2013/12/03 22:13
日曜日の夜、火曜走行会のdorokeさんからスマホにショートメールがありました。
今週の火曜走行会への参加の可否と行きたいコースのお尋ねでした。
もちろん参加すること、そして三島のウナギが食べたい旨の返事をしました。
名称未設定 1
本日の走行ルート

昨日のお昼頃、平林寺を散策していると三島の鰻を目指して小田原駅に9:30集合というメールをいただきました。
手の怪我が全快していないU野さんを配慮して、輪行での集合を前提にしてあげたのでしょうね、でも僕の希望で行き先が決まって申し訳ない感じです。

ところがその後U野さんからメールで「自宅から110㎞の待ち合わせ場所って変ですよね。5~6時間かかりますが、頑張ります!」だって!
僕は小田原まで輪行のつもりでいましたが、怪我が癒えない人が110㎞もの距離を自走で来ようというのです。
(実際は105㎞だそうです。それでも十分遠い)
僕一人が電車を降りて「おはようございます!」なんて言えませんからね、自走に決めました。
dorokeさんはこんな時刻設定にしたくらいだから、電車どころか自走で他を走ってから小田原に来るかもしれません。
やっぱり火曜走行会は少し変です…でもこういう変なところをだれもが楽しんでいるのがいいところです。

いずれにしても鰻を食べた後が心配なのでw、昨日は脚の温存に努めたことは言うまでもありません。(笑)

9時少し前に小田原につき、コンビニで二度目の朝ごはんを済ませました。
小田原駅
今日の自転車

全員集合してdorokeさん、U野さん、僕、のオーダーで三枚橋を左折して旧東海道を上ります。
芦ノ湖のコンビニで待つことにして、いつも通りばらけて走ります。

U野さんは手の怪我もあってどうも調子が上がらないようです。
僕が先に行かせてもらってdorokeさんを追います。
露天風呂で有名な天山のあたりまでは離れずについていきます。

勾配がきつくなってくるとどうにも速度があげられません。じりじりと背中が遠ざかります。いつもの通りです。
昨日脚を温存した効果はどうなってるの?
坂が急過ぎるので、腕も強めに引いてダンシングしますが、軽い体重がペダルに乗りきらずたいして加速できません。
インナー&ファイナルローにしてもケイデンスは下がる一方です。速度はすぐに一桁まで落ちます。
箱根の旧道っていつからこんなに急峻になったの?
ってそんなわけはありませんけど…

前方の背中はますます小さくなり、次のカーブを曲がったらいませんでした。
潔く自分の非力を認めてマイペースです。

箱根の旧街道を上るのは久しぶりですが…「こんなに厳しかったっけ!」と何度ぼやいたことか…
厳しいことはすぐに忘れるたちで、過去の辛さが記憶から消え去っているだけです。

言っても仕方ないけれど、しかし勾配がきつい!
天狗山神社の鳥居前のカーブが一番厳しいと思います。
ヒルクライムフリークには、ここから寄木細工の工房の集落までが一番楽しい上りなんでしょうか(笑)

箱根旧道の激坂の代名詞のように言われる七曲りは比較的楽ですね。
むしろその後のさるすべり坂がの方がずっと脚に来ます。

文句を言い言い何とか登り切って芦ノ湖のコンビニで一休みです。
やや雲がかかっているとはいえ、富士山も頭をだし、暖かな初冬の行楽日和です。
芦ノ湖1
芦ノ湖1

芦ノ湖2
芦ノ湖2
立ち話も何なので、観光船の待合所に入ってU野さんの到着を待ちます。
僕もdorokeさんも話好きなので、小休止の時も食事の時も沈黙して退屈するということがありません。

U野さんがやってきました。
珍しく弱音を吐いています。「いや~、だめですねぇ。疲れました。ケイデンス26ですよ!速度なんて4.5㎞ですから。私は三島から電車に乗ります」
言葉で書くと身も蓋もなく救いがないですが、実際は彼がどんな風に言っても、決してしょげるとか、嘆くとかのイメージとは程遠いのです。
聞く方もつい笑いながら相槌を打ってしまいます。こういう人、いいですね…と僕はいつも思います。

少し上り返すとこんな絶景があります。
箱根峠古藤さん
箱根峠の山賊w
いや、dorokeさんです。すみません…

箱根峠上野さん
箱根峠で瀕死の…
可哀想に、ホントにダメそうです。でも笑っちゃいます。すみません…

箱根峠上野さんと僕
生き返ってよかったw

平日の三島までのR1の下りはダンプや車に追い立てられてあまり快適ではありません。
やや強い風にもあおられて、ちょっとひやりとします。
こういう日はコルナゴがいいんだよね~!dorokeさんはC50です。

うな吉の場所がよくわからないので、桜家で鰻をいただくことにしました。
桜屋3
桜家の前で

メニューを見たらやっぱりかなり値上がりしています。
僕が昨年食べた鰻2匹分のうな重はなんと!6000円です。
今回みんな迷った末に、鰻1匹半分のうな重にしました。4800円也!
超豪華ランチですね。
桜屋1
高級うな重1

美味いですね~。最高です。身が厚くしかもふっくらとやわらかい。肝吸いも美味美味!
ご飯もたっぷり盛ってあって、食べ終わった時の満足感は語って聞かせるのも難しい(笑)
下手な文章では重箱の隅に残った米粒ほどしか表現できませんね。←なんと大げさな!
桜屋2
高級うな重2

いやいやわざわざ箱根を越えてきた甲斐があったというものです。
U野さん曰く「今日はもうほんとに大変! で、もう途中で引き返して帰ろうかと思いましたよ。でも鰻が食べられて三島まで来てよかったですよ~」
かくも鰻の力は偉大だったのです。

あれほどよれよれだったのに、食事が終わったU野さん「これからどうします?どこ上りますか」なんて言ってます。(冗談半分とはいえ、懲りないってこの人のためにある言葉ですww)
まだ登り足りないであろう今日のdorokeさんもさすがに「じゃぁ、あざみラインに上ってから長尾峠越えをしましょう!」とは言いませんでしたね。
「三島への下りの様子を見ていても、鰻を食べただけでは回復しそうもないから、三島から輪行で帰りましょう」ということになりました。
小田原駅1
三島駅から輪行1

小田原駅2
三島駅から輪行2

dorokeさん、U野さん、どうもお疲れ様でした。特にU野さん(笑)
火曜走行会としてはやや走り足りない一日ではありましたが、その分のんびりいろいろ話ができてとても楽しい一日でしたね。だいたいがみんな話好きではありますが、TTに燃えている日は今日のようにはいきません。
たまにはこういう日があってもいいですね。

次回の房総(暴走)ライドを楽しみにこの1週間を過ごしましょう。

そして今日は「箱根は天険の名に恥じない」ということをしみじみ感じた一日でした。


Twitter : @pa_hoehoe
スポンサーサイト

14 Comments

  • ビアンキサンキ 

  • お疲れさまでした。参加できなくて本当に残念でした。
    それにしても旧東海道はきつそうですね。今度行ってみたい様な行きたくない様な気持ちです。
    次回の房総ライドには参加しますので宜しくお願い致します。
  • 2013/12/04 08:15 | URL 
  • shimagnolo 

  • >N瀬さん(ビアンキサンキさん)
    ご一緒できなくて残念でした。旧街道は確かに勾配が急できついですが、峠を越えてしまえば残るのは愉しさだけです。多分火曜走行会の皆様向きだと思います。(笑)
    三島の鰻も待ってます。急坂でお腹を空かせれば一層おいしく味わえます。次回はぜひ一緒に上りましょう。
    来週の房総はみんなで楽しめそうですね。
    よろしくお願いいたします。
  • 2013/12/04 08:47 | URL 
  • doroke 

  • ウナギ美味しかったですね。。
    値段が値上がりしたのは残念ですが、吉野家のウナギでもあんなに小さくて680円もしますから、しょうがないと言えばしょうがないですよね。
    美味しいのは当然ですが、日本の文化に触れることができた感じがしました。山椒は忘れずに・・・

    お疲れ様でした!!
  • 2013/12/04 10:17 | URL 
  • shimagnolo 

  • > dorokeさん
    本当に実においしかったですね!今日も食べたくなってますが、毎日では財布も持たないし体にもよくありませんw
    吉野家の鰻と大きさを比べながら納得!あの場では僕たちは変な客でしたねw

    N瀬さんのために写真は忘れずに撮ったのに、すぐにも食べたくて山椒を忘れて完食しました(泣)
    鰻の味を純粋に味わいたかったdorokeさんはいいとしても、U野さんまでがつがつ食べ終わってましたね(笑)

    さすがに老舗ですね。軸も額も立派でした。
    訪れた客の色紙が芸能人ではなく文化人というところも!若山牧水、司馬遼太郎など…
    次回はN瀬さんも誘っていきましょう。
  • 2013/12/04 10:30 | URL 
  • kー島 

  • ( ̄▽ ̄)旧道の天狗山神社前のカーブは、後ろから車が来ていてインベタを余儀なくされると辛いものが有りますよねwあとお茶屋を過ぎてちょっと休んじゃおぅかなと思ってると、ハイカーから「頑張って!」とか声をかけられて無駄にダンシングとか張り切ってやってしまうのでウザいです(>人<;)
    自分は、そんなに高いウナギは食べた事が無いのですが、箱根越えた御褒美には素敵ですヾ(@⌒ー⌒@)ノ
    前回、西伊豆スカイラインに行った時は𠮷野家で「なんだかなぁ」といった感じでしたので尚更ですw
    あっ!その時初めてご紹介頂いた、モンベルの輪行バッグ使わせ貰いましたが、とても袋詰めが楽でした♫
    山の仕事がひと段落ついたので、もしまた三島に行かれる事がありましたら、是非とも御一緒させて下さい。
    ( ̄▽ ̄)それまでに鍛えておきます。
  • 2013/12/04 18:25 | URL 
  • shimagnolo 

  • > k島さん
    旧道を上ったのは本当に久しぶりで、あのしんどさをすっかり忘れていました。最近、何でも忘れます。特に辛いことや嫌なこと…(笑)
    インベタじゃなくても十分辛かったです。k島さんは鍛えないで現状のまま参加していただければそれで結構ですw
    がんばれコールも確かに時には迷惑ですよね。いらない見栄を張っちゃいます。

    鰻は確かに日常的に食べるには高すぎて、特別な時だけです。シラスが取れないので絶滅の恐れさえあるといわれているので、軽い財布をさらに軽くする覚悟で食べてきましたよ。

    モンベルの輪行バッグを気に入ってくださってよかったです。
    三島ももちろんですが、どこかにご一緒したいですね。
  • 2013/12/04 18:42 | URL 
  • k島 

  • ♪───O(≧∇≦)O────♪
    取り敢えず、来年の夏の自走「渋峠」は予約入れさせて下さい。
    (^◇^;)もう2週間ほど自転車に乗ってないので、非常に拙い状況です、せめて迷惑かけないようには鍛えます。
    前回の箱根も泣きそうになりながら登りましたのでw
    shimaさんの箱根の感想とまったく同じでしたよ♫
    ウナギといえば数年前まで、金目川の河口でシラスウナギ漁をやっっていたのを想い出しました。
    今は引っ越してしまってやっていないのですが、当時も獲れるときは一晩で10万円を超えるときもありましたね、
    (⌒▽⌒)jもっともそんな豊漁は1シーズンに2,3回しかないのですが、怖がりの自分が深夜の海に腰まで浸かってウナギを獲るのですから、今では考えられないですよw
    なにせ深夜の海で一人きりで、獲ってた事もあったのですから…
  • 2013/12/04 19:13 | URL   [ 編集 ]
  • shimagnolo 

  • > k島さん
    「渋峠」経由で直江津までの企画への参加予約、確かに承りました。w
    今度みんなに会う時にしっかり伝えてお願いしておきますね。k島さんならきっと歓迎してくれると思います。

    僕が火曜走行会の仲間に入れてもらったのはついこの間ですが、速いことだけが尊いわけではないとわかって少し安心しています。みんなに共通なのは、少々のことではへこたれないことです。
    dorokeさんが自分のブログにコメントしていますが、ヒルクライムは時間とか速さではなくて内容だという言葉にメンバーみんなの思いが凝縮されていると思います。

    僕の場合、初めての参加がdorokeさんと二人だけの風張峠ツアーでした。力の差が歴然としているのでかなりプレッシャーでした。しかし実際に走ってみて、彼はさまざま受容できる人だとわかりました。
    そして基本的には「来る者は拒まず、去る者は追わず」というスタンスだと思います。

    数年前まで金目川の河口でシラスウナギ漁ですか。今では信じられないことですね!
    大人のくせに怖がりというのは僕と共通ですが、おそらくk島さんも怖いもの見たさで夜中走ったりしてるのではないかと推測しています。
    怖がりの得なところは、ちょっとしたことでも冒険だと思って楽しめるところでしょうか。(笑)
  • 2013/12/04 22:01 | URL 
  • kazu 

  • 先月、初めて旧道を登りました。
    天狗山神社の鳥居に気を取られ、斜度がグッと上がったのに気がつかず、本気で後ろに倒れるかとヒヤヒヤしたのを思い出しました。
    次回はもがいてみたいです。
    もう箱根あたりは山賊の一人や二人がいてもおかしくない気候ですよね(笑)

    天山はお気に入りで、年に5,6回は入りに行ってます。
    あそこのお湯は最高です。
  • 2013/12/04 23:35 | URL 
  • shimagnolo 

  • > kazuさん
    そうでしたか。箱根は好きな場所の一つです。坂道だらけのところが何とも言えませんね(笑)
    山賊って、dorokeさんのことですか。覆面強盗でもいいですけどw
    僕は面の皮が厚いと信じてこの10年自転車に乗る時に顔を覆ったことがありません。でもあの日の帰りに相模大野で電車を降りていつものイトイサイクルで覆面を買ってしまいました。
    次の房総(暴走)ライドには持っていきます。

    天山の露天風呂に入ると池の鯉になった気分ですねw
    また土曜か日曜にobaさんも誘ってどこかを走りましょう。
  • 2013/12/05 00:06 | URL 
  • サンキU 

  • 鰻はおいしかったですね~!
    そこまでの道のりはきつかったですね~!
    鰻を美味しく食べれる位体力があって良かったです。なぜなら、箱根越えがきつくて食欲がなくなるかと思いましたから。。
    登りもきつかったですが、風が強く後方からの車もあり走りにくかったです。
    しかし待ち合わせに105キロ。。。愉しいです!
    今度の房総は鴨川に自走集合なって事もありえますね!?
    来週も宜しくお願いします
  • 2013/12/05 08:16 | URL 
  • shimagnolo 

  • > U野さん(サンキUさん)
    いやいや、本当にね、鰻最高でしたね!
    でもよく頑張りましたね~。怪我が治っていないのだから小田原まででも十分すぎるのに、あの旧街道を上って箱根峠も越えて…ようやくたどりついた三島の鰻ですからね。同じ鰻でも他の鰻とはわけが違いますw
    なのに山椒をかけ忘れて食べきっちゃうって、なんでしょうねお互いに!

    ブログの写真は可哀想なのが写ってますが、本当にばててたんですね。ばて方があまりにもあからさまなので、つい笑っちゃいましたけど…すみません。

    次回は鴨川集合だったら一緒に車に乗せてってくださいねw
    こちらこそ来週もよろしく!
  • 2013/12/05 15:34 | URL 
  • sum 

  • 拙ブログへのご訪問、
    また、コメントを頂きましてありがとうございました。

    箱根越え、そして三島で鰻、いいですねー
    私はいつも、うなよしへ行ってます。
    うなよしは二つありますが、「元祖うなよし」の方です。w
    桜家もおいしいですが、焼き具合とタレがうなよしの方が好きなもんで・・・
    しかし、鰻が高くなりましたよね。
    もう少し安ければいいのになぁー
  • 2013/12/06 21:52 | URL 
  • shimagnolo 

  • > sumさん
    早速拙ブログをお訪ねいただき、ありがとうございます。
    sumさんの走る場所もそこで撮られた写真も好きで、時々拝見していました。まだ訪れたことのないコースの写真を見ては「僕も行こう!」と決意を新たにしています。たかが遊びに決意は大仰ですね(笑)

    プロフィールで既にご承知のように僕は前期高齢者ですがw、若い人からお誘いいただいて望外の喜びです。自分の息子や娘と同世代もしくはより若い人たちと楽しませてもらえるのは幸せなことです。

    「元祖うなよし」、やっぱりそうですか!同じような感想を伺ったことがありますが、今回は空腹で場所を探している余裕もありませんでした。次回こそ「元祖うなよし」で味わいたいと思います。
    鰻、確かに高いですね。おいしいものがだんだん遠ざかるのは悲しいですね。

    そのうちどこかでお目にかかることもあるかもしれませんね。その日を楽しみにしています。

  • 2013/12/06 23:13 | URL 

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/553-1ffdc350

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク