FC2ブログ
2015/05/06 20:53
2015.05.06

天気にも恵まれ、椿ラインのヒルクライムも大観山からの絶景も最高でした。
前回の渋峠といい、今回の椿ラインといい、気の合う友だちと走れたことがより一層花を添えてくれました。

「ぜひ案内したいところがある」とKondohさん。
何でも本当に隠れ家的なカフェなのだそうです。

27山小屋佐藤
箱根的隠れ家 1
一見個人の別荘のようであり、前を通っても気づかずに通過しそうです。
それもそのはずで、お店として採算が取れるものを目指しているわけではないそうです。
オーナーは好きな時にご自宅から通って好きなように時間を過ごされています。

当初は通りかかって寄ってくださった方に飲み物をお出しして楽しく語り合う場を提供していただけで、もちろん料金をいただくこともなかったそうです。
しかしそれでは立ち寄った方の気持ちが済みません。そんなことから代金をいただくようになったとか…

28山小屋佐藤
箱根的隠れ家 2
庭は自然な森のままに保たれていますが、その自然の残し加減が絶妙です。
すっかりきれいにして普通の庭にしてしまうのは簡単ですが、荒らさずに自然のよさを保つことがいかに難しくご苦労があることか…

我が家の庭の理想形はこれですが、オーナーもおっしゃるようにお隣と接する都会では難しいことだと思います。

31山小屋佐藤
箱根的隠れ家 3
中は特別な飾りや設えがあるわけではなく、友だちの別荘に遊びに来た感じそのままです。
Kondohさんはここへ来ると本当にくつろげると仰っていましたが、まさにそんな感じです。

32山小屋佐藤
箱根的隠れ家 4
なぜかゆったりした気分になり、時間が経つのを忘れてしまいそうです。

33山小屋佐藤
箱根的隠れ家 5
その理由はいろいろあると思いますが…
自然とのバランスが絶妙な庭や飾りすぎない室内の様子に加えて、オーナーのお人柄でしょうね。

34山小屋佐藤
箱根的隠れ家 6
室内には暖炉の横に冬のための薪が積まれています。
外に目をやれば、その薪づくりの仕事が中断されたままになっています。決して散らかっているとか、片付けが済んでいないとかではなく、むしろそうしたものが人が暮らしている温度を感じさせます。

35山小屋佐藤
箱根的隠れ家 7
テラス越しに見える庭がとても素敵です。向うに見える山桜は実に見事な枝ぶりの巨木です。花の季節には是非再会したいと思いました。

36山小屋佐藤
箱根的隠れ家 8
フェンシングの太田雄貴選手もずいぶん前からここを訪れるようになったそうです。
そんな関係からでしょうか、暖炉の横の壁にはフェンシングの剣が飾られています。

窓辺のすぐ近くまでやってくる様々な鳥たちに、改めて自然の豊かさを感じました。
37山小屋佐藤
箱根的隠れ家 9
何羽ものヤマガラが餌をついばみにやってきます。巣箱では子育てをする小鳥たちの姿も見られるそうです。

38山小屋佐藤
箱根的隠れ家 10
「キジもやってくるんですよ」とKondohさんが言ってると、実際にやってきました。
危害を加えるものがいないからでしょう。
ネコが来ないといいですが…

39山小屋佐藤
箱根的隠れ家 11
これは外来の小鳥だそうですが、繁殖力が旺盛で一気に数が増えたそうです。現にスズメたちのほうが遠慮がちにしています。
外来生物による生態系の破壊が気になりました。

ずいぶんゆっくりさせていただきましたが、帰路を急がなければもう少しお邪魔していたいほどでした。

40山小屋佐藤
箱根的隠れ家 12
最後にもう一度お気に入りの山桜を見せていただき、花の季節に必ず会いに来ようと心に決めました。

このお店の場所や名前を公開したものかどうか悩みましたが…
伏せておくことにしました。
この雰囲気を愛し、オーナーとお話をすることを楽しんでくださる方をお連れしたいと思いました。


Twitter : @pa_hoehoe


スポンサーサイト



2 Comments

  • sum 

  • こんにちは
    私も箱根に行ったら、必ずお邪魔するお気に入りのカフェです。
    自然いっぱいの隠れ家的ないい所ですよね。
    なので、私もブログでは紹介したことがありません。(^^)

    shimagnoloさん、ダメですよ!
    名前を伏せておくと仰いながらも、おもいっきり書いてあるじゃないですか!w
  • 2015/05/09 05:44 | URL 
  • shimagnolo 

  • sumさん、こんにちは

    面目ありません。写真のタイトルが全て「名前」だったんですね。(^^;;;
    写真を配置した段階では名前を伏せるという配慮はなく、そのままになっていました。
    拙ブログを訪れる方の数は知れているので、忘れていただきましょう…

    しかし本当に素敵な隠れ家風カフェで、ご主人も話し好きな興味深い方でした。
  • 2015/05/09 17:42 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/867-c75e270a

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク