2014/05/25 10:33
季節や景色の美しさを愉しむのが好きな友だちを案内したい輪行コースはたくさんありますが…

コースが緩くもなくきつくもなく、東京からさほど遠くもないなどの理由で日光周辺をお勧めしています。理由は様々ありますが…
・自転車で走ると、初めて訪れる人にはもちろん、クルマやバスで何度も訪れたことがある人にも例外なく楽しんでもらえること
・輪行費用が比較的安価であること(座席指定特急を使っても、東京からの往復で6000円弱です)
・どの季節に行ってもはずれがないこと
・次々と現れる峠の上りと下りが愉しめること(平地好きの方にはちょっと…w)
・日光駅を起点にした場合、いろいろなコースが組めること…等々

本日の走行ルート
走行ルート
まだ自転車を始めて間もないようさんですが、アベレージローディーのレベルをはるかに超えた走りができる人です。
もちろん僕などは既に置いていかれてます。

しかし今回は彼にとって初のルートなので、全コース僕の牽きです。
物足りなかったでしょうか。しかしあれが僕のレベルですからお許しを…

行楽に絶好の季節なので、事前に指定券の購入を済ませておかなければなりません。
仕事の合間に、ようさんに予約と受け取りをしていただきました。色々とお手数かけました。

浅草発7:30のスペーシア「けごん1号」でのんびり東武日光駅まで輪行です。
スペーシアに乗車するのは今回が初めてではないのですが、重大なことに気づきました。

車両最後部の座席背後の隙間が狭く、輪行袋を収めることができません。
輪行でご利用予定の方はお気を付けください。
前輪のみ取り外す輪行袋はデッキでも置くのがやや難しいでしょう。

02本日もKING3
本日のバイク
DE ROSA KING3+Shimano WH-7900-C35-TU & WH-7900-C50-TUという仕様で走りました。コンポはデュラエース7970 Di2です。

嶺方峠ツアーの帰宅後に後輪タイヤのパンクが見つかり、TUFOのシーラントでパンク修理したことを記事にしました。
その後、シーラントの信頼度を確かめるためにdorokeさんとの箱根ロングライドで使ってみました。
長距離を激しく走りましたが、問題ありませんでした。で、今回もそのままの状態で究極の信頼度実験をしました。
何もなかったからよかったものの、他人様を案内するときにする実験ではありませんでした。すみません。
結論から言うと、TUFO Tyre Sealant "EXTREME"のパンク修理能力はとても優れています。因みに僕の場合はチューブラータイヤですので、そのほかのタイヤについては明言できません。

03東武日光駅の田中さん
東武日光駅
東武日光駅は晴れて暖かく、男体山も西の空に大きく聳えています。

東武日光駅で
東武日光駅
いつものコンビニではドリンクだけを買い、補給食は東照宮の先にある金谷ホテルのベーカリーでパンを購入することにしました。

今回はようさんもカメラを持ってきたので、ブログ記事はさながらアルバムのようになりました。お目を汚すことになるやもしれませんが、ご容赦ください。

05神橋の田中さん
神橋
まず神橋でパチリ!

いろは坂の上り口でパンをお腹に収めていよいよ上りです。
aいろは坂
いろは坂
クルマの通行量も少なく、ローディーはいません。この季節の週末には珍しいことです。
今日は訳ありで2L用のバッグを背負っていますが、シマノの U-2バックパックはよくできています。
背中への負担が最小限で済みますが、それでも真夏ともなればやはり背中が暑いでしょうね。
お察しの通り、訳ありとはシーラント実験が不発の場合に備えて予備チューブラータイヤを携行したからです。

06黒髪平の田中さん
黒髪平
景色を見るのを口実に、いつも通り黒髪平で一休みです。

b黒髪平
黒髪平
今日の日光はすでに夏です。気温だけ!
木々の芽吹きなどを見るとまだ春の終盤です。初夏は訪れていません。
この先高度を上げると春もまだ浅い感じすらする奥日光です。

07明智平の田中さん
明智平
それでもさすがに上りなので、気持ちのいい汗をかきながら明智平に到着です。
気温は上がっているものの、地面や木々から蒸発する水蒸気のせいかきりっとした青空にはなりません。
やはり春ならではの霞んだ空です。
c明智平
明智平

08華厳の滝
華厳の滝
日光を訪れたら「華厳の滝」にご案内しないわけにはいきません。
今日の滝は水量も十分にあり、変わらぬダイナミックな姿を見せてくれます。

華厳の滝aa
華厳の滝
ようさんの「おお!」という言葉が初華厳の滝の気分をよく表していますw
d華厳の滝
華厳の滝

中禅寺湖を左に見て奥日光へ向かいます。

09竜頭の滝
竜頭の滝
まず「竜頭の滝」です。
紅葉の季節には見事な一幅の絵となるのですが、この季節にそれを求めることはできません。
10竜頭の滝の田中さん
竜頭の滝

e竜頭の滝
竜頭の滝

11竜頭の滝上
竜頭の滝の上
「竜頭の滝」を上から眺めることができるポイントで停まりました。
このすぐ上を走る道路沿いのカラマツが色づいたときにはその鮮やかさに息を飲みます。

次は僕の一番のおすすめの小田代ヶ原です。

小田代が原への道
小田代ヶ原への道
小田代ヶ原へのアプローチは、環境保護のために無公害バス以外は進入禁止です。まさに自転車天国!
外から見る湿原そのものも素晴らしいのですが、張り巡らされた木道を歩いてみなければ本当の良さは分かりません。みなさんに是非お勧めしたいと思います。
12小田代が原工事中
小田代ヶ原(木道工事中)
木道が傷んだので新たに作り直しているところでした。今後は車いすの方も小田代ヶ原散策が楽しめるようになるとのことです。

13春まだ浅き小田代が原
春まだ浅き小田代ヶ原
ここでは春がやや遅く、遥かかなたの「貴婦人」も若葉を茂らせ始めたばかりです。
(注:貴婦人とは小田代ヶ原中央に超然と立つ白樺のことです)

14春まだ浅き小田代が原
春まだ浅き小田代ヶ原
大雨の後に「小田代湖」が出現することがあるのですが、その時には木道や周辺のツツジなどの低い木々は水中に没してしまいます。
数年前の小田代湖との出会いは、まさに超幸運としか言いようのない出来事でした。
工事をしている地元の方でさえ、「そういうこともあるらしいですねぇ」程度の認識でしたからね。

15小田代が原の田中さん
小田代ヶ原
小田代湖出現のチャンスに!とは欲張らないまでも、若緑一色に染まる初夏や、草紅葉が燃える晩秋にもようさんをご案内したいと思いました。

f小田代が原
小田代ヶ原
この後は戦場ヶ原でお腹を満たしてから、本日二つ目の峠:山王峠を上ります。

日光山岳ライド:№2に続く


Twitter : @pa_hoehoe
スポンサーサイト

2 Comments

  • charimoni 

  • 日光周遊グランフォンド、お疲れさまです。確かにスペーシアはデッキが課題ですね。新宿730にJR直通日光号は車両が違うので置きやすいですよ(元成田エクスプレスで使われていたので収納スペースが抜群)ぜひ次回はご利用ください♪奥鬼怒林道あたりは静かで良いですよね。自分も走ったことがありますが、陽が出ないとガチガチに震えてた記憶があります(汗)輪行旅、楽しんでください!
  • 2014/05/27 08:49 | URL   [ 編集 ]
  • shimagnolo 

  • > charimoniさん
    ご無沙汰しています。いつも楽しんでいる様子を拝見して、学ぶところがたくさんあります。
    利用列車の情報ありがとうございます。こういう情報はcharimoniさんならではですね。流石です。
    まもなく梅雨入りするので、その前に行けるところには行っておこうかなと思っています。
    楽しみ方の幅が広いcharimoniさんにまたいろいろ教えていただきたいと思います。
  • 2014/05/27 11:11 | URL 

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/659-ff0ff466

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク