2015/03/10 17:26
自転車友だちのバスさんとふとしたきっかけで向田邦子が話題に上りました。
思いがけず彼も向田文学のファンでした。40代前半の方がファンであることはやや意外でしたが…

阿修羅のごとく
阿修羅のごとく
お粗末な頭脳のせいで、彼女の小説やエッセイの細かいエピソードはほとんど忘れているのですが、当時は一作読んだら他の本を手に取ることはできませんでした。
もちろん全てではないですが、小説や脚本はもとより、お料理エッセイに至るまで手当たり次第に読んだ記憶があります。
向田邦子の世界はちらっと覗くことはできません。完全に取り込まれます。
(まさにファン心理というやつですね)

TV全般が好きになれないのですが、向田邦子作のTVドラマに限っては「七人の孫」から始まって「阿修羅のごとく」「蛇蝎のごとく」など放送日を楽しみに視聴したものです。
中には相当に騒々しいドラマ展開だったりするものもありますが(いや、むしろ多いというべきですが)、決して下品になりません。

今日はバスさんからお借りした「阿修羅のごとく 全集」のDVDを鑑賞しました。
再放送も見たように思うので、今日が二度目ではありませんが、久しぶりに向田邦子の脚本のこまやかさを楽しませていただきました。
「阿修羅のごとく 全集 パートⅡ」は次の雨の日の楽しみに取っておきます。

こういう上質なドラマが消えてしまった現在のTV界、なんとかならないものでしょうか。

バスさんお貸しいただいてありがとうございました。
もうしばらくお借りしたままになりますが、よろしくお願いいたします。


Twitter : @pa_hoehoe


スポンサーサイト

2 Comments

  • バス 

  • 確かに僕の年齢で向田邦子ファンと言うのはちょっと変かもしれませんね・・・
    その出会いは、以前お話した事があったかもしれませんが爆笑問題の太田光がテレビで向田邦子について熱く語る番組を見てからでした。
    その後、一冊一冊と読み進みほぼ全ての作品を読んだと思います。
    そしてその後はテレビドラマの方も探し初めてこちらもほとんどの作品を観ました。
    ドタバタ系では「寺内貫太郎一家」などもDVDを買い揃えてしまいましたが、Shimaさんが仰る通り決して下品にはならず、どこか考えさせられる作品だったりします。
    でもやはりドラマでは「阿修羅のごとく」が一番好きです。
    4姉妹がそれぞれとても魅力的で惹きこまれます。
  • 2015/03/10 17:51 | URL   [ 編集 ]
  • shimagnolo 

  • バスさん、ありがとうございます。
    向田文学のファンはとても多く、しかも広いジャンルに及んでいますね。彼女を熱く語る人の多くは確かにバスさんよりも年齢的に上の方が多いようです。
    向田邦子は、市井に生き、家族として生きる普通の人々の姿を通して、その時代の空気を見事なまでに描いて足りないところがありません。
    それは彼女の天性ともいえる気づきや、鋭く細やかな観察眼があっての結果ですね。
    向田邦子は、そのほとんどの作品やエッセイを読んだ数少ない作家の一人です。
    「阿修羅のごとく」は最高傑作かもしれませんね。僕もそれは同感です。
    キャストがはまりすぎて、もはや絵空事とは思えない迫真の作品です。
  • 2015/03/10 18:58 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/828-a96f9e4f

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク