2014/10/27 20:54
昨日は他の友達のお誘いを断って待機していたのですが…すっぽかされました。
もともとの約束はどうなっちゃったんでしょうか、連絡しても音信は無し!
梨の礫とはこのことです。なんだろ~…

一日損をした気分なので、今日は箱根方面を走ろうと小田原まで輪行しました。

本日の走行ルート
本日の走行ルート
でもこういう動機では楽しめないですね。
ルート図がおかしなことになっていますが…

小田原駅
小田原駅
自宅から町田まで自走して、小田急線の急行で小田原まで輪行です。あいにくロマンスカーは少し前に出たばかりでした。

僕の隣と正面の席には東南アジアからやってきた若いカップルが乗っています。
タイ語かベトナム語か、はたまたインドネシア語か…全然わからない言語ですが、様子からおおよそ何を言ってるのかわかります。
隣の席の二人は左手の薬指にリングを嵌めていますが、正面の二人は恋人同士のようです。
男の子が靴下を裏返しに履いてきたといってガールフレンドが大笑いしています。
靴を脱いで靴下を履きなおすのですが、その時足と靴の中にスプレーを吹いています。
デオドラントなんでしょうが、目の前でやられるといろいろ臭ってくる感じがします。

電車が空いてくると、車内でポーズをとって写真を撮ったりしています。
僕と目が合うとニッコリ! 憎めませんね。

手には箱根のパンフレット。どこかで会うかもしれないな~

三枚橋から
三枚橋から
旧街道を上るか、1号線を上るか、はたまた乙女峠か長尾峠か…
旧街道はつらいからパス!
箱根に向かう国道1号線は平日の午前中だというのに渋滞です。

もう少し進みます。コンビニでドリンクと補給食を買って、店の前で半分平らげます。
バスさんと長尾峠を越えた時のコンビニもここだったかな…
でも、どうも気分が乗りません。おまけに箱根の空には雲が垂れ込めています。

引き返すことにしました。楽しめそうもないとわかったので帰ることにしました。

帰りに行きつけのカフェに行こう! おいしい珈琲で気分一新!
お土産に柳家ベーカリーのあんぱんを買って一緒に食べると気が晴れるかもしれないな。

柳やベーカリー
柳家ベーカリーのあんぱん
「幻の黒豆」「赤しそ」「宇治抹茶」「大正金時」の4つを買いました。
本当は「桜白」が食べたかったのですが、売り切れでした。

だらだら走っていると後ろからブルーのAssosの半そでジャージを着た若いローディーが追いすがってきます。
なんだかむしゃくしゃしていたので、思いっきり飛ばしました。
何とか千切りましたが、息が上がって辛い…ぜぇーぜぇー
で、茅ヶ崎あたりのセブンに逃げ込みました…とほほ

ちょっと頑張ったので小腹が空いてしまいました。ここであんぱんを二つ食べてしまいましたが、この時点で自宅にまっすぐ帰ろう!という気分になっていました。

ムギ
拗ねているムギ
家に帰ると僕のねこ "MUGI" が拗ねています。
このところ妻も僕も家を空けることが多く、一人にされる時間が長いのでちょっと怒っています。

この数日やけに餌を吐くな~と思ったら、どうやら留守番のストレスのようです。25,26と二日間家にいたらすっかり収まりましたからね。デリケートなものです。

走行図が妙なことになっているのは、いったん町田でGPSのスイッチを切って、小田原で再びスイッチを入れたからです。直線部分は電車の中で東南アジアのカップルを観察していましたww

来週の日曜日は22歳、40代前半、そして60代も終盤近い3人で楽しいロングライドができそうです。
楽しみだな~


Twitter : @pa_hoehoe


スポンサーサイト

6 Comments

  • Takubon 

  • 出だしが肝心とよく云いますが、残念でしたね。C60、かっこいいですね。。最高のサイクリングコース設定にいつも 憧憬の念を懐いております。コルナゴのC60はかっこいいですね。欲しくなりました(笑)
  • 2014/10/28 09:37 | URL 
  • shimagnolo 

  • Takubonさん、ありがとうございます。
    いつも拙ブログを覗いていただき、大変うれしく思っています。
    Takubonさんは地の利を活かしてて僕が行かれないところを走っているようで、羨ましいですね。
    実は九州が一番好きかもしれないのですが、何せ遠いです(笑)

    C60、お褒めいただきありがとうございます。僕はものの本質があまりよく分かっていないので見栄えで選んでいますが、C59の兄弟分以上の走りをするのでやや驚いています。

    日帰りコースは行き尽くした感がありますので、九州へ飛行機輪行がしたいと思っています。来年の初夏頃でしょうか。その時にはアドバイスよろしくお願いいたします。
  • 2014/10/28 18:38 | URL   [ 編集 ]
  •  

  • Shima さん
    日光以来ですね
    Shima さんは短い秋を楽しんでいる様で何よりです

    自称、幻の黒豆あんパン
    いつの間にか包装が変わった様ですが、気のせい?

    いまは、出張帰りの新幹線てす
    この時間はほぼ🈵です

    また、輪行ご一緒してください

    Kudou 😊
  • 2014/10/28 19:30 | URL 
  • shimagnolo 

  • Kudouさん、こんばんは
    出張帰りって、どうしてこんな曜日に?
    また明日は現地にとんぼ返りですか。
    時間ができたらぜひまた一緒に遊びましょう。

    幻の黒豆あんぱんの包装ですか? がつがつ食べるのでどんな包装だったか記憶がありません(^^;

    工藤さんのご都合がついて、行きたいところがあれば僕はいつでも輪行にご一緒できる準備ができてますよ!
    日光は愉しかったですね。一人もいいけれど気の合う仲間と一緒だと格別です。
    次回はもっと素敵なところへ行きましょう!
  • 2014/10/28 21:13 | URL   [ 編集 ]
  • takubon 

  • 来年還暦です。かみさんが記念に 60歳にひっかけて、C60の赤を欲しいなら買ったらと言ってくれますがーー。今のDeRosaでも少し恥かしいくらいです。(脚と反比例してます。)ついつい格好優先でカンパの工芸品としての美しさやハブの音の響きが大好きです。(シマノは工業製品といては最高なのですが)C60は職人の手で塗装の美しさだけで欲しくなりました。。フェラーリのリアのヒップラインと同じ匂いがします。。また C60の細かな美しさをこのブログで鑑賞したい今日この頃です。
    このブログのコースいつか走りたいとは思っているのですが、九州からだと遠かーーー。行かんと解らん世界があるのを知りましたーー。
  • 2014/10/29 09:48 | URL 
  • shimagnolo 

  • takubonさん、もっとお若いとばかり思っていました。
    還暦に赤いC60を!と言ってくださる奥様は素敵ですね。
    わが妻は僕の自転車には何の関心も示さず、クリーニングしているのを見ても「たくさんあって大変ね!」という程度です。果たしてどれが一番新しいのかさえ分かってないんじゃないかと…

    シマノとカンパ、それぞれ長短ありますが、C59をスーレコのEPSで組んだので、C60はデュラのDi2にしてみました。
    11sのスプロケットなら双方そのまま使えるということで、ホイールの使い回しも問題なかったのも後押しになりましたね。
    見栄えを除けば、どちらも素人には過ぎた性能です。

    狭い日本ですが、自転車で走るには十分な広さです。そして自転車に適したバリエーション豊かなロケーションがたくさんありますね。四季折々の美しさもそれに華を添えます。
    僕は一度友人と走った九州が忘れられません。関サバもおいしかったしな~!
  • 2014/10/29 10:17 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/738-9d801cc2

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク