2015/02/28 08:47
2015.02.28

なんだか伊豆半島づいています。昨年末から今年にかけてすでに2回訪れました。
その合間に伊豆大島も…こちらは東京都ですね。

00本日の走行ルート
本日の走行ルート
来週早々に河津桜見物を兼ねて伊豆半島サイクリングにお誘いただいているので、今回はそのコースと全く被らないコースで走ってきました。

01新横浜こだま
新横浜こだま
新横浜発のこだまに乗り、熱海で伊東線に乗り換えます。

02こだま
こだま
朝の新横浜に次々と発着する新幹線はどれも多くの乗客で込んでいます。
自由席で余裕と思っていたこだまでさえ、満席ではないものの東北や北陸新幹線に比べると大変な乗車率です。
上越新幹線に至っては、作る必要があったのだろうか…と思うほど空いていることが多いですね。

03切符
切符
熱海から乗った電車はJR線でしたが、そのまま伊豆急下田まで運んでくれます。
相互乗り入れのお蔭でしょうか。最近は乗り換えが減ってどこへ行くにも便利になりました。

04JR伊東線
JR伊東線
しかしいくらローカル線とは言え、窓ガラスに汚れがついていて写真を撮るのも困難なほどです。
新幹線とはすごい違いです。

05伊豆急下田駅
伊豆急下田駅
伊豆急下田に着いて一歩電車から出たら、すごい風です。ビューというより、ゴーといううなりをあげてます。
駅の構内はもとより、出入り口付近から見えるソテツもゆさゆさと揺れています。
駅員が「ドアがあおられて危ないから、あけっぱにしておこうか」といって、煽り止めで止めて開いたままにしています。
いや、寒いんだけど…
「開けっ放し」を「あけっぱ」というのを耳にする最近ですが、やがてこれがみんなに認知されて普通の日本語になるのでしょうか。

風の寒さに震えながら自転車を組み立てて走り出しました。

風は向かい風か横殴りなので、進まないか倒されそうか、どちらにしても大変危険です。
しかしここからルートを変えたところで、風は伊豆半島全体で吹き荒れているのでしょうから意味がありません。
引き返すとか中止とかの選択肢はありませんから、とりあえず進みます。
本当にゆっくり…

06川津桜と菜の花
河津桜と菜の花 1
市街地を通り抜けるとあたりはすっかり春の装いです。風も少し穏やかになりました。
この地域のこの季節ならではの風物ですが、菜の花畑の向こうに数本の河津桜がピンクの色どりを添えています。

この速度で走れば最後に大きなつけが回ってくるのは必定です。でも立ち寄らずにいられない性分です。

07川津桜と菜の花
河津桜と菜の花 2
数組の家族連れや老人仲間がおもいおもいに散策したり写真を撮ったり、穏やかな朝です。

09さくらの名所
春は桜の名所?
すぐ近くには両岸に桜並木のある川も流れています。
春の桜の時期にはさぞ見事でしょう。遠くから見たところ、これは河津桜ではなくソメイヨシノのようでした。

10石廊崎
石廊崎 1
左手に海が見えてくると、先ほどまで感じられなかった風が猛烈に吹き付けてきます。
クルマに追い越される時には路肩に止まってやり過ごさなければなりません。
突風のように吹いてくる風で、いつよろめいて車と衝突するかわかりません。

11石廊崎
石廊崎 2
下田から石廊崎に向かう道はところどころに登りが現れるのですが、向かい風で速度が上がらず倒れそうになります。
そんな時も容赦なく横風のお見舞いもあります。そうなったら横転するほかありません。

12石廊崎
石廊崎 3
見晴らしがいいところほど風が強いわけで、自転車を降りて景色を楽しみながら引いて歩くことにしました。
そんな理由で、海の写真はずいぶんたくさん撮りました。どれもいまいちなのはセンスがないので仕方ありません。

13石廊崎
石廊崎 4
石廊崎の湾内から出る観光船も強風のために運航中止となっています。
地面に寝かせた自転車が動くほどの強風が背後から吹いてきます。
自転車が海にさらわれてしまう!w

14石廊崎
石廊崎 5
吹き付ける風で海面に風の波が描かれています。それほど強い風です。

15石廊崎
石廊崎 6
一見穏やかそうな光景ですが、海沿いは激しい風が吹き募っています。

16石廊崎
石廊崎 7
ここは眺望がすばらしく、マイカーが次々とやってきます。

17石廊崎
石廊崎 8

18石廊崎
石廊崎 9
愉しいはずの海岸沿いのルートですが、自転車に乗れません。たとえ乗っても向かい風で速度は全く出ません。
しかもダンシングはNGです。重心が上がるのですぐにも転倒しそうになります。
向かい風で急勾配! ダンシングもダメ! やっぱり歩くしかないですね。

19石廊崎
石廊崎 10

20河津桜
山道の河津桜 1
海を離れて山間部に入ると風はずいぶん穏やかになり、自転車に乗って走ることができます。
ここで失った時間を取り戻さなければいけないのですが、止まって桜並木を楽しみます。

21アロエと河津桜
山道の河津桜 2
菜の花と河津桜はいかにも春らしい取り合わせですが、アロエと河津桜…微妙ですね。

22竹の道
竹の道
こんな素敵な竹の道まで現れて、想定外の遅いペースですが…
これではまともに走り切れるはずもありません。
しかも伊豆半島の西側には途中で乗れる駅もありません。


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

2 Comments

  • doroke 

  • 春の伊豆は、風が強くて有名だから大変だったでしょう。お疲れ様です。
    おっと、まだ春というには早いですね・・・・
    でも、海鮮たべたのでしょうか? やっぱ伊豆は海鮮でしょ!!
  • 2015/03/01 01:25 | URL 
  • shimagnolo 

  • dorokeさん
    春の伊豆って強風で有名なんですか? そんなことも知らず、天気予報も雨が降るか降らぬかしかチェックせずに出かけました。
    全コース上りみたいな感覚でしたし、獲得標高も3000mを超えてました。無計画を恥じてます…

    伊豆といったら海鮮ですよね!…でも食べませんでした。ひたすら暖かいものが欲しくて、せっかくの伊豆なのに全く食指が動かないありさまでした。これもきっと強風のせいに違いありません。
  • 2015/03/01 07:20 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/821-a0bee11d

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク