2015/03/07 12:45
大難が小難で済んだ自転車同士の事故でしたが、保険会社の示談で解決されるまで乗れないのは残念で仕方がありませんでした。
他の自転車で凌いできましたが、事故に遭ったのが一番新しいCOLNAGO C60だったので1ヶ月も触れられないとやはり寂しいですね。

3月3日のことです。
電話で保険会社の担当に「自転車を乗れるようにしてはダメでしょうか」とお尋ねしたら…
自転車の被害状況を写真に撮って送ってあるので直してもかまわないとの返事をいただきました。
保険会社への電話を切ると同時に、イトイサイクルにその旨お伝えしました。

すると2時間もしないうちに、「できましたよ!」と連絡がきました。示談交渉中の傷ついたすべての部品を交換したわけではありませんが早すぎです!
翌日が定休日だったので、他の仕事に優先して直してくださったのだろうと推察しました。
「じゃぁ近いうちに受け取りに参ります」と答えたものの、それではイトイサイクルの親切な想いを受け止めたことにはなりません。

すぐにジャージとタイツに着替えて電車で…と思いましたが、クルマで受取に行くことにしました。

お店に着くと、先ほど電話した時より前からいたはずのY.I.くんがまだお店に居座って油を売っています。
ま、現役の大学生ですからね、いいのですが…
アルバイトが休みとは言え、お気に入りのイトイサイクルとは言え、まるで従業員ですね。(笑)
たまには片付けや掃除をやらせましょうか?(笑)

僕も自転車を引き取ってすぐに帰ることはなく、しばらく無駄話をしないと店を出られません。
これはいつものことですが、時には仕事の手を休めて相手をしてくれるので営業上迷惑ですね。
申し訳ございません…口先だけで改まりませんが。w

家に帰って一旦ラックにかけた自転車を下ろして、交換したエンドを見ると…
RDタッチアップ
リアディレーラーの傷が!
あれ!?削れて下地のアルミがむき出しになっていたディレーラーがきれいにタッチアップしてあります。
応急処置でこんなことまでしてくれたのに一言もおっしゃいませんでした。
すぐにメカのUさんにLINEでお礼を伝え、お店でそれに気づかなかった自分の迂闊さを詫びました。
「簡単なリペアしかできないですみません」とさらに恐縮するような謙虚なご返事が返ってきました。
こういうサービスをさりげなく、しかも無言でしてくれるのはなんとも感激です。

その日はせっかく自転車のフレーム用のワックスを買ってきたので、クリーニングに取り掛かることにしました。
04クリーナーとワックス
バリアスコートとシェイクワックス
これまではバリアスコートだけでしたが、Uさんがさらにその上からシェークワックスをかけると濡れたような艶になるとおっしゃっていたので、早速それを実感しようというわけです。
ワックスを塗って乾燥してから拭き上げると塗装の美しさが一層際立ちます。

さてこれで終わった!…と思ってハンドル周りを見るとどこか違います。

3Tの旧モデルのカーボンハンドルは裏側の一部にアウターワイヤーを通すためのトンネルが作ってありません。
従ってハンドルの裏に這わせたアウターワイヤーが垂れ下がらないようにタイラップで止めたり、裏側を粘着テープで止めたりの処置が必要でした。
人によっては通常のハンドルと同様にステム近くまでテープを巻いて押さえていますが、オリジナルのデザインからすると正規の巻き方ではありませんね?

で、何がいつもと違うのかと思ったら、熱で収縮するテープでアウターワイヤーが留めてあります。
01ハンドル裏
熱収縮テープでアウターワイヤーをフィックス:裏

02ハンドル表
熱収縮テープでアウターワイヤーをフィックス:表
これはお店のお客さんのTさんのアイディアだったのですが、それを僕のバイクにも施してくれました。

03バーテープ巻き直し
巻き直してくれたバーテープ
この処置をするためにはバーテープをはがして巻き直さなければなりません。
もう一度UさんにLINEでお礼と自分のぼんやりさ加減のお詫びです。
「うまくバーテープが剥がせたのでやってみました」と、これもこともなげな返事…

ありがたいですね。
これまでもUさんには何度危ないところを助けていただいたかわかりません。
今回事故に遭ってその足で自転車を預けに行った時も、何も頼まないのに部長が修理の見積書を作って持たせてくれました。

自転車のメカの管理は、バイクや車以上に乗る人の安全に密接にかかわります。
「他のお店に浮気はできないよね」と言う友だちの言葉がまさに真実を言い当てています。

幸い僕の自転車友だちの多くは、懇意にしている親切な自転車屋さんとのお付き合いを大事にしています。
中には県外に引っ越した後も最初の自転車屋さんとの旧交を大事にしている方もいます。
これからも行きつけのお店を大事にしていきたいと思ったことでした。


Twitter : @pa_hoehoe



スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/826-ab586873

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク