2015/03/25 21:27
2015.03.25

ktyさんが東京での会合に自転車で馳せ参じると聞いて、すぐに応戦する旨のメッセージを送りました。
中間地点で合流というのでは面白くありませんから、僕が富士宮まで新幹線輪行して一緒に走ろうということになりました。

00本日の走行ルート
本日の走行ルート
新富士駅まで新幹線で行き、ktyさんがご自宅からクルマでお迎えに来てくださることになりました。
新富士駅からスタートするより、ご自宅のある富士宮からのスタートの方が安全で楽しいという理由からです。

お言葉に甘えて駅までお迎えに来ていただき、サイクリングウエアといういでたちでご自宅に伺ってご家族に紹介していただきました。
明るくて優しそうな奥さま、小学校2年生のご長男、そして幼稚園の年長さんのお嬢さんです。
初対面であるにもかかわらず、奥様はじめ二人のお子さんも親しみを込めて歓待してくださいました。特に二人のお子さんは人が大好き!大歓迎してくれました。
もう少しで上がり込むところでしたが、先の予定もあるのでそこは堪えて、三人にお見送りいただいて東京目指して出発しました。

ktyさんのFBやブログでかねてより拝見して羨ましく思っていた、静岡県側の富士山を眺めながらのなんとも贅沢なサイクリングです。

01富士山
富士宮市内からの富士山
ご自宅を出てしばらく走ればこんな景色が迎えてくれます。
八十八夜の頃になれば、美しい茶畑と富士山のコラボも楽しめます。

02前を牽く買手屋さん
今回も前を牽いてくれたktyさん
伊豆半島の時同様、今回もktyさんに牽いていただきました。

03富士山
走りながらも撮らずにいられない見事な富士山!
この後、富士山のおすすめビューポイントを案内してくださるのはわかっていましたが、走りながらもシャッターを切らずにはいられません。

04ミルクランド
ミルクランド全景
ミルクランドといえば、昔サイクリング仲間と山中湖をスタートしてここで折り返したサイクリングの記憶があります。
その時と比べれば、今回のロングライドには超をつけても間に合わず、超々をつけても足りません。w

05人穴小学校
人穴小学校
kty家の奥様の母校だというお話でした。こじんまりとした素敵な小学校ですが、特に右手の建物に惹かれます。

06カフェナチュレ
カフェ・ナチュレ
人穴小学校のすぐそばにあるアーリーアメリカン調の建物は、ハリウッドデビューも果たして活躍した工藤夕貴さんのお店だそうです。
ktyさんは二度訪れたことがあるそうですが、彼女はとても気さくな女性だったそうです。

07富士山と買手屋さん
正面に巨大な富士山
前方の木立を通りすぎる時に正面に迫る富士山は巨大です。もうずいぶん昔になりますが、時計回りに富士山周遊をした時に見たその巨大さが印象に残っています。
富士山て不思議な山ですね。眺める場所や、一緒に目に入るものによってその大きさが著しく変わります。

08富士山と買手屋さん
最高のサイクリング道路
県道71号線は実に素晴らしい道です。ドライブも楽しいでしょうが、サイクリングには最高です。
適度なアップダウン(といってもそう見えるだけで、実は6%もの勾配も…)と息を呑むほどに美しい富士山も印象的です。
「知らないうちに標高を上げている」と仰るktyさんの言葉通りに、上る辛さは全く感じさせません。

09富士山
大沢崩れの富士山
大沢崩れで富士山が二つに分断されてしまうのが、あながち冗談ごとではないそうです。
北側から見ることがほとんどだった富士山ですが、見る方角が変わる毎に趣の異なる姿と雰囲気を見せてくれることを知りました。

10身延方面の山と買手屋さん
絶景を見ながら…
毎日のように富士山を見るktyさんも、目線はやはり富士山へ…
そんなktyさんと2日間ご一緒して、彼にとって富士山は麓で生まれ育った生粋の静岡県人以上に気になる存在なのだと感じました。

11富士山
ktyさんのブログ写真で見て以来訪ねたかった場所
写真の腕がお粗末なのが残念です。実物はスケールが大きいのに、人々の暮らしと切り離せない親しみのある富士山です。

12放牧場
放牧地
朝霧高原では、放牧地と牧草地がきちんと管理されているそうです。
放牧地で水分にとんだ草を自由に食む牛にも、牧草地で刈り取って乾燥させた飼料(サイレージ)も必要なのだそうです。
前者だけだと、水分過剰な牛乳になってしまうのだそうです。
伊豆の時もそうでしたが、走りながらいろいろと教えていただきました。(記憶力が衰えているのでほんの一部しか覚えていませんが…)

13富士山
ここもktyさんおすすめのスポット
こんな光景が次々と現れて、その一つ一つを眺めていたら先へ進むことができません。

14身延方面の山と買手屋さん
雄弁な笑顔! 本当に気持ちがよくて愉しいサイクリング
ついつい笑顔がこぼれてしまうほどに素晴らしいサイクリングでした。
ロケーションの素晴らしさもさることながら、恵まれた晴天はこの2日間のために用意されたのではないかと思うほどでした。

15富士山
ここも…
母なる富士山と名付けたいこの姿が好きです。険しさは鳴りを潜め、慈愛に満ちた優しい富士山です。

17本栖湖と南アルプス
本栖湖と南アルプス …ここも
ここは本栖湖が眼下に見られるとても素晴らしいビューポイントです。
本栖湖の湖面がこんな風に深い青に彩られるのは、澄んだ空気とこの晴れ渡った青空のお蔭だそうです。
しかもその向こうには雪を頂いた南アルプス、何とも贅沢な景色です。

18いい笑顔の買手屋さん
嬉しそう! 何があったんだっけ?
ここからは樹海を抜けて鳴沢に出ます。
樹海には高原とは違った別の良さがあり、新緑の頃にはさぞ気持ちのいい道に違いないと想像できます。

河口湖まで走り、さすがにお腹が空いてきました。
この地域の名物の「吉田うどん」をいただくことにしました。
お昼にはやや早いですが、お腹はすでにお昼時を迎えています。
19吉田うどん
吉田うどん 1
寸でのところで箸をつけるところでしたが…目の前のktyさんはその前にパチリと。

20吉田うどん
吉田うどん 2
彼も時々空腹に負けて、うっかり箸をつけることがあるそうですが…

21河口湖
河口湖
もうずいぶん昔になりますが、河口湖の水位が異常に下がったことがありました。その時には写真にある浮御堂は完全に地続きになってしまったそうです。

22富士山駅
富士山駅:乗らないけど記念写真
富士吉田駅から富士山駅へと改名されて数年経つようですが、まだ立ち寄って写真を撮ったことがないというktyさんと互いに記念写真を撮り合いました。

23富士山は氷の山
富士山の北側斜面は氷の山
北側から見る富士山はすっかり凍てついて氷の山です。強い日差しを受けててかてかと輝いています。

24山中湖の買手屋さん
山中湖のktyさん 1
山中湖側からの富士山を目にすることがあまり多くないktyさんは、しきりにシャッターを切っていました。

26山中湖の買手屋さん
山中湖のktyさん 2
前回山中湖を訪れた時に見えた南アルプス?ですが、今日は雲のかなたです。
ついいい笑顔がついこぼれてしまう、気持ちがいい山中湖畔です。

25山中湖の富士山
山中湖の富士山
山中湖に別れを告げて、ここからは本気の走りになります。そんなはずではなかったのですが…w

山伏峠に上り、かなりの速度で道志へのDHで前を行くktyさんでした。

道志みちはかつて「なるしまのクラブラン」でよく走ったとのこと。
懐かしさもあり、往時の走りが復活したかのような力強い見事なライディングでした。

上り返しのカーブなどで見せるダンシングはいつものktyさんではありません。
ここまでこんなに脚を使ってきたのに、"なぜここで! どうしたの?"と思いながら、僕もいっぱいいっぱいになって後を追いました。

ここで走りながら何を考えていたかというと、"吉田うどんを大盛りにしなかったのは失敗だったな…。もう一食食べるつもりの二人だったけど、食べられるときに食べておくものだ"ということでした。
記憶が確かなら、このまま府中関戸橋まで走り切ったと思います。

27本日のゴール関戸橋
ゴールの府中関戸橋
ロングランの最後にちょっと休憩して互いに労をねぎらい、翌日の作戦会議をするつもりでした。
しかし時刻も押しており、なんとなく止まりそびれてゴールまで来てしまいました。

パンクも故障もなく、もちろん転倒や事故もなく無事到着できたことに感謝です。

翌日の集合時刻と場所を約束し、お互いの健闘を讃えあって(大袈裟w)一日目のロングライドを終えました。


Twitter : @pa_hoehoe


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/835-38b37cbe

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク