2015/01/29 18:15
今日はいかにも真冬の冷え冷えとした一日でした。
こんな日は蟄居して本を読んだり音楽を聞いたりして過ごすのが身の程というものです。

でも、ツール・ド・八ヶ岳を控えて(まだ全然先だよw)脚を衰えさせてはならないし、ちょっと食べたいランチもあったので鎌倉まで走りました。
00本日の走行ルート
本日の走行ルート
身近な方たちがずいぶん前から話題にしている「Woof Curry」です。
まず名前の由来と意味が気になります。
本日は初対面だったのでお尋ねしそびれましたが、僕は勝手に「イヌ系」の意味に理解してます。(笑)
唸りそうなオーナーなのかとやや恐る恐る扉をあけましたが、いつか友だちつながりのFBで拝見した通りの人懐こそうで愛嬌のあるお顔のおじさんでした。
僕がおじさんと呼ぶのは語弊がありますね。多分僕の息子と同じくらいの方です。
誠にスミマセン…

その前に…
ネットでWoof Curryのお店の写真を拝見した時、なぜか "déjà-vu" 感がありました。
なのに今日はお店の前を通りすぎて、長谷観音に突き当たってしまいました。
これは違うぞとスマホを取り出し、ナビに150m戻るように教えられてお店に到着したのでした。

自転車を繋ぐ場所がなかったら素通りするつもりでしたが、店の角にお誂え向きの電信柱がありました。
「こんにちは」と中に入ると、オーナーと若い女性が出迎えてくれました。
01woof curry
woof Curry 1F
「よかったら2階にもお席があります」とおっしゃいましたが、やはり自転車が心配で1階の自転車が見えるテーブルでいただくことにしました。
そうそう、このお店には吹き抜けがあるのでした。

「スペシャルカレーと珈琲でお願いします」と注文し、「こちらの珈琲は石川さんの豆をお使いなんですよね」とさりげなく印象づけ作戦に出ました。
自転車の扮装で行くとたいていは一度で覚えてくださるのですが、どうせリピートするならお店の方と親しくなった方が楽しいですからね。w

02woof curryスペシャルカレー
Woof Curry スペシャルカレー
欧風カレーということですが、見た目で区別がつく程の特色があるわけではありませんが…
でも時間をかけてじっくり煮込んだことが一目でわかります。
一口食べると、適度な辛さとともにフルーツのような微かな酸味が口に広がります。そして十分にコクがあるカレーです。
ビーフもほろほろと崩れるほどにやわらかく、トッピングに乗っているゆで卵をスプーンで割りながらルーとともに食べるとこれもいけます。自宅でもまねしよう!

極辛のタイカレーの突き刺さるような辛さも好きですが、こんな風にじっくりと火を通してマイルドに仕上げたカレーはいいですね。
次々とお客さんが入ってきますが、皆さん2回に上がっていきます。
僕の"déjà-vu" 感は2階の写真から感じたのです。
食後の珈琲をいただく前に、「2階を見せてもらってもいいですか」とお断りして、数枚の写真を撮らせてもらいました。でも"déjà-vu" 感の理由は不明のままでした。
03woof curry2F
Woof Curry 2F-1
ああ、こんな感じの作りの2Fでした。写真で見ただけなのに、かつてお邪魔したような親近感があります。

04woof curry2F
Woof Curry 2F-2
そうそう、こんな古い足踏みミシンがインテリアの一部になっていたんでしたね。

05woof curry2F
Woof Curry 2F-3
2Fから吹き抜けを覗いてみました。

今日の写真はすべて「スマホ」です。
後ほど白状しますが、今日はカメラだけでなくいろいろ携行し忘れました。


06woof curry
Woof Curry Coffee
珈琲はブルーのスマートな磁器でいただきました。
珈琲は確かに石かわ珈琲の味です。

オーナーと一言二言言葉を交わし、「とてもおいしかったです。またお邪魔しますね」と店を後にしました。

今日はCOLNAGO C59 + BORA ULTRA 50に乗ってきたのですが、なんでだろ~?すごくよく走ります。
僕の場合、いつもより大きめのギヤを踏めるようにならないと長いヒルクライムで時間の短縮は望めないので、使う筋肉に気をつけながらペダリングしましたが、今日はなんだか調子がいいのです。
鎌倉から江の島、そして藤沢まで結構スピードに乗っている気分で走りました。あくまでも気分ですけどね…
06稲村ケ崎
途中の稲村ケ崎で…
富士山は見えませんでしたが、寒々とした海のかなたに江の島が浮かび、海面も時折差し込む陽ざしを受けて、忘れていたように微かな輝きを見せます。

とても気持ちよく、寒ささえ感じないいいテンションで家まで4~5kmのところまで戻ってきました。
ふと買い物を思い出して自転車をワイヤ錠でつなごうとしたら…なんだかいつもと景色が違います。
08稲村ケ崎
稲村ケ崎で撮った写真ですが…
ありゃ!ボトルもツール缶もありません。一瞬盗まれたか!と思いましたがそんなわけありません。w
稲村ケ崎で気づかないでよかった。その後が不安になるだけですからね。

ツール缶&ボトル
軽く走れた正体はこれでした。自宅で量ってみたら、積み損ねたこれら二つでなんと1kg丁度です。
ロードに関しては、やはり軽量=正義なのでしょうか…
レースに備えていろいろな軽量化作戦を展開し、財力に物を言わせて超軽量ホイールと超軽量チューブラーを用意する人がいるのも頷けます。
もちろん僕はしませんよ、猫に小判ですから。

いや、感心するのはそういうところではありません。
ボトルはともかく、ツール缶がないのに70kmも走ったことが問題!
途中でタイヤトラブルがなかったからよかったものの、もしものことがあったら…
今日はチューブラータイヤですから、もしもの場合でも通りすがりの方からチューブを譲っていただくこともできません。大枚はたいてタクシーで帰宅するほかありませんでした。

実はこういう迂闊な事件は今回で二度目です。前回は家まで2~3kmのところでパンクして炎天下を自転車を引いて帰るはめになりました。
懲りていたはずなのですが…
皆さんもお出かけの時には携行品をしっかりチェックしてください。

※今日の午後Woof Curryに着いてすぐFBに写真をアップしました。なのでその時の写真には料理は写っていません。
それを見たMさんから、「写真撮る前に食べてしまったのか」とお尋ねがありました。
むべなるかな…です。
欠食老人故、前科が何度もありますから…(笑)
Mさん、アップは晩ご飯後になりましたが、ちゃんとカレーの写真を載せました。
機会があったらご一緒しましょう。


Twitter : @pa_hoehoe


スポンサーサイト

2 Comments

  • N瀬 

  • こんにちは。
    レースに向けてかなり走り込んでいますね。今年は90分切りを狙えるのではないですか。
    わたしの方は、落車から1ヶ月経過してやっとロードバイクで通勤できるようになったと思ったら昨日の雪でまた暫く乗れないですね…
    まだ、痛みが抜けず接骨院に通院している状況なのでレースにエントリーしていませんが、早く治して一緒に参加したいと思っています。
    ※先日ご相談致しましたコンポの件ですが、シマノ9000を頼んできました。これでモチベーションが上がると良いのですが。
  • 2015/01/31 08:30 | URL 
  • shimagnolo 

  • N瀬さん、こんにちは
    とろとろ走っているだけで全然本気になれません。もともとTTやレース指向じゃない人間にはトレーニング風の走りはできないですね。でも寒さの中を楽しんでますよ。
    長瀬さんも早く復帰して一緒に走りましょう。
    N瀬さんのご要望も伝えながら、コンポの件ではほかの詳しい人にも相談してみました。意見は割れましたが、やはりデュラで!という方が多かったですね。きっとモチベーションは大幅アップ間違いなしですよ。
  • 2015/01/31 10:43 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/800-1c0c84dd

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク