2014/10/02 22:19
C59 C60-2
COLNAGO C60 & C59
ほんの30kmほど乗ってみました。
家を出てすぐにC59との違いに驚きます。
見た目はややマッチョ度が増したかなという感じですが、走ってみるとまったく別物です。

C59:Campagnolo Super Record EPS+Campagnolo BORA ULTRA 35
C60:Shimno DURA-ACE 9070 Di2+Campagnolo BORA ULTRA 35
※ホイールは同じもので試乗しました。

C60はハイブリッド仕様です。Shimano+Campagnolo=Shimagnoloです。
奇しくもブログのHNと同じになりましたが、実はうっかり登録したHNなので何とかしたいと思っていましたが…こうなったらそのまま使うしかないでしょうか。
長たらしい人の名前を縮めるのが得意なdorokeさんがShimaと改名してくれて、ブログの読者の皆様にはそれで通っていますし…

脱線しましたが、元に戻します。
Di2 11Sのコンポで、カンパの11Sスプロケットが全く問題なく使えることを教えていただいたので、Di2で組んでも所有している11Sの自転車間でカンパのホイールの使いまわしができることがわかりました。
このことを知っていると知らないでは大きな違いです。
知らなければC60もCampagnolo Super Record EPSで組むはずでした。
もちろんEPSは素晴らしいコンポですが、人情としては格段に進歩したらしい9070 Di2も使ってみたくなります。
実は手持ちのDE ROSA KING3はちょっと事情があってCampagnolo Super RecordからDURA-ACE 7900 Di2に換装した経緯があります。
今回9070 Di2で組むことによって、7900 Di2との差も経験できるという楽しみも加わります。

※カンパの11Sのコンポで、シマノの11Sのスプロケットが問題なく使えるかどうかは試していないのでわかりません。
「逆は必ずしも真ならず」かもしれません。

ここ数年「DE ROSA や COLNAGOにはCampagnolo!」という固定観念が崩れ、イタリア車にShimanoを組み合わせることはまったく普通のことになってきました。
今では街を走るロードレーサーがShimanoのコンポにCampagnoloのホイールなんて珍しくも何ともありませんし、むしろ増えています。
そういう流れに乗ったといえなくもないのですが…ともかくCOLNAGOにShimanoとCampagnoloのハイブリッド仕様です。

ロングライドやヒルクライムをしてみないと感想は書けません。いやしても書けませんが、今回は気の迷いみたいなコメントですから眉に唾をつけて読んでください。

で、眉唾物のインプレですが…
繰り返しますが、乗って1kmも走らないうちにC59とC60が全く別物であると気づかされます。
見た目マッチョな印象のフレームとは裏腹に、C59より振動吸収性が大幅に増して体に優しい!けれどパワーロスなくよく進む!
写真ではその違いが判りませんでしたが、実物はシートステイの形状がややコンフォートを意識したものになっています。(よく見るとフレーム全体もフォークも全く新しくデザインされたことがわかります)
路面状況が伝わらないようなふんわりふわふわな優しさではありません。
誤解を招かないためにも「遊びなくきっちり進むやや硬派なC59に比べて」という一言を添えておきたいと思います。

BB周辺の剛性が高められたからでしょうか、C59よりさらにダンシングがしやすくなっています。
ダンシングが苦手な人も乗り換えただけで自分の技量が上がったと勘違いしそうです。

加速感ですが、40km/hオーバーで走ったわけではないので、本来の加速力は体感できていません。
ただC59と比べると中低速域からでも気持ち良く滑らかに加速する感はあります。
ある領域(よく40km/hを超えると、と言われてますが)からガツンと加速力が強まるという感覚は、強い脚と強力なエンジンを持った人だけが経験できるのかもしれません。

コンポの違いですが…
・軽快感とか滑らかさという点では、回転部分がすべてカルト仕様になっているCampagnolo Super Record EPSに軍配が上がります。

・変則ボタンやレバー操作に関しては一長一短あります。
ややくっきりとしたクリック感のカンパに対してシマノは極めて手ごたえが薄く、よく言えば軽妙な感覚でしょうか。
慣れればどちらも好ましいものだと思います。

・ブラケットの握りやすさは依然としてカンパにアドバンテージがあると思いますが、これも好みの問題というほどに差が縮まりました。
小ぶりなシマノがいいか、手の平全体でやんわりと包み込めるようなカンパが好きか、これも好みでしょうね。
シマノはレバーをハンドルに近づけることができるので、僕のような手の小さい人にはうれしい配慮です。
実際、DURA-ACEは下ハンを握っても悠々とレバーに手が届きます。(カンパもレバー位置を変更するパーツが用意されているそうです)

・ブレーキのコントロール性能はやはりカンパに一日の長があると思いますが、新しいDURA-ACEはその点が画期的に改善されました。その進歩は新しいコンポの最大の美点だと思います。

・BORA ULTRA 35との組み合わせにおいてですが、DURA-ACEのストッピングパワーはSuper Recordを凌駕しているかもしれません。
ブレーキシューの性能差もあるかもしれません。カーボンリム用のSuper Recordの赤いブレーキシューも格段に良くなりましたが、シューのアドバンテージは依然としてDURA-ACEにあると思います。
下りで急に信号が赤に変わっても安心してレバーを引くことができます。
ちゃんと止まります。
しかしブレーキシューに関しては、SWISS STOPという最高のサードパーティーの選択肢もありますからね。
実際にブラックプリンスの性能は折り紙付きですが、その摩耗の早さも一級です。(笑)

・ブレーキレバーの引きの軽さや調子はコントロール性能と密接な関係がありますが、ここもDURA-ACEが目が覚めるほど進化した点でしょうか。
ワイヤに加工を施して摩擦を激減させた点も評価されるでしょうが、カンパにしかなかった人の手にブレーキの効き始めるポイントを知らせるようなデリケートな味付けも光ります。
この点はカンパの独壇場でしたがシマノが迫ってきましたね。

・フロントの変則性能の違いは電動式や電子式になってほとんど問題にされなくなりましたが、リアの変速には違いがあります。
カンパはガチャンとはいわないまでも、ごくたまにそういう感触がありますが、シマノはすごい! 変速ショックは皆無です。

全体を総括すれば、カンパはよく切れるはさみでパチンと切る感じ、シマノは切れ味のいいナイフでそぐ感じでしょうか。
今やどちらがいいかの議論は不毛かもしれません。

時間をかけて試乗した結果次第では、評価も好みもびっくりするほど変わるのが素人です。
いや僕に限定しておいたほうがよさそうですね。今日と明日で評価が変わったりするほどですから、最初に申しあげたとおり「眉に唾」です。


Twitter : @pa_hoehoe


スポンサーサイト

10 Comments

  • N瀬 

  • C60もう来たんですね。
    めちゃくちゃ、かっこいいですね。やはりCOLNAGOは素晴らしいです。
    次回の火曜走行会で、是非見せて下さい。
    ところで、私の586も来年2月で2年になるので、DI2+11P化を考えております。たぶんULTEGRAになると思いますが、、
    私もshimano+bora oneのハイブリッドです。
  • 2014/10/03 08:27 | URL 
  • バス 

  • 来ましたねぇー!!
    いやこれは文句無しに格好良いです!!
    結構欲しいw
    Di2は、7090から9070で着実な進化が感じられますよね。
    シフトスイッチも9070では少しクリック感がハッキリしたと思います。
    そしてブレーキもかなりカンパに迫ってきています。
    今頃はC60で峠を登っている頃でしょうか?w
    次に一緒に走る時は是非C60で来てじっくり拝ませてください!!
  • 2014/10/03 12:41 | URL   [ 編集 ]
  • doroke 

  • あれ?C60買ったのですか? 
    でもいい色じゃないですか!! 白基調の自転車って紳士に見えますよね。
    こういうインプレ読むと、フレームだけでなくいろいろな要素がプラス点マイナス点として加算されるようで、面白いですね。
    単純じゃないんですね。自転車は・・・・
  • 2014/10/03 15:26 | URL 
  • shimagnolo 

  • dorokeさん、いろんな経緯があって買っちゃいました…いや、正直に言います。経緯のせいにしません、欲しくて買いました。
    今度一緒に走るときにお披露目いたします。
    白基調の自転車は紳士に見えますか。そうでしょう!
    今日友達に「Sさんに似合いますよ!」って言われました。見る目のある方の印象は同じなんですね(笑)
    猫に小判にならぬよう、自転車に恥じぬよう、少しは精進したいと思いますのでよろしくお願いいたします。
  • 2014/10/03 21:58 | URL   [ 編集 ]
  • shimagnolo 

  • N瀬さん、ありがとうございます。
    自転車にかなり貫禄負けしていますが、これまでも、現在も、将来も、ず~っと貫禄負け覚悟です。
    新車効果で冷静な判断力を欠いているかもしれませんが、C59の兄貴分というよりも異母兄弟のようです。走るDNAを受け継ぎながらも、コンフォートの味付けの仕方が実に絶妙です…な気がしているだけかもしれませんww
  • 2014/10/03 22:04 | URL   [ 編集 ]
  • shimagnolo 

  • バスさん、来ましたよ!
    C59に乗っているバスさんだからこそわかる違いかもしれません。
    カラーなど見栄えもさることながら、C59のやや乾いた感じが鳴りを潜め、しっとりと落ち着きが身に付きました。だからと言って、ソフトとか、反応が鈍いとか、加速が良くないとかなどのネガティブ要素は全くありません。
    路面が荒れたところを走ると、C59では「あれっ、パンク?」と思わせるようなこともありましたが、C60では全くそのようなフィーリングはありません。でも路面の状況はきっちり伝えてきます。それもゴツゴツという感じではなくポソポソという感じのシグナルを送ってきます。不愉快な突き上げや神経質な挙動もありません。下りの安定感はさらに増し、太いダウンチューブやBBの剛性が上がったおかげで、ダンシングは実に気持ちがいいです。
    こうやって書くといいこと尽くめですが、多分新車効果でテンションが上がっているためかもしれませんので、話半分で…
  • 2014/10/03 22:20 | URL   [ 編集 ]
  • みきおじ 

  • shimagnolo様

    とってもインプレが素晴らしいので、
    私も2台目がほしくなってしまいました。
    いろんな自転車との出会いも楽しみの
    ひとつですね。
  • 2014/10/04 00:25 | URL 
  • shimagnolo 

  • みきおじさん、ありがとうございます。
    素人の感想にもならないようなインプレでお恥ずかしいです。
    気にはなっていたものの今回は買うはずではなかったんです。でもおっしゃるようにこれも出会いだと無理やり自分を納得させています。(笑)
    昔から女房と畳は新しいほうがいいといいますが、自転車もそのようです。これから少しづつ感想というかご報告をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
  • 2014/10/04 07:19 | URL   [ 編集 ]
  • C 階段 

  • C60納車おめでとうございます。やっぱりカッコいい!
    私もちょこっと試乗させてもらっただけですが、インプレ全然眉唾なんかありませんよ。ほんとに素晴らしいフレームだと思いましたもの。

    今改めて私が一台買うとなったらDogmaF8でなくやはりC60買うと思います。見てよし、乗ってよしの名車ですもんね。ほんとに羨ましい限りです。

    せっかくの名車ですからこれからガンガン乗ってあげてください。
  • 2014/10/04 10:21 | URL   [ 編集 ]
  • shimagnolo 

  • C 階段さん、ありがとうございます。寝言のようなインプレに、他ならぬC 階段さんからそのようなお褒めの言葉をいただくとは恐縮至極です。
    見栄え以外、自分でフレームを判断することはできませんので、できるだけ代理店やメーカーと利害関係がない個人の方のインプレを読ませていただきました。中でもC 階段さんのブログは一つの決め手になりました。いや、一つの決め手になったどころか、かなり我が意を得たと同時に大きな力で背中を押していただきました。
    もっと脚も心肺機能も優れていれば、C60をもっと気持ちよく走らせることができるだろうにと、前期高齢者であるわが身を恨みます(笑)

    後になりましたが、お怪我のその後はいかがでしょうか。楽しみに読ませていただいているブログの復活を楽しみにしております。今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。
  • 2014/10/04 20:11 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/726-e5f15025

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク