2011/08/18 22:40
何度も訪れたことのある日光だが、定番の場所は素通りすることにした。
世界遺産の中枢はもちろん、華厳の滝も竜頭の滝も…。


<イタリア大使館別荘記念公園>

瀟洒な造りの無国籍風の建物は実に味わいがあり、中禅寺湖に面する庭も決して過剰なジャパネスク風ではない。
とはいえ自然を生かした日本ならではの景色であることに間違いない。

イタリア大使館別荘記念公園1
母屋と思しき建物から繋がった桟橋を通って、中禅寺湖の水辺で舟遊びができる。

イタリア大使館別荘記念公園2

イタリア大使館別荘記念公園3
こんな素敵なウッドテラスもあったり…

イタリア大使館別荘記念公園4
協力金という名目で100円程度寄付をすると、中に上がって湖を眺めることもできる。

イタリア大使館別荘記念公園5
さすがMade in Italyならではの趣味のいい家具が配置されている。
中でもイタリア製のソファは、そのデザイン性の高さで日本にも熱烈なファンは多い。

イタリア大使館別荘記念公園6

イタリア大使館別荘記念公園8
ついでながら僕の自転車もスモールパーツに至るまでMade in Italyではあるけれど、
ここに置いてみると、それがどうしたって感じだ。


<中禅寺湖:立ち木観音側からの眺め>

こちら側から中禅寺湖を眺めるのは初めてだ。
人の気配がないことも手伝って、別物に映るほど水も清らかだ。
「逆さ男体山」が見られそうだ。

中禅寺湖1
どんなものも角度を変えて見よ! と諭されたような本日の中禅寺湖だ。

中禅寺湖2

中禅寺湖4

中禅寺湖5

中禅寺湖7

中禅寺湖8


<小田代ヶ原>


小田代ヶ原1
前回友人を誘って訪れた時は、このあたりで降り始めた雨がすぐに土砂降りとなって行く手を阻んだ。
今日のような日にお誘いしたかった。

小田代ヶ原2
こんな清冽な流れもあり、辺りのしっとりと湿った空気が美しい苔を育てるのだろう。

小田代ヶ原3
小田代ヶ原は徒歩で訪れていただきたいところだ。湿原には周囲に木道がはりめぐらされ、湿地を傷めずに足元の高山植物の観察ができるようになっている。
目を上げれば遠くには唐松林が続いて、季節を問わずいつ訪れても美しい。

小田代ヶ原4
小田代ヶ原の奥にある弓張峠(峠というほどのものではないが)を越えて西ノ湖(さいのこ)を目指したが、ロードでは入ることができずに途中で引き返した。

小田代ヶ原5
帰りがけに「貴婦人」と呼ばれる白樺を遠景で撮った。


<湯滝上流&湯の湖>


湯滝上流

湯の湖
湖の周辺に湯が湧いているところがあり、そのことに名前は由来している。
水温は高めなのだろうか。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/91-6e33a3ce

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク