2014/07/23 17:24
今年の夏は「登山元年の夏」になる予定です。
山用品は何一つ持っていないので一から揃えなければなりませんが、夏山用は他の季節の用品ほど値段は高くないのだろうと思います。
それは自転車のウエアも同じですが、自転車だと他のギアは四季を通じて基本的に変わりません。

遊ぶためのグッズが日用品に比べて値が張るのは分野を問いませんね。
山用品も一つ一つが機能を追求したものなので、性能やデザインに応じてピンからキリまであります。
色々なことがわかってくると、買い物ももっと愉しくなるのでしょう。
登山用具1
登山用具ショッピング
今日は第一回目の買い物だったので、大きな袋二つです。
ネコが珍しがって寄ってきましたw

ザック1
ザック
ザックは容量と色で選べばいいものだと思っていましたが、とんでもない誤解でした。
山小屋に一泊程度の登山を対象に、いろいろなザックを背負わせていただきました。
これがびっくりするほど一つ一つ違います。アドバイスしてくれる店員さんが調節しながら横からも後ろからも、そして上からも見てチェックしてくれます。そして次々にダメ出しをします。その時々理由をきちんと説明してくれるので、納得です。
色や形も大事だけれど、長時間背負って歩くことを考えると、疲労に直結するフィット感がいかに大切かわかりました。
そしてやや派手だけれども、これが一番体に合っていました。なぜかこのメーカーはどれも派手なカラーリングですがオレンジで手を打ちました。他には派手なグリーンとイエローの2色がありましたが…

トレッキングポール
トレッキングポール
トレッキングポールには伸縮式と折り畳み式があります。折り畳みの方が軽いのでそれを買うばかりになっていました。
しかし伸長式の方がゴムキャップの形状やショックアブソーバーがついているなどで初心者向きだとのアドバイスに従いました。
長さの調節などもしやすく使い勝手がよさそうです。

靴下
登山用靴下
靴の試し履きの時に貸していただいたのがこれと同じで、新製品だとのこと。ソフトな足当たりで疲労の軽減になりそうです。

レインウエア上下
レインウエア上下
僕は背も低く華奢なので、なかなか合うものがありません。Sサイズでもやや大き過ぎる場合が多いのですが、これは基本的に素肌に着るものではなく、重ね着にするのでこれで大きさに問題はないとのことでした。カジュアルウエアでも男性用の小さめのSサイズは自由に選ぶほどの種類がありません。これは自転車のウエアで散々思い知らされているので、登山のウエアでも自分にぴったりのメーカーを探すのは少し時間が必要だと思いました。自転車のウエアだって、Assosだけがなんとか体にフィットするとわかるまで、試行錯誤がありましたからね。

軽量ダウンウエア
超軽量ダウンジャケット
これもいろいろなメーカーのを試着しましたが、フィット感が今一つ…
メンズを諦めてレディース用で探してみました。サイズ的にはこれがベストフィットでした。
カラー的には各色混在でどうするの!という気がしないでもないですが、同時に外部に見えるような着方はしないということで…
このダウンを着て山を歩くことはほとんどなく、山小屋や星の観察に外で着たりするのが主な用途だそうです。
薄型軽量だけれども、関東の平地の冬ならこれで凌げるので普段から活用してくださいとのことでした。

登山靴
登山靴
靴はとても大事と言われていたので、店に入って一番初めに靴の相談をしました。
まず靴下を履いた状態で足の採寸をしていただき、歩く山と季節に応じた種類を出していただきました。
脚を入れてみるとこれがとても具合がよく、1時間半ばかり店内で履いたまま他の買い物をさせていただきました。
店員の方が時々甲やサイドを触ったり押したりしてチェックしてくれました。とても快適で僕にも問題が無いように思えました。
最後に短いスロープを上ったり下ったりして、踵と爪先の様子を見ていいただきました。
こちらも問題なしです。
色や形はもっと気に入ったのもありましたが、気持ちよく長時間歩けることが一番だとこれに決めました。

初めての買い物から100%の納得はあり得ません。
何度か失敗したり、人の持ち物を見たりしながらお気に入りを手に入れていくのだと思います。



スポンサーサイト

2 Comments

  • doroke 

  • ブログ読んでいて、山の装備品の紹介で、いつMTBが出てくるのか待っていましたが・・・。

    山を制したら、次は海でしょうか?
  • 2014/07/25 20:31 | URL 
  • shimagnolo 

  • > dorokeさん
    MTBをする予定はないですw 自転車はやっぱりロードでしょ!
    寿命がきりなくあるわけではないので、いろいろやりたいとは思いますが、何ごとも誘ってくれる人次第ですよね。自転車だって同じ!一緒に走ってくれる人が好きだから楽しめるし、長続きもするんです。どんなに面白いことでも嫌な奴とやるくらいならしない方がましです。
    で、海はダメな気がしています。普通に息ができないところは怖いです…
    8月になったらみんなで走りましょう!
  • 2014/07/25 23:04 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/692-180b36a3

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク