2014/02/14 16:23
深々と降り続いています。雪が降っていると周囲の音が吸収されて静かです。
深々と…はそんな意味を込めた表現なのでしょう。

庭に雪が見事に降り積んだので写真を撮りました。
積雪-3
庭の雪1
積雪-1
庭の雪2
積雪-2
庭の雪3
今ブログを書きながら外を見ると、先ほどより強く降っています。降りしきるという表現が似合う激しさで、視界も悪くなっています。
このまま降り続けば前回に迫る大変な積雪量になりそうです。

こんな日に、庭で喜び駆け回るのは犬と子供だけですね。
家のネコ(MUGI)は横で丸くなっています。
MUGI_20140214160420423.jpg
炬燵はないので椅子で丸くなるネコ

ローラー台があれば、読書の合間に、オリンピック観戦の合間に、音楽を聴き飽きたら、トレーニングができるんですがね。
こういう天気が続くと、「早く決断してELITE TURBO MUINを購入しておけばよかったなぁ」と、後の祭りの後悔です。

で、仕方ないので頭だけトレーニングしようと本を買ってきました。
book-1.jpg
栗村修のかなり本気のロードバイクトレーニング
今は元プロの方々が、書籍やネットでいろいろ指南してくれます。
当然ながらそうしたものを読んだり見たりする多くはアマチュアです。まさかプロが買って勉強することもないでしょうからね。
著者の中には自分の経験を絶対化している方もいて、どうなんだろ~と思うものも少なくありません。
現役を退いて以来思考停止状態で、自分の現役時代のプロフェッショナル一筋の理論(だいたい偏っている)をアマチュアに押しつける元有名プロもいます。
それが自転車界のカリスマ的存在だったりすると少し厄介です。
僕も初心者のころそれで回り道をさせられた記憶があります。

プロにもいろいろな選手がいるわけで、トレーニング理論一つとっても唯一無二の真理があるとは思えませんが、どうなんでしょう。

栗村修氏の基本的なスタンスは、「絶対的な真理」を押しつけない、決して独善的にならないことだと思います。
折に触れて彼の人柄や考え方の一端は知っていましたが、いい指導者なのだろうという感想を持ちました。
目指すところは同じでもアプローチの仕方は一つではないよ!という寛容な考え方は何事にも通じますね。

※あの偉大な「森 幸春師匠」にお目にかかってお話を伺ったことが二度あります。とても幸運なことでした。
彼は輝かしい経歴を持ちながら、決して狭い経験主義に陥らず、公平なものの見方をする方です。
現在体調を崩して闘病中と伺いましたが、一日も早く健康になられることを願っています。


Twitter : @pa_hoehoe
スポンサーサイト

4 Comments

  • Tetsuya.K 

  • 私も自転車始めた頃shimaさんと同じような経験があります。
    自転車選びにしても有名なプロだった方やカリスマと言われるような方が語られると、全くの初心者はすべて丸呑みして信じてしまいますよね!
    特にインプレ記事の表現は初心者やホビ-ライダ―には理解しずらく、参考にならないものが目立ちますよね!
    メ-カ-に気を使い過ぎwww
    中にはC社を持ち上げて、S社に個人的な恨みでもあるかのような記述の本もあります。

    今の時代は情報が多すぎて、結局自分が賢くならなければいけないってことですね!www
  • 2014/02/14 18:12 | URL 
  • shimagnolo 

  • Tetsuya.Kさん
    教える人やコーチをする人はあまりおバカでは困りますね。
    何を目的に、どういう人に教えるのかを置いといて、一律にプロまがいのことを強要する方もいます。
    Tetsuya.Kさんがおっしゃるように、結局自分が賢くなり、自分に合った方法や理論を取り入れることが大切ですね。情報がありすぎる時代は、自分にとって不要な情報をいかにスルーさせるかがポイントでしょうか。
  • 2014/02/14 20:55 | URL   [ 編集 ]
  • kudou 

  • shimaさん
    御無沙汰してます

    今年はほんとに降りますね
    しかも二週続いて、19日辺りも降るような・・・
    こう成るお手上げですね

    今日は晴天で自宅のベランダからは丹沢ごしの富士山が綺麗に観えます
    雪で空気が浄化されたのか冬の澄んだ景色が綺麗です

    こんな日は、春を待ち遠しく思い、自転車をにワックスをし、スポークのテンションをチェックしながら好きな音楽を聴きコーヒーを香る・・・
    だったらよかったんですが、掃除に、洗い物に、食事の支度に・・・ 
    おまけにダイニングテーブルに脚に自分の足の指をぶつけて、痛いのなんのって、もうたまりません!
    午後から亜煉路館に脱走しようと企んでるんですが車走れるかな~

    だめならフランドルのDVDで気分だけでも走るとしましょう

    道路から雪が消えたら走りましょう
    また、連絡させていただきます

    kudouでした!


  • 2014/02/16 11:21 | URL 
  • shimagnolo 

  • kudou さん
    もう雪はたくさんです。でもこの程度で音を上げたら雪国の人たちに申し訳ないですね。

    kudouさんのお宅から見える西の空はさぞかしきれいでしょうね。でも待っていたのは自転車でも音楽でもなかったんですね。家事が待っていたとはお気の毒です。わが家でも自転車は壁の花になっていますよ。

    晴れて走れるようになったら、是非どこかへご一緒したいです。kudouさんのお好きなところならどこへでもお供しますよ。湯河原でも箱根でも宮ケ瀬でも…
    そうそう、k竹さんが房総半島へのクルマ輪行のプランを考えておいてくれるそうです。そちらもぜひご一緒しましょう。

    春が待ち遠しくてならない最近です。
  • 2014/02/16 14:17 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/601-7ca3ff54

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク