2014/10/03 23:15
00本日の走行ルート
本日の走行ルート
kudouさんからお誘いいただいて久しぶりに風張峠に行くことになりました。
当初予定の「相原三叉路際のコンビニ」で7:00の待ち合わせを変更していただきました。
それぞれ別々のルートで武蔵五日市駅先の「戸倉の信号際のコンビニ」に9:00集合に変更していただきました。
僕のわがままによる変更ですから、遅刻しないようにやや早めに家を出ました。

※故障していてしかも画像最悪の超小型カメラをうっかり持ってきてしまいました。
シャッターを切る以外ほかの操作は全く受け付けないので、帰宅するまで撮れているかどうかの確認もできませんでした。
一応無事に写っているようですが、新たに購入したカメラに比べると画像のお粗末さは一目瞭然です。

朝から予想以上の好天でやや汗ばむほどです。
無事早目に到着し、kudouさんも間もなくやってきました。
01戸倉のコンビニ
戸倉のコンビニ
長いご無沙汰をお詫びしつつ、補給しながら立ち話をしましたが、今日はローディーが少ない…

02戸倉のコンビニ
戸倉のコンビニ
僕もC60とツーショットで撮っていただきました。

03檜原村
檜原村
いつものTTのスタート地点の「橘橋」も普通に通過し、のんびりと走ります。
数馬の湯で一息入れ、そこからは別々に上ります。

せっかく別行動のチャンスをいただいたので、C60の加速感や上り性能を試してみることにしました。
いつも通りの強度で奥多摩周遊道路を上ります。なんと、かなり楽ちんに、しかも一度も苦しい場面を迎えることなく都民の森まで上りきりました。
しかしこれはバイクの性能とは無関係でしょうね。
天気も良かったし、ここまで脚を温存してきたのが理由だと思います。
ヒルクライム性能については、今後何度か峠を試走しない限り何とも言えません。

上りですから僕の力では加速感など味わえるはずもなく、これについても後日に持ち越しとなりました。

04奥多摩周遊道路
奥多摩周遊道路
間もなく都民の森という地点で、絶好の秋日和の奥多摩をカメラに収めました。

05都民の森
都民の森 1
都民の森に到着しましたが、一人のローディーもいません。
なぜか登山客もほとんど見かけません。
kudouさんを待ちながら記念撮影のポイントでC60を撮りました。

06都民の森
都民の森 2
やがて一人のローディーが上ってきました。僕と同年代(やや若い)方です。
都民の森や風張峠で同年輩の方を見かけるのは稀です。
どこから来たのか、普段はどんなところを走るのか…お定まりの質問で話のきっかけ作りができました。
府中からお出での方で、走り出したら止まらない、休まない、補給しないという「無いない尽くし」のタフな方です。
今日、都民の森に寄ったのは息子さんがバイクでここに立ち寄るのを見かけたからだそうです。
さもなければこうしてゆっくりお話をし、知り合いになるチャンスはありませんでした。

07都民の森
都民の森 3
ご本人はバイクにも乗るそうですが、今はほとんど自転車だとか。
メカいじりもなかなか達者な方で、kudouさんとも話が合うようです。

08都民の森収穫
都民の森 4
これらの立派な栗は、桧原村の路肩に落ちたものや敷地の外に植えてある栗の木から落ちた実が放置されていたので拾ってきました。
路肩の栗は地元の方や通りすがりの方、そしてサルたちが収穫した後なのでさほど残されていません。
全部kudouさんにお持ち帰りいただきましたので、栗ごはんや甘露煮にしたのではないかと思います。

出会った方をブログではK氏とさせていただきますが、K氏はかなりお話し好きのようです。それはこちらも同様です。
そんなわけでなかなか話の切り上げ所が見つけられず、結構な時間向き合って自転車談義を楽しみました。
お別れする前に僕の名刺をお渡しし、後日またお目にかかれることを願って風張峠へ向かいました。
K氏は峠に向かわず、数馬に向けて下って行かれました。

長く休憩しすぎると脚に溜まった乳酸のおかげで足が重い……となるはずでしたが、今日は長い休憩の後も脚は軽いのです。
不思議ですね。もちろんC60効果であるはずはなく、脚を使わずにのんびり上った結果でしょうか。

09風張峠
風張峠 1
峠の気温は25℃と暖かです。飛ばさないので汗をかくこともなく、東京都の道路の最高地点に到着です。
標高1146mです。高いとはいっても、国道最高地点の渋峠のおよそ半分しかありません。

10風張峠
風張峠 2
記念写真を撮ります。

11風張峠
風張峠 3
ついでに僕も…

14月夜見第一駐車場
月夜見第一駐車場 1
すぐに下って、一応絶景ポイントということになっている「月夜見第一駐車場」です。

13月夜見第一駐車場
月夜見第一駐車場 2
ここでも記念撮影です。

誰と一緒に行ったか後になってわかるので、ご本人が迷惑でない場合は写真をブログに掲載させていただいてます。
※Kさん、そういえば掲載の許可を求めてなかったので、ご迷惑なら削除いたしますのでご一報ください。

15奥多摩湖へDH
奥多摩湖へDH 1
月夜見第一駐車場からは、C60のダウンヒル性能を確かめたくてkudouさんを置き去りにして飛ばしました。前にも後にも車やバイクがほとんどなかったからで、決して無謀な速度で下ったわけではありません。
60km/hを超えることはありませんでした。
C59と比較してのダウンヒル性能は、正直なところその差がわかりません。
僕程度の速度でしたら、C59でも十分すぎるほどの安定感と安心感があります。

17のんきやDH
のんきやで昼食
下りきって奥多摩湖を周遊し、「のんきや」でお昼御飯です。
この辺りには食事処はほとんどなく、ほかに選択肢がないこともありますが、お昼時はいつも混んでいます。
今日は2時近かったので、お店はがら空きです。
客は僕たち二人きりです。

16のんきやDH
奥多摩湖
「のんきや」の窓から奥多摩湖を1枚撮ってから帰路につきます。

奥多摩湖から青梅街道を辿るとトンネルが次々現れ、下り勾配のトンネル内の路面には速度抑制のために普通の舗装とザラついた舗装が縞状に交互に施されています。
速度を上げて下るとこの縞状舗装が曲者なのですが…C59とC60ではその不快さが全く異次元です。
C59では強力な振動のあまり腕や顔までブルブルしそうになり危険ですらありますが、C60では振動がかなり抑えられて安心して飛ばせます。
いやいや危ないから飛ばしてはいけません。

コンビニなど途中で止まるたびについつい話が長くなり、帰宅した時には真っ暗です。
kudouさん、今日は本当にお世話になりました。
久しぶりの山岳ロングライドだったので、さぞ疲労困憊したことと思います。
懲りずにまたチャンスがあったら、ぜひお声をかけてください。
次回は紅葉狩りを兼ねた輪行ツアーでしょうか、楽しみにしています。


Twitter : @pa_hoehoe


スポンサーサイト

5 Comments

  • さばぬこ 

  • はじめまして。私のBLOGにコメントを頂き、ありがとうございました。
    ロングライドお疲れさまです。奥多摩はいい景色ですね羨ましいです。私が今住んでいる場所はド平坦でして...地元なら山があるのですが、なかなか地元で走る機会がなく、もっぱら平坦専門です(笑)
    お互い落車や怪我等に気を付けて楽しみましょう!
  • 2014/10/05 00:15 | URL   [ 編集 ]
  • shimagnolo 

  • さばぬこさん、初めまして。ご挨拶抜きでブログに書き込みをしてしまいましたね。お許しください。
    奥多摩は日帰りで峠の楽しさを満喫できる点でもお勧めですよ。チャンスがあったら走ってみてください。
    ロードには怪我が付き物のような側面があります。仰るように無事で帰宅してこそ楽しいサイクリングであり、ツーリングですからね。気を付けたいと思います。
    いつかどこかで「さばぬこさん」とすれ違って知り合いになるなんてこともあるかもしれません。実際そういうケースもありましたので、その日を楽しみにしています。
    あぁ、ついつい忘れてますが、年齢差が半世紀近いですね…子供よりも孫のほうに近い(笑)
  • 2014/10/05 00:25 | URL   [ 編集 ]
  • じじほ 

  • shimagnolo 様
    一昨日は 取り留めの無い話におつきあいいただき ありがとうございました。

    ブログを拝見させて頂きましたが 本当にバイク(自転車)がお好きなのですね?!
    お友達の方がSさんは尋常じゃないと仰るのも分かる気がします。
    私など足下にも及びません!!
    止まらない、休まない、補給しないといっても たかだか100km
    未満の距離(半分は下り)ですからw
    でも 当日は30℃の気温がありましたし ボトルの水も無くなりましたので 戸倉の7-11で休息 アイスコーヒ・アイスキャンディー・豆大福餅を補給しましたw
    また 何処かでお会い出来ると嬉しいです。
    kondouさんにもよろしくお伝えください。
    ※写真掲載の件 問題ありません。
    それにしても YKZ にしか見えないですねw


  • 2014/10/05 09:26 | URL 
  •  

  • shimaさん
    お疲れさまでした

    久しぶりに風張峠をご一緒出来て、とても楽しい一日でした
    やや気温は高いものの、日蔭に入ればひんやりと爽やかで、そこは秋でしたね

    じじほさんとも楽しい時間を過ごさせて頂きました、こんな出会いが出来るのも自転車ならではですね
    何時もよたよた登っているのでまた声をかけて頂けると嬉しいです

    栗はもって帰った甲斐がありましたよ!
    昨日は栗を入れすぎた栗ご飯と秋刀魚の塩焼き
    食後は甘露煮
    甘露煮は手間が掛りましたが、そこそこ美味しく出来ました
    甲斐有って、かみさんと腹いっぱい食っちゃいました
    栗を腹いっぱい食ったのは初めてです

    楽しい始秋の一日に成りました
    ありがとうございました
    紅葉も楽しみです
    よろしくお願いいたします

    kudouでした!








  • 2014/10/05 10:55 | URL 
  • shimagnolo 

  • じじほ さん、コメントいただきましてありがとうございます。
    最近は同年代の方との出会いがとんとなかったので、とても楽しい時間でした。

    自転車との付き合いのきっかけはまたお目にかかった時にでもご披露いたしますが、自転車は僕の第三の人生を切り開いてくれたと思っています。
    まぁ、第三なのか第四なのかはハッキリしませんが…
    ともかくも自転車が僕の人生の舵を切る大きな力になったことは確かです。

    ロードはとても楽しいですが、ほかに趣味がなかったのでのめり込んで行って今に至っているわけです。
    運動経験もなく無趣味だった僕には願ってもない出会いだったのです。
    自転車は運動神経も経験もさほど要求しませんからね、そこがポイントでした。

    そんな次第で、人並みに走れるようになったのは60歳を過ぎてからですから、ほんの駆け出しです。
    いろいろと教えていただきたいと思っています。
    そのうちどこかへご一緒できる日が来るかもしれません。その日を楽しみにしております。

    写真掲載の件、快諾いただきましてありがとうございます。
  • 2014/10/05 14:27 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/727-cfe27df1

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク