2015/02/26 13:09
映像や音声の記録方式が品質においても記録容量においても飛躍的に進化するのはうれしいですが…

昔録り溜めたビデオテープや各種CDの処分、どうしているのでしょう。
アナログをデジタル変換してデータ保存という手もありますが…
映像について言えばモニターのクオリティーが上がりすぎて(4Kまで登場!)、デジタル変換した過去の記録映像は事実上鑑賞に堪えません。

さらには完全デジタル化以後も次々と新しい規格が生まれ、市場から姿を消していった規格やメディア、あるいは消えつつあるものは数知れません。
その代表的なデジタル記録媒体としては、DVテープ、MD、LD、各種CDなどでしょうか。

今やDVDやBDでさえ不要になりつつあります。データそのものをクラウドやHDに保存すれば、検索していつでもどこでも目当てのものを容易に呼び出すことができますからね。
データ量が膨大になればなるほど保管の問題や選び出すことが困難になりますから、この動きは加速する一方でしょう。

で、我が家の問題です。
当時衛星放送が始まり、バブルも後押しをし、オペラやクラシックの演奏会に関していえば、各国の一流のオーケストラの来日や有名歌劇場の引っ越し公演などが引きも切らず行われました。
TV界でも(おそらく)多額の放映権料支払って、コンサートやオペラの番組がそれこそ毎日のように流されました。
そのいちいちを海外のホールや歌劇場で鑑賞することができないファンはせっせと録画したのではないでしょうか。
少なくとも僕の周囲にはその手の人間がいましたし、中でも僕は相当熱心な部類でした。
モノマニア的な性格も災いしました。何しろ当時はインドア派でしたからね。
VTR.jpg

高額なS-VHS規格の180分テープで録画し、ワープロでタイトルを作ったライブラリーは膨大なものでした。
しかしそれらを見終わらないうちに記録媒体はDVDに取って代わられました。
止めておけばいいものを、同じことをDVDで再度挑戦しました。
ところが我が家のデジタル化はやや早すぎたため、DVDレコーダーのチューナーは4:3の映像記録しかできず、その後世の中は16:9のワイド画面録画となりました。
しかも当時のクオリティーはいまいち、現在のBRレコーダーで見るのは相当我慢が必要です。したがってこれも実質的に見なくなりました。

それらはゴミの山と化し、本箱や音楽CDや必要なDVDの場所を圧迫しています。
で、とりあえずビデオテープを処分することにしました。

横浜市の資源循環局に問い合わせて、ビデオテープはゴミ分別のどれに相当するのか教えていただきました。
横浜市では燃えるゴミ(生ごみや紙ごみなど)と一緒に出していいとのことでした。

これはほんの一部です。この数倍はありましたが、あと1回のゴミ出しで終了します。
ゴミ袋

次はCDやDVDの処分です。
手間の問題もありますが、資源を無駄遣いし、それを燃やすことで環境汚染まで…と思うと罪悪感にさいなまれます。


Twitter : @pa_hoehoe


スポンサーサイト

2 Comments

  • doroke 

  • これも、時代の流れです。不用品の処分は、しょうがないですよ。
    規格の争いで、マイナーになった物(ベータテープ、ウィンドウズVISTA)なんかは、もっともったいないですよ。良い物が残るとは限りませんからねえ・・・
    なるべく、みんなが使うようになってから、デジタル物は買うようにしています。
  • 2015/02/26 15:52 | URL 
  • shimagnolo 

  • ドロケさんて、そんなに慎重な人だったんですか。自転車に乗っているときとは別人ですねぇ。(^^)
    それは冗談として…
    確かにここ数十年の規格の淘汰状況をおさらいしてみると、必ずしも正義が勝ったわけではないというのはその通りですね。
    その時代の規格に関して流れを引き寄せるのに成功するのは、経済的にも政治的にも影響力を持っている側です。
    その意味では消費者には推移の行方をじっくり見定める賢さが必要ですね。

    しかし、今回の僕の痛手はデジタル媒体の進化が早すぎたということだと思います。その時代のメジャーストリームに乗ってはいたのですが、デジタル時代はそれが長続きしないということに尽きます。
  • 2015/02/26 17:50 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/820-ea064215

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク