2014/06/06 14:43
関東地方もいよいよ梅雨入りです。
しかもエルニーニョ現象の今年は梅雨明けが遅れるという予報も出されています。
アウトドア派にはやや所在無い季節となります。

ブログでも何回か紹介したELITE TURBO MUINですが、手元に届いたら安心して全然使っていません。
梅雨が間近になった先日来…事情をご存知の方はニヤリと笑いながら、「TURBO MUINの出番ですねぇ」と仰います。
「いや、外の方が楽しいから全然やってませんから」とこちらも笑ってごまかしてきました。

ターボムイン
C40 & ELITE TURBO MUIN
しかし昨日からの降りを見ると外はとても無理!そして今日も… 
そこで昨日の晩と今日の午前中乗ってみましたよ。
今止めれば三日坊主にもなれません(笑)

今さら三本ローラーと比較しても仕方ないですが、三本ローラーの方が楽しい。
TURBO MUINもなかなか実走感があると言われていますが、三本ローラーには負けています。
でも外を走ることに比べればその差は大したものではないですね。
どちらもトレーナーだということを忘れていた僕の認識が一番の問題点ですw

二輪車はある程度の速度で走っていなければ転ぶのが当たり前で、三本ローラーもぼんやりしていれば転びます。
でも慣れてくるとローラー台に乗っていることを忘れてしまいます。
しかしそこは固定式とは違いますから、調子に乗っておっとっと!ということもたまにあります。

一方TURBO MUINに乗りながらできないことはトイレくらいのもので、後は何でもできます。飲む、食う、読む、見る、そして居眠り運転も…
強度の負荷をかけるトレーニングマシンという意味では三本ローラーより優れているようですが、それだけにきつくて僕には楽しめないというのも事実です。

今のところiPhoneやiPadなどのiOSにしか対応していませんが、 My E-Training というアプリを利用すれば、TURBO MUINでより高度でより面白いトレーニングも可能です。
僕は現在アップルとは親和性のよくない暮らしをしていますが、早晩AndroidやWindows版も現れるに違いないと思っています。
今はトレーニングに熱心になれないので、それがいつになるのかあまり気になりません。

TURBO MUINから早々に降りて、他愛のない小説を読み、CDを聴き、昼ご飯を食べ、昼寝をしたいのを我慢して…

庭2
本格的な梅雨入り
午後になっても外は相変わらず強い雨が降り続いています。
ルートラボでいつか行かなければならないと思っている峠のルートなどを作ることにしました。

ルートを作れば直ちに斜度や距離などが確認できますし、ネット検索すればそのコース沿いのおいしい食処や名所などの情報の入手も容易です。
実際に走った方の経験談を読むこともできます。
出発前には道路状況や気候までチェックできます。
本当に便利な時代になりましたが…

冒険としての自転車の旅の成立が難しくなりました。
行ってみなけりゃわからない!という未知数がどんどん減ってきています。
これは果たしていいことなのか…

なんだか今日は老後の過ごし方の予行演習のような一日です。
"もうとっくに老後だろう!"という突っ込みを拒否しませんが、どうも違う気がしています。
自分が予想していた老後は、陽だまりでネコと一緒に過ごすような、もっと穏やかで静かなものだと思ってます。
同年代の方々にとって老後とはどのようなものなのでしょう。


Twitter : @pa_hoehoe


スポンサーサイト

6 Comments

  • Tetsuya.K 

  • shimaさん雨ですね!
    いやですね!暗くなってしまいます(*_*;
    家でPCに向っているとネガテイブなことばかり考えてしまいます。
    PCの調子もいまいちでイラついたり、そう、老後のこと...?
    寝たきり老人になったらどうしようとか、痴ほう症になって徘徊し、行方不明になったらどうしようかとかwww

    TURBO MUINに三本ロ-ラですか!? 私は風景が変わらず、移動しない乗り物にはどうも馴染めません。
    今更、トレ-ニングしても強くならないだろうという諦めが先にあって...。あっ、またネガテイブ思考、すみませんm(__)m

    晴れたら、走りましょう!
    ところで、渋峠はいつごろですか? 都合が付けばご一緒させてください。

     
  • 2014/06/06 16:01 | URL 
  • shimagnolo 

  • > Tetsuya.Kさん
    よく降りますね!
    まだ梅雨入り二日目なのにもうこんなこと言ってていいのでしょうか(笑)
    農作物をはじめ自然には欠かせない梅雨だとわかっていても、やっぱり晴れ間が恋しいですね。

    TURBO MUIN も三本ローラーも買うだけ買ったらほとんど役立てていません。
    動かないから景色が変わらない、風も切らない、当然おいしいものや地域の文化も関係ない…
    この手の物は目的をもってトレーニングする人以外にとっては無用の長物ですね。
    お金の無駄でしたorz

    渋峠ですが、友だちの情報によると白根山に噴火の惧れがあるそうで、やや難しそうですね。R299が通行規制されてしまうと、軽井沢&草津経由のルートは万事休すです。
    長野から万座を経由して渋峠~志賀高原…という手もありますが、R299の規制の範囲いかんにかかわってきます。

    梅雨の晴れ間にと思いましたが、今回は見送ることになりそうです。でも条件が整うと何の計画性もなく前夜に決断して出かけるたちなので確かなことは言えませんけど(笑)
  • 2014/06/06 16:36 | URL 
  • Tetsuya.K 

  • shimaさん
    残念ですね!
    白根ー志賀高原ル-ト1Km以内は立ち入り禁止で通行止めになっているようですね>゜))))彡
    また、落ち着いたら計画したいですね。

    晴れたら、奥多摩か山中湖辺りでも走りたいですね!?
    その時はよろしくm(__)m
  • 2014/06/06 17:47 | URL 
  • shimagnolo 

  • > Tetsuya.Kさん
    僕もコメントを入れてからネットで調べました。噴火の惧れで通行止めでは仕方がりません。通行止めが解除されたら計画して出かけましょう。

    奥多摩や山中湖ならいつでもご一緒いたしますので、その節はぜひお声掛けお願いいたします。
  • 2014/06/06 20:02 | URL 
  • みきおじ 

  • shimagnoloさん

    梅雨入りしましたので、私もターボMUINを
    再開してみました・・・・
    やはり、景色も変わらず、風も感じないと
    面白くもなんともないのですよね。
    せめて、汗だく対策も含めまして風を感じる
    用にはしてみました。

    我が家では高負荷をターボMUINでもがきまして、
    有酸素運動はエアロバイクでテレビ見ながらゆるく
    乗ってます。

    やはり実走が一番ですね。
  • 2014/06/09 04:29 | URL 
  • shimagnolo 

  • > みきおじさん

    三日も雨が降ると本当にどう過ごせばいいのか悩みますw
    こういう時こそTURBO MUINの出番なんですが、こんな体たらくです。あれほど欲しがっていたのは何だったのでしょうw
    トレーニングなんだから疲れるのは当たり前ですが、ローラーは実走と違って癒してくれるものが何にもないので、ついつい近づきません。三本ローラーは義理の息子に貸し出してあるし…
    みきおじさんはちゃんと活用しているところが流石です。
    僕もエアコンと扇風機を動員して頑張ってみようと思います。

    仰る通り! なんといっても実走が一番ですね。雨が止んだらすかさず走りに出たいと思います。
  • 2014/06/09 06:41 | URL 

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/667-1d8455e0

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク