の撮影は禁止されてるのでご紹介できる画像はありませんが、次回訪ねる時には自転車のフロントに装備しているLEDライトで照らしながら回ろうと思います。
洞内での撮影および喫煙は禁止されていますが、懐中電灯には触れられていませんので問題ないのではないかと思いますが、受付で許可をいただくべきでしょうね。
04田谷の洞窟

今日も燃えるような日差しの午時でしたが、洞内はひんやりとした空気に満たされています。
他に洞内を巡る方がいなかったので、異次元界に迷い込んだような怖さがありましたね。お寺ですからお墓もあるので、洞内の暗さに少し気が弱くなりました。
次回はどなたかを誘って、行者たちが心を込めて刻んだ仏様をじっくり観賞してきたいと思いました。
05田谷の洞窟

06田谷の洞窟

興味のある方はお訪ねになってはいかがでしょうか、おすすめのスポットです。

※北鎌倉にほど近い場所なので、その後石かわ珈琲で一休み致しました。いや、一休みではなくずいぶん長居をしてしまいました。ご夫妻には与太話にお付き合いいただきまして、ありがとうございました。
相変わらず極上の珈琲でしたが、久しぶりに復活した「なめらかプリン」も懐かしく味わうことができました。


Twitter : @pa_hoehoe


スポンサーサイト

2 Comments

  • まいまい 

  • おじゃまします。
    過去記事へのコメントになってしまい、失礼します。

    うちの拙いブログまで紹介していただきありがとうございます。
    この暑い時期ですから、
    この洞窟はひんやりしていて行く価値がありますよね。

    他に廻っている方がいらっしゃらなかったのは、
    逆に良かったかもしれませんよ。
    人の声がものすごく反響するので、
    人の多い時は、うるさいくらいだそうです。

    でも確かに一人だと、
    修行僧の「念」のようなものに圧倒される気もします。
    精神的にも「ひんやり」というか、「ぞくっ」としますよね。
  • 2015/08/07 20:58 | URL   [ 編集 ]
  • shimagnolo 

  • まいまいさん、こんにちは
    「お久しぶりですね」というのも変ですが、そんな気分です。w

    こがねえむしさんとお二人での放浪をいつも楽しく拝見しています。そのほとんどが放浪というほど大袈裟ではないところが好きです。
    そして放浪のネタをどこで見つけてくるのだろうと、いつも感心しています。
    今回の洞窟も我が家から近くはないけれど、傍は頻繁に通ります。それでも気づかない…

    実は僕には世の中で怖いものが二つあり、それはお化けと蛇です。一人で歩いた洞内では、出るはずもないお化けに怯えていました。w

    最近はお化けなんてかわいいものじゃなく、本当に怯えなければならない世の中の動きが気になります。
  • 2015/08/08 06:41 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/914-cd4028bd

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク