2014/03/22 19:56
今日は風張峠TTをするには天気が良すぎます。
こんな日に苦しい思いをしてヒルクライムTTをしなくたっていいじゃないか!とヤル気のない自分に言い訳をしながら多摩サイに向かいます。

今年の冬は厳しかったけれども、今日の爽やかさはどう表現すればいいでしょう。一人でこんな爽快な気分になっていていいのでしょうか…
ふと同年輩の方々に声をかけてみようという気になりました。
突然ですが、明日集まれるかどうかの呼びかけメールです。
最近活動が中断していて、このままお仕舞になっては残念ですからね。

多摩サイの土手に腰を下ろしてメールを出しました。

本日の走行ルート
本日の走行ルート
せっかく出てきたので、やっぱりTTをすることにして五日市街道を進みます。
お昼ごはん直後のTTは体にも悪いし記録も悪くなりそうなので、TTスタート地点よりかなり手前の五日市街道沿いのイタリアンでランチをすることにしました。
店の外にお薦めメニューを書いた黒板があります。三種の前菜とピザを食べることにしてドアを開けました。
すると女性の接客係と思われる方が両手でバツ印を作って「今日はいっぱいなので申し訳ありません。またよろしくお願いします」と断られてしまいました。
でも空いているテーブルがあり、貸し切りという雰囲気でもありません。
サイクリングウエアはダメということでしょうか。
今日は上下黒で、昨日の上下赤とは違って少しおとなしい感じだと思うのですがね。
でもかつて妻に「色は関係ないわよ。それだけぴっちりしていれば何色でも同じ!」と言われたことがあるので、赤も黒も関係ないかも…
気が弱くて(一人だと)、サイクリングウエアがいけないのか突っ込めませんでしたよ。

店は特に格式が高いわけでもなく、高級な感じでもありません。わが家のダイニングの方がまだましという程度の店です。
でも雰囲気からしてサイクリングウエアだから断られたという感じです。こういうの久し振りだなぁ。でももう二度と行きませんよ!

五日市駅を過ぎ、寿庵忠左衛門で蕎麦を食べようと覗いたら順番待ちをしている人がいます。橘橋まで走って「たちばな家」で中華そばと餃子でも食べることにして通過します。
(よく考えたら、そこはTTのスタート地点です。この時点でTTのことは頭の隅にもありませんねw)

いつものコンビニがある戸倉までは暖かいのですが…その先の檜原街道はこんな麗らかな春の日でも冷え冷えとしています。
途中の温度計は8℃を示しており、先日の火曜走行会での山伏峠や山中湖と同じです。
この調子だと風張峠はせいぜい3℃か4℃しかないと思われます。

檜原街道には随所に道路情報を示す電光掲示板があるのですが、「九頭龍~山のふるさと村 通行止め 積雪」とあります。
まぁ、行けるところまで行こうと先に進みます。

橘橋まで来ると、なんとそのたもとにある「たちばな家」は依然改築中でお店はやっていません。
この空腹状態ではTTはできません。やむなくここで引き返すことにしました。

01本宿
今日の折り返し地点1
たちばな家の裏手の秋川がこんな感じだったとは! ちょっとしたビューポイントです。
02本宿
今日の折り返し地点2
今日の自転車もついでに写真に収めます。

五日市まで戻って「寿庵忠左衛門」で蕎麦を食べることにしました。
03寿庵忠左衛門
寿庵忠左衛門・入口
店の入り口はこんな感じです。もうだいぶ前になりますが、DSさんと二人でここで食べたことがあります。
お値段は決して安くありませんが、おいしいお蕎麦と天ぷらがいただけます。

04寿庵忠左衛門
寿庵忠左衛門・店内
店内は照明を落とした静かな雰囲気です。お昼時を過ぎても相席になるテーブルもでるほどで、名店の名に恥じません。
僕の隣のテーブルには80歳を過ぎていると思われる上品なご夫婦が差し向かいで食事をしています。

05寿庵忠左衛門
天せいろ大盛り
サイクリングウエアの僕はここでもやや浮いた感じです。
浮いたついでに大盛りを注文しました。他の方々は年配者であることも理由ですが、大盛りなど注文していません。

06寿庵忠左衛門
寿美屋・製麺所など
同じ敷地にあるこちらの製麺屋が本業のようです。江戸時代から続く伝統と歴史のある製麺所らしいです。

同じ道を引き返すのも面白くないので、いつものトレーニングルートの秋川街道を走ります。
07秋川釣り人
秋川の釣り人たち
秋川ではたくさんの釣り師が川に入っていますが、この時期は何が釣れるんでしょうか。

お蕎麦と天ぷらではお腹が十分満たされないので、秋川街道のコンビニでフライドチキンやチョコレートケーキを食べ、100円珈琲でデザートタイムです。

今日はいかにも春らしい麗らかな日差しに満ちた一日でしたね。
08府中四谷橋
府中四谷橋
淺川CRと多摩川CRが交わる府中四谷橋もいつになくハンサムで、思わず見とれてしまいます。


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/622-f9929605

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク