2015/05/22 17:57
明日は新宿発のスーパーあずさ1号で小淵沢まで輪行してサイクリングをする予定です。

相変わらず時間のかかる皮膚科で午前中がつぶれ、、昼ご飯を食べてから切符を購入するためにJRの駅に行きました。そのついでにイトイサイクルに行って久しぶりにクリンチャータイヤを買う予定でした。

切符は「大人の休日倶楽部ジパング」の割引切符なのですが…
新宿~小淵沢間は163kmほどしかなく、割引切符の購入条件の201km以上には届きません。しかも帰路は甲府から乗車なので更に距離は短くなります。
そこで新宿~小淵沢間の往復切符を購入すれば30%割引の条件が満たされます。つまり、決まりとしては一続きで201km以上の乗車が義務付けられているわけで、往復切符なら途切れなしと認められるので326kmとなります。
ま、若い人たちには関係のないことですね。ちなみに65歳以上で「倶楽部」に申し込みが可能となるわけです。年会費はかかりますよ。

JRのほとんどの駅にはこの種の切符を購入できる券売機が備えられています。
僕の経験では、これまでこの機械が設置されてなくて切符が買えなかったのは、磐梯西線の「磐梯町」だけです。しかしこうしたことは地方の小さな駅では珍しくないと思われます。

購入した切符はこちらです。
切符
大人の休日倶楽部ジパング:割引切符
以前にも書きましたが、65歳を過ぎてよかったことは、唯一これくらいのものです。
ま、得をしているのだから文句は申しませんが…

その後イトイサイクルに向かいました。
来週能登半島を走ることになっているのですが、複数本のチューブラーのスペアタイヤを携行するとなると結構な荷物になります。仮に2~3本持つとしたら、かなりな負担です。
しかもチューブがラテックスだと1日しかエアは持ちませんから、毎朝携帯ポンプで最低でも7barは入れなければなりません。そうなると、もはや苦行以外の何物でもありません。

その点に限ればチューブを2~3本持てば済むクリンチャーが有利ですね。
しかし11s対応のカセットが装着されているアルミホイールはレーシングワンのみ。しかもタイヤは新品ではありません。
そこで今後もあり得るこういう機会に備えて新しいクリンチャータイヤをセットしておこうと思いました。
その時先日ロングライドに備えてタイヤ交換にてこずってチューブをだめにした友だちのことがふと頭をよぎりました。
これは購入と同時にお店でセットしてもらうほうがよさそうです。

サングラスをヘルメットに差し込んでイトイサイクルに向かいましたが、午後は風がかなり強まっていました。
サングラスがヘルメットにうまく刺さらず不安定な状態でしたが、これまでもこんな調子で問題がなかったので全く気にしませんでした。
町田駅も過ぎてもうすぐ相模大野というところで汗を拭くためにヘルメットを脱いだら…え~っ!サングラスがない!!

どこで落としたのか皆目見当がつきません。おそらく見つからないと99%諦めましたが、残りの1%の執念で来た道を引き返しました。反対車線に目を光らせながら…
"ないなぁ…"と思いつつも、あともう少し、あとちょっと、とじりじり戻り続けるうちに結局家の近くまで帰ってきてしまいました。
どこで落としたのかもさっぱりわからないし、個人的な経験では落とし物が出てきたことがないのであっさり…でもないけれど、諦めました。

クリンチャータイヤはまた明後日にでも出直して、買いに行きます。

失くしたのは…
OAKLEY_20150522173147be4.jpg
OSAKLEY STRAIGHT JACKET : DUCATI model
これとほぼ同型で、DUCATIらしくガンメタのフレームに赤の差し色が入っていました。
テンプルがやや太く、そのために後方視界が若干良くありません。しかもレンズがブラックイリジウムで光の透過率も低めなのでほとんど使用していませんでした。
でも失くしてみると惜しい!
諦めましたが、拾った人はちゃんと使ってくださいね。

早々と帰宅することになりましたが、妻には晩ご飯は刺身にしようと言ってあるので、スーパーで買い物です。
刺身や豆腐などを買い、今朝冷蔵庫を見たら卵が1個しかなかったようなので、卵をと思ったら…
あさぎりの卵
こんな卵がありました。朝霧高原は友だちの仕事やサイクリングのフィールドなので、他の卵ではなくこれを選びました。
故郷の特産物を見かけると買いたくなる方の心理が少しわかりました。
あさぎりの牛乳はスーパーでは売ってないので、牛乳は普通ので!

ついでに大好きな白くまのアイスクリームも買って帰り、これを書きながら食べています。

明日はKondohさんと二人で輪行サイクリングです。
輪行初体験のKondohさん、大丈夫でしょうか。


Twitter : @pa_hoehoe


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/876-db077cfc

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク