2014/07/21 08:46
昨日はようさんと茅ヶ崎の熊やでランチの後、北鎌倉まで走りました。
初めてでしたが、ここのごはんはバラエティー豊かでおいしくて、お腹がいっぱいになります。お勧めですね。

鎌倉では亀ヶ谷坂(かめがやつさか)に連れていかれ、最高勾配が20%に迫るような激坂を上らされました。
亀ヶ谷
亀ヶ谷の激坂

その後はいつもの石かわ珈琲です。
今日は開店5周年でした。
おめでとうございます。
次の5年の更なる飛躍をお祈りしています。

珈琲を前にようさんと話していると、途中から顔なじみのNさんが登場しました。
その後は石川さんご夫妻も加わって愉しいひと時でした。
閉店後まで居座りました。
どこへ行ってもこういうところが治りません…申し訳ございません。

帰りはお腹を空かせたようさんと泉区の丸亀製麺で晩御飯をいただきました。
僕はここも初めてです。
トッピングが自由に選べるシステムはいいですね。
麺も腰があっておいしい!

ここまでは本当にいい日曜日でしたが…

ようさんといずみ中央付近で別れると、すぐポツポツときました。
あれよあれよという間に降りが激しくなり、一気にバケツをひっくり返したようなゲリラ豪雨となりました。

"一度濡れたら二度は濡れない…♪"、なんて調子で環状4号を走り続けましたが、雨は激しさを増す一方です。
路面には捌けきれない水が川のように流れ、目も開けていられないほど激しく雨粒が降り注ぎます。
"これ以上は濡れないんだから…"、とそのまま自宅まで走ろうと思いましたが…

"待てよ、こんな路面でこんな激しい雨の中を飛ばしたら、ハブやBBに水が浸入してまずいことになるんじゃないか…"
そう思って、一旦瀬谷駅近くのコンビニに避難することにしました。
ちょうどその時さっきまで一緒だったようさんから、「自宅に着きました。今回は雨にもふられずよかったです!…」なんてメッセージが届きました。orz…
彼は濡れずに家に着けてよかったですが…

コンビニの軒下はまるで滝を裏側から見ているように、看板から怒涛のように水が落ちてきます。
体はびしょ濡れですから、店内に入るのは憚られます。
しばらく外に佇んでいると体が冷えてきて寒くなってきました。
これではなおのこと冷房が利いた店内に入ることはできません。
ガタガタ震えながら雨が小降りになるのを待ちますが、一向にその気配がありません。

わずかでも雨の勢いが衰えるのを見計らって外へ飛び出しました。
DSC_0006_20140721085824414.jpg
雨は弱くなってもこの激しさ!

ところがいくらも走らないうちに再び猛烈な雨が襲ってきました。
天の底が抜けるって、こんな雨を言うのでしょうか。

頻繁に光る稲妻の激しい閃光で、あたりは昼間のように明るくなります。
その瞬間、落雷が何か所にも発生しているのが見てとれます。
直後には、腹に響くような、鼓膜を張り裂くような、とてつもない雷鳴が轟きます。
雷にはさほど恐怖を感じないたちですが、今日はさすがに怖かったですね。

雨宿りしたコンビニから自宅までまだ10kmほどあります。
雷も怖いし、体はびしょぬれで寒いし、おまけにCULTのハブやBBが気になります。

その心配が天に通じたのか、自宅まであと2kmのあたりで雨は小康状態になりました。
"何だ、こんなことならもう少し雨宿りしているのだった"と思いましたが…

自宅近くまで来ると完全に雨が上がりました。
"なんたること"

最後の最後にとんでもない落ちのついた日曜日でした。


Twitter : @pa_hoehoe


スポンサーサイト

2 Comments

  • doroke 

  • この季節は、汗でずぶぬれになるか、雨でずぶぬれになるかのどちらかですね。。。

    今日はそこまででもないものの、そろそろ奥多摩湖も灼熱の釜のように熱くなりそうです・・・ 
  • 2014/07/22 21:19 | URL 
  • shimagnolo 

  • > dorokeさん
    なるほどね、そう言われればそうですね。どっちみち濡れるんなら雨の方がよさそうですが、雷は怖い。
    それと雨の中散々走った初代のレーシングゼロは、リムが擦り減りハブに水が浸入して使い物にならなくなりました。
    こういうことさえなければ、雨の中を走るのはさほど苦痛じゃないです。霧雨程度なら水冷効果もあったり…
    奥多摩ではいい試走ができましたか。
  • 2014/07/23 07:24 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/690-255c263b

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク