fc2ブログ
2015/02/03 19:11
まだ故障者入りリストから抜けられない方が多くて、今日の火曜走行会もdorokeさんと僕の二人です。
僕が相手だと思う存分走れないのでちょっと悪いな~と思いつつも、朝5時過ぎには家を出て待ち合わせ場所へ急ぎます。
2015-02-03.jpg
本日の走行ルート
冬至はとうに過ぎたのに、5時はまだ真っ暗です。

01夜明け
湘南の夜明け 1
小動からR134へ出ると、葉山や逗子の小高い山からまさに朝日が昇るところでした。

02夜明け
湘南の夜明け 2
真冬の早朝はつらいけれど、きりっとした大気の中を上ってくる朝日を見ると気持ちが引き締まります。

鎌倉の滑川で待ち合わせて補給をし、湘南国際村のヒルクライムに続いて大楠山を越えて横須賀の汐入を目指しました。
そのあとR16で三浦半島を北上しましたが、アルペンジローでランチをするには時刻が早すぎるので、横浜は通過。
東京まで走ってピッツアか焼肉のランチをしようということに!

10:30ころに神奈川区の青木橋に差し掛かりました。ここは第一京浜と第二京浜の分岐点のようなところで、双方からのクルマでいつも渋滞しています。
ここの信号は二段階右折がしにくい信号なので、自転車は十中八九歩道の青信号に従って交差点を渡っているように思います。
それが安全だと思われるので、僕もたいていはそうしています。

今日は横浜駅東口方面から青木橋に向かいましたが、正面の信号が赤なので止まりました。
横断歩道が青信号になったので、それに従って一旦横断歩道で反対側に渡りました。
そしてさらに横断歩道を渡って第二京浜の左側車線を走って東京に向かうつもりでした。

dorokeさんの後をついて青信号で横断歩道を渡ろうとしたその時です。
右側から車道をママチャリの若い男性二人がノーブレーキで(たぶん)、かなりのスピードで横断歩道に飛び込んできました。
あっという間もなく、そのうちの1台がリアディレーラーと右膝を直撃しました。
僕はひとたまりもなく弾き飛ばされて右に90度回転して、左側クリートが外れないまま自転車ごと右側に横転しました。
急いで引き返してきたdorokeさんが「大丈夫ですか」と助け起こしてくれました。幸いに特にひどく傷むところも出血しているところもありません。
しかし被害者が自転車に乗った僕ではなく、小さな子供や妊婦だったら悲劇になるところでした。

そのあとdorokeさんが警察を呼んでくれて、双方が事情聴取を受けました。
とりあえず物損事故ということにしましたが、怪我の状況次第では改めて人身事故として現場検証をするということになりました。

03RD.jpg
動かないリアディレーラー 1

04RD.jpg
衝撃で削れたリアディレーラー 2

事の顛末はこんなところですが、リアディレーラーが壊れて動かないので東神奈川から輪行で帰宅するほかありません。

事故のお蔭で昼ご飯のことをすっかり忘れていましたが、東京でのランチは無理なので直近にあった「餃子の王将」でたらふく食べた…のはdorokeさんだけで、僕はごく普通にチャーハンと餃子のセットランチです。
dorokeさんはよく食べますね。チャーシューメンだったかな、そのほかに餃子三皿です。一皿に乗っている数も大きさもなかなかでしたからね。
ランチのあとも心配してついてくるdorokeさんでしたが、東神奈川から予定通り東京へ向かってもらい、僕はイトイサイクルに直行することにしました。

05ゴミ袋輪行
ゴミ袋輪行:ルール違反ですみません
横浜線小田急と乗り継いでイトイサイクルへ行き、自転車の被害状況をつぶさに調べていただき、被害項目の見積書を作成していただきました。
忙しいのに手間を取らせてすみませんでした。

帰宅後は保険会社と相手方に電話連絡をし、相手の若者のお母さんからも恐縮しきった電話をいただきました。
自分が悪いとはいえ、相手の子は小指を骨折して全治3か月だとか。
ママチャリの頑丈さとは裏腹に、さすがの若者も小指は頑丈ではありませんでした。体は大きくて頑丈そうでしたけどね。

相手が赤信号でこちらが青信号とは言え、楽しいはずの火曜ライドを中途半端で終えることになりました。
帰宅後のメールや電話でも心配してくれたdorokeさんでしたが、壊れたのは自転車だけで本人はいたって元気ですから大丈夫ですよ。
帰りに大好きなヤルクコーヒーで珈琲ブレイクを楽しみ、期せずして僕の好みと同じエチオピアナチュラルにすっかりはまり、楽しいひと時が過ごせたようでよかったですね。

今日は特に大きな怪我もなく、まさに不幸中の幸いでしたが、事故や転倒の危険は至る所にあります。
皆さんもくれぐれもお気を付けください。


Twitter : @pa_hoehoe


スポンサーサイト



24 Comments

  • りゅう 

  • お怪我が無かったようで一安心ですね。不幸中の幸いと言うのでしょうか。

    自転車に乗り始めてから特に思うことですが、若者のマナーの悪さに閉口してしまいます。いくらこちらが気を付けていても、相手は無灯火、ながら運転、右側通行は当たり前なのですから防ぎようが無いこともありますしね。
    それにしても、相手も小指骨折とは・・・。痛い思いをして反省してくれたらら良いですね。

    これからの自転車ライフのためにも、くれぐれもご自愛ください。
  • 2015/02/03 21:59 | URL 
  • SING 

  • 身体だけではなく自転車の怪我も心が痛いですよね。

    同じことを繰り返さないように、相手の若者にしっかりお灸をすえてあげてください。

    自転車の金額を知ったらビックリするでしょうね。

    大きな怪我が無くて何よりです。
  • 2015/02/03 22:28 | URL   [ 編集 ]
  • shimagnolo 

  • りゅうさん、ありがとうございます。僕は物損だけで済みましたから、今回は運がよかったというべきかもしれませんね。
    でもマナーのよくない方、安全に配慮が足りない方はどの世代にもいるように思います。
    町の警察官でさえ、自転車通行に関しては呆れてしまうことがしばしばです。
    白杖のかた、幼い子供たち、妊婦さんなどの安全が歩道上や横断歩道でも揺らいでいる国です。何とかしないといけないですね。
  • 2015/02/03 22:38 | URL   [ 編集 ]
  • snufkin 

  • 大した怪我もなくて良かったです。楽しいライドも事故で台無しになってしまうので、加害者はもちろん被害者にもならないように気をつけたいですよね。

    改めて自分も気をつけたいと思いました。
  • 2015/02/03 22:58 | URL 
  • shimagnolo 

  • snufkinさん、ありがとうございます。
    僕などとは比較ならない危険に身を晒していらっしゃるsnufkinさんなので気にかけておりましたが、誰もが(僕でさえも)危険と背中合わせなのですね。しかもロードでは、身を守るものは唯一ヘルメットだけですからね。本当にお互いに気をつけたいですね。snufkinさんもくれぐれもお怪我のないようにレースを楽しんでください。
  • 2015/02/03 23:48 | URL   [ 編集 ]
  • shimagnolo 

  • SINGさん、おっしゃる通りですね。わが子同然に大事にしている自転車ですから、ちょっと悲しいですよ。
    でも痛い思い(体の方)が最小限だったので、まぁ安い授業料だと思うことにします。こちらがいくら気を付けても起こる不運は起こるのだと。
    「大難が小難に、小難が無難に」なんて言葉がありますが、相手が自転車ではなくバイクや車だったら…と思うとまさにこの言葉の通りです。
    SINGさんもくれぐれも事故や怪我には気を付けてくださいね。
    お見舞いありがとうございました。
  • 2015/02/04 00:12 | URL   [ 編集 ]
  • バス 

  • そう言う状況だったんですね。
    相手が自転車とは・・・
    でも本当に大きな怪我が無くて良かったです。
    以前の僕のケースでは注意のしようもありましたが、今回のShimaさんの様なケースでは避けようにも避けようがありませんね・・・
    体も自転車もしっかり治して又走りに連れて行ってください。
  • 2015/02/04 01:14 | URL   [ 編集 ]
  • 藤沢M 

  • Shimaさん、お身体に怪我がなかったとのこと、何よりでした。でも、こういった打ち身や打撲などは、ある程度時間が経った後に出てくることが良くありますので、経過を慎重にご覧になって、少しでも異常をかんじたら受診されることをお勧めします。
    お大事になさってください。
    私も今朝の通勤時に、会社の近くの横断歩道(三車線道路)の青信号を渡っていたら、信号無視のマウンテンバイクが突っ込んできて、70㎝くらいの見切りで避けました。
    本当に青だからと言って安心できないですね。
  • 2015/02/04 07:15 | URL   [ 編集 ]
  • N瀬 

  • shimaさん

    暴走ママチャリは怖いですね。
    特に電動アシストはスピードが出るので余計に怖いと思います。それにしてもお怪我が無くて安心いたしました。これ以上故障者リスト入りが増えるのは辛いので…
  • 2015/02/04 08:18 | URL 
  • doroke 

  • お疲れ様でした。
    なんか、本当に楽しいロングライドが一気に興ざめでしたね。。
    本当に救う楽は、怪我が大きくなかったことですね。でも慎重に体をいたわってくださいね。自転車はいつでも乗れますので。。

    何も症状が出なかったら・・・ヤルクコーヒーに顔出してくださいね。

    餃子は・・・まだ行けましたよw
  • 2015/02/04 12:00 | URL 
  • Tetsuya. K 

  • えっ... びっくりしました!

    様子では自覚されるようなお怪我はないとのこと安心しました。
    療養中の身としては本当に他人ごとではありません。

    私の場合は信号のない交差点の歩道上を直進中、後ろからきた車が追い越しざま左折して追突されました。本人曰く気づかなかったと...。

    相手は見てるだろうとか、気づいてるだろうとか、いくらこちらに過失がなくても怪我したり、命の危機にあったら元も子もありません。
    自分の安全は自分で守ると言う事を肝に銘じているこの頃です。

    転んだ衝撃は後から症状が出ることもあります。くれぐれもご自愛ください。
    少しでも異常を感じたら精密検査することをお勧めします。

    自転車を取り上げられた身としては鬱屈した日々を過ごしています"(-""-)"

    大事にならなくて本当によかったです!


  • 2015/02/04 12:36 | URL 
  • C 階段 

  • いやいや、びっくりしました。よくこちらにお邪魔しながらもなかなか
    読み逃げばかりなんですが、さすがに今回は。。。

    お怪我の方がたいしたことなさそうなことが唯一の救いですね。

    本当にこちらが注意していても路上を走る以上100%の安全というのは
    ないんですよね。

    こういう時はちゃんと体も自転車も治してまた楽しく沢山の綺麗な写真を
    載せたライドの報告を期待してます。
  • 2015/02/04 18:08 | URL   [ 編集 ]
  • shimagnolo 

  • バスさん、ご心配かけて申し訳ありませんでした。
    本当に避けられない事故はどこにでもあるんですね。まさか!の衝突でした。
    しかし擦りむき傷なのか、打った時の出血なのか、右膝にわずかに事故の痕跡らしきものがある程度です。
    C60はしばらく乗れませんけど、僕には他にも"子供"がたくさんいますのでどこにでも走りに出かけま。その節は誘ってくださいね。
  • 2015/02/04 18:51 | URL   [ 編集 ]
  • shimagnolo 

  • 藤沢Mさん、ご心配いただきありがとうございます。仰るように素人なりに経過観察は怠らぬようにいたします。
    しかし一方で、やや無鉄砲な僕としてはいい薬にしなければいけないとも思っております。

    一日経過した現時点では、今朝感じた筋肉痛も(衝突で筋肉が過剰に緊張したからでしょうね)収まって、何事もなかったかのように元気です。

    アウトローさながらの走りをする自転車乗りが少なくありませんから、Mさんもくれぐれもお気をつけください。
  • 2015/02/04 19:02 | URL   [ 編集 ]
  • shimagnolo 

  • dorokeさん、ご迷惑をおかけしました。たまにしか走れないdorokeさんの休日を台無しにしてしまいましたね。
    ただご心配いただいた怪我が大したことなくてよかったと思っています。

    僕は元気なのをいいことに、自分の体をいたわることを知りません。その意味では若い人に意見を言う立場にないですね。でも言いますけどねww

    ヤルクコーヒーには早速行ってきましたよ。
    それほど元気でなんともありませんので、ご安心ください。
  • 2015/02/04 19:07 | URL   [ 編集 ]
  • shimagnolo 

  • Tetsuya. Kさん、ご心配いただきましてありがとうございます。
    悪運が強いというか、一日たった今日は何事もなかったかのように元気です。
    前からの約束でもあったのですが、今日は一日遊んで先ほど帰宅しました。自転車ではなく電車でしたが、昨日の事故とは全く関係ありません。

    Tetsuya. Kさんは引き続いて厄落としをしたのでもう大丈夫ですよ。そう思わなければやり切れませんよね。

    一歩路上に出たら、無法者がいたり、そうでなくても人には迂闊な面はありますから、自分の身は自分で守るという考えを僕もわがことといたします。

    僕は暇人なのでご自宅の近くまで電車で出かけてまいりますから、鬱屈した日々なんて言わずに遠慮せずにお声をかけてください。
  • 2015/02/04 19:18 | URL   [ 編集 ]
  • shimagnolo 

  • C 階段さん、ご心配おかけいたしました。C 階段さんがF8で思わぬ落車をなさったときには僕もたいそう驚きましたが、自転車に乗っていると落車も事故も決して他人ごとではありませんね。

    本当にほとんど怪我らしき怪我がなかったのは日頃の行いのお蔭でしょうか。
    まさか!ですね。神妙に受け止めないといけないですね。w

    C 階段さんのF8もフレームにはほとんど損傷を受けなかったと記憶していますが、C60もフレームは無事でした。しかしあと数センチ前に衝突されたら、チェーンステイやシートステイが折れていた可能性が高いです。

    今回のことを教訓に、これまでやや不注意だった自転車ライフを慎重な方向に修正したいと思います。
  • 2015/02/04 19:26 | URL   [ 編集 ]
  • shimagnolo 

  • N瀬さん、ありがとうございます。
    本当におっしゃる通りですね。これ以上故障者を増やすわけにはまいりません。
    僕は運よく怪我らしい怪我もなく翌日から何事もなかったように過ごせていますが、N瀬さんが完全に復活するにはまだ時間がかかるのでしょうか。一日も早く戻ってきてくださいね。

    N瀬さんは僕よりず~っとお若いですが、それでも他の方から比べれば多少なりとも僕の年齢に近い方です。孫とは言いませんが、子供かそれより若い方々とのギャップを埋める役割を果たしてくださいね。
  • 2015/02/04 19:34 | URL   [ 編集 ]
  • サンキU 

  • 体が大したことなくて一安心です。
    ちょっとタイミングが違ったらまた違う結果になっていたと思うと本当に怖いですね・・・

    shimagnolo さんの自転車の修理完了の方が私の故障明けより早そうですが、また一緒に走れる日を楽しみにしてます。
  • 2015/02/04 21:07 | URL 
  • shimagnolo 

  • サンキUさん、ご心配おかけしました。
    気をつけても気をつけきれないことがありますね。自転車はダメージを受けましたが、体が全き結果でよかったと感謝しなければいけないですね。
    サンキUさんも一日も早く復帰して、あのめげない明るさで火曜走行会を盛り上げてください。ご一緒できるのを心から楽しみにしていますよ。
  • 2015/02/04 22:52 | URL   [ 編集 ]
  • シルキー 

  • おやおや、そんな事になっていたとは
    お体のほうは大事は無さそうで良かったです

    道路交通の中の一員として楽しむ趣味だけに、事故と隣り合わせという現実に辛いものがあります
    私も、今後とも気を付けたいと思います

  • 2015/02/04 23:01 | URL 
  • shimagnolo 

  • シルキーさん、ご無沙汰いたしております。
    ご心配いただきありがとうございます。
    最近復活したシルキーさんのブログを楽しみに読ませていただいてます。読むものを震撼させるようなw凄まじいナイトランの記事もよみがえるのでしょうか。(笑)
    仰るように一歩表に出ればどこにでも危険は潜んでいます。頭以外は体を守るものを身に着けないロード乗りとしては、注意してもしすぎることはありませんね。
  • 2015/02/05 00:17 | URL   [ 編集 ]
  • sum 

  • 愛車はダメージがおありのようですが、お体の方はご無事とのことで何よりです。
    でも、後日痛みが出てくるケースも良くありますので、ご自愛くださいませ。

    自転車は楽しい乗り物ですが、公道を走る乗り物である以上、事故の危険性とはいつも隣あわせですね。
    私も改めて安全に気を配り走らねばと、再認識いたしました。
    お大事にしてください。
  • 2015/02/05 01:07 | URL 
  • shimagnolo 

  • sumさん、ご心配いただきありがとうございます。運よく身体の方はほとんどダメージがなく、翌日から普通に暮らせています。なんとかこのまま特別な症状が出ないことを祈っております。

    仰るように自転車は楽しくもあり健康にもいいですが、一歩外へ出たら気を引き締めて愉しまなければいけないですね。

    これからシクロクロス(多分)を手に入れてあのすばらしい雪の道を走らなければいけませんからね、故障しているわけにはまいりません。w
  • 2015/02/05 10:16 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/801-a8846179

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

モーツァルトな走りで

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク