2014/09/26 20:57
現在イトイサイクルに下に掲載した2台のC60がフレームの状態で在庫されています。
興味のある方はご覧になれます。
classic-ofwh_l.jpg
OFWH(クラシックホワイト)

classic-ofma_l.jpg
OGFMA(クラシックブルー)

アメリカやヨーロッパの各メーカーから渾身の一台ともいえるフラッグシップバイクが次々と発表されています。
軽量化の波は怒涛のような潮流となり、中にはびっくりするほどの超軽量フレームも発表されています。
巡航速度はともかく、加速やヒルクライムでは相当なアドバンテージがあるのは間違いありません。

しかし自転車はフレームだけで走るものではなく、コンポがありホイールがあって、それらが三位一体となって実力が発揮されるものです。
その他のパーツももちろん走りに貢献しないわけではないですが、やはり上記の三つがメインであることは衆知の認めるところでしょう。

一番大事なこと!
走りに最大限に貢献するのはエンジンですね。でもこればかりはあまり話題にしたくありませんが(笑)

各メーカーは、いかに自社のフレームが優れたパフォーマンスを発揮するかアナウンスに余念がありませんが、所詮素人にはその違いはよくわかりません。
僕だけですか?一緒にされてはたまりませんね(笑)

僕には趣味の道具をプロと同じ目線で追及する意味がよくわからないので、好きかどうかが常に判断基準の最上位にあります。
気分で自転車を楽しんでいるので、自分の好きなフレームやコンポやホイールで組んだ自転車に乗っていると自然と気持ちが高揚します。
だから自分の所有するバイクそれぞれによって高揚感には差があります。
どのバイクもわが子のようなものだから大事にしていますが、子供だって一人ひとり個性があって親との相性に違いがあるんですからねぇ、そういうことです。

とか何とか言っても所詮は気分だけですから、記録を取ってみれば機材によるパフォーマンスにほとんど差がないことが直ちに露見します。

しかし正しく機材を吟味するレース志向の方はそんな寝言や世迷言は決して口にしないでしょうね。
だからそういう方を自分と一緒には致しません。

さてこのたび購入することになったCOLNAGO C60ですが、今年の春に発表された時から現在に至るまで、欲しいという気持ちを抑えつつ雌伏の時を過ごしてきました。←やや大袈裟ですかねw
2015年ニューモデルの発表時期としては異例であるし、オーダー生産という発表でした。
注文後おおむね3か月後に入荷するというものでした。
だから、これまでのように輸入代理店に好きなカラーとサイズの在庫があるかどうかを確かめて、気が向いたときに買うという衝動性は通用しませんね。
今まではこの衝動買いパターンが多かったのですが、C60に関しては買いたい気持ちがどんどん募るということはありませんでした。

でも気になっていましたね、ず~っと……先ほどの論理でいえば、COLNAGOのCシリーズが好き!それだけです。
実力とバイクの乖離を指摘されれば、もっともすぎて返す言葉がありません。

そうこうするうちに夏が過ぎ秋を迎えました。
ブログでも書きましたが、健康診断の結果、大腸の精密検査が必要であるということになりました。
特段気にしたわけではありませんが、健康であることは決して当たり前ではないことに気づかされました。
精密検査の結果がシロだったら新しい自転車を買おう…なんとなくそう思っていました。ほかに趣味らしい趣味がないですから…
そこへ登山という新しい趣味を教えてくれる方が現れました。まさに自分の知らない世界への扉を開けていただいた思いでいっぱいでした。

結果がシロだったら…という気持ちも少しずつ薄らいでいきました。

そんな時、イトイサイクルの部長から以下のような電話がありました。
「昨日COLNAGOの展示会に行ってきたんです。店にC60を在庫しようと思っているんですが、クラシックブラックかクラシックホワイトがかっこいいと思うんですよ。参考までにお尋ねするんですけどSさんはC60のカラーではどっちが好きですか。いや参考までにお聞きするだけですよ」
"きたな!"と思いました。
僕はお店に行くたびにクラシックホワイトがいいと言っていたので大体はご存じだったと思うのですが、なぜか確認です。
「サイズは45Sでしたっけ」と続いたので、「僕まだ買いませんよ」というと、「それはわかってます。45Sは比較的売れるサイズだし、お店にはブラック系の自転車が多いのでホワイトにします」
こんなやり取りがありました。

イトイサイクルは本当に面倒見がよくて、決して押し付けるような売り方はしません。それは常連の方がよくご存知です。スタッフはもちろんショップもみんなに好かれています。

その後お店に遊びに行ったときにこのことを確認しました。
するとクラシックホワイトの45Sがオーダーしてあるという……知~らないよ(笑)

そして昨日のことです。
Uさんから「来ましたよ!」というコメントとT女史がC60を抱えた写真が送られてきました。
実のところ昨日一日は気持ちが揺れましたよ。
で、本日お店に行ったのが運の尽きでした。

実際に見てしまったらもう駄目です。サイズまで合っているのですから。
ず~っと片思いをしてきた恋人に会ったようなものです。

現在手元にあるCOLNAGOは下記のラインナップなので…
C40 : Campagnolo Record , Shamal Ultra or Fulcrum Racing zero
CF4 : Campagnolo Super Record , BORA ULTRA Two or BORA ULTRA 35
C59 : Campagnolo Super Record EPS , BORA ULTRA Two or BORA ULTRA 35

C60のコンポは趣向を変えてShimano DURA-ACE 9070 Di2にすることにしました。
カンパのEPSはもちろん好きですが、正確無比で安定した性能のシマノのDi2がどう進歩したか知りたいと思いました。
これを決めるのにバスさんから貴重なご意見をいただきました。
ありがとうございました。


Twitter : @pa_hoehoe
スポンサーサイト

4 Comments

  • バス 

  • なるほど!!
    そう言う経緯があったんですねw
    もし僕が同じ立場なら間違いなくShimaさんと同じ結果になっていたと思いますw
    でもC60は絶対に間違いないと思います。
    ユーザーとして言うのもなんですがC59よりも更にコルナゴの意気込みが感じられます。
    その意気込みはデザインやカラーにもあらわれています。
    色はやはり白か青の2択ですよね。
    でも改めて青を見るとちょっとメリハリが無いですね、黒い部分が白だったらもっとメリハリが付くのでしょうけど。
    となるとやっぱり白!!やはりダントツに良い色です!!
    白ですと洗練されたイメージもありますのでシマノのコンポにも良く似合うと思います。
    そしてホイールはボーラ35が使えるわけですね。
    Di2でカンパのカセットがスムーズに変速するのはちょっと得した気分で快感ですw
    納車が楽しみです!!
  • 2014/09/26 23:08 | URL   [ 編集 ]
  • shimagnolo 

  • 実はそういうわけなんです。
    でもバスさんならあんな経緯がなくてももっと早く買っていましたよ、きっと!w
    C60のカラーリングももちろん気に入っているのですが、試乗インプレがあまりにもいいので、普段信じていないくせにこういう時は都合よく信じて自分で買う気をあおりました。

    C59の時もそうでしたが、今回もフレームの性能そのものよりもパマペイントのセンスと仕上げの見事さに惹かれて買いました。もうまさに工芸品というか、芸術の域だと思います。一方であんなにデリケートじゃなく、スポーティーでスパルタンなほうがいいという人もいるでしょうから、多分好みは分かれるだろうと思います。

    バスさんとはフレームの好みが近いんでしょうね。TIME RXRSもそうだし、LOOKもバスさんが乗っていたフレームが好きでした。そしてバスさんとの縁結びになったCOLNAGO C59のADARカラーがまさにそうでした。

    コンポの件ではバスさんの経験にそのまま相乗りさせいただきました。
    確かにDi2でカンパのカセットが使えるのは大発見でした。BORA ULTRA TWOもULTRA 35もカンパとシマノの両方の11Sで使えるわけですからね。このことを教えてもらわなかったら、C60もカンパのスーレコのEPSという高額なコンポにしたと思います。

    バスさんの新車はいつになりそうですか?
  • 2014/09/26 23:50 | URL   [ 編集 ]
  • バス 

  • 僕の方は・・・w
    今ちょっとポジションなども大きく変えているところなので、今季はフレームは見送ろうかな?などと珍しく消極的になっています。
    でも、その代わりに「あの」ホイールでも・・・などと妄想を膨らませていますw
    いやぁ~しかし自転車は乗るのももちろんですが、道具が楽しめるのも良いですね!
    悩みは尽きませんw
  • 2014/09/27 08:48 | URL   [ 編集 ]
  • shimagnolo 

  • バスさん、そうでしたか。珍しいw
    でも僕と違って先が長いから、ゆっくり考えてください。
    「あの」ホイールって、もしかして「あのホイールですか?!」
    人様のことは言えませんが、あまり物欲を膨らませないようにしようと思います。
    5台の自転車を均等に乗るのは無理ですからね。でも古いのも処分できない…
    悩みは尽きません…て、バスさんとは意味が違いますね。
  • 2014/09/27 12:28 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/723-44ab6603

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク