2014/04/17 19:29
わが家もだいぶ年季が入り、これからいろいろとメンテナンスの費用が発生しそうです。

昨日の夕飯後の洗い物の時です。
妻が、「シンクが詰まって流れないわ」と言ってます。
しばらく前から排水状態が今一つよくなかったのですが、ついに来たかという感じです。

サラダを取り分けるトングが見えなくなってからずいぶん経つのですが、妻はごみと一緒に流しちゃったんじゃないかと思っているようでした。排水の不具合の原因もそれなのではないかと…
しかし僕はそれはあり得ないと思っていました。
だって流すには大きすぎますからね。故意に流すのだって難しそうです。
これまでティースプーンはいくつか流したかもしれませんが…
仮にトングのようなものを流して配管を詰まらせたら、マンションのような集合住宅だったら大迷惑ですね。

給排水関係のトラブルに24時間対処してくれる業者に連絡しました。24時間のはずなのに、翌朝の予約になりました。水漏れではないからいいですけどね。

翌朝9時過ぎによくしゃべる陽気な水道屋さんが来ました。
シンクを見るなり、「これは排水管の詰まりではなく、汚れですね」というのです。
詰まりと汚れで排水困難になるのでは、どう違うのでしょうね?
時間をおくと少しずつでも排水する状態は詰まったとはいわないのだそうです。
ただしなぜか水洗トイレの排水困難状態は詰まったというのだそうです。

シンク下の蛇腹様の排水パイプを新しいものに交換し、裏庭の下水管に通じるキッチンからの排水管をかなり長い時間かけて圧力洗浄し、スムーズな流れを取り戻しました。
蛇腹のようなプラスチックの排水管はすっかり硬化して汚れが内側にこびりついて、老化した人間の血管のようでした。みえない地中の配管も同様かそれ以上なのでしょうね、何しろ流れないんですから。
動脈硬化症の模型を目の当たりにしたようでした。

洗濯場、風呂場、トイレからの排水がそれぞれ裏庭の下水管と繋がる汚水桝も調べてもらいました。
家の裏側だけで全部で5~6か所ありますが、配管と汚水桝をすべて新しいものに交換するのもそう遠くはなさそうです。
表の庭には雨樋からの雨水や、作業用の流しからの排水用の汚水桝が数個設置されているのですが、こちらは汚水を流すことがないので問題なさそうです。

排水困難になっている理由や現状を詳細に説明し、現場確認もさせてくれました。
おかげで実によくわかりました! 納得です。

この手の作業をしてくださる方々は寡黙であると勝手にイメージしていたのですが大違いです。
ちゃんとわかるまで説明責任を果たしてくださるのはとてもありがたかったのですが…
しゃべりだすと止まらないたちのようで、手を休めて話し続けます。話は周辺の一般論にまで広がってとどまるところを知りません。

作業後に自慢の珈琲を用意させていただいたのですが、おしゃべりに忙しくてすっかり冷めてしまいました。
時折カップを手に取り、持ち上げるのですが、話の続きが気になってまたソーサーに戻すという按配でした。

まだ30代の若い方で、作業と営業を兼ねているとのことですが、口がよく回るのに感心いたしました。

お話を聞いている時間が長引いたおかげで、友だちとの待ち合わせはキャンセルとなりました。

藤の花
開き始めた藤の花房
自転車でぶらりと所用を果たしに出かけ、家に戻ったら藤の花が咲いているのに気付きました。
庭に生えた雑草の処理ばかりが気になっていて、突然咲いたわけでもないのに今頃になって開花に気づきました。

向こうを見るとハナミズキの花も間もなく見ごろを迎えそうです。
ハナミズキ
庭のハナミズキ

沈黙のうちにも季節は確実に移り変わっていくのですね。


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/640-875eff7c

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク