2014/10/18 23:58
kudouさん、youさんのお二人と日光輪行ツアーに行ってきました。
当初は25日がkudouさんのご希望でしたが、僕が26日にも日光に誘われているので「二日続きはいけませんね」と18日に変更してくださいました。
ただ、26日は実施するのかどうかの問い合わせにも梨の礫なのでやや困惑しているところですが…

00本日の走行ルート
本日の走行ルート
しかし、結果的には18日に変更して大正解でした。
天気は最近にないほどの秋晴れで、紅葉も見ごろを迎えていました。
今が盛りのはずですが…過去に経験した豪華絢爛さはありません。
しかしそれを補って余りある秋晴れでしたね。

01出発駅
いつもの駅からkudouさんと出発
kudouさんは自走でうちの駅で合流してくださいました。
朝早いのが強いといっても、昨日まで出張だったので寝不足で疲れているのではないかと気になります。

浅草駅で合流したyouさんも仕事が山積している時期で、何とかぎりぎりで参加してくれました。
youさんとは今年の初夏に今回とほとんど同じコースを走り、紅葉にはもう一度一緒に訪れましょうという約束でしたが、無事に果たせました。

02東武日光駅駅
快晴の東武日光駅
東武日光駅前にはほかにも輪行の方が三々五々準備を整えているところでした。
この青空です! もう他には何もいらないですね。
紅葉の盛りを外したとしても文句のつけようがありません。

03東武日光駅駅
こんな行列が…
こんな行列と出会いました。積極的なポージング!ありがとうございます。

04金谷ホテルベーカリー
金谷ホテルベーカリー
いつも通り、金谷ホテルベーカリーでいろは坂攻略に備えて補給色をゲットします。

05いろは坂へ
いろは坂へ
清滝あたりから眺める奥日光方面はピカピカです。
まぶしいほどの青空です。無風状態で、湿度は低くからりとした空気です。

06いろは坂のぼり口
いろは坂のぼり口
いろは坂の登り口近くも紅葉が始まっていますが、色は今一つです。
でも透明な空気と晴れ上がった青空があれば、どんな景色も絶景になりますね。

07いろは坂
いろは坂 1
少し上っていつも振り返る地点です。そろそろ冬支度に入ろうという男体山の荒々しい山肌が見えてきます。

08いろは坂
いろは坂 2
先行して写真を撮っているkudouさんに追いついて1枚パチリ!
もう何年も前からお誘いしていた日光輪行ツアーがようやく実現しました。
またとない天気と紅葉のタイミングに迎えられてご本人も終始満足でした。

09いろは坂黒髪平
いろは坂 3 黒髪平 1
二度目のyouさんですが、若くて体力にも恵まれているのでほとんどのコースは楽々と走り通します。
忙しい仕事の合間を縫っての参加でしたが、終始楽しそうな様子を見て僕もうれしくなりました。

09いろは坂黒髪平2
いろは坂 3 黒髪平 2
で、季節外れのサンタクロースようないでたちのボクですが…

10いろは坂黒髪平
いろは坂 3 黒髪平 3
黒髪平はほとんどの方々が1回目の休憩の場に選んでいます。
今日はいつになく自転車が多くて、さながらちょっとしたサイクリングコースですが…
この先、この人たちはどこへ消えてしまうのでしょう。
気がつけばいつも自分一人になります。

11明智平へ
明智平へ 1
黒髪平から明智平までは楽ちんな緩斜面で、距離もわずかに2kmしかありません。
いつも感じることですが、日光は渋峠などに比べると圧倒的に初心者がおおいですね。

12明智平へ
明智平へ 2
向うに赤く見えている屋根が、レストハウスやロープウェイの駅がある明智平です。
いろは坂はとても長閑なヒルクライムコースです。安全第一にして飛ばす人はいません。
乗っている自転車もクロスバイクあり、MTBあり、小径車ありで、脚が回らずに途中で足をついている方も少なくありません。
こういうところで眦を結して走るローディーはあまりかっこよくありませんね。

13明智平
明智平
背後にはどっしりと男体山、そして真っ赤なロープウェイが山頂目指して上って行きます。
今回は秋晴れや紅葉に迎えられて、終始笑顔の絶えないお二人でした。
雨でも風でも、笑顔が絶えないのはいつものことでしたね!

14中禅寺湖へ
中禅寺湖へ 1
中禅寺湖まであとほんの少しです。湖を護る男体山の威容が大きく迫ってきました。

15華厳の滝
華厳の滝 1
kudouさんが昔に訪れた時には滝の水が枯れていたそうです。華厳の滝が轟音を立てて水を落下させるのを見るのは数十年ぶりだとか。
敢えて寄ってよかったと思いました。

16華厳の滝
華厳の滝 2
滝の反対側(下りのいろは坂方面)の断崖の紅葉が素晴らしいのですが、今一つ色がはっきりしません。

17中禅寺湖
中禅寺湖 1
のんびりした雰囲気の中禅寺湖畔はいつもたくさんの人でにぎわっています。
周囲を山に囲まれた景色は、日光の紅葉スポットでは随一の人気でしょうか。

18中禅寺湖
中禅寺湖 2
湖水をめぐる道路の木々は夏は日陰を作り、秋はその紅葉で目を楽しませてくれます。

20中禅寺湖
中禅寺湖 3
八丁出島は中禅寺湖最大の紅葉スポットでしょうか。その盛りには文字通りの錦秋の帯のように艶やかな姿となります。

21竜頭の滝上
竜頭の滝 上 1
竜頭の滝はなぜか毎年紅葉が早く、今年もすっかり葉を落としていました。
なので、ちょっと覗いて滝の上に上ります。
カラマツの紅葉が最も美しい時期に走ったことがありますが、樹形の見事さや日差しを透かして見せる黄金色が得も言われない美しさでした。

22竜頭の滝上
竜頭の滝 上 2
この流れが一気に竜頭の滝となって落ちるのですから、豪快なわけですね。

23戦場ヶ原
戦場ヶ原 1
今日は大好きな小田代ヶ原はパスします。草紅葉もとうに終了しています。
秋の日は釣瓶落とし!
ツアーの最後のほうで待っている紅葉の絶景ポイントに明るいうちに到着しなければなりません。はたして間に合うのでしょうか…

24戦場ヶ原
戦場ヶ原 2
戦場ヶ原も秋の終わりを告げる風景です。
草紅葉もカラマツも秋を飾る役目を終えています。

25戦場ヶ原
戦場ヶ原 3
これから上って行く山王峠方面を背にする戦場ヶ原は、広がりこそありませんが男体山を中心にした立体的な景色が好きです。

26戦場ヶ原
戦場ヶ原 4
戦場ヶ原や男体山に別れを告げて、光徳牧場~山王峠~川俣温泉方面へと右折します。

後半(光徳~山王林道~川俣~瀬戸合狭)へ進む場合←ここをクリック

Twitter : @pa_hoehoe



スポンサーサイト

2 Comments

  • Tetsuya K 

  • shimaさんこんにちは!

    抜けるような高い秋空、澄んだ空気、もうそれだけでサイクリストには満足ですよねwww
    それ以上を望んだら罰が当たります。
    写真で観る限り、去年よりは紅葉の鮮やかさが若干欠けるような気はしますが...。

    でも、走れるだけで幸せですよ!( `ー´)ノ
    踵、快方に向かってますが...もう少しかかりそうです"(-""-)"
    寒くなってしまいますょ~。

    ご一緒できるのを楽しみにしてます。
    奥多摩とか箱根の紅葉の頃には走れるかな!
  • 2014/10/19 14:21 | URL 
  • shimagnolo 

  • Tetsuya Kさん、こんばんは
    本当にこれ以上はない秋晴れの下でしたから、紅葉の色づきは二の次でしたよ。
    たとえ錦織りなす紅葉がどんなに素晴らしくても、天気次第で台無しになります。その意味でも今回のサイクリングは最高ランクでしたよ。
    そして何よりも一緒に行った方々が満足してくれたのが一番うれしかったですね。

    踵は全快までにずいぶん時間がかかってしまいそうですね。それを思えば走れるだけ幸せ!、まさにその通りです。

    おっしゃるように箱根、奥多摩、埼玉秩父などまだまだこれから紅葉を迎える地域があります。
    その時にはぜひ一緒に紅葉狩りを楽しみたいと思います。

    引き続きご自愛ください。
  • 2014/10/19 18:09 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/733-1ca51c36

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク