2015/06/02 22:03
もしかするとビーナスラインを走ることになったかもしれない今日、それが延期になったので、そのコースの代わりに山岳ロングライドをしてきました。

6月14日の「第12回 Mt.富士ヒルクライム」にエントリーしているので、途中でスタミナ切れにならぬよう、そして暑さになれる目的もあってのロングライドでした。
リザルトにはほとんど関心はないのですが、愉しく上るにはある程度の身体づくりも大切です。

00本日の走行ルート
本日の走行ルート
朝から激しい日差しが降り注ぎ、暑さ慣れにはまたとないサイクリング日和ですが…
かねてより走り慣れている三峠越えとは言え、暑さになれないこの時期、熱中症も心配されます。

01道志みち
道志みち 1
道志はすでに新緑の時を終えて、全山濃い緑に覆われています。
いよいよ夏です。

こういうときに限って汗拭きタオルを持っていません。
グローブの甲で目に沁みる汗を拭き拭き、なんとか青根のセブンイレブンに到着です。

三ケ木手前の激坂ですい~っと抜かしていた若いローディーもセブンで補給しています。やがてもう一人若い人、続いておじいさん。
それぞれの方と挨拶を交わし、最後に残ったおじいさんと少しお話しました。

数段のギアは備わっているものの、クロスバイクというよりもママチャリに毛が生えた程度の自転車です。
てっきり近所の方が買い物に来たのかと思っていたら、山中湖にある「紅富士の湯」にひとっ風呂浴びに行くサイクリングの途中だという…

老人には似合わないサイクリングルートだからか、いつの間にか年の話になりました。
ヘルメットをかぶっていたせいもあって、ずいぶん若く見られたようです。最近珍しいことですが、感心されてしまいました。
相手の方も同じくらいの年格好だと思ったら、まだ60歳だという。う~ん、ヘルメットはかぶっていなかったものの老けてるなぁ…

その方が出発してからメールの返信やFBのチェックをしながら補給です。
にぎりめし二つ、ソルティーライチ1本、アイス1本、ケーキ1個…朝から補給しすぎです。
汗拭きタオルも購入しました。

その時開いたktyさんのFBのエントリに、ものすごい、超大盛りの海鮮丼が記事とともに写真付きで載っていました。
それを見ていると走る勇気が失われそうだったので(^^;)、急いで閉じて先に向かいました。


02道志みち
道志みち 2
件のおじいさん(僕より8歳も若いから呼び方が不適切!)は、両国屋の激坂を上るところでした。
危ないあぶない!左側車線だけでなく右側車線もいっぱいに使って蛇行運転です。
気をつけるようにとお伝えして先に行かせてもらいました。

03久保吊り橋
道志みち 3
あんまり暑いので久保吊り橋の自販機で500mlのコーラを飲んで一休みします。
ついでにいつもと何も変わらぬ写真も。

「道志の湯」の近くの友だちになったイヌに会えるかと思ったら、あまり暑いからか姿が見えません。
03道志四里塚
道志四里塚
仕方ないので通り過ぎて「道志四里塚」で記念写真を撮りました。
自撮りはやや恥ずかしいし、好きではないですが、その日に着ていった衣類と乗っていった自転車が後で確認できるので1枚あると便利です。

04aざる蕎麦
「道の駅どうし」ざる蕎麦
「道の駅どうし」で、ざる蕎麦を補給しました。どう考えても補給しすぎですが、お腹が空くので仕方ありません。

ここに来るまでにさんざん休んだので、そこそこに腰を持ち上げて山伏峠ヒルクライムです。
TTはしないことに…だって疲れますから。山中湖からどこをどう回って帰るか未定だったので、こんな序盤で無用な疲労は禁物です。

04山伏峠
山伏峠
タイムは取りませんでしたが、頑張ってもマイペースで上っても大差ない感じです。それならば疲れないマイペースに限ります。
ヒルクライムの疲労は本気度に比例することがわかってしまってから、一人だとマイペースクライミングになりがちです。

05山中湖
山中湖 1
道志の富士山ビューポイントからも見えていたので期待はしていましたが、真夏並みの高温なのに富士山がくっきり!ではないですが…
雲に隠れることもなく裾野から頂まで惜しげもなく見せてくれます。
しかもアクセントになる雲がうっすらとたなびいたり、消えたり…こんな季節に最高のコンディションに恵まれました。

06山中湖
山中湖 2
富士山中腹にはやや強めの風が吹いていたようで、発生した雲が横にたなびき流され、やがて消えていきます。
山中湖のサイクリングロードを走る人は他にいません。僕の道です。
これだから平日は堪えられません…現役の方々、ごめんなさい。

07山中湖白鳥
山中湖 3
白鳥のカップルがいるので水辺に下りてみました。ここのハクチョウは人慣れしていて、近くによっても逃げません。

08山中湖白鳥
山中湖 4
それどころか、今日は攻撃的な様子で威嚇してきます。
ハクチョウの嘴ですから怪我をさせられるようなことはないでしょうが、思わずのけぞりました。

どうやら威嚇してきたのは父親のハクチョウらしく、向こうにいる母親らしいハクチョウの近くで何かが動く気配がします。

09山中湖白鳥
山中湖 5
父親を迂回して近づくと、なんとまぁ!子育ての真っ最中だったのです。
実に申し訳ないことをしたと反省し、写真を撮ってすぐに移動しました。
この水辺に天敵がいるとすれば、一番怖いのはカラスでしょうね。
みんなそろって元気に大きく育ってくれればいいですが…
アンデルセンの「みにくいアヒルの子」を思い出してしまいましたが、グレイのハクチョウの子供だってなかなかかわいいです。

10籠坂峠
籠坂峠
途中での補給のし過ぎがこたえて、山中湖のランチは無理!
籠坂峠に上り返して、そのまま御殿場へのダウンヒルです。

11富士山東口本宮 富士浅間神社
富士山東口本宮 富士浅間神社 1
須走まで下ったところで「富士浅間神社」を参拝することにしました。

12富士山東口本宮 富士浅間神社
富士山東口本宮 富士浅間神社 2
いや参拝というよりも撮影です。お寺でも神社でも参拝ではなく拝観するのが目的です。

13富士山東口本宮 富士浅間神社
富士山東口本宮 富士浅間神社 3
鳥居から順番に神門、社殿の順に撮影しました。

14富士山東口本宮 富士浅間神社
富士山東口本宮 富士浅間神社 4
杉木立に囲まれた社殿の周囲は神域の雰囲気いっぱいです。

須走まで下るとおよそ半分のダウンヒルが終了しますが、須走から御殿場市内へのダウンヒルは、交通量が多い日にはなかなかのストレスになります。
今日は交通量が少なく後半のダウンヒルも快適でした。土日だとマイカーが多いですが、本日のストレスフリーも平日ならではです。

今日はお腹が空きやすいようです。わずかな上りと長いダウンヒルなのに胃袋が空になりました。
ラーメンが食べたい気分だったので、「白虎(びやっこ)」という国道沿いの店でお昼ごはんにしました。
写真は撮り忘れました。味は……?
人気店のようですが、僕の好みではありませんでした。

乙女峠を越えて箱根に下り、小田原から輪行すると決めていたので…
乙女峠の上り直前のミニストップで最後の補給です。う~ん、ラーメンと餃子を食べたばかりなんだけど…

コンビニアイスでは最高だと思っている「白くま」のカップに入ったアイスでヒルクライムの弾みをつけます。
本日最後の上りだから上機嫌で上り切ることを目標にしました。

15乙女峠へ
乙女峠へ
しかし、途中でこんな富士山が見えたので止まってシャッターを切りました。
ヒルクライムの途中で足つきをしてしまいました…

16乙女峠
乙女峠
乙女峠からも、霞んではいるものの御殿場市街を従えた富士山全体を楽しむことができました。

ここの茶店で孫を連れた60がらみのご夫婦とちょっと立ち話。
「御殿場から上ってきたんでしょ。さっき抜かしたんだけど速いですね。どのくらいで上り切りますか」とのお尋ねです。
ウソをつかずに申告しましたが、感心していただきました。(^^)v
ロードに乗らない方からみれば酔狂と感じる反面、よくやるなぁと思うでしょうね。

箱根に向かって下ろうとすると、若いローディーが上ってくる姿が見えました。
そのまま下っていくと、後方から先ほどの若者が追ってきます。若いだけあって峠で休まないようです。

今日はかなりの速度で下っていたので徐々に間が開いて行きましたが、件の若者が必死で追ってきます。
危ないので途中で前に出るように促しました。
その後は若者の後について下りましたが、まだ初心者らしく下り方が下手でやや危なっかしい。

意識して無理して飛ばすといけないので、少し距離を取りました。
さすがに危険だと思ったのか、道路わきのトイレのある広場に入っていきました。
そこからまた一人旅に…

箱根の温泉街を抜けてから、自宅まで自走しようか…という考えが頭をよぎりました。
しかしいつになく疲労がたまったので、というか無闇と眠かったので予定通り小田原から輪行で帰宅しました。
※帰宅後に気づいたのですが、抗アレルギー薬のせいでこの数日強烈な眠気に襲われることが多いのです。

久しぶりに本気モード(と言っても決して速くはありません)で走って、レース前のいい練習になった気が…
気だけですが、とても納得の山岳ロングライドでした。


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/881-4894125a

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク