2015/02/09 12:36
皆さんにご心配いただいたので整形外科に行ってきましたが、無事でした。
整形外科

自転車事故以来右膝が痛むのがちょっと気になっていましたが、医者に行くほどのことではありませんでした。
しかし明日は火曜走行会も控えていることだし、多少は無理をしても大丈夫なのかどうかを確認したかったのです。

レントゲンを撮り、脚の可動域を調べるなど触診を受けました。
最後にお医者さんから「鍛えてますね、立派な脚です。大腿四頭筋が発達していますが自転車ですか」と褒められて帰ってきました。
そして「薬はいらないですよね」と軽く帰されました。良心的な医者ですね。

ただ事故に因る診療なので医療費は一旦全額自己負担となり、返還してもらうためにはまた書類が必要のようです。
この点だけとると「医者に行かなきゃよかった!」…ですが、罰当たり発言ですね。

お医者さんから特に問題がないと言われればいつも通り走れるわけですからね、やっぱり行ってよかったです。


Twitter : @pa_hoehoe


スポンサーサイト

4 Comments

  • レッドシューズ yoshi 

  • 良く後から痛くなると聞きますので
    診てもらうのが一番。
    安心して走れますね〜!
    良かったです(^o^)/
  • 2015/02/09 13:05 | URL 
  • shimagnolo 

  • レッドシューズ yoshiさん
    ありがとうございます。皆さんからこんなにご心配いただいて本当にありがたいことです。
    これを教訓に、できるだけ事故を防ぐ努力をして皆さんのお気持ちに応えなければと思います。
    yashiさんはじめRedShoesの皆さんも、くれぐれも怪我や事故にはご用心ください。
  • 2015/02/09 13:18 | URL   [ 編集 ]
  • Tetsuya. K 

  • shimaさんこんにちは(^^)/

    何事もなくてよかったですね!
    自己判断ではなく、やはり専門家に診てもらうと安心します。
    あとあとのトラブル防止にもなりますし...。
    これでまた心置きなく走れますね。

    私も少しずつ快方に向かってます。暖かくなる頃には走れるようになるかな?
    そろそろリハビリ始められるくらいにはなりました。
    来月にはお茶くらいは出れるかもです...。
    今から楽しみにしています(^^♪
  • 2015/02/09 17:32 | URL 
  • shimagnolo 

  • Tetsuya. Kさん こんばんは
    ありがとうございます。おかげで身体の無事も確認できました。
    おっしゃるとおりですね。事故後は相手方とのトラブルを避ける意味でも、いい加減な対応はいけないですね。
    本当にこれでまた羽が生えたように遊べます。w

    Tetsuya. Kさんの復帰が近づいているのはうれしいですね。その時を心から楽しみにしています。
    リハビリの時には僕がそちら方面へ参ります。
    お茶なら電車でもいいですよ。退屈しているようだったらいつでもご一緒させていただきますので、ご連絡くださいね。
  • 2015/02/09 20:12 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/808-63493314

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク