2014/09/22 08:33
雨だったはずの天気予報が変わり、晴れ間の見られる日曜日になりそうです。
20日のサイクリングが不発になったので、翌朝は早起きして出かけるつもりで夜のうちに準備をしました。

昨夜は早めに床に就いたので、今朝はアラームがなる前に目覚めました。
早くも内容は忘れてしまいましたが、変な夢で目が覚めたので爽やかな目覚めというわけにはいきません。
よほど二度寝をしようかと思いましたが、空は晴れているようなので二度寝をすると後で後悔しそうです。
意を決してベッドを出て、厚切りのパンをアイスコーヒーで流し込んで6時半には家を出ました。
本日の走行ルート
本日の走行ルート
家を出てしまえば早朝の自転車はやはり爽快です。
久し振りのロングライドになりそうなので、徐々にテンションも上がってきます。

さすがに日曜日、早朝から走るローディーも多く、すれ違ったり抜きつ抜かれつだったり…退屈せず脚もよく回り始めます。

ルートは比較的交通量の多い道を通るのでそれなりにストレスもありますが、救われたのは日曜日で大型トラックがほとんど走っていないことです。

巾着田まで残り1kmほどの辺りから歩道には俄かに人が増えてきました。
近づくほどに人波は混雑の様相を呈してきました。
花火が終わって引き上げる人波のようです。
毎年のように巾着田を訪れますが、こんなにたくさんの人が押し寄せるのを見たのは初めてです。
いや実にすごい人出です。しかもまだ時間も早かったはずです。
しかしこの大変な人出も納得です。天気に恵まれた日曜日で曼珠紗華もまさに見頃でした。

数年前にT.M.さんと訪れた時の彼の言葉を思い出しましたが、今年はやや様子が違います。
「巾着と彼岸だもの、年寄りが多いわけだよw」と言った彼の言葉とは裏腹に、今年は若いカップルや家族連れが多くて意外でした。
あの時は平日だったのかもしれません。それで年中暇な年寄りが目立ったのでしょうかね。

曼珠紗華はまさに今が盛り!
論より証拠の写真をご覧ください。
巾着田1
巾着田 1

巾着田2
巾着田 2

巾着田3
巾着田 3

巾着田4
巾着田 4

巾着田5
巾着田 5

巾着田6
巾着田 6

巾着田7
巾着田 7

巾着田8
巾着田 8

巾着田9
巾着田 9

巾着田10
巾着田 10

巾着田11
巾着田 11

血のような毒々しい色と妖しい花の姿に当てられて、やや食傷気味になりました…
早々に引き上げてお気に入りの「日月堂」でパンとコーヒーを楽しもうとR299を秩父方面に向かいました。
巾着田からものの10分も走ると着いてしまいました。いつものことですが、かなり位置を思い違いしていました。

基本はパン屋さんだから朝は早いものと勝手に思い込んでいましたが、「CLOSE」の看板が下がっています。
営業時間は11:30からのようです。まだ1時間近くあります。

巾着田から2~3kmのところに「聖天院」と「高麗神社」があるので、しばらく振りに寄ってみることにしました。
しかしフル充電しないままコンデジを持ってきたので残量が厳しくなり、これらの写真はナシです。

開店の時刻になったので「日月堂」に戻ってみると、あらま!
駐車場にはクルマがいっぱいです。
(下の写真は駐車場ではありません。臨時も含めると駐車スペースはたっぷりあります)
日月堂1
日月堂 1

日月堂2
日月堂 2

テラス席もほとんどいっぱいです。
日月堂3
日月堂 3

「合い席になるかもしれませんが…」と8人掛けの大きなテーブル席に案内されました。
ま、合い席は気にしません。むしろ一人の時には合い席歓迎です。

土日祝日は石窯ピザが食べられるようです。
もちろんピザをオーダーしました。サラダつきのセットを注文し、珈琲がなかなかいけることを思い出してブレンドも!
日月堂9
日月堂8
ピザ、サラダ&珈琲

「日月堂」はいい雰囲気の建物と抜群のロケーションがお勧めですね。
日月堂4
日月堂 4

日月堂5
日月堂 5

日月堂6
日月堂 6

日月堂7
日月堂 7

R299に面しているとはいえとても気づきにくいので、訪ねてみようという方はくれぐれも見落としませんように!
オープンと同時にかくも混んでいるところを見ると、僕のようにわざわざ訪れた客ばかりのようです。
ほどなく内外全ての席が一杯になり、順番を待つ人が数組もできました。
こうなると落ち着きません。食事や珈琲ブレイクが済んだ人はそわそわと立ち上がり、客が入れかわります。
僕も釣られて精算して出ることにしました。

そういえば20日のサイクリングにご一緒するはずだったkazuさんと「日月堂」に来る約束をしていました。
kazuさん、近いうちに必ずご案内しますね。


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

2 Comments

  • kazu 

  • 是非、お願いしま~す!
    顔振でも登ったあとで、寄ってみたいです!
    10月こそ、またご一緒させてください。
  • 2014/09/27 22:45 | URL 
  • shimagnolo 

  • kazuさん
    顔振峠の激坂を登って走る奥武蔵グリーンラインも懐かしいです。もうずいぶん前に行ったきりのような気がしています。間もなく10月、自転車には最高のシーズンですね。
    今度こそ日月堂で珈琲ブレイクを楽しみましょう。
  • 2014/09/28 06:27 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/719-625702ca

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク