2014/07/23 08:07
親戚に行く予定が昨夜キャンセルになり、今回も突然ロングライドに出掛けることになりました。
偶然にも本日梅雨が明けたようですが、本格的な真夏のロングライドシーズンが訪れる前に、暑さと長距離走行に体を慣らしておこうというわけです。

00本日の走行ルート
本日の走行ルート
どうせ慣らしライドなら、好きなルートで200kmを自走することにしました。
このコースは調子がいまいちの時は終盤の長い平地が辛いのですが、変化にとんだ前半の山岳ルートに魅かれて足が向いてしまいます。
箱根湯本か小田原から輪行帰宅すれば好きな所だけを走れるのですが、それでは130~140kmどまりになってしまいます。

今日は朝ご飯を食べずに出てきたので、東原宿交差点そばのセブンで朝ごはんです。
朝っぱらからパスタを食べます。生パスタとトマトソースの容器が分けられていて、温めた後で混ぜるというものです。
値段が安いのだから、ちゃんとしたイタリアンの味を求めるなど見当違いです。温めてもらえばおいしく食べられます。
けっこう癖になって、最近ではパンやおにぎりより好きですね。

満足して先へ進むと、三ケ木の坂の手前で交通規制をしています。
事故で双方向とも通行止めになっています。
もちろん車両だけが対象で、人や自転車は通行できます。

事故現場を通りかかると、超と言ってもいい大型のトラックの前部が大破しています。
なにとぶつかったのか、相手も車両だとすればすごいダメージを受けたでしょうね。

野次馬にならずに三ケ木交差点手前の激坂を上り始めました。
するとママチャリに乗った高校生の一団が挑戦してきました。
振り返って見たりすると刺激しそうなのでそのまま普通に上ります。
しばらく白いYシャツ姿が視界の端っこ見えていました。
相手がもっと若いローディーだったら、彼らも挑んだりしなかったんでしょうけど…
やがて一人、また一人と追走を止めたようで、高校生の一団はバックミラーのなかで小さくなっていきました。

実質的な最初の補給&休憩は青野原のセブンです。
朝ご飯は先ほどのセブンで済ませたので、白クマのアイスを買って食べ始めました。すると二人の若いローディーがやってきました。
話をしていたらどうやら高校生らしい。本当に若いです。
うち一人はいかにも走りそうな体型で、Pine Hills のチームジャージを着ています。
その子はとても人懐こくて、よくおしゃべりをします。
彼らのチームのこと、そのチームは最強でプロ選手や競輪選手も輩出していること、これからエントリーするレースのこと、埼玉県から来たこと、子の権現の坂が激しことなどいっぱい話してくれました。
僕の行き先を尋ね、彼らも山中湖までは一緒でそこから引返すとのことでした。

補給用ドリンクを買いに店に戻っているうちに彼らはスタートしたようでした。
どうせ追いつけないだろうし、一緒に走る気はなかったのですけどね。

いつものつり橋の手前3~4km手前で彼らの姿が捉えられました。
"なんだ、意外と遅いじゃないか…"
しばらくすると路肩で二人して止まっています。
連れの初心者がダメになったのかもと思って、挨拶して先に進みました。
01久保のつり橋
久保のつり橋
吊り橋でトイレを借り、コーラを買って飲みながら彼らの到着を待ちました。
上ってくる写真を撮ろうと思ったのです…が来ません。

03道志渓谷
道志渓谷
道志の山も渓谷も深い緑に覆いつくされています。

04道志川
道志川
「道志の湯」の近くに友だちになった犬がいるのですが、今日は暑いのでどこか涼しいところに引っこんでいるようです。
川では子供たちが飛び込みをしたり、大人たちは少し離れたところで渓流釣りをしたりして楽しんでいます。
あまりにも汗が激しく流れるので、僕も道志川に飛び込みたい衝動に駆られます。

05四里塚
道志 四里塚
いつも立ち寄る四里塚の四阿です。ここが大月方面との分岐点になります。
ここまで来れば「道の駅どうし」はすぐです。

06PineHills.jpg
Pine Hills のチームメンバー
道の駅でトイレを済ませ、顔や頭を洗ってからぶらぶらしているとセブンであった二人連れがやってきました。
「パンクしちゃったんですよ」ということでした。立ち止っているところで何も聞かず、そのまま通り過ぎてしまったのを恥じました…

ジャージを着た牽引役の体格のいい方の子はレースでもしばしば活躍しているようです。
今日は相手がまだ初心者ということもあって、ジャージ君はず~っとフロントはアウターでリアはローから4枚目くらいで走っているとのことでした。
筋肉トレーニングのつもりなんでしょうね。
この後の山伏峠もそれで行くというのです。しかもアウターは53!
彼らが先にスタートし、その後会うことはありませんでした。やっぱり速い…

07山伏トンネル
山伏トンネル
山伏峠に着く前にFELTに乗った20歳くらいの子に抜かされました。走り方は下手で未熟ですが、若いってことはそれだけで強いんですね。

08山中湖
山中湖 1
今日も富士山は雲に覆われてその姿は拝めません。
今頃の季節は仕方がないのでしょうね。しかもすでに10時半を回っていましたから…

09山中湖
山中湖 2
湖畔の公園では家族連れが木陰でのんびりとしています。

10山中湖
山中湖 3
桟橋のような木道があるこの場所が好きです。冬の印象が素晴らしくて、季節が変わってもつい立ち寄ります。

11山中湖
山中湖 4
湖水の向こうに富士山が聳えていれば言うことはないのですけどね。

今日は山中湖を時計回りに御殿場方面へ左折する交差点を目指します。

12山中湖
山中湖 5
湖畔沿いには広い公園があり、そこには長い散策の道が配置されています。
「夕焼けの渚の公園」というらしいです。

13山中湖
山中湖 6
自転車が禁止されている様子はないので、アップダウンする散策路に乗入れました。今回で二度目です。

お昼ごはんはどうしようと考えながら散策路を進みました…
この暑さだから「ほうとう」はないよな…

14山中湖
山中湖ヴィレッジ 1
ふと見ると何やら感じのいいリゾートスペースにレストランが併設されています。
FUJIYAMA KITCHEN です。

15山中湖
山中湖ヴィレッジ 2
せっかくの天気だから、アウトドアの席を選びました。
なかなかいい趣味で、くつろげる空間です。

16山中湖
山中湖ヴィレッジ 3
今日は一人なので、この写真の奥の席に案内されました。

17山中湖
山中湖ヴィレッジ 4
ここで大失敗!
朝のセブンでトマト味のパスタを食べたのをすっかり忘れて、またトマト味!
「ナスとトマトのメランザーネ」を注文してしまいました。
トマト味はすごく好きなのでいいんですけどね…

18山中湖
山中湖ヴィレッジ 5
食べ始めたらキジトラの子ネコがやってきました。レストランに住み着いているのだそうです。
近寄って写真を撮ろうと思ったら、床下に隠れてしまいました。

19山中湖
山中湖ヴィレッジ 6
食後に珈琲をオーダーするのは久しぶりです。
僕には行きつけのカフェが2件あってどちらもおいしい珈琲を飲ませてくれます。
そんなことも理由で、レストランの食後のコーヒーが素直に愉しめなくなりました。
今日も…

20籠坂峠
籠坂峠
少しのんびりしてから籠坂峠に向かいます。
一応本日二つ目の峠ということになります。
火曜走行会でほとんど同じルートを走った時、初めてここを走った方が「籠坂峠が一番きつかった」と仰ったのを思い出しました。
峠そのものはきつくないのですが、山伏峠を越えて山中湖に下るまでに既に100km以上走った後だったからでしょうね。

籠坂峠から御殿場までは長いダウンヒルです。
須走まではいかにもダウンヒルという爽快な道ですが、その後の御殿場までの道はあまり愉しくありません。

御殿場を抜けてから乙女峠にするか長尾峠にするかちょっと迷いましたが、ついこの間バスさんと長尾峠を走ったので今日は乙女峠に上ることにしました。

快調に…と言っても、速くではありませんよ…乙女峠に到着です。
脚や心肺に苦しさやつらさは全くありませんが、なにしろ暑い! 
流れる汗は半端ではありません。今日は何回水をかぶり、何本のドリンクを買ったわからなくなるほどでした。

21乙女峠
乙女峠 1
乙女峠からも富士山は見られません。そのせいか茶店に立ち寄る車もいつもより少ないです。

22乙女峠
乙女峠 2
そしてこの熊と金太郎の銅像です。
今さら金太郎のお尻をなでても、良い子には育ちません。でも生まれ変わった時のために…(笑)

孫たちが良い子に育つように3回なでてみました。

「金太郎もおおよろこびです」とありますが、なでた子がよい子に育つからか、お尻を触られたのがうれしくてなのか…
後者のようにもとれますが、なんだか変ですね。

この後はたいして楽しくないも箱根へのダウンヒルと、さらに小田原までの下り基調の道が続きます。
飛ばすでもなく慎重にでもなく走りました。
その後はさらに楽しくない長い平坦地です。
150kmを過ぎたあたりからサイクリングではなく、ただの苦行でした。

「あ~、疲れた!」、走りながら声に出してしまうほど疲れ切りました。
最後に日陰のない夏の海岸線を走るのは、体も心も本当に消耗します。


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

2 Comments

  • Snufkin 

  • 200kmのロングライドお疲れ様です。
    この季節からは本当に暑さが応えますね。しかしながら、道志みちを始めとするコースは走っていて楽しいものですね。高校生が何故走っている?と思いきや、夏休みなんですよね!

    羨ましい〜
  • 2014/07/24 07:56 | URL 
  • shimagnolo 

  • > Snufkinさん、ありがとうございます。
    関東も梅雨明けになって、いよいよ本格的なサマーライドの季節ですね。
    これからは少しでも涼を求めて山と谷川の爽やかなコースを走りたいですね。
    僕は年中休みなので高校生の夏休みは羨ましくないですが、あんなに若い時にロードを始めた彼らが羨ましいです。
    Snufkinさんも熱中症やハンガーノックには気をつけて自転車を楽しんでくださいね。

  • 2014/07/24 14:27 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/691-e6a6f094

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク