2014/02/26 23:48
27日の観梅ツアーが延期になったので、その代償ライドというわけでもないのですが…
天気予報によると27日から下り坂で、26日は快晴で春のような温かさだということです。
これは走るしかないと昨夜のうちに準備を整えました。
大好きな「道志みち~山中湖~御殿場~長尾峠or乙女峠~箱根…」を走れるところまで走るつもりでした。
積雪に阻まれて全コースを走り通すのが困難なのは承知の上です。

ところが無意識にアラームのスイッチを切ったらしく、今朝目覚めた時には既に8時を回っていました。

本日の走行ルート
本日の走行ルート
「風張峠目指して走れるところまで…」にコースを変更しました。
このところ皆さんの都合が合わず火曜走行会は冬眠状態なので、暇人の僕がコースの下見をしておこうという意図もあります。

いつも早朝に集合する睦橋通りの内出交番前の交差点近くを通過したのが12時少し前。
これは遅い!
でもお腹も空いてきたのでタンメンと餃子で腹ごしらえしてから五日市に向かいます。
五日市街道
五日市街道
五日市街道の両側には除雪した雪がこんもりと積み上げられていますが、気温が低いので融けません。
お店の方々はスコップで雪の山を崩していました。

五日市街道は至る所こんな感じです。これを見れば風張峠は明らかに無理だとわかりますが、今日は行けるところまで!がテーマなのでずんずん進みます。

でも今日は春のような陽気ってどこのことでしょう。
このあたりもいつもよりは暖かいのでしょうが、道路を除けばどこもかしこも雪だらけなので空気はかなり冷えています。
KING3@コンビニ
戸倉のセブンイレブン
トイレが近くなります。で、いつもの戸倉のコンビニで補給兼トイレ休憩とします。
このコンビニには一人や二人は必ずローディーが居合わせるのですが、今日は影も形もありません。
冷えると言いながら、こんなものを買って食べました。
アイス
白くまのアイス
これ好きなんです。
ある時dorokeさんが、これは彼の生まれ故郷にある会社が作っているのだと言ってました。アイス饅頭も同じ会社の製品だということでしたが、偶然僕はそれも好きです。
どうでもいい話でしたね…

ここから先は檜や杉の高い木立の下を走る檜原街道です。
一気に気温が低くなります。体感温度ばかりでなく、実際かなりの低温だと思われます。
桧原村-1
檜原村1
道路の脇に積み上げられた雪のおかげで深々と凍るような冷たさです。
雪解け水が路面を濡らしているところを見ると零下ということはないのですね。
桧原村-3
檜原村2
進むにつれて辺りの雪はだんだん深くなっていきます。
途中の温度計が4℃を示していましたが、この先はさらに寒くなるのでしょうか。
桧原村-4
檜原村3
これは掻いて集めた雪ではなく、自然に降り積もった雪です。
この数日の暖かさで融けた後にもかかわらず、この深さです。
桧原村-5
檜原村4
山の斜面からの雪崩や落雪があったようです。
ところどころに雪の壁に注意書きがスプレーされています。
この雪に子供やお年寄りが生き埋めになったら命にかかわりますね。
桧原村-6
檜原村5
この青いスプレーもそうです。この地域には高齢のお年寄りが住んでいるので、くれぐれも気をつけていただきたいものです。
埋まったら自力では這い出せそうにありません。

クルマは普通に走行できるのですが、融け残った雪と雪解け水の攻撃で自転車にはやや厳しいです。
背中にハネを上げ、バイクを泥だらけにしながらも上川乗りまで来ることができました。

ここに至るまでに、「奥多摩周遊道路積雪で通行止め」とか「甲武トンネル方面積雪で通行止め」などの表示はあったのですが、押し歩きするつもりなら自転車は大丈夫だろう、と高をくくって甲武トンネルへの急坂を上ることにしました。

上川乗り三叉路を左折したらいきなりです。
甲武トンネル方面
通行止めの看板とともに、侵入を阻むバリケードです。
見なかったことにして進みます。

甲武方面-1
甲武方面1
おぉぉ、すごくなってきました。乗ったまま進むと滑って落車しそうです。ところどころで自転車を降りて予定通り押して進みます。
甲武方面-2
甲武方面2
どんどん雪が深くなってきて、いよいよ乗ったまま走るのが難しくなってきました。
甲武方面-3
甲武方面3
前方で重機で除雪作業をしています。よく見るとその先は道路全体の雪が除かれているようです。
「通してくれるかな♪」と近づいていくと…
「字ぃ、読めないのか!通行止めって書いてあっただろ!!」と大目玉を食らいました。
この歳になってこういう叱られ方をしたのは初めてです。
丁重に謝ってすごすごと引返しました。

上川乗りまで下って風張峠に向かうことにしました。また叱られるかもしれませんが…
路面の雪はすっかりどけられているので漕いで登ることができますが、雪解け水のハネがたまりません。
人里(へんぼり」まで上っていくとこちらでも重機で除雪作業をしています。
丁度ここにはトイレが設置してあるので、用を足して叱られないうちに下山しました。

帰り道で道路から秋川渓谷を覗いてみました。
秋川
雪の秋川渓谷

多摩大橋の日没

のんびり走ったので疲れは全くありませんでしたが、不完全燃焼ってこういうことを言うのでしょうね。
帰りの多摩大橋に沈む夕日が、そろそろ冬もお終いだよと告げているようでした。


Twitter : @pa_hoehoe
スポンサーサイト

2 Comments

  • kazu 

  • デンジャラスな感じがこれまた楽しそうですね!
    早く山に行きたいですね~。
    今年の花粉は予想通り、少な目であって欲しいものです。
  • 2014/02/27 00:49 | URL 
  • shimagnolo 

  • ヒルクライムを楽しむにはもう少し時間が必要かもしれません。いつもの年なら、遠くに雪を見ながらも山伏峠も風張峠も正丸峠も何とか走れたのですがね。温かくなったらこれまでの鬱憤を思い切り晴らしましょう。
    雪が終わると花粉という難敵も待ち構えているのですね。
  • 2014/02/27 10:49 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/606-a0530aee

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク