FC2ブログ
2014/06/26 21:42
※訂正:だましのしまださんから林道名の誤りを教えていただきました。文中あるいはキャプションにありました「日向林道」は、正しくは「仁ヶ久保林道」だそうです。謹んで訂正させていただきました。つまり日向林道は仁ヶ久保林道終点を右折してからその一部を走ったことになるようです。
しまださん、ご指摘ありがとうございました。今後もよろしくお願いいたします。

だましのしまださんのブログはこちら←ここをクリック

今日は木曜走行会です。メンバーはたった二人ですが、会の将来の飛躍を期待して命名しておくことにします。

今日のブログも、文章記事を一文でも少なくできるように写真のオンパレードとなりました。
お見苦しい場合は、どうかざっと通り過ぎてください。

00ヤビツ走行ルート
本日の走行ルート
先日来バスさんからお誘いいただいていて、都合が合って余力があれば一緒に走ろうということになっていました。
昨日の野暮用が短時間で済み、比較的元気なのでヤビツTTの後に周辺の林道を走るという計画に乗らせてもらいました。

いつもの場所に午前6時集合です。
途中のコンビニで補給や休憩をはさみながら名古木に到着です。
ここから用意ドンでヤビツ峠を目指します。

今日のバスさんは最初から飛ばします。一方僕は全く脚は回らずテンションは思いっきり下がったまま…途中でやめたい止めたいとず~っと思いながらのヒルクライムでした。
バスさんの背中はすぐに見えなくなりました。今回は信号一つに引っかかっただけで、コンビニの信号は直前に青になり、おかげで足もつけません。

一体全体どんなひどいタイムになるんだろうと思いましたら…
前回同様やはりひどいタイムではありましたが、誤差の域を出ません。どう走っても同じということのようです。
ラップの終了ボタンを押すのが5分程度遅れたので正確な数字はわかりませんが、今回もだいたい54分もかかったようです。
まぁ、いいんですけどね。と負け惜しみを言いつつも、火曜走行会で目玉を三角にして頑張った風張峠TTのベストタイムが懐かしい…

01ヤビツ1
ヤビツ峠
バスさんに遅れること10分くらいでしょうか。
出迎えて写真を撮ってくれました。

これを見るとへらへらしていて、どう贔屓目に見ても使い切ったとか出し切ったとかの雰囲気は皆無ですね。

02ヤビツ2
ヤビツ峠
居合わせた方にツーショットをお願いしました。

04蓑毛
蓑毛のネコ
「Sさんはネコとイヌとどちらがすきですか」とバスさん。
僕は両方とも好きと答えましたが、実際はネコでしょうかね。
ネコ好きが猫を愛する共通のポイントは、"わがままで、自分勝手で、きまぐれで、決しておもねることがなく、自由奔放に生きるところ"でしょうかね。

03蓑毛1
蓑毛のネコ
なんだか自分の欠点をあげつらっているみたいで、ネコがいっそういとおしくなります。まさにネコ好きのネコ好きたる所以ですね。イヌ好きの人だったらうんざりするでしょうね。

しかし両方好きというのは本当で、幼いころからイヌやネコに囲まれて育ちました。
ではなぜ現在イヌでなくネコを飼っているか理由は簡単です。ネコは手がかからないからです。

蓑毛バス停のトイレで顔や頭を洗ってさっぱりして、浅間山林道へ向かいます。
05浅間山林道
浅間山林道入り口
通行止めのゲートが閉まっていますが、自転車は脇から侵入して走ることができます。

06浅間山林道
浅間山林道入り口
初めての道なので、ワクワクしますね。どんなことでも未体験ゾーンへ脚を踏み入れるのは愉しいですね。

07浅間山林道
浅間山林道
下界の暑さが嘘のようです。木立に囲まれた山道はオゾン一杯、湿度さえも暑苦しさではなく潤いを感じさせます。
ヤビツに上る道より数倍好きですね。

08阿夫利神社参道
阿夫利神社参道・清水屋
下りきって出たところは、大山阿夫利神社を訪れるマイカーの駐車場でした。
そのわきの清水屋さんで最中アイスを買って半分ずついただきました。僕はまるまる一個でもよかったのですが、僕の方が大人ですからバスさんの半分ずつにしようという意見に従いました。w

大山独楽金子屋
阿夫利神社参道・大山独楽の金子屋
その隣には大山独楽を売っているお店がありました。どなたかいればお話を聞かせていただくところでしたが、戸が閉まって中はひっそりしていました。

09日向林道へ1
仁ヶ久保林道へ
大山への参道を横切るとすぐに仁ヶ久保林道が始まります。
この林道は随所に道路の勾配を表示する看板が現れるということでしたが…確かに!

10日向林道
仁ヶ久保林道は激坂
いきなり激坂が始まり、それが緩むことはほとんどありません。
ここなどは14%となっています。この後も12%、11.5%、12.7%、10.5%…と少数第一位にまでこだわる芸の細かさです。でもいったい何のためにここまで頻繁に細かく表示しているのでしょう?

11日向林道
仁ヶ久保林道
この勾配だと無駄なおしゃべりをする余裕はありません。あ~!とか、げ~!とか、う~!とか、他には激しい息遣いしか聞こえません。

09日向林道へ
仁ヶ久保林道
そんなな中、バスさんがスマホを後ろ向きにかざして写真を撮ってくれました。上手ですね。僕がまともに前を向いて撮るよりずっといいです。

16日向山林道のベストビュー
仁ヶ久保林道
せっかくだから勾配表示の看板を入れて記念写真です。こんなのがあっちにもこっちにも立てられてます。

17日向山林道のベストビュー
仁ヶ久保林道
どうせなら14%のところで撮ればよかったねぇ、なんていってもその後14%の看板は現れませんでした。

林間を走るのでなかなか下界の景色は見られませんが…

12日向山林道のベストビュー
仁ヶ久保林道のベストビューポイント
道路わきの樹林が開けたら、突然現れたパノラマです。

14日向山林道のベストビュー
仁ヶ久保林道のベストビューポイント
今日はたくさん写真を撮ると決めて走り始めた林道なので…

15日向山林道のベストビュー
仁ヶ久保林道のベストビューポイント
ついでに僕も撮ってもらいました。

18日向山林道終点
仁ヶ久保林道終点
激しい上りの林道もどうやらここが終点のようです。
平地は詰まらない、海沿いは暑いばっかり、下りはブレーキレバーを引く手が辛い…なんて文句ばっかり言ってますが、きつい上りの後の下りはやはりちょっと嬉しいw

19日向山林道終点
仁ヶ久保林道終点
勾配がきつくて厳しかった日向林道もここでお終いですが、だからと言って万歳するほどのことでもありませんね。

20日向山林道終点
仁ヶ久保林道終点
飲料用にはならないようですが、冷たい水が山から引かれています。
坊主頭に浸みるような冷たい沢の水でした。


21薬師林道入口でパンク
薬師林道入り口でパンク
やや荒れた林道を走って何かを踏んだらしく、リアタイヤがパンクしました。
気づかれないままバスさんを先に行かせてはならじと、大声で叫びますが一向に耳に入らないようです。
リアをがたごと言わせながらも速度を上げて叫び続け、ようやく気づいてもらえました。
一旦エアを入れて修理しやすい場所まで下ることにしました。
あまり小さなパンクではなかったのに、結構エアがもちます。チューブラーならではですね。

薬師林道入り口の明るいところでパンク修理をすることにして更に下りました。

先日のブログでEXTREMEのパンク修理性能を絶賛し、あまつさえその状態で山岳ロングライドを二度もしたことを想像すると脇から冷や汗です。
まずはパンク修理の顛末をお読みいただいて、みなさにも参考にしていただければと思います。

EXTREMEを追加しようということになり、バスさんが積極的に手伝ってくれました。
ところがなんと!なんと!
EXTREMEがタイヤ(チューブ)に注入できません。容器の出口をシーラントの塊が塞いでしまうのです。
シリンジの太い針でつついてもその粘度の高さゆえか、注入できません。
そうこうしているうちに、バルブコアを抜いたバルブの奥の方に溜まったEXTREMEが凝固して空気すら入らなくなりました。こっちも長い針でつついたりしますが、埒が明きません。いや全く歯が立たず穴が開きません。

シーラントの効果を過信していた僕は、チューブラータイヤを履いているくせにスペアタイヤを携行していません。
今日ほど「持つべきものは友!」と思ったことはありません。でも僕と同様にいつでも「何とかなるよ!」というドロケさんのことではありません。
さすがバスさんです。もちろんスペアタイヤは携行しているし、バルブエクステンダーもちゃんと持っています。
今日パンクしたタイヤを装着していたホイールはカーボンの50mmなので、エクステンダーがなければどうにもなりません。

さてこれでタイヤ交換ができます。いやほっと安心です!

ミヤタのTTPを貼り、タイヤをセットして接着面を保護するテープを剥がします。
「Sさん、切らないように慎重にね!」というバスさんの言葉が終わる終わらぬうちに切れてしまいました。
タイヤをめくってテープを爪で掻き出してバスさんが、「こうやって45度方向に引くと大丈夫です」…言い終わるか終らぬうちにまた切れました。
その後2回切れましたが事なきを得て無事にタイヤを貼ることができました。
22薬師林道入口でパンク
パンク修理完了!
どうやらツール缶の中で長いこと保管しているうちにTTPの保護テープが劣化したのではないかという結論になりました。それにしてもバスさんのお蔭でタクシーを呼ぶこともなく自走できたことに感謝です。

この先まだ山の中を10kmほど走らなければならないので、バスさんのチューブラーがパンクしないことを祈りました。
でも仮にパンクしてももう助けてくれる人はいません。貼ってしまったチューブラータイヤを剥がしてお返しすることもできません。僕はスペアタイヤを持っていないくらいだからTTPなんか持っているわけがありません。

いや~、よかった! 無事に厚木まで帰ってきました。
お腹も空いているし、さあお昼ごはんだ!と予定していた店の前に来るとお休みです。
年中無休って書いてあるのに…です。

今日は本厚木から電車で帰るつもりになっていたので駅前で…と思ったのですが、「海老名まで行きます。ちょっと行きたいお店があります」とバスさん。

ちょっと迷って到着しました。
27中村屋
海老名・中村屋

23中村屋でお昼ごはん
海老名・中村屋
チャーシュー、鶏肉、豚ばら肉の三種類の肉と味付き卵、野菜もたっぷりでおいしかったですね。
なにしろお腹がぺこぺこだったのでご飯までつけてもらいました。
満足満足!

24中村屋
海老名・中村屋
お腹が膨れてようやく人心地がつきました。

25中村屋
海老名・中村屋
お腹が満たされて気も緩み、この時点では危機一髪だったパンクのことなんかすっかり忘れています。

26海老名駅
海老名駅から輪行(笑)
これは前代未聞というべきかもしれませんが…二人とも電車に乗って帰ると決めていたので、海老名から相模大野まで輪行しました。
ママチャリだってそのくらいの距離なら走る?
確かにその通りです。

せっかく相模大野で降りたのでイトイサイクルへ
バスさんは前後のタイヤをコンチネンタル・コンペティションの25cにしました。
インプレは近いうちに彼のブログにアップされると思います。
バスさんのブログはこちら←ここをクリック

Twitter : @pa_hoehoe
スポンサーサイト



10 Comments

  • バス 

  • 今日はほんとに盛り沢山で大満喫でした!!(^^)
    林道めぐりも坂は厳しかったですが、良い空気を沢山吸って気持ちが洗われた気分です。
    パンクは災難でしたが、今日の様な良いタイミングでのパンクは、いざと言う時の実践練習に良い機会です。
    本当に色々課題も見えて良かったです。
    次回は箱根ですね。
    又楽しみにしています(^^)
  • 2014/06/26 23:18 | URL   [ 編集 ]
  • shimagnolo 

  • > バスさん
    ただのヤビツだけでは面白くありませんが(僕の場合)、オプションの方がメインではないかというほどの林道三昧でしたね。激激坂ではありましたが、とても楽しくて辛さなんか感じませんでしたね。←後になったから言えること?

    それにしてもパンクでは大迷惑をかけてしまいました。あのケース、一人だったらどうしたんだろう…
    パンク修理不可能という厳しい現実に直面するまでは、"シーラントがあるからね、大丈夫~♪"なんて余裕でしたが、とんでもないことでした。

    他の誰と一緒でも無事の下山はあり得ませんでした。仮にスペアタイヤを貸してくれる人がいても、エクステンダーまで持っているとは限りません。因みにバスさんが返してくれた古いタイヤのエクステンダーですが、コアまでシーラントがびっしり詰まって使い物になりませんでした。
    帰宅してからコアを捨て、エクステンダーだけは使えるようにしました。

    今日は愉しいだけでなく、本当に実践的な勉強をさせてもらいました。
    山岳サイクリングの準備のでたらめさにお灸をすえられた大変貴重な一日でもありました。

    また何かあったら助けてください!
  • 2014/06/27 07:01 | URL   [ 編集 ]
  • だましのしまだ 

  • おぉー、私がテリトリーとしている林道ばかりですね。浅間山林道も日向林道もまだ未舗装だった頃からMTBで走ってました。因みに勾配標識が何本も立っている林道は下のゲートから登り切ったゲートまでは仁ヶ久保林道で、ゲートを抜けたところが日向林道になります。仁ヶ久保林道の絶景ポイントは秋から冬にかけての空気の澄んだ日は房総半島まで望めますよ。日向林道に出て左に緩く登って行くと突き当りになってしまいます。ですから本当はヤビツ峠~浅間山林道~仁ヶ久保林道~薬師林道と走られたわけです。
    私は表からヤビツ峠を登るときは246号と蓑毛バス停直前の坂が嫌いなので、浅間山林道を抜けることが多いです。林道は気持ちいいですよね。
  • 2014/06/28 10:04 | URL   [ 編集 ]
  • shimagnolo 

  • > 島田さん、ありがとうございます。
    実は案内してくれた若い人も島田さんのブログを読んでいる方で、その記事を参考にさせていただいたそうです。
    あの日も島田さんのことを話しながら走っていたんですよ。
    そしてその時、"もしかすると島田さんからブログにコメントいただけるんじゃないか"と思っていました。
    予想どおりでした。"林道名が違ってるかもしれないな。島田さんが訂正してくれるかなぁ…"なんて思いながら当日の記事を書いていましたから…
    ご教授ありがとうございました。
    島田さんにとってはご自分の庭のようなコースなんでしょうが、こんないい林道があるなら、僕ももっと早く地元神奈川を探訪するのでした。
    いや、それにしても気持ちのいい道でした。
  • 2014/06/28 10:47 | URL   [ 編集 ]
  • だましのしまだ 

  • 私のコメントで一部抜け落ちていました。
    ヤビツ峠~浅間山林道~仁ヶ久保林道~薬師林道は正しくはヤビツ峠~浅間山林道~仁ヶ久保林道~日向林道~薬師林道です。失礼しました。
  • 2014/06/28 11:17 | URL   [ 編集 ]
  • shimagnolo 

  • > だましのしまださん
    度々恐れ入ります。仁ヶ久保林道終点を右折してからが日向林道の一部なんですね。
    少し気をつけて走れば林道名の表示があるのかもしれませんが、キョロキョロしてる割には肝心なものが目に入りません。
    他にもこういう気持ちのいい林道があるのでしょうか?
    機会がありましたら是非ご案内お願いしたいと思います。
    ご親切なご指摘重ね重ねありがとうございました。
  • 2014/06/28 12:14 | URL   [ 編集 ]
  • kazu 

  • 林道いいですよね~。
    夏場は涼しい林道を目指してしまいます。
    特に路面状況に気をつかいますが、静寂の中を走るのは最高に気持ちよいです。野生動物に遭遇するとさらに感激モノです!
    ヤビツ周辺の林道も最高に楽しそうです!
  • 2014/06/28 20:40 | URL 
  • shimagnolo 

  • > kazuさん
    そうですね、猛暑の夏は林道ですね。
    僕は基本的にヤビツは好きではないのですが、今回のようなオプションがあればヤビツも好きになりそうです。

    今年の梅雨明けは遅れるという噂もありますがどうなんでしょう。梅雨が明けたらまた愉しいコースを一緒に走りましょう。前回行かれなかった丸山林道にも行ってみたいです。
    体調管理が下手でご一緒できなかったので、次回こそはの思いです。

    7月にもインプラント治療でふさがりそうな土曜日がありますが、その他の土曜日は空けておくようにしますので、また誘ってくださいね。
  • 2014/06/28 22:04 | URL   [ 編集 ]
  • Snufkin777 

  • ヤビツ、そして林道等のライドお疲れ様でした〜。
    今回はパンクもあって災難でしたが、これからの夏は涼を求めてヒルクライムをしそうな予感ですね。
  • 2014/06/29 07:31 | URL 
  • shimagnolo 

  • > Snufkinさん
    梅雨明けが待ち遠しいですね。
    今年はもう十分降ったので、水不足の心配もないでしょうし。

    本格的な夏になったら、自転車乗りは海沿いではなく山でしょうね。ヒルクライムはやはり愉しいですが、TTに挑む根性はありません。あくまでもゆっくりと楽しんで走りたいと思います。
  • 2014/06/29 08:57 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/678-247bf05d

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク