2014/06/15 23:37
今日はhiroさん(勝手に呼び方を変更しました)とkenjroさんに誘われて、5人で房総を走りました。
hiroさんがクルマで自宅まで送り迎えしてくれるVIP待遇でのクルマ輪行でした。
01久里浜
久里浜フェリー乗り場コンビニ
クルマに揺られただけなのにおが腹空いて、久里浜フェリー乗り場で早くも第1回目の補給です。
ブログで食べることばかり書くものだから、今日の仲間からも既によく食べる人というレッテルが張られています。

02久里浜
久里浜フェリー乗り場駐車場
久里浜のフェリー乗り場でkenjroさんのお友だちのM.C.さんとS.A.さんも合流です。
彼らはエネルギッシュな自転車乗りという前評判でなんとも頼もしいです。
M.C.さんは風貌そのままに力強い走りをしそうな人ですが、もう一人のS.A.さんはややふっくらした体つきでとても優しい顔つきです。
人を外見で判断してはいけないと思いつつも、"この人には負けないな!"なんて不遜なことを考えていたのですが…
すぐに思い上がりだったことに気づかされることになります。

01フェリー
フェリー 1
今日は写真をたくさん撮ろうということで、参加者の顔出し写真が中心です。

02フェリー
フェリー 2
カメラ係をバトンタッチしてパチリ!

03フェリー
フェリー 3
ご存知のように梅雨の合間の晴れを五月晴れと言いますが、湿度もほどほどでフェリーのデッキには爽やかな風が吹いています。

03フェリーで
フェリー 4
船室に潜っているにはあまりにも惜しい天気です。雲一つない抜けるような青空です。
どうです、 みんな幸せそうでしょ!

04フェリー
フェリー 5
こんなにたくさんの輪行自転車で混雑するフェリーを見るのは初めてです。おそらく横須賀のネイビー関係のアメリカ人でしょうか、ぞろぞろと…

05保田
保田 1
走り出して間もなく、M.C.さんのお友だちが磯で遊んでいるとのことで立ち寄ります。向こうの方で手すり越しに磯に向かって何やら叫んでいます。

06保田
保田 2
そばに行ってみたら、テントも張って磯遊びの準備万端の風情です。バーベキューでも愉しむのでしょうね。

フェリーを降りて大房岬を目指して走り出すとすぐに、初対面のお二人の実力を思い知らされることになります。
M.C.さんの牽きもかなり速いのですが、S.A.さんさんはその背後にぴたりとついて全く千切れる気配がありません。
僕も思い上がりを思い上がりのままにするわけにはいきませんので頑張りました。しかしちょっと油断するとすぐに間が開き始めます。
先頭は速度を一向に緩める気配はありません。鬼牽きとまで言いませんが、徐々に力尽きて少しずつS.A.さんの背中が遠のいていきます。

僕を誘ってくれた二人はとうの昔にそんなことは承知していたのでしょう。千切れるままに遥か後ろを楽しそうに走ってきます。

大房岬へのきつい上りでは引き離されて、違う道を下って行く彼らを呼び止めることができませんでした。
そういう次第で、大房岬の写真に彼らの姿はありません。
もちろんそのまま別々になったわけではなく間もなく合流できましたが…
07大房岬
大房岬 1
国道から外れていることもあって訪れる人は少ないのですが、緑の芝生や豊かな木々に囲まれた静かな場所で、僕のお気に入りです。

08大房岬
大房岬 2
展望台からの眺めも中々雄大です。今日はサイクリングシューズなので海岸には降りられませんが、この展望台下の海岸は波に浸食された岩が見事です。

09大房岬
大房岬 3
それぞれ愛車の前で記念写真を撮ります。

10大房岬
大房岬 4
みんないい自転車に乗っていますね。

10大房岬で
大房岬 5
恥かしながら僕も実力以上の自転車です。

11大房岬あの木なんの木
大房岬 6
この木なんの木?

大房岬で時間調整をした後、本日のランチ処「ばんごや」に向かいます。
ここは火曜走行会の猛烈ライドでも寄りましたが、新鮮な海鮮がいただけるお店です。

12ばんごや
ばんごや 1
S.A.さんはみんなと食事を愉しんだら館山から輪行でお帰りになるそうなので、揃って記念写真を撮りました。

13ばんごや
ばんごや 2
スペシャル丼に漁師汁という贅沢なお昼ごはんです。
嬉しそうに写真を撮るS.A.さんの顔をみれば評価は不要ですねw

13ばんごやで
ばんごや 3
ほら、新鮮な海鮮がこんなにたっぷりと乗っています。
意外なことに誰も大盛りを注文しませんでした。僕も気づかずに普通盛でした。

食後外の広場でビワソフトを食べながら、S.A.さんが乗車する列車にあわせて時間調整のおしゃべりを愉しみました。雲一つないこんな青空なのに、所用で離脱しなければならないS.A.さんとはここでお別れです。

14大山へ
大山へ 1
いかにも房総の内陸にふさわしい山間の道を走って大山千枚田を目指します。

15大山へ
大山へ 2
僕もここを走るのは初めてですが、hiroさんはほとんど車が通行しない長閑なこの道がすっかり気に入ってくれたようでした。

16大山へ
大山へ 3
緩いカーブを描きつつもほとんど勾配を上げることのない優しい道です。

17大山へ
大山へ 4
振り向きざまにhiroさんに撮っていただきました。
自分の走行写真はほとんどないので、嬉しいですね。
右手のカメラで写真を撮っていたので変な格好になっています…

18大山へ
大山へ 5

18大山千枚田
大山千枚田 1
到着しました。居合わせた年配の男性に写真をお願いしましたが、"このおじいさんで大丈夫か?"と不安になりましたが、ちゃんと撮っていただきました。
ありがとうございました。

19大山千枚田
大山千枚田 2

20大山千枚田
大山千枚田 3

21大山千枚田
大山千枚田 4
田植えが済んで水を張った田の苗は成長して青々としています。

22大山千枚田
大山千枚田 5
棚田が最も美しいのは代掻き直後の豊かに水が張られたころだと思います。一つ一つの棚田に雲や太陽や花が写る姿が好きです。
晴れた晩には棚田の水は星空も映すのでしょうね。

この後鹿野山ヒルクライムをする予定で大山千枚田を後にしたのですが…

二股で間違った道を選んだ僕のミスのおかげで鹿野山ヒルクライムは中止になりました。
しかしフェリーの時刻や、久里浜から自宅まで自走するM.C.さんのためにも、鹿野山ヒルクライムは次回に持ち越してよかったと思います。

23金谷へ
金谷へ戻る

クルマで自宅まで送迎してくださったhiroさん、お疲れさま&ありがとうございました。
今日一日一緒に遊んでくれたkenjroさん、ありがとうございました。
初対面なのに気さくにお付き合いくださったM.C.さん、S.A.さん、ありがとうございました。
また機会がありましたら声をかけてください。


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

6 Comments

  • hero 

  • Shimaさん、昨日はお疲れ様でした。
    hiroことheroです。
    初めてのフェリーでの房総ライドは、天気もこれ以上無いような快晴で最高に気持ち良かったです。
    車では何度も訪れた事のある房総も、自転車で走ると全く違う顔を見せてくれて、あらためて自転車を趣味に出来た喜びを感じました。
    距離は短めで、少し消化不良気味になりましたが、巨大な房総は、まだまだ他に走る場所が豊富なので、またいつか違う道を走る日を楽しみにします。
    笑いの絶えない房総ライド、とても楽しかったです。
    ありがとうございました!
  • 2014/06/16 20:12 | URL 
  • kenjrosuzu 

  • Shimaさん房総ライドお疲れ様です。一緒に走れてとても楽しかったです。
    朝、Shimaさんの姿を一目みて、体つきが以前に増して引き締まっているのにビックリしました。走りも速くなっていてあらためてShimaさんの年齢を本気で疑いましたよ。
    話しをしていてもハッキリとした考えと面白さや優しさがあっていつまでも話をしていたくなりました。年下で生意気な事をいいますが、ブログでよくおしゃべりでついついと書かれていますがShimaさんの会話の魅力のがあるからですね。自転車の話とかもまだまだいっぱいしたいです。
    また御一緒できる事を楽しみにしています
  • 2014/06/16 21:29 | URL 
  • shimagnolo 

  • > heroさん
    名前がカッコ良すぎですが、まぁいいでしょう。本人の希望通り"Hero"にしてあげますw
    昨日はクルマを出してくれて、しかも運転もすべて引き受けてくれてありがとうございました。
    こういうお殿様輪行にはまりそうです。また機会があったらよろしくお願いしますね。

    heroさんの言う通り、自転車で走ると見慣れた風景や走りなれた道が全く違って見えるんですよね。自転車にはレース、ロングライド、ヒルクライム、ダウンヒル、ポタリング…色々な楽しみ方がありますね。そしてそれらを組み合わせれば楽しみ方は無限です。
    更に輪行が加われば、バイシクルワールドは一気に拡大します。
    ご案内したいコースがいっぱいあります。またチャンスを作って出かけましょう。

    最後になりましたが、昨日はお疲れさまでした。そしてお世話になりました。
  • 2014/06/16 23:37 | URL 
  • shimagnolo 

  • > kenjroさん
    昨日は愉しかったですね。天気も良かったし、みんなが和気あいあいと過ごせたのが何よりでしたね。でもkenjroさん褒めすぎですよ。過大評価しすぎです…なんて言いながらも、人は褒められると嘘でも嬉しいw

    一年前より体ができて、少しは速く走れるようになったと言ってくれるのが一部でも真実なら、それはこの一年鍛えてくれた火曜走行会のおかげかもしれません。dorokeさんにもそう伝えておきますね。

    僕がkenjroさんほどの年齢の時に、現在の僕のような年寄りに声をかけることは決してありませんでした。にもかかわらず、こうやって一日一緒に遊んでくれて、話相手にもなってくれて、とても感謝しています。

    それにしても不思議ですね。最初にkenjroさんと僕との不思議な出会いがあって、次いでheroさんと僕との偶然の出会いがあって、さらに山中湖ツアーでの三人の奇跡的な出会いがあって今日があるんですね。人との出会いを大切にしたいとつくづく思います。

    こういう出会いを経験させてもらったのも自転車という共通の趣味があったからこそです。これからも機会があって、邪魔になりそうもない時には声をかけてくださいね。

    昨日は本当のお疲れさまでした。
  • 2014/06/16 23:59 | URL 
  • Snufkin777 

  • 房総ツアーお疲れ様でした。
    暑くなってくると、海風のある海岸沿いを走るのも良いですね〜。房総方面はたまに行きたくなりますが、中々遠いのでためらってしまうことが多いです。何はともあれ、食事が美味しそうで羨ましすぎますw
  • 2014/06/17 07:50 | URL 
  • shimagnolo 

  • > Snufkinさん
    おはようございます。
    今年の梅雨は荒れ模様ですが、それだけに五月晴れの嬉しさもひとしおです。
    誘ってくださる若い友だちのおかげで、雨止みと同時に毎日のように出かけました。
    これまで房総半島は冬場の練習コースの色彩が濃かったのですが、今回は愉しくのんびり走りました。

    遊びの疲れでちょっと偏頭痛がするので、今日はDNSとしました。
    やっぱり年ですね。

    ばんごやの海鮮丼はとてもおいしいですよ。いつかSnufkinさんと一緒に食べたいですね。

  • 2014/06/17 08:14 | URL 

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/672-dd42de67

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク