2014/01/20 20:54
本日の走行ルート
本日の走行ルート
今日は早朝6時に横浜駅東口近くのコンビニで落ち合いました。
こんな早い時刻の相手はdorokeさんを置いて他にありません。

朝4時には起きて、昨夜サボった支度を大急ぎで整え、摂るものも摂りあえず真っ暗闇の中を横浜を目指して走ります。
防寒はちゃんと計算したつもりでしたが、手袋がやや薄い…
鶴見川沿いの真っ暗なサイクリングロードを走る時には指が凍傷にかかるかも…と思うほどでした。

サイクリング道路を外れると一般道は明るいだけに走りやすく、約束の時刻よりも前に到着しました。
ところがありません! あるはずのコンビニがないのです。
行ったり戻ったりし、冷静に目を凝らしながら通り過ぎようとすると、建物に貼り紙があります。
「1月23日オープン ファミリーマート横浜東口店」とあります。
寒いし暗いし、ここで待ってもなぁ~と、少し手前のローソンで何か温かいものでも飲もうと思いました。

な~んだ、dorokeさんもそこにいるじゃないですか。
さすがに朝に強い人です。遅れてくることはありません。
「コンビニなかったですね~」なんて言ってるので、事情を説明してから腹ごしらえです。

そこから一路久里浜フェリー乗り場を目指します。
いつもは車だらけで走りにくい道も、寒いことさえ我慢すればとても走り安いです。

20140120204414582.jpg
COLNAGO Master X-Light
7時20分のフェリーに間に合うかどうかすれすれのところでしたが、コンビニで朝飯をたらふく食っていたのが災いして、ほんのちょっぴり遅刻です。
次は7時40分なので、もう一度コンビニで補給です。
※dorokeさんのブログを読んで、ウソを書いたことが発覚しました。7時20分の次のフェリーは8時20分でした。こういう間違いショッチュウしてます。気づいたら注意してください。

今日は彼はCOLNAGO Master X-Lightに乗ってきました。
感想を尋ねたら、「重いし、鈍い」と笑いながら言ってましたが、違うシチュエイションでもう少し乗ったら、また別の感想を抱くかもしれませんね。
ポジションもまだちゃんと出していないようだし…

久里浜
早朝の久里浜1
コンビニを出て久里浜フェリー乗り場に行くと、船は出て行く、煙は残る!という場面でした。
※これも間違いということになります。写真にあるのは出てゆくフェリーではなく、港に入ってくるフェリーですね。これに乗ることになります。

久里浜1
早朝の久里浜2
海から日が差していますが、寒そうに固まって歩いています。

フェリー
フェリー乗船
ちょっとコンビニ休憩をしている間に次のフェリーがやってきて、いよいよ乗船です。

ばんごや手前
ばんごやへ
船を降りて目指すのはお昼ご飯をいただく「ばんごや」です。
そこの海鮮は旨くて安いとかねてより聞いていたので楽しみです。

ここも到着が少し早すぎて、日向に自転車を止めてで開店を待ちます。
ばんごやウニイクラ中トロ丼
ウニイクラ中トロ丼
で、これをいただきました。僕は普通盛ですが、dorokeさんは大盛り!
危うく写真を撮り損なうところでした…
おいしいですね。

鹿野山へ
鹿野山へ
さてそこから保田まで戻り、山の中へ入っていきます。
鹿野山からマザー牧場を目指します。
この時点では平地ですが、房総半島の中の方は意外とアップダウンに富んでいて、時々びっくりするような激坂も現れます。
ま、距離が短いのであっという間に終わる坂ばかりですがね。

終始気持ちのいい速度で牽いてもらいます。だいたい30~35㎞/h内外です
本当はもっと速度を上げたいのでしょうが、お父さんのような僕が後ろについているのでは思い切り走れません。
ちょっと悪いかなと思いますが、まぁ気にしないことにします。

後ろを走りながら、なぜ上りになると少しずつ遅れ始めるのか考えていました。
単純に言えば、重いギアで回転を上げられないから遅れるのはわかっているのですが…
帰路の電車の中でその解決法を尋ねたら、やはり筋力をつけるしかないでしょうとのことでした。
でも筋力トレーニングはいやだな…

鹿野山の上り口までやってきました。
ここで彼のスイッチが入るのは最初からわかっていましたが、あっという間に見えなくなりました。

はじめのうちは7%~9%の上りです。しかしだんだん勾配がきつくなり、10%を超えると12%~14%の激坂が次々やってきます。
「こんなにきつかったっけ?」…
もうずいぶん前なので、鹿野山のヒルクライムの厳しさをすっかり忘れています。

まだか、まだか、と思っていてもちゃんとピークは訪れるのですが…
ガーミンを見ると勾配は13%~14%を示しています。なのに、目の前にさらに険しい坂道が現れました。
もう自転車ごと倒れるか、足を着いちゃおうかと思うほどの急勾配でした。僕にはこのあたりが限界です。
ガーミンの数値は、なんと18%です! 
あざみラインてこんなところを上り続けるんでしょうか。やっぱりチャレンジするのは止めることにしました。

鹿野山展望台
鹿野山展望台
這う這うの体で頂上に着くと、dorokeさんはもう一休みして平然とした顔をしています。
朝dorokeさんからもらった「虎屋の羊羹」を頂上で食べるのを楽しみに上っていたのに、あんまり大変で忘れていました。
なにしろ虎屋の羊羹ですからね、普段のお茶請けにいただくのだってものすごくおいしいのですから、こういう時にはたまりません。
黒糖と蜂蜜の二本が入っていましたが、ここではやっぱり黒糖でしょう。
おいしいですねぇ、さすがに虎屋です。

そこに初老の夫婦が居合わせて、「脚を着かずにここまで登ってくるとはえらいですね。どこから来たんですか」とお尋ねになります。
かくかくしかじかから自走できたというと感心してくれましたが、「それなら、奥多摩の山も上れますね」なんて言ってます。
僕たちにとって奥多摩の山は自分の庭みたいなものなんですけど…

で、やおら名刺を取り出して、近くの寺の住職だから前を通ったら寄ってくださいとお誘いをいただき、二人に1枚ずついただきました。
事情をご存知の方だけが「へ~!」っとびっくりするエピソードでした。(笑)

山を下って木更津へ出て、千葉から輪行するというのが当初の予定でした。
間もなく木更津という信号で「Sさん、はかりめ丼て知ってますか。ご当地グルメらしいですよ」とdorokeさん。
僕は聞いたこともないというと、それでは食べましょうということになりました。

木更津近くを走りながらキョロキョロしますがそれらしい看板や店はありません。
彼がスマホで調べたら、なんとそれは富津のご当地グルメということでした。
今回は空振りになりましたが、次回の房総ライドではぜひ食べましょうということで我慢です。

そんなわけで拍子抜けして、木更津から輪行帰宅となりました。
電車は空いていたので、座って残りの羊羹を食べながらのんびりできました。
「はかりめ丼」をいただけなかったので、駅構内のコンビニで仕入れた食料も一緒に頂きました。

dorokeさん、おつかれさまでした。
dorokeさんには物足りない一日だったでしょうか。僕はちゃんと満腹感を味わえた一日でしたよ。
でも「はかりめ丼」の分だけ余地がありましたね。

次回もよろしくお願いします。


Twitter : @pa_hoehoe
スポンサーサイト

13 Comments

  • k竹 

  • 昨日、房総半島ニアミスしました!ぼくは、仕事中でしたが横根峠から保田駅11:00くらいに通りました。何だTELしてくれれば川崎迄載せてあげたのに。
  • 2014/01/21 12:48 | URL 
  • サンキU 

  • いいでね~早く次回の房総に行きたいです。
    ばんごや食べたいです。

    房総は好きなコースなので楽しみにしてます
  • 2014/01/21 13:05 | URL 
  • shimagnolo 

  • >k竹さん
    そうだったんですか。しばらく会っていないので、また一緒に遊びたいですね。
    それにしても本当にニアミスだったんだね。保田駅近くを通ったのは多分11時30分くらいだったと思いますよ。
    今度バーストしたりパンクしたりしたら電話するのでよろしくお願いしますww
  • 2014/01/21 13:11 | URL 
  • shimagnolo 

  • サンキUさん
    次の房総は28日に行かれるといいですね。僕はいつでも参加できるようにスタンバイしてますので、お誘いお願いしますね。
    ばんごやもおいしかったし天気にも恵まれたので最高でしたよ。
    確かにこの季節、三浦半島と房総半島の両半島を走るのはいいですね。
    暖かい房総でも、山中の日陰には先日の雪が残っていたり、山から浸み出した水が凍ったりしていましたよ。
  • 2014/01/21 13:20 | URL   [ 編集 ]
  • doroke 

  • 暦では大寒でしたが、うら暖かい日でしたね。
    もう少しおしゃべりの時間を少なくして、自転車のペダルをン回しましょうw

    でも楽しかったです。電車の中では、実はかなり疲労で寝そうになっていました。気付かれなかったでしょうか??

    こんどは、しっかりと計画して時間配分を決めておきますので、よろしくお願いいたします。

    はかりめ丼は関東の人、食通の人でもしらない事が多いらしいです。
    今度は必ず食べましょう!!
  • 2014/01/21 20:26 | URL 
  • shimagnolo 

  • >dorokeさん
    確かにしゃべりすぎですね。でも僕は嫌いじゃないですw

    乗ってすぐの電車の中でしょ。もちろん気づいていましたよ。
    返事の間もいつもと違っていたし、絶対眠いんだよな~と…
    でも興が乗ってきたらパッチリ覚めたじゃないですかw

    それよりも、電車の中で声の大きさを制止されてしまいましたが、妻や友だちにもよくやられます。何か話をし出すと周囲に人がいることを忘れるのでよく注意されます。いつかは全国的に人気のある人を嫌いだとか、いやな奴だとか大きな声で言って、「Sさん殺されるよw」と耳元で注意されたこともあります。これからも注意してくださいね。

    はかりめ丼、次回はぜひ食べましょう。
  • 2014/01/21 20:56 | URL   [ 編集 ]
  • k島 

  • ( ´ ▽ ` )ノウニ、イクラ、中トロ丼めちゃ美味しそうですね。
    冬場に南房はとても良いと思います。
    自分も新春初ライドは南房の予定でしたが、東京湾フェリーの時間との兼合いで下田になってしまいました^_^;
    やはり7時20分発は譲れないですよね、そうすると4時に自宅を出て…(>人<;)あー、やっぱり道路の凍結が怖くて…
    やはり、自分には春まで待たないと房総半島は無理みたいです。
  • 2014/01/22 17:45 | URL   [ 編集 ]
  • shimagnolo 

  • > k島さん
    「ウニ、イクラ、中トロ丼」はうまかったですよ!次回は「はかりめ丼」も食べます。僕もよく食べますが、dorokeさんは食いすぎですw
    結局今回のフェリーは8時20分になりましたが、それでも k島さんは無理ですか?もっとも火曜日だと参加自体が難しいでしょうか。

    僕は仲間に入れてもらって初めての冬ですが、火曜走行会の冬は房総を中心に走るようです。
    k島さんとはいつ一緒に走れるのでしょうか…
  • 2014/01/22 18:11 | URL 
  • Snufkin 

  • マザー牧場へ行く山道、結構勾配キツイですね~。
    これは自分も是非行ってみたいと思いました。

    輪行があると、結構いろいろと行けるので幅が広がりますが、いまだに都内を輪行するのがとても、気が引けて実行したことがないですよ。。
  • 2014/01/22 18:21 | URL 
  • shimagnolo 

  • Snufkinさん
    土曜か日曜日に房総ライドの計画がある時には参加してください。
    Snufkinさんが参加すると走りがさらに過激化するかもしれないけれど、その時はその時のこと。僕は後からのんびり行きますw

    GARMINの勾配表示は時々いい加減なので信頼性はいまいちですが、鹿野山への上りでは18%を示していました。やっぱり堪えましたよ。

    都内輪行は時間によっては傍迷惑になりますね。その時はそこで電車を降りて自走しちゃいましょう。
  • 2014/01/22 18:36 | URL   [ 編集 ]
  • k島 

  • ^_^;shimaさん、ホント申し訳ないです(−_−;)
    自分の自宅が山の上にある為、いきなり1km程降るのですが、
    脚を止めていても60km/hスピードがでてしまい、おまけに
    冬場は凍結します(泣)
    当然、帰りは登るのですが、脚が売切れ時などは、自転車を押して登ったりするのです(>人<;)
    (^人^)そんな状況ですので、冬場の早出は周囲が明るくなる
    6時半位が限度なのです^_^;
  • 2014/01/22 19:47 | URL   [ 編集 ]
  • shimagnolo 

  • k島さん

    そんなつもりじゃなかったんですよw
    鰻ツアーは僕のノロで延期になったままだし、ご一緒できないのが残念でもあり、申し訳なくもありってことだったので、ご勘弁ください。

    それではk島さんとご一緒するのは暖かくなるまでの楽しみに取っておくことにしますね。
    春になったらよろしくお願いいたします。

  • 2014/01/22 20:58 | URL   [ 編集 ]
  • k島 

  • ( ´ ▽ ` )ノ
    はい♫今しばらくお待ち下さい
  • 2014/01/23 00:04 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/590-9f2359c4

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク