2015/01/11 23:07
1月5日の拙ブログで記事にした藤沢在住のMさんと、ランチ&珈琲ブレイクの一日をご一緒いたしました。
本日の走行ルート
本日の走行ルート
自転車の世界は狭いともいえるし、嬉しいご縁ともいえるし…これまでも数多の不思議な出会いがありました。

暇に飽かせて自転車でうろうろしながら日々駄文を書き連ねていると思わぬ方が目に留めてくださいます。
"変なことをやっているやつがいる"と興味を持ってくださる方もいます。

本日ご一緒させていただいたMさんもそのおひとりと申しあげていいのでしょう。

拙ブログを訪れていただいたのが先か、友人のdorokeさんのブログをご覧いただいたのが先かわかりませんが…
その後しばらくしてから北鎌倉の「石かわ珈琲」で出会ったのは9月13日の拙ブログに書いた通りです。
つい先日も石かわ珈琲を訪れたMさんが僕のことを話題にしてくださったと石川さん。

こういう奇縁は見過ごしにするには惜しいと思い、突然で失礼ながらMさんにメールを差し上げて本日のサイクリングの実現となりました。
実は昨日も石かわ珈琲に出かけたのですが、Mさんが東京からご自宅へ車を走らせていた時に僕を見かけたとおっしゃいます。
場所や時刻、乗っていた自転車から間違いありません。
走っていた車線の関係で声はかけられなかったとのことですが、悪いことはできませんね。
悪いこと?しないようにしてますよ、誰に何を見られているかわかりませんから。

さて今日はご本人のご希望もあって、アルペンジローへご案内することにいたしました。
山下公園内のコンビニに10:30の待ち合わせでしたが、早めに着いて港界隈をぶらつくつもりでした。
まだ10時過ぎたばかりなのに、すでにMさんが外のテラスにいらっしゃいました。
ご無沙汰をお詫びし、久しぶりの再会です。

初対面の印象と違ってとてもよくお話をされる方です。
小一時間も潮風に吹かれて談笑いたしました。
11時を回ったのを機にアルペンジローを目指します。

店の前にはかなりの客が順番待ちをしています。名前を書いて待つこと10分弱、カウンター席に通されました。
店内はすぐに満席になり、外には新たに順番待ちの列ができています。滑り込みセーフ!でした。
01グリーンサラダ
アルペンジロー:グリーンサラダ
ご自身のことや経験談をいろいろお話くださるので、僕の方から話題を提供しなければというプレッシャーは全くありませんでした。
僕は見かけより気が小さくて、沈黙には弱いのです。本当ですよ!
相手の口数が少ないと結構頑張ってしまうたちです。

02若鶏のカリー
アルペンジロー:若鶏のカリー
僕は前回の選択ミスに懲りて一押しの「若鶏のカリー」を、Mさんは豚が好きだからと「やまゆり豚のカリー」にし、それにグリーンサラダを追加注文しました。
辛さはいつものエヴェレスト、Mさんはキリマンジャロです。やや辛すぎを心配しての選択のようです。

一押しというか本命というか、若鳥と豚はおいしいですね。しかもコスパもいいのだから人気のほどがわかります。

03大盛りライス
アルペンジロー:大盛りライス
なんの話をしたのだっけな…
いろいろ過ぎてブログを書きながら思い出して整理をつけようにもつけられません。
Mさんは話しながらてきぱきと箸(スプーンとナイフとフォークですw)を進めますが、僕は手を休めがちになってしまいます。

清算の時にいつもの接客のご婦人が、「珈琲をお出ししなかったですね。すみません。でもあちらのほうがおいしいですねw」とおっしゃいます。
常連には珈琲のサービス? あちらというのはもちろん石かわ珈琲のことです。

石かわ珈琲までは僕が前を牽きましたが、時々頑張りすぎたようです。申し訳ありませんでした。
一人の時はもっとのそのそ走るんですよ。w
04MさんのC59
MさんのCOLNAGO C59
僕のC59はいつも通り階段の手すりにワイヤー錠で括り付け、簡易なカギしか持っていなかったMさんのC59は階段の上まであげて、安全なところに置かせていただきました。
ありがとうございました。

05ケニア&パウンドケーキ
石かわ珈琲:ケニア&パウンドケーキ
石かわ珈琲でも話は弾み、自転車のことばかりでなくお子様のことやご家族の話もお聞かせくださいました。

帰路はMさんの帰りの道にお付き合いするということで、Mさんの後について源氏山経由で藤沢を目指しました。
藤沢橋近くまで送っていただき、次の再会を楽しみにお別れしました。

今日の夜は妻が新年会なので僕は外食をする予定でしたから、LINEで「Sさん、今日は予定がありますか。イトイに寄りますか」と連絡をくれたY.I.くんに会うことにしました。
連絡をくれる時に限って僕が外出先だったので、ゴメンねの気持ちもありました。

およそ1時間半後にいつものイトイサイクルに到着しました。
ときどき睡眠不足で顔色の悪いY.I.くんですが、「今日は顔色いいね。ちゃんと寝てるんだね」というと、「12時過ぎには床について8時半ころには起きているんですよ」という。
若い人でもそうなんだから、体力(知力も)激減中の我々はなおのこと早寝早起きを心がけないといけませんね。

今後のサイクリングや輪行のこと、余計なお世話の勉強しろよ!の小言、その他いろいろ話をして18時過ぎに二人でお店を後にしました。

そうそうお店でLOOK乗りのYさんにもお会いしました。
まだ二度目ですが、FBで時々拝見しているので親しくお話させていただけました。


Mさん、お疲れさまでした。今日は楽しい一日でした。
次回お目にかかるときには、どこかを一緒に走れるといいですね。
年中暇にしてますので、ぜひお誘いください。


Twitter : @pa_hoehoe


スポンサーサイト

4 Comments

  • ふじさわM 

  • Shimaさん、昨日はお付き合いいただきましてありがとうございました。アルペンジローにも連れて行っていただいて、その美味しさに魅了されました。是非また伺いたいと思います。自転車の話はあまりできませんので、他の取り留めのない話題ばかりになってしまいました。今度は自転車の話ができるようにきちんと乗りたいと思います。これに懲りず、またお付き合いください。教えていただいた輪行袋はざいこぎれのようです。
  • 2015/01/12 18:58 | URL 
  • shimagnolo 

  • ふじさわMさん、こちらこそありがとうございました。
    おいしいカレーをいただき、石かわ珈琲のスペシャルティーコーヒーで締めくくりとなりました。
    一日楽しくお話ができて、初対面(同然)とは思えぬ打ち解けたサイクリングが楽しめたのは、ひとえにMさんのお人柄の故だと思っております。
    自転車乗りは寄ると触ると自転車談義に終始しますが、時には他の話もいいですね。
    僕の仲間は意外と自転車から外れた話が好きなんですよ。僕に気を遣ってくれているのでしょうか。w
    モンベルの輪行袋をゲットなさったら、絶景を訪ねて走りましょう。
  • 2015/01/12 20:16 | URL   [ 編集 ]
  • doroke 

  • おお、やっぱりコルナゴですね。
    これでコルナゴ3台並べて走ることもできそうです♪
    アルペンジロー、久しぶりに行きたいな。
  • 2015/01/13 21:48 | URL 
  • shimagnolo 

  • dorokeさん、そうなんです。Mさんはいろいろと検討した結果、C59になさったようです。
    バイクを選ぶ決め手はいろいろですが、僕の場合は[カーボンフレーム」「ラグドフレーム」「フレームペイントの美しさ」です。ならば歴代のCOLNAGO Cシリーズしかないですね。(笑)
    決して最新のコンセプトでもなく超軽量でもありませんが、乗ってみてやっぱりこれでよかったんだ!と納得しています。まぁ、ただのファン心理ともいえますね。
    またアルペンジローに一緒に行きましょう。
  • 2015/01/13 23:43 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/789-37ecceba

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク