2011/06/05 22:59
今年4回目の風張峠は楽しくなかった。
KING3にダメージを負わせて乗れないので、他にKING3ほど楽しく山を上れるバイクがないのだ。

C40はコンポは最上のものに換装したが、フレーム設計が古くややもっさりした走りだ。

CF4はCF4で、これまたフレーム設計の意図がはっきりしない。
しかもオリジナルのままなので、フロントは39-53のレーシングクランク、リアのカセットコグは12-25。
これをリアを12-27にするか、フロントを34-50のコンパクトにするかを決めるための風張峠行きだった。

天気も上々で上るローディーあり、下るローディーありで大賑わい。
今日はまるでYOU CAN DAYのように集団で桧原街道を駆け下りてくる。秋山道のnalsimaの集団のようだ。

それはさておき、「峠ではやはりノーマルよりコンパクトなのかなぁ…」と足元を気にしながらいつものペースで上る。
峠まで20キロほどのところで昼ごはんを食べ、友達からのメールをチェックして返信する。
そのあたりまではコンパクトの時とたいして変わらない気がしていたが、ますます厳しくなる登りを前にして「コンパクトならもう少し楽なんじゃないか」という弱気の虫が騒ぎ出す。

結論としては、山岳サイクリングには体調が一番の要。
競技ではなく、純粋に登りを楽しむのにノーマルかコンパクトかは、さして大事なことではないと思う。
にもかかわらずコンパクト化しようと結論づけたのは、辛い時に「コンパクトならもっと楽なんじゃないか」と機材のせいにする自分の弱音を聞くのがイヤだからだ。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/62-5b5e5c27

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク