2015/07/14 21:50
一昨日ビーナスラインを走って美ヶ原高原を抜けて松本へ下ったサイクリングの途中でのこと、クリンチャータイヤの傷みに気づきました。
写真には撮りそこないましたが、あの日のあのコースで乗って走ってはいけない状態のタイヤでした。
摩耗状態もですが、トレッドやサイドウォールのゴムの傷みが進んでいるのが問題でした。

リアタイヤにはラテックスチューブを入れていたので、空気の抜けを考慮してプレッシャーをやや高めにしていたのですが…
高い空気圧(と言っても7bar程度)のせいもあって、タイヤの表面に生じたクラックが広がっている感じでした。それに気づいたのはコース半ばの霧ヶ峰でした。
無茶な走りをしたらバーストするんじゃないかと心配になって、ランチを食べた後、思わず空気を少し抜いてプレッシャーを下げました。
タイヤはミシュランのPRO4だったのですが、このタイヤの表面のゴムはあまりタフではないですね。

無事に帰宅して翌日(昨日のことです)、イトイサイクルに出かけてタイヤ交換をお願いしました。
ホイールはCOLNAGO CF4専用のフルクラム・レーシングワンですが、実はこれが相当な優れもの。USBやCULTにも劣らぬ回転性能で、とても気に入っています。初期のフルクラムを高く評価する人がいますが、納得の性能です。
普段の使用がカーボンリムに偏っていたので、このリムはしばらく放置していました。なのでハブのオーバーホールも近々にしていただくつもりだったのですが、タイヤ交換と同時に面倒見ていただきました。いつもありがとうございます。

新しいクリンチャータイヤについては、しばらく前にUさんに相談して決めていました。
スペシャライズドの NEW S-WORKS TURBO(GRIPTON COMPOUND)です。「MADE IN RACING」というキャッチフレーズで、トータルで高性能な自転車用品のラインナップを目指している製品の一つのようです。
スペシャのクリンチャー2
NEW S-WORKS TURBO(GRIPTON COMPOUND)
こんな感じで、やや派手ですが…

スペシャのクリンチャー3
NEW S-WORKS TURBO(GRIPTON COMPOUND)
アルカンシェルカラーがちょっと目立ちますが…

タイヤといえばミシュランじゃないの!と思いこんでいたので、Uさんのお勧めとはいえちょっと不安でしたが…

まだ50kmほどしか走っていませんし、平地限定なので断言してはいけないのかなぁ…
でもこれが実に素晴らしい!

ここ数年はカーボンリムにチューブラータイヤという装備で走っていますが、今日を境に従来のクリンチャータイヤに対する概念を改めなければいけないと思いました。ややオーバーでしょうか…
他のメーカーのクリンチャータイヤも長足の進歩を遂げているのだろうとは思いますが、「アルミリムにS-WORKS TURBOで何の不足があるの?カーボンリムにチューブラーである必要はないでしょ!」と自分に突っ込みを入れたいほどです。

ややプラシーボ効果の虜になっている可能性もあるので、眉に唾をつけて読んでください…
でもやっぱりいいんですよね~! 
このタイヤのチューブラーも発売されるとか。気になります!

NEW S-WORKS TURBO(GRIPTON COMPOUND)は、ほかのユーザーからの評判も上々だというUさんのお話でした。


Twitter : @pa_hoehoe


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/903-3de613d7

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク