fc2ブログ
2011/02/27 00:58
サイクリング実施は26日(記事をアップしたのが27日)

風張峠ログ
GPSの走行ログ

こんなサイクリング日和に大寝坊!
二度寝して目が覚めたのは10時。今日はグループツアーにも参加表明してないし、城ヶ島ツアーは事情があって企画倒れ。
ところが空は真っ青、日差しさんさん!こりゃー家にはいられん!というわけで朝飯をすませて身支度して家を出たのは11時少し前。

奥多摩街道を走り、武蔵五日市から秋川街道で高尾を回って帰宅する練習コースのつもりが…。
五日市あたりで奥多摩の山々がクリアに見えると、風張峠の誘惑に抗うのは難しい。
しかし途中でランチを済ませて武蔵五日市駅に差し掛かったら、既に2:00pm過ぎてる。こんな時間じゃいつもなら風張峠は止めておくところ。でも先週行きそこなったので、引き返すに引き返せない。
その後の道中もず~っとどこで引き返すか迷いながら…、気づいてみれば上川乗。ここまで来ると甲武トンネルを抜けて上野原か、あくまでも風張峠を目指すか…。天気もいいので風張峠!と気合を入れなおす。
上川乗
上川乗りの交差点(右が風張峠方面、左は甲武トンネル上野原方面)

数馬の湯までは休憩を入れずに上る上る。このあたりの路肩にはラッセルした雪が積んであるが、気温が低いので解けて路面をぬらすことはない。そんな中、下ってくるローディーは結構いるのに上るのは僕一人。
こういうシチュエーションには慣れているけれど、山中で日没を迎えるわけに行かないのがちょっとプレッシャーになる。
なんとかいつもの休憩ポイントの「数馬の湯」に到着。あったかい物を飲んで一休みして、いよいよ奥多摩周遊道路の九十九折れを上る。しかしここまで来ると道路は南西の斜面になるので、日差しがたっぷりで寒くはない。というより勾配がおよそ9%の上りなので汗が出る。
数馬の湯
数馬の湯、駐車場の案内板

午後4時、「都民の森」に到着。いつもはローディーが思い思いに補給をかねて休憩しているのに、今日はここでも一人ぼっち。気温はわずかに3℃しかない。
風張峠はどうなってるんだろうと少し心配しながらも、のんびり休んでいると山の中で日没を迎えてしまう。早々に峠へ向けて出発だ。
都民の森
都民の森の駐車場

都民の森まで来れば、勾配は少々きつくても風張峠まで10分か15分ほどだ。自転車はいない。車もバイクもほとんど走っていない。考えようによっては自分の専用道路だ。
なんと!峠の温度計は0℃ジャスト。残った雪は一層深く、峠の駐車場では子供が小さなスロープでそり遊びをしている。親はエンジンをかけて暖房した車の中。
風張峠
風張峠の看板

時間がないので風張林道を下ることにした。かなりショートカットになるが、とんでもない激坂で(15%前後は当たり前で、時々20%を越える!)、その上道が凍っていたり落石で道路が荒れたりしているが仕方がない。
途中の絶景で写真を撮ろうとしたら、携帯が電池切れ。その後遭遇した野猿の群れも、猟友会のおっさん達が獲物のカモシカを捌いているのも撮れなかったのが残念。
カモシカの頭部は切り落とされて見当たらず(剥製にでもするのだろうか)、僕が見学した時にはほとんど骨と毛皮だけになっていた。5~6人で獲物を囲み、小刀で切り取っていた肉は山分けして食べるのだろうか。

寒い夜の闇を突いて走り、我が家に着いたのは7時半をかなり回っていた。
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/9-776e98fd

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

モーツァルトな走りで

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク